ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本経済団体連合会」最新記事一覧

「離職率10%未満」ホワイト企業だけの会社説明会、就活生の心に刺さったか
離職率の低さや休暇の取りやすさなど労働環境が良い中小企業を集めた合同企業説明会が大阪で開かれた。“ホワイト中小企業”のラブコールは学生たちに響くのか。(2016/5/16)

富士フイルムがキヤノンにぶち切れた! 東芝メディカル争奪戦でトリッキー手法
東芝メディカルシステムズをキヤノンが買収した。最後まで競った富士フイルムは、キヤノンの買収手法に不快感を示す。(2016/4/5)

買収額は約6655億円:
富士フイルムがキヤノンにぶち切れ! 東芝メディカル争奪戦でトリッキーな手法
経営不振の東芝は、医療機器を扱う優良子会社「東芝メディカルシステムズ」を売りに出した。入札の結果、売却先をキヤノンに決めたが、買収を最後まで競った富士フイルムホールディングスは、キヤノンの買収手法に不快感を示す。(2016/4/5)

テレワークの運用ルールと評価制度を考える【第1回】
人材不足は「待ったなし」、中堅・中小企業の経営課題にテレワークは有効?
生産性やワークライフバランス向上などへの期待から、テレワークを利用したいと考えている人は多くなっている。連載第1回では、日本におけるテレワーク推進の現状を解説する。(2016/3/30)

水曜インタビュー劇場(小さい穴公演):
眼鏡がいらなくなる? 世界初の「ピンホールコンタクトレンズ」にびっくり
近視や老眼をコンタクトレンズ1枚でカバーできる「ピンホールコンタクトレンズ」をご存じだろうか。現在、臨床研究を進めていて、2017年度中の商品化を目指しているという。どのような原理でできているかというと……。(2016/2/17)

電力供給サービス:
火力発電所の新設・廃止を加速、電気事業者36社がCO2削減へ協議会
電力会社を中心に36社の電気事業者が新たに協議会を設立した。CO2排出量を2030年度までに35%削減する目標に向けて、各事業者が毎年度の計画と実績を協議会に提出して実施状況を確認する。環境省が求める電力業界の自主的な枠組みに相当するもので、火力発電所の新設・廃止が進む。(2016/2/10)

CSIRTでは不十分、企業のセキュリティ人材の育成課題とは?
約40社が参加する「産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会」が日本企業におけるセキュリティ人材の育成での課題を明確化した。(2016/1/14)

五輪組織委・豊田副会長が辞任 「経済界としての支援に専念」
トヨタ自動車の豊田章男社長が、東京五輪組織委の副会長を辞任した。(2015/12/21)

約6割の学生がトラブルを経験:
大学事務局よ、ブラックバイトに対処する責任はあなた方にある
ブラックバイト。最近耳にするようになった言葉だ。企業の中には、学生の法的無知や優しさに付け込んで、とんでもない働かせ方をしている。彼らに対処すべきは、学生の味方である大学の事務局である。(2015/12/11)

スピン経済の歩き方:
東芝と化血研に共通する「名門意識のおごり」とは何か
東芝が不正会計処理をめぐって、大きく揺れている。この問題について、各方面の有識者がさまざまな分析を行っているが、筆者の窪田氏が興味を示しているのは「名門意識のおごり」。その言葉の意味は……。(2015/12/8)

スピン経済の歩き方:
CIAの“サボりマニュアル”は、なぜ「日本企業あるある」なのか
CIAの前身組織が作成した「敵組織の生産性を低下させる工作マニュアル」が話題になっている。「日本企業の姿をうまく表現している」といった声が多いが、企業だけでなく日本の問題点を的確に指摘しているのではないだろうか。(2015/12/1)

セキュリティ・アディッショナルタイム(4):
脅威情報の共有をめぐり激論? 沖縄で初の国際会議
2015年11月7日、8日の両日にわたって沖縄県名護市で開催された「Cyber3 Conference Okinawa 2015」には、複数の閣僚や企業トップが参加。「サイバーコネクション」「サイバーセキュリティ」「サイバークライム」という三つのトラックに分かれ、議論を交わした。(2015/11/20)

