ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「Keysight Technologies」最新記事一覧

企業動向を振り返る 2017年6月版:
「東芝メモリ」に待ち受ける2つの困難
東芝債務超過の切り札として設立された「東芝メモリ」ですが、その売却には2つの困難が待ち受けています。(2017/7/20)

ハードの技術革新に加えて:
「ソフト中心の製品群を拡大へ」 キーサイトCEO
キーサイト・テクノロジーは2017年7月12〜13日にかけて、プライベートイベント「Keysight World 2017 東京」を開催中だ。米国本社Keysight Technologies(以下、Keysight)プレジデント兼CEOのRon Nersesian氏は、記者説明会で「従来のハードウェア中心の成長戦略から、ソフトウェア中心の製品群を拡大する成長戦略へと舵を切る」と語った。(2017/7/13)

キーサイトが新シリーズを発売:
微小電流を測定できるDC電源、分解能は1μA
キーサイト・テクノロジーは、小型のDC電源「E36300Aシリーズ」を発売した。電源を供給しつつ、暗電流や待機電流などの微小電流を測定する機能を備えている。(2017/7/11)

キーサイトが5G製品群を発表:
Verizon 5G準拠の波形が生成できる44GHz対応信号発生器
キーサイト・テクノロジーは5G(第5世代移動通信)開発に向けたネットワークアナライザーと、PXI Express(PXIe)モジュール型マイクロ波信号発生器を発表した。キーサイトは、素材や部品、モジュール、コネクターといった分野のメーカーからの5G製品についての問い合わせが増えていると話す。(2017/7/7)

キ―サイト E36300Aシリーズ:
1μA分解能電流測定機能を搭載した3出力DC電源
キーサイト・テクノロジーは、暗電流や待機電流に対応する1μA分解能電流測定機能を搭載した3出力DC電源「E36300A」シリーズを発売した。色分けした3チャネル全ての電圧や電流をディスプレイに同時に表示できる。(2017/6/30)

まずはKeysight製品から:
横河レンタ、新品の計測器販売事業に参入
横河レンタ・リースは2017年6月12日、新品の電子計測器販売事業に参入したと発表した。まず、Keysight Technologiesの日本法人と販売店契約を結び、Keysight製品の販売を始めた。(2017/6/12)

自然放電を電流で測定:
Li電池セルのOCV試験を大幅に短縮
キーサイト・テクノロジーは、「TECHNO-FRONTIER 2017(テクノフロンティア)」で、リチウムイオンバッテリーセルの自然放電試験に関する評価時間を大幅に短縮できる測定システムを展示した。(2017/4/21)

テクノフロンティア 2017 開催直前情報:
ノイズ対策や省電力設計のための最新ツールを展示 キーサイト
キーサイト・テクノロジーは「TECHNO-FRONTIER 2017」(テクノフロンティア/会期:2017年4月19〜21日)で、「ノイズの測定と対策」および「省電力設計と評価」をテーマに、同社の最新製品などを展示する。(2017/3/24)

企業動向を振り返る 2017年2月版:
成長に自信を見せるルネサス、前途多難な東芝
東芝が解体へのカウントダウンを刻む中、一時は経営が危ぶまれたルネサスが好調な業績見込みを発表しています。(2017/3/23)

キーサイト InfiniiVision 1000Xシリーズ:
6万円台からの低価格オシロスコープ、8万円台では信号発生機能
キーサイト・テクノロジーは、多機能ながら最低販売価格6万円台を実現した低価格オシロスコープ製品の販売を2017年3月2日から開始した。8万円台の機種では信号発生機能などを盛り込んだ。(2017/3/16)

6-in-1の多機能モデルも:
キーサイト、6万円台からの低価格オシロスコープ
キーサイト・テクノロジーは、多機能ながら最低販売価格6万円台を実現した低価格オシロスコープ製品の販売を2017年3月2日から開始した。8万円台の機種では信号発生機能などを盛り込んだ。(2017/3/2)

5GやIoT分野を強化:
キーサイト、イクシアを約16億米ドルで買収へ
Keysight Technologies(キーサイト)は、物理ネットワークおよび仮想ネットワーク向けテストソリューションを提供する米IXIA(イクシア)を約16億米ドルで買収すると発表した。(2017/2/7)

キーサイト M9010Aなど:
バックプレーン速度24GB/秒のPXIeシャシー
キーサイト・テクノロジーは、最大24GB/秒のバックプレーン速度を持つ「M9010A」、小型で低価格の「M9005A」、大型システム用の「M9018B」という3種類のPXIeシャシーを発表した。(2017/1/12)

