ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「金正恩」最新記事一覧

小説家やミュージシャン、金正恩も登場 「著名人がカップ焼きそばの作り方を書いたら」がブーム なぜ書かせた
糸井重里さんに至っては本人が降臨。(2016/5/25)

金正恩が女体化!? 中国産ゲーム「萌王EX」が越えてはいけないラインを余裕で踏破する
日本人キャラには豊臣秀吉が(なおロリ)。(2016/5/9)

星のオーリィ! 京大の折田先生像、今年はカービィに メタナイトからのメッセージ付き
「どうかこれ以上食べ物をあたえないでください メタナイト」。(2016/2/25)

これ使って大丈夫か!? リアルなプーチンと金正恩の頭から音が鳴るスピーカーで我が家の平和がやばい
コンセプトは「世界を動かす人物で聴く」。(2015/12/8)

インテリアスピーカーです:
スウェーデン発、権力者をモデルにした胸像型のBluetoothスピーカーに第2弾
世界で影響力のある権力者たちをモデルにした胸像型スピーカーシステム「サウンド・オブ・パワー」(SOP)シリーズに第2弾「キム・サンシャシン」登場。限定100台。(2015/12/8)

金正恩がたった1人でアメリカ軍に立ち向かう風刺ゲーム 無慈悲なハッキングによりデータ消失 → 資金調達を断念
そんな内容で大丈夫か、と心配されていましたが……。(2015/1/11)

北朝鮮パロディ映画、ネット公開直後に海賊版横行 20時間後には75万本ダウンロード
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)が12月25日に北朝鮮パロディ映画「The Interview」のネット配信を開始して1時間後には同映画の違法コピーが一連のBitTorrentサイトにアップロードされ、20時間後には75万本以上がダウンロードされた。(2014/12/26)

北朝鮮の金正恩が1人でアメリカ軍に無慈悲な鉄槌を下すアクションゲーム Kickstarterで資金調達中
北の将軍無双。(2014/12/24)

ソニー・ピクチャーズ、公開中止の北朝鮮パロディー映画を一転公開へ
「The Interview」のTwitterアカウントは「言論の自由が勝利した」と宣言。(2014/12/24)

SPE、前言撤回で北朝鮮風刺映画をクリスマスに上映へ
ソニー・ピクチャーズが、上映館爆破予告を受けて中止を発表した「The Interview」のクリスマス上映を、一部の映画館で行う。VODでの提供も検討中という。(2014/12/24)

マルウェアがHDDの全データを上書き
映画流出より怖い? ソニー・ピクチャーズの「社内データ削除」はこうして起きた
米Sony Pictures Entertainmentを狙ったサイバー攻撃では、HDDのデータを消去するマルウェアが利用されたという。具体的にどのようなマルウェアだったのだろうか。(2014/12/23)

ソニー・ピクチャーズ、北朝鮮パロディ映画をお蔵入りに──Variety報道
「The Interview」の12月25日の公開を断念したSPEが、当初はビデオオンデマンドでの提供を検討していたが、「今後この映画をリリースする計画はない」と断言した。(2014/12/19)

ソニー・ピクチャーズ、北朝鮮パロディ映画の公開を中止
SPEが、12月25日に全米で公開する予定だった北朝鮮の最高指導者暗殺を題材とするパロディ映画「The Interview」の公開を中止した。ネット上には同社にサイバー攻撃を仕掛けたとみられるGOPからの上映館爆破をにおわす警告メールが拡散されている。(2014/12/18)

ソニー・ピクチャーズにサイバー攻撃、「北朝鮮が関与」の見方も
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの社内ネットワークが不正侵入され、Twitterアカウントの乗っ取りや情報流出などの被害が発生しているという。(2014/12/1)

窪田順生の時事日想:
号泣県議・野々村さんは、兵庫県議会に比べたらよっぽど政治家らしい
「号泣県議」こと野々村さんが11日付で辞職した。彼のおかげで「政務活動費」というカネが、議員たちの「生活費」になっていることが明らかになった。しかし、兵庫県議会はこの問題をうやむやにしたいようで……。(2014/7/15)