パワー半導体で世界最高レベルの研究拠点へ:
6インチウエハーによるSiCチップ試作ライン構築
つくばイノベーションアリーナ(TIA)は、6インチ級SiC(炭化ケイ素)ウエハーを用いたパワー半導体デバイスの量産研究開発を目的に、新たな第3ラインを産業技術総合研究所(産総研)西事業所内に構築する。(2015/11/12)

「2年前のままで良かった」学生困惑 経団連、採用選考解禁を6月に前倒し
経団連は、現在大学3年生の採用選考の解禁時期を2カ月前倒しの6月にする方針を発表した。(2015/11/10)

就活のトリセツ(1):
キョーテイ、オワハラ、内々定、研究室推薦――スタート前に知っておきたい「就活のジョーシキ」
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第1章は、押さえておきたい「就活のジョーシキ」を手ほどきしよう。(2015/10/29)

就活が大学生活の妨げになる本当の理由
今シーズン、日本経団連が就職活動の開始時期を遅らせたが、うまくいかなかった。また就活スケジュールの変更が議論されるだろうが、何十年も前の就職協定の時代から振り返ってみれば明らかなように、時期をどうにかすれば解決する問題ではないのだ。(2015/10/19)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
多様化、高度化する脅威に組織で立ち向かう──CSIRT構築の勘所
情報セキュリティへの脅威はますます深刻化しており、不正アクセスもその手口が巧妙化するとともに、特定の企業を狙い、より効率良く経済的な価値の高いデータを盗み取ろうとする傾向が強まってきている。日本の企業が組織で立ち向かわなければならないサイバーセキュリティ対策とは。(2015/10/7)

“即戦力だけ”は「産業界の求める人材とは対極」 経団連、国立大の文系学部見直しに声明
経団連はこのほど、文系学部の見直しを求めた文科省の通知について、「即戦力を求める産業界の意向を受けたものとの見方があるが、産業界の求める人材像はその対極」との声明を発表した。(2015/9/11)

致命的:
オワハラは企業自らをオワらせる
大学生の就活が本格化するとともに、学生の間からオワハラ問題が出ています。人事政策上、今の学生の心情を無視したオワハラは企業自身に致命的なマイナスを呼ぶ可能性があります。(2015/7/15)

特集 情シスが率先して実施する「企業のマイナンバー対応」:
「マイナンバー対応、大丈夫?」関係者に聞く、企業のいま
マイナンバー制度への対応は、マイナンバーを扱う業務やシステムの見直しとともに、“管理”の徹底に向けた情報セキュリティの強化が不可欠となる。今、企業の現状はどうか。実務関係者の話をまとめた。(2015/6/23)

上司はツラいよ:
“経験と理論”がつながったとき、“脱ツラい上司”への道が見えてくる
リーダーともなると、いろいろツラいことが多いもの。しかし、リーダーとしてのさまざまな経験がマネジメント理論にひもづけられると、自分自身も納得がいくし、部下に話す際の説得力も増す。その積み重ねがリーダーに磨きをかけていくのだ。(2015/6/19)

上司はツラいよ:
チームが「思ったように回らない」時の対処法
このあいだ言ったはずだから、分かってくれているはず――。それはリーダーの思い込みに過ぎない。チームに大事なことを伝え、それを実行してもらうために重要なこととは。(2015/6/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
狙いは何? トヨタとマツダ、“格差婚”の理由
5月13日、トヨタとマツダが技術提携を発表した。しかしこの提携はトヨタのメリットに比べ、マツダのメリットが非常に分かりにくい。謎の提携、マツダの本意とは……?(2015/6/1)

今年で日本進出10周年:
協業、革新、現地化で日本に貢献――ファーウェイ・ジャパン事業戦略説明会
中国生まれの通信機器メーカー「Huawei(ファーウェイ)」。その日本法人で、創立10周年を迎えたファーウェイ・ジャパンが事業戦略説明会を開催した。(2015/5/22)

上司はツラいよ:
上司よ、内弁慶をやめ、街へ出よう
多くの時間をともに過ごし、同じ目標を持つ社内の人と一緒にいるのが気持ちいいのはよく分かる。しかし、同じ文化、同じような考えの人とばかりと話していると、“自分の世界が全て”という、“引きこもり上司”になる恐れがあるから要注意だ。(2015/5/22)