キーサイト M9010Aなど:
バックプレーン速度が24Gバイト/秒のPXIeシャシー
キーサイト・テクノロジーは、最大24Gバイト/秒のバックプレーン速度を持つ「M9010A」、小型で低価格の「M9005A」、大型システム用の「M9018B」という3種類のPXIeシャシーを発表した。(2016/12/19)

キーサイト・テクノロジー N9041B UXA X:
110GHzまでのカバレージを提供するアナライザー
キーサイト・テクノロジーは2016年10月、最大解析帯域幅5GHzで110GHzまでの周波数カバレージを提供するシグナル・アナライザ「N9041B UXA X」シリーズを発表した。高度なフロントエンド回路を搭載し、表示平均雑音レベルを低下できる独自機能を備えているという。(2016/10/27)

オシロやマルチメーターで“何となく測る時代”はもう終わった!:
PR:IoT機器開発の必需品“μAレベルの電流変動計測器”
低消費電力化が不可欠なIoTデバイスだが、消費電力を大きく左右する消費電流については、あまり正確に測定されていなかった。というのも、これまで1mAを下回る微小電流を含めて定量的に電流を測定できるツールがなかったためだ。しかし、昨今、1mA以下の電流変動でさえも手軽に、かつ、正確に測定できる計測ソリューションが登場。IoTデバイス開発現場でも徐々に、消費電流を正確に把握し機器の低消費電力化を図る開発手法が浸透しつつあるのだ。(2016/10/25)

電子ブックレット:
5G、土台があれば優れたサービスは生まれてくる
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、NTTドコモが語る5G(第5世代移動通信)の動向を紹介します。(2016/9/11)

キーサイト M9019A PXIe 18スロットGen3シャシーなど:
PXI/AXIeモジュール型計測器のラインアップ拡大
キーサイト・テクノロジーは2016年8月、PXI/AXIeモジュール型計測器とレファレンスソリューションのラインアップを拡大すると発表した。併せて、他社製機器を含めたPXI/AXIeモジュール型計測器のワンストップ校正サービスを提供開始するという。(2016/8/30)

電子ブックレット(EDN):
USB 3.1/Type-Cの受信耐性評価
EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「USB 3.1/Type-Cの受信耐性評価」に関して、シンボルエラー測定(SER)が可能なビットエラー測定器(BERT)を用いた受信性能テストの方法を紹介します。(2016/8/28)

キーサイト A-LFNA:
ノイズ測定を統合した1/fノイズ・RTN測定システム
キーサイト・テクノロジーは、ウエハー上のデバイスノイズを測定、モデリングできる、1/fノイズ・RTN測定システム「Advanced Low-Frequency Noise Analyzer」を発表した。(2016/8/16)

Keysight Technologiesプレジデント兼CEO Ron Nersesian氏:
計測器、技術の要はハードからソフトに
キーサイト・テクノロジーは、プライベートセミナーおよび展示会「Keysight World 2016 東京」を2016年7月14〜15日に開催した。それに合わせて来日した、米国本社Keysight Technologies プレジデント兼CEOのRon Nersesian氏に、Keysightの戦略などを聞いた。(2016/8/9)

計5億円相当の最新装置を配備:
東陽テクニカと慶応大、イメージングセンターを開設
東陽テクニカは2016年7月20日、慶応義塾大学理工学部中央試験所の産学連携棟内に、微小な領域を観察および分析するための施設「ナノイメージングセンター」を開設した。産学連携を図ることでイメージング技術を強化し、学術と産業の両方に貢献することを目指す。(2016/7/21)

11GHzの帯域幅も開放:
米国、今後7年間で5G向けに4億ドルを投資
米国は、欧州、韓国、日本と並んで5G(第5世代移動通信)の動きをけん引している存在だ。その米国で立ち上がった官民コンソーシアムが、今後の7年間で4億米ドルを5G向けに投資する。(2016/7/20)

より高速/大容量化へ、革新続く無線通信技術:
テラヘルツ波帯無線、通信速度は光通信の領域に
世界が注目するテラヘルツ波帯無線通信。機器間の通信では光ファイバーからの置き換えを狙う。8K映像を非圧縮で伝送することができ、フルHD動画であれば1年分のデータを1時間で転送することも可能だ。将来は、宇宙との通信も視野に入れた研究が進む。(2016/7/19)

電子ブックレット(EDN):
USB 3.1/Type-Cのトランスミッタテスト
EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、USB 3.1/Type-Cのトランスミッタテスト(送信品質評価)について、テスト用フィクスチャを活用することで、より正確に早く測定、評価するための手法を紹介します。(2016/7/2)

