ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「金正恩」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「金正恩」に関する情報が集まったページです。

朝鮮半島「恒久的」平和を模索:
朝鮮半島の「完全な非核化」を共通目標として確認=南北首脳
北朝鮮の金正恩 朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領は、「朝鮮半島の完全な非核化」を共通目標として取り組んでいくことを確認する共同宣言に署名した。(2018/4/27)

軍事境界線を越える:
南北首脳会談10年超ぶり開催、金委員長「新たな歴史の始まり」
北朝鮮の金正恩 朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領による南北首脳会談が板門店で始まった。(2018/4/27)

「良い結果」期待:
日米首脳会談、トランプ氏「米朝はハイレベルな対話開始」
日米首脳会談の冒頭で、トランプ米大統領は、米朝首脳会談に向け、米国が北朝鮮と「極めてハイレベルの直接対話」を始めたことを明らかにした。(2018/4/18)

小泉進次郎氏が語る:
イノベーション創出のために、政界と財界は何を目指す
新経済連盟(新経連)は2018年4月11日、都内で「新経済サミット2018」を開催し、衆議院議員の小泉進次郎氏によるトークセッション「政界×経済界のあり方にイノベーションを」を行った。本稿では、セッションの内容を紹介する。(2018/4/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年3月版:
パスワードは変更しない方が良いのか?
2018年3月のセキュリティクラスタは「コインチェック」「IPA」「パスワード」に話題が集まりました。コインチェックから流出した仮想通貨NEM(通貨単位XEM)が、ついに全て売られてしまいました。IPAが注目を集めたのはユーザーの情報を漏らしてしまったためです。さて長年、定期的に変更するよう推奨されてきたパスワードはどうなったのでしょうか。(2018/4/12)

流出NEM「完売」 資金洗浄完了か 販売サイトに金正恩氏の写真と「Thank you!!!」
「Coincheck」から流出したNEMの全額が、3月22日までに他の仮想通貨に交換されたようだ。犯人が開設したとみられるNEM販売サイトの在庫がなくなり、金正恩氏が札束に囲まれたコラージュ写真が掲げられている。(2018/3/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
首脳会談決定で高まる、米朝開戦のリスク
史上初の米朝首脳会談が決定したと発表された。この衝撃のニュースをどう理解すべきなのか。会談が本当に実現すれば、もしかしたら米朝開戦に一歩近づくことになるのではないか。なぜなら……。(2018/3/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜこんなことに? 平昌五輪、運営側の問題
平昌五輪で活躍する選手たちの姿を見て、一喜一憂している人も多いのでは。テレビや新聞などは日本人選手の活躍を報じているが、筆者の臼北氏は大会運営で気になることがあるという。それは……。(2018/2/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
韓国の米国大使がいつまでも就任しない理由とは
トランプ大統領が新政権を発足させてから1年が過ぎた。たくさんの問題を抱えているなかで、政府機関の要職が「空き」だらけであることも忘れてはいけない。なぜ、いまだに重要なポストに人が配置されていないのか。(2018/1/25)

限定的な攻撃を検討か:
消えぬ米朝戦争懸念、トランプ政権にくすぶる先制攻撃論
韓国と北朝鮮が今週2年ぶりに行った南北会談によって、北朝鮮による米国を射程に収めた核ミサイル開発を巡る戦争の脅威はひとまず緩和されたが……。(2018/1/18)

Twitter、トランプ大統領のアカウントを停止しない理由を再度説明
ドナルド・トランプ米大統領が「私は金正恩より大きな核ボタンを持っていると彼に伝えてほしい」とツイートしたことが物議を醸す中、Twitterが「世界的リーダーのアカウントやツイートをブロックしたり削除したりするのは人々が知るべき情報を隠すことになる」と説明するブログを公開した。(2018/1/6)

北のハッカー集団、ネットバンキング利用者を攻撃 日本も標的、個人財産狙う
北朝鮮のハッカー集団が今秋ごろから、スマートフォンを使ったインターネットバンキング利用者の暗証番号などを盗む攻撃を開始したことが分かった。(2017/12/18)

豪華な歓迎に満足:
トランプ大統領のアジア歴訪で喜んだ国、戸惑った国
米大統領としてこの四半世紀以上で最も長いアジア歴訪を終えたトランプ氏。この訪問で、アジアの指導者少なくとも2人は、満足感にひたる十分な理由がある。(2017/11/16)

「ただの夢想家」:
北朝鮮危機の時間切れ迫る 対話模索する米代表の孤立無援
米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表は、米国で最も苛酷な外交任務を課せられている。対話を望まない自国大統領と、耳を傾ける素振りすら見せない敵国との板挟みになっているからだ。(2017/11/8)

