ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ナレッジマネジメント」最新記事一覧

企業などの組織において、その共有資産としての“知識”の発見、蓄積、交換、共有、創造、活用を行うプロセスを体系的な形でマネジメントすること。あるいはそうした知識の創造・活用の仕組みを事業プロセスの中にビルトインし、生み出された知識を製品やサービス、業務プロセスの革新に具現化することで組織全体の競争力強化を目指す経営手法のことをいう。
ナレッジマネジメント − @IT情報マネジメント用語事典

CAD読み物:
熟練設計者のノウハウをどうやって企業資産として残すか?
今回は「ナレッジベース」技術に関するお話です。(2016/11/22)

Zuken Innovation World 2016:
図研プリサイトが“めざす先”とは、統合BOMに加え「ナレッジ」も
図研のプライベートイベント「Zuken Innovation World 2016」に、2016年4月に分社独立した図研プリサイト社長の上野泰生氏が登壇。「まっ先に、めざす先。」と題し、同社のビジョンを紹介した。(2016/10/24)

情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題(2016年):後編
ITによる情報共有、システム導入後の「不満の声」から問題点と解決策を探る
キーマンズネットは、ITによる情報共有とナレッジマネジメントの課題に関するアンケート調査を実施。ITによる情報共有に対する満足度や、現在抱えている具体的な問題点が見えてきた。(2016/8/30)

情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題(2016年):前編
社内コミュニケーションツール利用状況、比較で分かる大企業と中堅・中小企業の違い
キーマンズネットは、ITによる情報共有とナレッジマネジメントの課題に関するアンケート調査を実施。企業規模によって、情報共有ツールの使い分けの傾向が見えてきた。(2016/8/30)

再生可能エネルギーの拡大策(1):
もっと増やせる太陽光発電、コスト低減と長期安定稼働で課題解決
太陽光に偏重する再生可能エネルギーの制度改革が進む一方で、今後も有望な電力源になる太陽光発電を長期的に拡大する対策が始まる。国際的に見て割高な発電コストの低減に取り組みながら、発電設備を安定して稼働させるためのガイドラインやサポート体制の整備を全国規模で推進していく。(2016/6/20)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
“FinTech法案”の陰で進む電子マネーの規制緩和に注目
仮想通貨を規制する法改正案が5月25日の参議院本会議で可決・成立。また、FinTech推進に向けて銀行のIT企業への出資規制を緩和する銀行法改正案も可決・成立した中、期待される日本のFinTech展開について考える。(2016/6/15)

【連載】インターネット時代の企業PR 第30回:
パブリシティの企画/立案は「必然性」を作り出すこと
パブリシティの企画書には、なぜ、メディアが商品やサービスを取り上げるのか、その理由が書かれていなければいけません。つまり、メディアに露出されるには、露出されるべき必然性がなければならないのです。(2015/3/12)

業務の中で「自然に」情報共有:
PR:“デキる営業”を次々と生み出す部門、その秘密は?
ビジネスの変化が早い昨今、その変化に素早く追随できる、営業部門の体制を整えることは企業にとって喫緊の課題だ。属人化しがちな営業のスキルやノウハウを効率よく共有するためにはどうすればいいのか。その答えは「自動+自然」なツール連携にある。(2015/2/23)

【連載】インターネット時代の企業PR 第29回:
パブリックリレーションズの「ズ」が重要
生活者は企業からの情報を漠然と待っている存在ではありません。PRの「R」(relations)とは生活者と何らかの具体的な「間柄」を作ることであり、可算名詞であるゆえに、「ズ」が重要なのです。(2015/2/12)

【連載】インターネット時代の企業PR 第28回:
2015年PR――4つの重要キーワード
データ活用、ワントゥワンマーケティング、コンテンツマーケティングの深化……。2015年がはじまり、さまざまなところで2015年のマーケティングトレンドや広告業界のキーワードが語られています。今回はこれらにならって、筆者が独断で選ぶ2015年のPR重要キーワードをご紹介したいと思います。(2015/1/14)

社内と社外をどうつなぐか
「アイスバケツチャレンジ」に学ぶ次世代ビジネスコラボツールの在り方
ビジネスコラボレーションソフトウェアは企業内の課題を重視することが多い。だが、企業はグローバルでモバイルにも対応した社外とのコラボレーションを実現する方法を受け入れ、プロセスを統一する必要がある。(2015/1/8)

【連載】インターネット時代の企業PR 第27回:
立場を偽った情報発信は割に合わない――『どうして解散するんですか?』のPR的過ち
PRの魅力の1つとして「第三者の視点を通した情報発信」というものがありますね。しかし、「第三者」は常に客観的で公平な視点を持っていると言えるのでしょうか? もし「第三者」が嘘をついていたとしたら?(2014/12/17)

