ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KORG DS-10」最新記事一覧

今度は歌える! アナログシンセ「KORG iDS-10」がiPhoneにやってきた
シンセだけじゃなく、ロボ風からデスボイスまで、グリグリプレイできる。(2015/12/1)

ねとらぼ:
DS1台でここまでできる 「DS-10」で作ったクリスマスアルバム発売
「KORG DS-10」を使い、ニンテンドーDS 1台で演奏したクリスマスアルバムが発売。「未加工の一発録り」だが、DS1台で演奏しているとは思えない仕上がりだ。(2010/11/26)

「マイコンBASICマガジン」にCEDEC AWARDS 「DS-10」も受賞
多くのプログラマーを育てた功績をたたえ、「ベーマガ」にCEDEC AWARDSが贈られた。(2010/9/1)

DS-10の生みの親、次にDS化するのはデジタルシンセの名機「KORG M1」
「DS-10」の開発チームが新会社を設立。第1弾として、「KORG M1」をベースにしたDSソフト「KORG M01」を12月に発売する。(2010/8/30)

KORG DS-10強化版「DS-10 PLUS」 DSiなら2倍のパワフルシンセに
「DS-10」の強化版「DS-10 PLUS」はライブ演奏での幅を広げるSONGモードを強化。DSiを使えば従来の2倍の音数が使える。(2009/6/26)

ニコニコに「DS-10」動画続々 発売4日で約100件
「KORG DS-10」のプレイ動画がニコニコ動画に続々と投稿されており、発売から4日で約100件ほど上がっている。(2008/7/28)

「KORG DS-10」開発者インタビュー:
DSでフル動作するアナログシンセを作り出した人たち
往年のコルグのアナログシンセサイザー「MS-10」を現代に甦らせたニンテンドーDS用ソフト「KORG DS-10」がAQインタラクティブから2008年7月に発売される。その開発にかかわった方々に話をうかがうことができた。(2008/6/27)

「KORG DS-10」がAmazonで1位に
7月発売の「KORG DS-10」がAmazon.co.jpのゲームランキング1位になっている。DTMブームが本格的に復活する兆しだろうか。(2008/3/17)

DSがアナログシンセに タッチパネルで演奏も・「KORG DS-10」
AQインタラクティブは、KORGと共同開発したニンテンドーDS用音楽ソフト「KORG DS-10」を発売する。30年前のアナログシンセをデザインコンセプトに、KAOSSILATORと同様、タッチコントロールによる演奏も可能。ワイヤレス通信でセッションも。(2008/3/12)

アナログシンセの名機がDSでよみがえる――「KORG DS-10」登場
AQインタラクティブから、KORGの名機「MS-10」をデザインコンセプトとしたニンテンドーDSソフト「KORG DS-10」が2008年7月に発売される。Amazon.co.jp限定商品。(2008/3/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。