ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レーザー加工機」最新記事一覧

FAニュース:
移載・アライメント用途向けの機能を搭載したACサーボドライブ
安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズに、移載・アライメント用途向けの機能を搭載した「FT62」仕様を追加した。新たに、カメラシャッタートリガやタイミング同期用の定点出力機能と回転テーブル制御用の回転座標系機能を備えた。(2016/9/21)

リコー ハイパワーVCSELモジュール:
高い出力性能を備えたファイバーカップリング式808nm帯半導体レーザー
リコーは、高い出力性能を備えたファイバーカップリング式808nm帯半導体レーザー「ハイパワーVCSELモジュール」を開発した。(2016/7/28)

FAニュース:
微細レーザー加工機の初号機を国内大手精密機器メーカーに納入
三菱重工工作機械は、レーザー加工機事業の第1弾として開発した微細レーザー加工機「ABLASER」の初号機を、国内大手精密機器メーカーに納入した。今回の納入を契機に、欧米・アジア市場での拡販を強化する。(2016/7/26)

FAニュース:
高出力なファイバーカップリング式808nm帯半導体レーザーを開発
リコーは、エンジンなどの点火用途にも対応する、高出力なファイバーカップリング式808nm帯半導体レーザー「ハイパワーVCSELモジュール」を開発した。アレイ単体の出力は310W、モジュールとしてのファイバーアウト出力は200Wを達成した。(2016/7/22)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
なぜNECは「製造業×IoT」に全力を振り切れたのか
IoTがもたらす革新は、製造業にどういう影響をもたらすのだろうか。ITベンダーでありながら製造業としての立場を持つNECはその強みを生かして早くから製造業のIoT活用を支援する「NEC Industrial IoT」を推進してきた。同活動を推進するNEC 執行役員 松下裕氏に話を聞いた。(2016/7/19)

リコー ハイパワーVCSELモジュール:
ファイバーアウト出力200Wの半導体レーザー
リコーは、高い出力性能を備えたファイバーカップリング式808nm帯半導体レーザー「ハイパワーVCSELモジュール」を開発した。VCSELアレイ単体の出力は310W、ファイバーアウト出力は200Wを達成。センシング用途に加えて、エンジンなどの点火用途にも適用できるという。(2016/7/15)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
三菱電機が第4次産業革命で変えること、変えないこと
IoTがもたらす革新は、製造業にどういう影響をもたらすのだろうか。FA大手の三菱電機は、IoTによる製造現場の革新に危機感を持って立ち向かう。三菱電機 執行役員で、FAシステム事業本部 e-F@ctory戦略プロジェクトグループ プロジェクトマネージャーの山本雅之氏に話を聞いた。(2016/7/8)

ビアメカニクス LC-4NT252:
4ビーム/2パネルで量産に最適なレーザー加工機
ビアメカニクスは、「JPCA Show 2016」(2016年6月1〜3日/東京ビッグサイト)で、パッケージ基板コア層のレーザースルーホール用レーザー加工機の新製品「LC-4NT252」を展示した。(2016/6/2)

ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(2):
「不良発生率ほぼゼロ」を実現! 精密板金試作の相互的な意思疎通
ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載。今回は精密板金試作の専業メーカーのトライアン相互を訪れた。(2016/5/17)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/21
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月21日)(2016/4/22)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/14
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月14日)(2016/4/15)

DIYや試作に、5万円台のレーザー加工機「FABOOL Laser Mini」
smartDIYsが5万円台という低価格を実現したレーザー加工機「FABOOL Laser Mini」を発売する。クラウドファンディングでは早期購入者向けにさらに4万円台での販売も行う。(2016/4/12)

予算1万円で300グラムのモバイルiPad Retinaディスプレイを作ってみた
モバイル液晶ディスプレイ好きの皆さん、お集まりください。(2016/3/25)

三菱電機 iQ Care Remote4U:
IoT技術を活用したレーザー加工機向け見える化・リモート診断サービス
三菱電機は板金加工向けレーザー加工機の稼働状況のリアルタイム確認/遠隔診断を可能とする「iQ Care Remote4U」のサービス提供を2016年4月から開始。NECのIoTプラットフォームやソフトウェアVPNサービスを活用して実現した。(2016/3/7)