伊吹太歩の時事日想:
オバマを「サル」呼ばわり、北朝鮮メディアの暴走が止まらない
世界のメディアから「世界で最も閉鎖された国」と呼ばれる北朝鮮。最近の北朝鮮メディアは、専門家が眉をひそめるほどの“暴言”の嵐だという。米国のオバマ大統領を「サル」と呼び、韓国の朴大統領を「慰安婦」とこき下ろす。まさに言いたい放題なのだ。(2014/5/15)

藤田正美の時事日想:
金正恩体制下の計画経済はうまく発展できるのか?――北朝鮮の農村を歩く
現在、国連安保理決議による経済制裁を受けている北朝鮮だが、実際に訪問してみると制裁に苦しむという感じは見受けられなかった。北朝鮮の農村の実態を報告したい。(2013/10/16)

北朝鮮国営テレビ局、Facebookページでライブストリーミング開始
北朝鮮の国営放送局朝鮮中央テレビ(KCTV)が公式Facebookページで、広報番組などのライブストリーミングを開始。金正恩第1書記が農家を訪問する様子などが紹介されているという。(2013/6/7)

藤田正美の時事日想:
安倍首相は痛みを伴う改革を断行できるのか
英エコノミスト誌の最新号表紙は、スーパーマンに模した安倍首相が空を飛んでいるものだ。官僚の「天敵」たる規制緩和を実行できるのか。(2013/5/22)

伊吹太歩の世界の歩き方:
どんなネタに? 世界は金正恩を嗤っている
「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた北朝鮮の金正恩第一書記に世界の注目が集まっている。ただし、格好の嘲笑のネタとして。(2013/5/9)

北朝鮮がWindows 8に関する不具合でミサイル発射延期→無慈悲なジョークでした
みんな、それ、嘘だぞ!(2013/4/12)

Anonymousが北朝鮮にサイバー攻撃、公式宣伝サイトがダウン
北朝鮮の公式Twitterアカウントなどもハッキングされ、関連サイトが改ざんされて金正恩第一書記をからかう画像などが掲載された。(2013/4/5)

北朝鮮で史上初のクラブ・パーティが開催される
今年の夏、北朝鮮の首都・平壌で史上初のクラブ・イベントが開かれた。(2012/12/11)

藤田正美の時事日想:
北朝鮮のミサイル脅威にどう対処するべきか
北朝鮮が進めるミサイル開発。日本全土が射程に入る中、我々はどのような防衛を想定すればいいのだろうか。(2012/12/3)

北朝鮮で日本メーカーにそっくりのスニーカーが登場
北朝鮮で日本のASICSのスニーカーとそっくりのものが作られているという。(2012/11/19)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/15)

窪田順生の時事日想:
覚せい剤を密輸した男が明かす、北朝鮮の仕事術
「人工衛星」騒動で北朝鮮が注目を集めている。ビジネスパーソンとしては「相変わらずよく分からない国だな」ぐらいしか感想はないだろうが、実は彼らから学ぶこともある。それは、我々日本人が忘れてしまったものだ。(2012/4/17)

北朝鮮のミサイル実験失敗は何を引き起こすのか?
北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射実験に失敗した。今回のミサイル実験にはどのような意味があり、今後どのような懸念が想定されるのか。朝鮮半島問題の専門家である早稲田大学教授の重村智計氏が解説した。(2012/4/13)

藤田正美の時事日想:
北朝鮮の“人工衛星”打ち上げが意味すること
“人工衛星”の打ち上げをあくまでも強行する姿勢の北朝鮮。緊迫する朝鮮半島情勢を象徴する出来事だが、日本はこうした防衛問題についての議論ができる状況にあるのだろうか。(2012/4/9)

日本語版はどう変っているのか――「HOMEFRONT」ローカライズプレゼンテーションリポート
2月18日、スパイク本社にて4月14日発売予定の「HOMEFRONT」について、日本語版ローカライズについてのメディア向けプレゼンテーションが開催された。「軍事大国化した北朝鮮」という、日本人にとってもデリケートなテーマを扱うだけに、ローカライズでどの程度の変更が行われるのか、プレイデモなどで明らかにされた内容をもとにリポートする。(2011/2/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。