ものづくり白書2014を読み解く(後編):
デジタル技術は日本の製造業に何をもたらしたか?
日本の製造業が置かれた状況について、経済産業省「ものづくり白書」の最新版(2014年版)を基に論じる本稿。今回は、その後編として、日本の製造業が国際競争力を維持・強化するための施策について、ものづくり白書を基に考えていく。ポイントは、デジタルテクノロジーの革新が、日本の製造業に利するかどうかだ。(2014/11/25)

【連載】インターネット時代の企業PR 第26回:
間違いだらけ!? パブリシティのメディアプランニング
パブリシティの最大の魅力は、唐突感なく、場の雰囲気になじんだ形で、自社のことや自社製品について語ることができる点ではないかと思います。ということは、メディアプランニングにおいても、この部分が十分に検討されるべきだと言えます。つまり、メディアの文脈の歴史性や場の雰囲気に馴染むプランを検討すべきなのです。(2014/11/18)

【連載】インターネット時代の企業PR 第25回:
PRの効果は測定できるのか?
企業のPR活動の活動において、もっとも大きな悩みの1つに「効果を明確な形で測ることが難しい」というものがあります。果たして、PRの効果は測定できるものなのでしょうか?(2014/10/9)

【連載】インターネット時代の企業PR 第24回:
謝らないのであれば、記事取り消しもしない方がよかった!?
このところ、メディア企業が自らの報道/情報発信に関して、“釈明”をするケースが立て続けに起こり、ソーシャルメディアなどで大きな話題になっています。本記事では、その“釈明”の仕方や“釈明”の内容を企業PRの観点から読み解いてみたいと思います。(2014/9/5)

【連載】インターネット時代の企業PR 第23回:
「ソーシャルリスニング」で分かること、分からないこと
PR担当者にとって、ソーシャルメディアの知識は「広報」領域のみならず、「広聴」領域でも十分に力を発揮します。今回はソーシャルリスニングの上手な活用の仕方をお伝えします。(2014/8/6)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”の一部として捉えられるようになりました。“in-page web analytics”では、特定の1ページ、すなわち、分析対象となるランディングページにおいて、ユーザーがどんな行動をしたかにフォーカスして分析します。今回は、“in-page web analytics”時代に突入したLPOについて解説します。(2014/7/29)

製造IT導入事例:
シャープ、アフターサービスパーツの在庫量削減を狙いPTCのSLMシステムを導入
シャープは、PTCのSLM(サービスライフサイクル管理)システムを導入することを明らかにした。従来人手に頼ってきたサービス部品の管理をシステムに任せることで、部品供給や在庫量の適正化を目指す。(2014/7/17)

【連載】インターネット時代の企業PR 第22回:
アテンション獲得戦争を生き抜く――真のライバルは誰?
企業PRにおいて、同業他社の情報発信について研究することは決して無駄ではありません。しかし、アテンション獲得戦争の中で、同業他社だけをライバルに設定した競争は、ひょっとしたら勝者のいないゲームかもしれないのです。本当のライバルを見極めること。まずはそこから始めるべきです。(2014/7/9)

電子書籍→電子教科書→電子マニュアル、米Aptaraが法人市場へ参入
企業内での電子書籍活用が進むか。(2014/6/27)

【連載】インターネット時代の企業PR 第21回:
企業のプロジェクトには「PR視点」の導入が不可欠
企業活動のあらゆる場面において「PR視点」が大切だとよく言われます。しかし、PR担当者をプロジェクトの最初から関与させる企業はそう多くないようです。(2014/6/9)

社内文書検索ツール:
PR:Hondaの法規文書検索システム「Senri」を支える「SMART/InSight G2」の実力
本田技研工業(Honda)は、「SMART/InSight G2」をベースに法規文書検索システムを刷新しました。検索結果の視認性向上やドリルダウンによる絞り込み、法制度改正のアラート機能など、使い勝手を飛躍的に高める機能を提供するとともに、情報検索の所要時間を半減して業務の効率化を実現しています。(2014/6/6)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第20回 PRにとっての「メディア」、宣伝にとっての「メディア」――意味の混同で起こる不幸の連鎖
企業と公共社会とを橋渡しするのがPRの役割です。そして、この考え方こそがPRと宣伝を明確に区別するのです。今回はPRにとっての「メディア」の役割を考えます。(2014/5/9)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ヒト、モノ、世界をつなぐテクノロジーとして重要になるクラウド
グローバルで戦うためのIT戦略としてクラウド活用が注目されている。ITを駆使した新しいビジネスをシステム部門がリードするためには、新たなチャレンジが必要。(2014/5/2)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第19回 商品名/企業名が詰め込まれた見出しはクリックされない!?
ニュースサイトパブリシティの際、見出しを重要視するPR担当者がいます。記事の見出しを活用し、クライアントの「商品名」「企業名」、さらには「それらの特徴」などをアピールしようとするのです。しかし、筆者には、この手の努力の方向性が間違いであるように思えてなりません。(2014/4/8)