FAニュース:
NECと三菱電機がFA分野のIoTで連携、2016年4月から新サービスを提供
NECと三菱電機は2016年3月7日、FA分野におけるIoT活用について連携すると発表した。NECは各種データの収集・加工・蓄積などを行うIoTプラットフォームや、ソフトウェアVPNサービスを三菱電機に提供。三菱電機はこれらを活用し、レーザー加工機の稼働状況のリアルタイムでの確認や遠隔診断を可能とするリモートサービス「iQ Care Remote4U」を同年4月より提供する。(2016/3/7)

FAニュース:
ファイバー2次元レーザー加工機6種を発売
三菱電機は、ファイバー2次元レーザー加工機の新製品6機種を2016年1月29日に発売する。6kWファイバーレーザー発振器を搭載し、軟鋼16mm厚の加工速度を従来機の1.4倍に高速化することで、加工時間を33%短縮した。(2015/12/21)

FAニュース:
ACサーボドライブに用途最適機能を搭載したFT仕様3種を追加
安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズに、切削・切断、プレス、射出、搬送などの用途に対応したFT21/FT40/FT77仕様を追加した。(2015/12/15)

FAニュース:
省エネと加工時間の短縮を可能にするファイバー大型レーザー加工機
三菱電機は、ファイバーレーザー発振器の搭載により、省エネと加工時間の短縮に貢献する大型レーザー加工機「ML6030XL-F40」を発売した。大型ワークを高速・高精度に加工でき、安全性と操作性にも配慮した。(2015/11/30)

ママさん設計者がやさしく教える「図面の読み描き超入門」(4):
「図面から加工方法を察してみよう」の巻
図面にも触れたことのないような初心者を対象とした、図面の読み方・描き方講座。お題をクリアしながら、解説を読み進めていくことで、いつしか図面の読み描きができるようになる! 今回は「加工方法の察し方」をテーマにお題と解説をお届けする。(2015/11/6)

FAニュース:
高速UVレーザー発振器を搭載した基板穴開け用UVレーザー加工機を発売
三菱電機は、基板穴開け用UVレーザー加工機「GTW4-UVF20」シリーズ2機種を発売した。高速UVレーザー発振器を搭載し、スマートフォンなどに使用されるフレキシブル基板加工に対応した。(2015/11/2)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(3):
経営難から大逆転! 独自の精密加工で新分野を開拓した金型メーカー
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。第3回となる今回は大阪市西淀川区で精密金型製作を専門とする三木製作所を紹介する。(2015/10/30)

FAニュース:
高反射材の安定加工を可能にした、ファイバーレーザー加工機を発表
ヤマザキマザックは、新型ファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX NEXUS 3015 FIBER」を発表した。従来のモデルでは切削が難しかった、銅・真ちゅう・アルミなどの高反射材も安定して加工できる。(2015/10/26)

Maker Faire Tokyo 2015リポート:
超大型やロータリーデルタなど、「Maker Faire Tokyo 2015」で見つけた個性派3Dプリンタ
メイカーたちの祭典「Maker Faire Tokyo 2015」では、超ビッグサイズのFDM方式3Dプリンタから日本初上陸の光造形方式3Dプリンタまで、多くのファブリケーションツールに注目が集まりました。また記事後半では、ちょっとおバカなゲームやロボコンなどもご紹介します!(2015/8/18)

FAニュース:
軟鋼加工速度が最大10%向上した炭酸ガス2次元レーザー加工機を発表
三菱電機は、炭酸ガス2次元レーザー加工機の新製品として、薄板から厚板までの加工で加工性能・操作性が向上した「ML3015SR-32XP」を発表した。最新ビーム制御を採用したことで、同社従来機に比べて板厚12mmの軟鋼加工速度が最大10%向上した。(2015/7/28)

FAニュース:
ファイバーレーザー発振器搭載のファイバー2次元レーザー加工機
三菱電機は、炭酸ガスレーザー加工機にファイバーレーザー発振器を搭載した4kW出力の「ML3015eX-F40」を発売した。板厚25mmまでの軟鋼切断で、炭酸ガスレーザー加工機と同等の切断面粗さとテーパーを可能にした。(2015/7/3)

FAニュース:
ファイバーレーザー加工機を10機種に拡充、生産体制も強化
三菱電機は、板金加工のさまざまなニーズに対応するため、ファイバーレーザー加工機のラインアップを拡充し、同年度の生産台数を150台に拡大すると発表した。出力・ワークサイズ別に、2機種から10機種に増加させる。(2015/6/29)

FAニュース:
ACサーボドライブに用途最適機能を内蔵したFT仕様を追加
安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-7シリーズ」に、用途最適機能を内蔵した「FT19仕様」を追加した。高い位置精度や指令追従性が必要な用途に対応できる、軌跡描線用途機能を付加した。(2015/6/22)