Twitter従業員、退職日にトランプ大統領のアカウントを失効させて英雄扱い
Twitterを退社するカスタマーサポート担当従業員が最終出社日にドナルド・トランプ米大統領のアカウントを失効させ、11分間無効になった。Twitterのこの説明を受け、Twitter上ではこの元従業員を英雄視するツイートが多数投稿された。(2017/11/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
北朝鮮の「生物兵器」は、どれほどの脅威なのか
北朝鮮が所有しているともいわれている「生物兵器」が、世界で改めてクローズアップされている。北朝鮮はどういった生物兵器を持っているのか。また、どのような脅威があるのか。改めて、見ると……。(2017/10/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプか金正恩か、それとも……。本当に「クレイジー」なのは誰だ
相変わらず、トランプ大統領のツイートが話題になっている。北朝鮮に対して過激な発言が続いているが、その裏には何があるのか。ビジネスマンとして成功したトランプ流交渉術のひとつなのかもしれない。(2017/10/12)

「君の名は。」ハリウッド実写版に妄想広がる 「彗星シーンでエアロスミス」「NY少年とオクラホマ娘の入替」
大ヒット映画「君の名は。」のハリウッド実写映画化決定に、Twitterでは大喜利が発生。(2017/9/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
ボイコット危機の平昌五輪で韓国が恐れる本当の“敵”とは
2018年2月に韓国で開催される平昌五輪に不参加国が出る可能性が報じられた。深刻化する北朝鮮情勢が大きな懸念となっているが、五輪を巡る問題はそれだけではない。(2017/9/28)

トランプ大統領を凍結しない理由は? Twitterが北朝鮮“脅迫”ツイートめぐり説明
北朝鮮をめぐり「彼らは長くないだろう」と投稿したトランプ大統領のツイートが、Twitterで禁止されている「脅迫」だと指摘する声が。(2017/9/26)

Twitter、なぜトランプ大統領の「ロケットマン」ツイートを削除しないかを説明
トランプ米大統領のツイートを北朝鮮が「宣戦布告だ」と受け取ったと報じられる中、Twitterがなぜそのツイートを削除しないのかを説明した。(2017/9/26)

石川製作所、技研工業など:
防衛関連株が急騰 北朝鮮の「超強硬措置」声明で
北朝鮮が太平洋での大規模な水爆実験を示唆すると、防衛関連事業を展開する企業の株価が急騰した。(2017/9/22)

株安・円高に:
北朝鮮外相、太平洋でかつてない規模の水爆実験示唆
北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は、太平洋での水爆実験をかつてない規模で実施する可能性を示唆した。(2017/9/22)

核ミサイル開発に“前進”:
北朝鮮の「水爆」実験、ゲームチェンジャーになるか
北朝鮮が水爆実験に成功したと発表したことは、米国を射程圏に入れる核ミサイルを開発するという最終目標に向けた大きな前進だ、と複数の専門家が話している。(2017/9/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
北朝鮮が攻撃できない、米国も攻撃できない背景
北朝鮮が攻撃してくるかもしれない――。何度もミサイル実験を繰り返されると、多くの人がこのような不安を感じるかもしれない。では、米国政府はミサイル問題をどのようにとらえているのか。実は……。(2017/8/10)

「ただの見せかけ、パフォーマンスだ」:
北朝鮮との最前線 おとぎ話が覆い隠す韓国の悪夢
韓国の首都ソウルから車で北に30分ほど有刺鉄線沿いの幹線道路を走ると、サッカースタジアム数個分の広さを擁するショッピングモールが2つある。その目と鼻の先にあるのは、南北朝鮮を隔てる世界有数の軍事境界線だ。(2017/7/28)

ギリギリセーフなのか……? トランプ、プーチン、金正恩のそっくりさんを使った香港のCMがいろいろな意味でヤバい
自社CMとして公開する度胸。(2017/6/23)

金氏が特別に重用:
北朝鮮ミサイル開発に3人のキーパーソン
北朝鮮が進める核・ミサイル開発は、金正恩朝鮮労働党委員長が特別に重用する3人の人物が鍵を握っている。(2017/5/29)

スカッドか:
北朝鮮が3週連続で弾道ミサイル発射、日本のEEZに落下
北朝鮮が弾道ミサイル1発を同国東岸から発射。(2017/5/29)

戦闘配備を承認:
北朝鮮ミサイル実験「成功」 核弾頭の誘導性能を確認と発表
北朝鮮は、中距離弾道ミサイル「北極星2型」の発射実験に成功し、核弾頭の末期誘導性能が確認されたと発表した。(2017/5/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
予想を裏切ってきたトランプは、北朝鮮を攻撃するのか
米国がシリアの空軍基地を攻撃した。現状「戦争勃発の一歩手前」になっているが、今後どのように展開するのか。また「シリアへの攻撃は、北朝鮮を意識したものだった」といった話もあるが、米国は攻撃に乗り出すのか。(2017/4/13)