上司はツラいよ:
部下から「何のために働いているのですか」と聞かれて答えに詰まったら
現代のマネージャはプレイヤーを兼任することが多く、忙しさのあまり仕事に直接かかわることばかりを部下に伝えてしまいがちなもの。しかし、信頼される上司になるためには、夢や想いを伝えることも重要だ。(2015/4/30)

上司はツラいよ:
あなたは“マネージャーとしての自分”を愛せるか
優秀なプレイヤーだった人がマネージャーになったとき、陥りがちなワナがある。自覚がないままハマり続けると、部下がやる気をなくし、チームは育たたなくなるので要注意。早急な軌道修正が必要だ。(2015/4/17)

上司はツラいよ:
“これってパワハラ?” そんな恐怖に負けない上司になるために
「この言い方って、もしかしてパワハラ?」――最近、パワハラ通報を恐れるあまり、部下を叱れない上司が増えているという。そんな恐怖に負けず、毅然とした上司になるためにすべきことは。(2015/4/2)

上司はツラいよ:
部下に嫌われない“俺ルール”“私ルール”の使い方
現代は経験から得た知見を部下に伝えるのも一苦労だ。強く言いすぎると「俺ルール」と苦笑され、「そんなやり方は古い」と言われることもある。そんな難しい時代に知見を伝えるベストな方法とは。(2015/3/19)

キャリアニュース:
就活「後ろ倒し」、就職活動を実質的に長期化させるとの調査結果
経団連は新卒採用をめぐる活動を後ろ倒しするよう求めているが、HRプロは調査レポート「2016年新卒採用 中間調査」の中で、就職活動は実質的には長期化していると指摘している。(2015/3/16)

上司はツラいよ:
上司の背中を見たら人は育つのか?
「仕事は盗め」「自助努力して学べ」――。昔はそれが通用していたが、時代が変わった今、これでは部下は育たない。今の時代に合った“部下が伸びる育て方”とは、いったいどのようなものなのか。(2015/3/5)

上司はツラいよ:
部下が“やる気をなくす”ハッパのかけ方
やる気を鼓舞しているはずなのに、部下は「言われたことだけすればいい」「怒られない程度にやっておこう」という態度になっている……。これは“問題アリ”の危険信号。部下じゃなく、上司であるあなたの、です。(2015/2/19)

上司はツラいよ:
“感情のコントロール”は、大人のたしなみ
「不機嫌オーラ出しまくり」「なんかピリピリしてる」「ため息を連発してる」「すごい勢いで受話器を叩きつける」――。ストレスがたまって、つい、こんな態度をとってしまう管理職のあなた、若手が冷ややかな目で見ているかも……。(2015/2/5)

事務ごよみ:
新入社員の受入と2016年新卒者の採用準備を――2月の事務ごよみ【人事・労務】
4月に新卒の新入社員を迎える企業では、2月中には最終的な入社の意思確認を行いたいところです。新入社員の受入準備と並行して、2016年3月卒業予定者の採用準備にも着手しましょう。(2015/1/30)

上司はツラいよ:
なんだかオレの輝きが薄れていく……? 管理職1年生が陥る病
管理職になったその日から、オレの輝きがどんどん失われていく……。そんな息苦しさを感じている人は要注意だ。この“管理職になりたての人が陥りがちな病”を直すにはどうしたらいいのか。(2015/1/22)

上司はツラいよ:
部下が“聞きたくない”話、うまく伝えられますか?
「成果を上げたのに昇給しなかった」「望まない部署への異動が決まった」――こうした“部下が聞きたくない話”をうまく伝えられなくて困ったことはありませんか。こんなとき、部下を納得させるためにはどんな話し方が効くのでしょうか。(2015/1/8)

学生に直接アタック:
企業の関心は就職サイトからターゲティング採用に
経団連による就活開始時期の繰り下げによって、企業、学生ともに方向転換を迫られている。そうした中、より良いマッチングを重視した取り組みが広がりつつある。(2014/12/11)