電子ブックレット(EDN):
コネクタ/ケーブルの評価では、新しい概念も
EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、連載「USB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?」から、インターコネクトの課題と、ネットワークアナライザーを用いた検証方法について紹介します。(2016/6/25)

キーサイト・テクノロジー U7243B:
USB3.1 Type-C仕様の送信評価に対応した試験ソフトウェア
キーサイト・テクノロジーは、USB3.1 Type-C仕様の送信試験に対応する「U7243B USB3.1送信評価コンプライアンス試験ソフトウェア」を発表した。(2016/6/17)

Keysight 5G AKIBA Summit 2016:
5G、土台があれば優れたサービスは生まれてくる
キーサイト・テクノロジーは2016年6月10日、5Gの最新技術動向や5G開発向けの計測器などを紹介する「Keysight 5G AKIBA Summit 2016」を開催した。基調講演ではNTTドコモが登壇し、5G(第5世代移動通信)の技術動向や2020年での一部商用化の予測について語った。(2016/6/15)

キーサイト U7243B:
USB3.1 Type-Cの送信試験に対応したソフトウェア
キーサイト・テクノロジーは、USB3.1 Type-C仕様の送信試験に対応する「U7243B USB3.1送信評価コンプライアンス試験ソフトウェア」を発表した。USB3.1 Type-C機器のGen1/Gen2コンプライアンス試験に対応。開発コスト削減や試験プロセスの簡略化に貢献するという。(2016/6/7)

評価と量産のテストを同じ計測システムで:
RF ICのコスト削減を実現するのはテスト工程だ
半導体ICは、高機能化に反比例するように価格の低下が進んでいる。スマートフォンなどに搭載されるRF ICでも顕著な傾向であり、RF ICサプライヤーは、いかに低コスト化を図るかについて試行錯誤している。低コスト化を実現する方法の1つが、テストにかかるコストを抑えることだ。(2016/5/20)

電子ブックレット(EDN):
USB 3.1/Type-Cの概要と測定の肝
EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、USB 3.1およびType-Cコネクターを搭載した機器を開発するに当たって、システム設計者が知っておくべき試験/評価方法について紹介します。(2016/5/1)

TECHNO-FRONTIER 2016:
ナノアンペア級の電流波形観測、不可能を可能に
キーサイト・テクノロジーは、「テクノフロンティア 2016」において、ナノアンペアレベルの電流波形観測を可能としたデバイス電流波形アナライザー「CX3300」を用い、Bluetooth Low Energy(BLE)無線搭載モジュールの微小な漏れ電流などを測定するデモ展示を行った。(2016/4/26)

1mA以下はノイズに埋もれてたけれど:
ナノアンペア級の微小電流波形が見える新計測器
Keysight Technologies(キーサイト・テクノロジー)は2016年4月5日、ナノアンペアレベルの微小な電流波形を取得できる計測器「デバイス電流波形アナライザ CX3300シリーズ」を発表した。(2016/4/6)

USB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?(5):
USB PDの評価
連載の最終回となる今回は、「USB PDの評価」に関して、PD(Power Delivery)のコンプライアンス試験や動作検証などのテストソリューションについて述べる。(2016/3/8)

キーサイト・テクノロジー N8833A/N8833B:
最大4つの信号を同時解析、リアルタイムオシロスコープ用クロストーク解析アプリ
キーサイト・テクノロジーは、リアルタイムオシロスコープ用のクロストーク解析アプリケーション「N8833A」「N8833B」を発表。クロストークを検出して定量化する他、どのアグレッサがクロストークの主要因かなどを特定できる。(2016/2/25)

キーサイト N8833A/N8833B:
リアルタイムオシロ用のクロストーク解析アプリ
キーサイト・テクノロジーは、クロストーク解析アプリケーション「N8833A」「N8833B」を発売した。クロストークを検出して定量化することが可能で、追加のシミュレーション入力とファイルを使用せず、最大4つの信号(アグレッサ/ビクティム)を同時に解析できるという。(2016/2/24)

より使いやすく、より高性能に!:
キーサイトがスペアナ一新し、全機種タッチ対応に
キーサイト・テクノロジーは、主力のスペクトラムアナライザー製品群「Xシリーズ」を一新した。これまでハイエンド機種に限って搭載していたタッチパネルインタフェースを全機種に搭載した他、性能向上を図った。価格については、従来の価格帯とほぼ同じに据え置いた。(2016/2/15)

USB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?(4):
USB 3.1/Type-Cの受信耐性評価
今回は、「USB 3.1/Type-Cの受信耐性評価」に関して、シンボルエラー測定(SER)が可能なビットエラー測定器(BERT)を用いた受信性能テストの方法について述べる。(2016/2/15)