北朝鮮が携帯電話の監視強化 利用者数は300万人を突破
IT化進む情報統制。一方でテレビを2台所有する対応策も。(2017/3/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプは「独裁者」になりつつあるのか
「トランプ大統領は独裁的な傾向があるのではないか」といった指摘が出ている。法の支配が確立している米国では、そう簡単に暴君が生まれることはないと思うが、トランプが“独裁者”になっていく可能性はあるのだろうか。(2017/2/23)

北朝鮮女スパイの長い歴史を紐解く
日本人を装い旅客機を爆破、ハニートラップ、75歳で現役。著名な3人の北朝鮮女工作員を紹介しよう。(2017/2/17)

金正男氏暗殺、さらに2人を逮捕
既に逮捕されたベトナム人女性に続き、インドネシア人女性とそのボーイフレンドであるマレーシア人が逮捕された。ただし身元については確定していない。(2017/2/16)

金正男氏暗殺容疑でマレーシア警察が女を逮捕 韓国情報機関は「北朝鮮が5年前から計画」と報告
胸に「LOL」と入ったTシャツを着た、ベトナム人を名乗る女が逮捕された。(2017/2/16)

北朝鮮最高指導者の兄、金正男氏が空港で暗殺
女性工作員からの毒物噴霧により殺害されたとされているが、真相は究明中だ。(2017/2/15)

北朝鮮の金正男氏が殺害されたと韓国メディアが報道
マレーシアで殺害されたと報じられている。※追記(2017/2/14)

小説家やミュージシャン、金正恩も登場 「著名人がカップ焼きそばの作り方を書いたら」がブーム なぜ書かせた
糸井重里さんに至っては本人が降臨。(2016/5/25)

金正恩が女体化!? 中国産ゲーム「萌王EX」が越えてはいけないラインを余裕で踏破する
日本人キャラには豊臣秀吉が(なおロリ)。(2016/5/9)

星のオーリィ! 京大の折田先生像、今年はカービィに メタナイトからのメッセージ付き
「どうかこれ以上食べ物をあたえないでください メタナイト」。(2016/2/25)

これ使って大丈夫か!? リアルなプーチンと金正恩の頭から音が鳴るスピーカーで我が家の平和がやばい
コンセプトは「世界を動かす人物で聴く」。(2015/12/8)

インテリアスピーカーです:
スウェーデン発、権力者をモデルにした胸像型のBluetoothスピーカーに第2弾
世界で影響力のある権力者たちをモデルにした胸像型スピーカーシステム「サウンド・オブ・パワー」(SOP)シリーズに第2弾「キム・サンシャシン」登場。限定100台。(2015/12/8)

金正恩がたった1人でアメリカ軍に立ち向かう風刺ゲーム 無慈悲なハッキングによりデータ消失 → 資金調達を断念
そんな内容で大丈夫か、と心配されていましたが……。(2015/1/11)

北朝鮮パロディ映画、ネット公開直後に海賊版横行 20時間後には75万本ダウンロード
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)が12月25日に北朝鮮パロディ映画「The Interview」のネット配信を開始して1時間後には同映画の違法コピーが一連のBitTorrentサイトにアップロードされ、20時間後には75万本以上がダウンロードされた。(2014/12/26)

北朝鮮の金正恩が1人でアメリカ軍に無慈悲な鉄槌を下すアクションゲーム Kickstarterで資金調達中
北の将軍無双。(2014/12/24)

ソニー・ピクチャーズ、公開中止の北朝鮮パロディー映画を一転公開へ
「The Interview」のTwitterアカウントは「言論の自由が勝利した」と宣言。(2014/12/24)

SPE、前言撤回で北朝鮮風刺映画をクリスマスに上映へ
ソニー・ピクチャーズが、上映館爆破予告を受けて中止を発表した「The Interview」のクリスマス上映を、一部の映画館で行う。VODでの提供も検討中という。(2014/12/24)

マルウェアがHDDの全データを上書き
映画流出より怖い? ソニー・ピクチャーズの「社内データ削除」はこうして起きた
米Sony Pictures Entertainmentを狙ったサイバー攻撃では、HDDのデータを消去するマルウェアが利用されたという。具体的にどのようなマルウェアだったのだろうか。(2014/12/23)

ソニー・ピクチャーズ、北朝鮮パロディ映画をお蔵入りに──Variety報道
「The Interview」の12月25日の公開を断念したSPEが、当初はビデオオンデマンドでの提供を検討していたが、「今後この映画をリリースする計画はない」と断言した。(2014/12/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。