ナレッジマネジメント:
間に合うか!? 熟練技術者の“暗黙知”承継――カルソニックカンセイの場合
技術者の引退や、海外での設計・製造業務の早期立ち上げなどに対し、熟練技術者が持つ形式知・暗黙知を伝える“技術承継”への危機感が高まっている。ジェムコ日本経営が開催したセミナー「技術伝承フォーラム(第五回変革の賢人フォーラム)」では、自動車部品メーカーのカルソニックカンセイが登壇し、ナレッジマネジメントシステムの構築事例を紹介した。(2014/3/11)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第18回 「感情」「議論」に「真似」「体験」、「俺カッケー」でチェックせよ――PR戦略を成功させるコンテンツの生み出し方
ガワ重視のPR活動、ガワから考えるPR戦略立案では好ましい成果を上げることはできない。ガワはその名の通り外側にあるもの、大事なのは中身(=コンテンツ)である。今回は成功するPR戦略立案に不可欠なコンテンツの生み出し方を伝授する。(2014/2/18)

製造ITニュース:
図研、熟練設計者のナレッジ活用方法をシステム化した「Knowledge Explorer」を提供開始
Word、Excel、PowerPointなどのMicrosoft Office文書、PDF文書、HTMLなどの複数の情報源を参照し、必要とする設計者に必要なタイミングで必要となる情報をプッシュ型で通知する。(2014/2/3)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/27)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第17回 ルフィはどこに行った? ソーシャルメディアで感想を引き出す〜『ONE PIECE』キャンペーンの秘密
ソーシャルメディアで“話題を生む”コツは、適切な情報をタイミングよく公開することに尽きる。極めてシンプルなこの原則を忠実に守って大成功を収めたのが「ONE PIECEコミックス累計発行部数3億冊突破記念キャンペーン」である。(2014/1/15)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第16回 読者無視の時代は終わった〜ソーシャルメディアによりもたらされた読者重視のパブリシティ活動〜
ソーシャルメディアが普及した結果、PR活動のゴールが変わった。メディアに情報を提供し、「よい記事」を書いてもらうことがゴールだった時代は終わり、現在は読者から「よい評価」を得ることにまでゴールが“延長”されたのである。(2013/12/16)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第15回 「メディア」から「トピック」基点のPRキャンペーンへ――ほっぺをなくした「くまモン」はなぜ話題になるのか?
現代のPRキャンペーンにおける成功の可否は、PR担当者が話題になりそうな「トピック」をいくつ把握しているか、関心の接点を作り出すことができるかにかかっている。「メディア」から「トピック」へ。これがキーワードである。(2013/11/14)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第14回 10〜20代の情報拡散事情――無視できない2ちゃんねるまとめサイトの影響力
従来のパブリシティ活動では情報が届きにくいと言われる10〜20代。「情報流通構造調査」の結果を見ると、従来型のメディアに加えて、2ちゃんねるのまとめサイトにもそれなりに配慮すべきであるように思えます。(2013/10/16)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第13回 「スマホでニュース」時代の広報部門の業務領域
生活者がニュースに接触しなくなってきており、その傾向が今後ますます強くなると予測される現在、PR担当者はその業務領域について早急に検討せねばならないと言えるのではないでしょうか。(2013/9/13)

PR:ビッグデータ利活用に踏み込むための第一歩 日立と博報堂のタッグがIT部門をサポート
ビッグデータに興味はあるが、何をしたらいいのか分からない――。こうしたことから、具体的なアクションに躊躇している企業も少なくない。企業が抱えるこうした課題の解消を目的の1つに発足したのが「マーケット・インテリジェンス・ラボ」である。日立と博報堂のタッグによって生まれたこの組織は、企業のIT部門をどうサポートしていくつもりなのか。ビッグデータのIT部門の不安やその対処法などについて、両社のキーマンが語った。(2013/8/26)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第12回 ソーシャルメディアコミュニケーションで炎上を回避する〜アイスケース騒動2事例から考える〜
ソーシャルメディアアカウントを運営しているか否かにかかわらず、起こるときには起こります。それが「炎上」です。とはいえ、その備えは常に万全であるべきです。今回は「炎上」とPRの関係を考えます。(2013/8/12)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第11回 PRは広告の代わりにはならない
PRは「安価な広告」ではありません。そのような誤解が広まってしまうと、「メディア」「PR担当者」「企業」、いずれも不幸になります。PRと広告は「ある程度違う」ではなく、「全く違う」のものなのです。(2013/7/3)