計測/テストシステムへのアプローチが変わる:
IoT機器がモジュール型計測器を後押し
National Instruments(NI)は、ソフトウェアで定義するモジュール型計測器市場をリードするメーカーだ。同社は、IoT(モノのインターネット)機器の台頭により、計測/テストシステムへのニーズに変化が起きていると語る。(2016/1/29)

キーサイト・テクノロジー M8196A:
92GSa/s、32GHzの性能を持つ任意波形発生器
キーサイト・テクノロジーは、92Gサンプル/秒(GSPS)、32GHzの性能を持つ高速/広帯域のモジュール型任意波形発生器「M8196A」を発表した。最大64Gボー、8ビットの垂直軸分解能でPAM-4、PAM-8、DMTなど多値デジタル信号の生成が可能だという。(2016/1/12)

キーサイト PA2203A:
3相パワー機器の試験に対応するパワーアナライザ
キーサイト・テクノロジーは、3相パワー機器の設計や試験、デバッグに対応する4チャネルパワーアナライザ「IntegraVision PA2203A」を発売した。3相パワー機器/装置の研究開発で必要な性能を、解析/評価/測定/実証できるという。(2016/1/4)

キーサイト U4164A:
最大4Gb/sのデータレートを可能にしたアナライザ
キーサイト・テクノロジーは、データレート最大4Gビット/秒のステートモードと10GHzのタイミングモード、最大400バイトのメモリ容量を備えたロジックアナライザモジュール「U4164A」を発表した。(2015/12/25)

USB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?(3):
USB 3.1/Type-Cのトランスミッタテスト
今回は、「USB 3.1/Type-Cのトランスミッタテスト(送信品質評価)」について、テスト用フィクスチャを活用することで、より正確により早く測定/評価するための手法などについて述べる。(2015/12/18)

キーサイト U8903B Bluetoothオプション:
Bluetoothのオーディオ試験に対応したアナライザ
キーサイト・テクノロジーは、オーディオアナライザ「U8903B」の機能を拡張し、Bluetooth機器のオーディオ試験に対応したと発表した。Bluetoothオプションを追加することで、Bluetoothを経由したオーディオ試験を可能にした。(2015/12/1)

長時間のテストやデータロギングにも対応:
キーサイト、DMMに2シリーズを追加
キーサイト・テクノロジーは、エレクトロニクスや産業用テスト部門で必要となる性能と測定機能を備えたデジタルマルチメータ(DMM)2シリーズの販売を始めた。(2015/11/13)

レファレンスソリューションに注力:
2018年売り上げ100億円を目指すキーサイトの戦略
キーサイト・テクノロジーは2015年10月29日、2016年度のビジネス戦略説明会を東京都内で開催した。リファレンスソリューションと計測コンサルティングビジネスを拡大し、2018年度の売り上げを現在の3倍以上である100億円を目指すとしている。(2015/11/2)

キーサイト 81607A/81608A/81609A:
最大出力+12dBm以上のレーザー光源モジュール
キーサイト・テクノロジーは、波長可変レーザー光源モジュール「81607A」「81608A」「81609A」を発表した。低い自然放出光と狭い線幅、長期安定度といった81606Aの特長を受け継ぎつつ、多彩な機能でさまざまなニーズに応える。(2015/10/29)

SiC/GaNだけでなく新世代パワーMOSFETでも:
次世代パワー半導体ではシミュレータが不可欠に
SiC/GaNを用いた次世代パワー半導体を使うパワーエレクトロニクスの設計において、シミュレータを使うという新しい動きがある。これまでは“ノウハウ”で乗り切れていたが、次世代パワー半導体ではノイズなど無視できない問題が顕著になってきたからだ。(2015/10/7)

キーサイト・テクノロジー E36100Aシリーズ:
電流測定機能を内蔵した小型プログラマブル電源
キーサイト・テクノロジーは、LANとUSBインタフェースを搭載し、正確で信頼性の高い測定と設計検証ができる小型、軽量のDCプログラマブル電源「E36100A」シリーズを発表した。(2015/10/7)

USB Type-Cの登場で評価試験はどう変わる?(1):
USB 3.1/Type-Cの概要と測定の肝
高速伝送や電力供給(PD:Power Delivery)機能をサポートするUSB 3.1およびType-Cが登場し、注目を集めている。USB 3.1およびType-Cコネクタを搭載した機器を開発するに当たって、システム設計者が知っておくべき試験/評価方法について解説する。(2015/9/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。