冬のボーナス、大企業で働く人は89万円……大阪の中小企業は?
経団連がまとめた調査によると、大企業で働く人に支給される冬のボーナスは89万円で、2年連続で増加するという。では、中小企業で働く人にはどのくらい支給されるのだろうか。大阪シティ信用金庫調べ。(2014/12/9)

上司はツラいよ:
“褒められてこなかったオレたち”は部下を褒められないのか?
“褒め上手”になりたいけれど、どう褒めたらいいのか分からない。そんな上司は案外多いものだ。ではいったい、どうすればいいのか……。その答えは「無理に褒めようとしない」という“逆転の発想”にあった。(2014/11/28)

上司はツラいよ:
“尊敬され続ける上司”であるために必要なこと
「あぁ、この上司、なんだか尊敬できないかも……」――部下が自分のことをこんな風に思っているのでは、と不安にかられたら、まず何をやるべきなのか。(2014/11/13)

上司はツラいよ:
部下に話しかけるのも上司の“仕事”――あなたはできていますか?
「なんかうちの上司、いつも“話し掛けるなオーラ”が出ていて相談できなくて……」。部下がこんな愚痴を言い始めたら要注意。そんなときに上司がとるべき行動は。(2014/10/30)

上司はツラいよ:
女性社員へのその配慮、実は“余計なお世話”です
「女性に夜勤させていいのか」「女性にどこまでやらせていいのか」――。言った本人にしてみれば“善意の発言”なのだろうが、実はこれは“間違った”配慮。女性部下の成長の芽を摘むことになりかねないのだ。(2014/10/16)

上司はツラいよ:
“オマエの態度、面白くないんだよ”――年上部下にこう思われてしまったら
年上の先輩が、仕事の上では部下になる――。最近では、こんな関係も珍しくなくなってきたが、両者の関係はなかなかうまくいかないようで……。こんなとき、年下上司はどうすればいいのか。(2014/10/2)

上司はツラいよ:
「断られそうで誘えない」――“部下とのノミュニケーション”は死語なのか
「パワハラみたいに思われないか」「断られたらどうしよう」「仕方なくOKしているんじゃないか」――。部下と“飲みたいけれど誘えない”上司が増えているのはなぜなのか。その処方箋は。(2014/9/11)

上司はツラいよ:
「いいからやれ!」が通じない時代、上司に必要とされるスキルとは?
「指示したことは四の五の言わずにやってほしい」と思う中高年上司と、「仕事は目的を理解してから手掛けたい」と考える若手社員。両者のすれ違いはどうして起こるのか。そしてその解決法は?(2014/8/21)

上司はツラいよ:
意外とあるある? 話を“聞けない”上司に贈る3つのコツ
相手の話を聞いているようで、実は聞けていない――。そんな上司は意外と多い。自分の経験や知識が邪魔をし、ろくに話を聞きもしないで相手にアドバイスしてしまうのだ。ついそんな態度をとってしまう人に有効な3つのコツがある。(2014/8/7)

上司はツラいよ:
叱り方が分からない上司、それってアリ?
「バカヤロー!」なんて怒鳴る時代ではない。かといって何も言わないのもダメ。ではどう叱ればいいのか……。今回は部下から反感を買うことなく、言うべきことをきっぱり伝えられる“叱り方”を紹介しよう。(2014/7/24)

【新連載】上司はツラいよ:
上司やリーダーって“つらい”仕事――本当にそうですか?
昔ながらのやり方が通用しなくなっている昨今、先輩らしく、リーダーらしく、マネージャらしくあるためにはどうすればいいのか――。新人リーダーが直面する問題について、実際の部下とのやりとりを挙げながら解決法を探る連載がスタートします。(2014/7/10)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
“いい人”になれなくていい、“スキル”があればコミュニケーションはうまくいく
人とうまくコミュニケーションをするためには、性格がよくなければ、人格者であるべき、などと言われることもあるが、もっと簡単な改善方法がある。スキルを身につけ使ってみれば、おどろくほどコミュニケーションがうまくいくようになる。(2014/4/24)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
新入社員と仲良くするコツ――生々しい失敗談を率先して披露する
自分たちとは世代も考え方も異なる新入社員たち。彼らの心にすっと入り込み、良好なコミュニケーションをはかるためのコツをご紹介しよう。(2014/4/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。