ナレッジマネジメント:
再注目される“暗黙知”の管理――シャープ、牧野技術サービスの場合
国内熟練技術者の引退による技術承継や、海外でのアフターサービス業務の効率向上など、保有する知識を共有し、技術承継や海外展開を容易にするナレッジマネジメントシステムに再び注目が集まっている。PTCジャパンが開催したセミナーでは、シャープと牧野技術サービスが登壇し、ナレッジマネジメントシステムの活用事例を紹介した。(2013/6/27)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第10回 間違いだらけの新任PR担当者研修
PRとは何でしょうか? 「企業と公共との良好な関係作り」というのが正解です。しかし、PR業務未経験の新任担当者には、何のことやらチンプンカンプンでしょう。つまり、定義としては正解であっても、この定義をそのまま新任担当者に告げるのは間違いなのです。(2013/6/3)

PR:企業活動が変貌するエンタープライズソーシャルの最前線
今や国民の4割が利用するまでになったSNSに注目し、その活用に乗り出す企業が増えてきた。だが、SNSを企業内で定着させ、活発な利用を促進させるという部分に悩むケースが少なくない。この問題を抜本的に解決すべく日本IBMではエンタープライズソーシャルソフトウェアを提供している。(2013/5/22)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第9回 削除しようとしたとき炎上は始まる
2012年7月、ある電子書籍リーダーメーカーが炎上しました。この電子書籍リーダーメーカーはこれらの書き込みをまとめて削除してしまいます。おそらく書き込みさえ削除してしまえばシステム不備への不満も「削除」できると考えたのでしょう。しかし、そうはいきませんでした。(2013/5/7)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第8回 メディアは見るな、生活者を見よう〜インターネット時代における有能なPR担当者像〜
コンテンツへのアクセス方法が全く違うインターネット上のメディアと従来型メディア。それぞれを対象としたパブリシティでは、考え方が違って当然です。にもかかわらず、実際のパブリシティでは、このあたりの考え分けが十分にできていないのかもしれません。(2013/4/9)

顧客経験価値の向上、大多数の企業が具体的な施策はこれから
全世界で1300人以上の企業経営幹部を対象に、カスタマーエクスペリエンスに関する調査をOracleが実施。その調査結果を発表した。(2013/3/12)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第7回 ソーシャルメディア時代の記事の「良い出方」
最近、PR担当者にとっての記事の「良い出方」「悪い出方」の基準に新たな判断軸が加わった。「ソーシャルメディア上でどのくらい語られているか」という軸である。(2013/3/5)

ITマネジャーに聞くデータ活用の今
佐川急便で1日500万貨物が生み出すビッグデータ、その活用戦略とは
佐川急便を中核とするSGホールディングスグループのITを一手に担う専門企業、SGシステム。積極的なデータ活用をグループ全体で推進するために、「ITが先回りでその活用環境を提供する」という。その真意に迫る。(2013/2/18)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第6回 「ステマ」のカジュアル化がより巧妙なステマを横行させる
ステルスマーケティングの何が悪なのかといえば、「ステルス」という点につきる。情報の受け手に知らされるべき事実が知らされないまま、情報が発信されること。それが悪なのである。(2013/2/5)

いまさら聞けない 適合プロセス入門(後編):
自動車の電子化を支える適合プロセス、ツール活用が鍵に
車載システムを開発する上で重要な役割を果たす「適合プロセス」。適合プロセスの重要性を説明した前編に続き、後編では、車載システム開発における適合プロセスの変遷や適合プロセスに用いるツールについて解説する。加えて、「バーチャル適合」をはじめとする将来技術も紹介しよう。(2013/1/8)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第5回 ペイパーポストが「ナシ」な理由 〜成果指標と情報流通構造から考える〜
ペイパーポストとは、企業がブロガーに金銭を渡し、企業の情報をブログに掲載させるサービスのこと。確かにこういったものを利用すれば、簡単に企業の情報を多数のブログに取り上げてもらうことができます。しかし、それが何になるのでしょうか? (2013/1/7)

【連載】インターネット時代の企業PR:
第4回 ステマかどうかなんて関係ない
少しでもステマだと疑われるようなコミュニケーション方法は採用するべきではない。企業コミュニケーションにおいて重要なのは、結局、生活者との良好な関係作りに寄与するコミュニケーションかどうか、あるいは、生活者に好かれるようなコミュニケーションかどうか、ということなのである。(2012/11/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。