FAニュース:
基板穴開け用レーザー加工機の新製品を発表、加工位置精度が従来比約10%向上
三菱電機は、基板穴開け用レーザー加工機「GTF3シリーズ」を発売した。新開発の高精度ガルバノスキャナーと半導体パッケージ基板加工に優れたレーザー発振器を搭載したことで、生産性と加工位置精度を高めた。(2015/6/1)

Geeks便り:
「MAKERS」に出てくるTechShopって、会員制トレーニングジムみたい
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回はクリス・アンダーソン氏の著書「MAKERS」にも登場するTechShopを紹介する。(2015/2/9)

Maker Faire Tokyo 2014:
個人も大企業も! クールもおばかも! ――モノづくりのお祭り・MFT2014
Maker Faire Tokyo 2014には行きましたか? 今回はたくさんの出展作品の中の一部をダイジェストで紹介します。おばかなモノづくりにもご注目あれ。(2015/1/6)

FAニュース:
三菱電機、韓国にFA製品販売・サービス強化のためのショールームを開設
韓国・ソウルにあるMitsubishi Electric Automation Koreaの社屋内に、新たにFA製品のショールームを開設。韓国におけるFA製品の販売・サービスの強化が狙いで、2015年度にはFAシステム事業の売上高450億円を目指す。(2014/11/25)

FAニュース:
三菱重工、精密光学系ヘッド搭載の微細レーザー加工機を開発
パルス幅が10ピコ秒以下の短パルスレーザー光を連射する高品質なレーザー発振器を採用。同社独自の精密光学系ヘッドなどを駆使し、各種穴あけなどの精密加工を高速かつ高精度に行える。(2014/11/12)

JIMTOF2014:
足し引き自在で効果は無限大! 金属3Dプリンタと切削加工の複合機投入が本格化
「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」で大きな見どころの1つとなったのが、工作機械と金属3Dプリンタの複合機だ。金属を「足す」3Dプリンタと金属を「引く」切削加工機が組み合わさることでモノづくり現場にどういう価値をもたらすのだろうか。(2014/11/7)

JIMTOF2014:
積層造形や「摩擦撹拌接合」で異種金属を接合する工作機械――ヤマザキマザック
ヤマザキマザックは「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」において、新CNC装置「MAZATROL SmoothX」や世界初となる新技術を採用した次世代複合加工機を含む、最新鋭の工作機とレーザー加工機などを出展した。(2014/11/4)

JIMTOF2014:
欧米・アジア市場で攻勢を掛ける三菱電機、CNCのフラッグシップモデルを出展
三菱電機は「第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2014)」において、一新した産業メカトロニクス製品のラインアップを紹介。中国、台湾をはじめとしたアジア市場および欧米市場にも新製品を順次投入し、グローバル市場で攻勢を掛ける方針だ。(2014/11/4)

「日独が描く未来工場・生産技術」セミナー:
PR:インダストリー4.0の“ゆりかご”に──進出支援体制が整うドイツNRW州の魅力とは?
モノづくり立国として世界的に高い評価を受ける日本とドイツ。そのドイツで新たなモノづくりプロジェクト「インダストリー4.0」が注目を浴びている。ドイツにおいて新たな生産技術はどのような発展を遂げているのか。またこれに対し日本はどのような対応を取るべきか。ドイツNRW州が開催したセミナー「日独が描く未来工場・生産技術─革新ソリューションで将来像を模索─」では、さまざまな切り口から、日本とドイツの新たな生産技術の発展性に光が当てられた。(2014/10/27)

FAニュース:
島津製作所、微細加工に適したファイバー結合型の高輝度青色半導体レーザー発売
金属への吸収率が高い450nmの短波長において、従来の16倍となる輝度を可能にした。スポットサイズはφ100μmと極小のため、基板の配線パターン加工・半導体薄膜加工などの微細加工、3Dプリンタなどに利用できる。(2014/10/16)

FAニュース:
ヤマザキマザック、早送り速度を約2倍に高めたレーザー加工機の新シリーズを発売
新開発のNC装置「MAZATROL PREVIEW3」の搭載により、早送り速度が従来製品の約2倍になるなど、生産性が大幅に向上。ノズルの交換作業や焦点距離の測定・補正作業が自動的にでき、厚板・中厚板のピアッシング時間も大幅に短縮した。(2014/8/25)

FAニュース:
三菱重工、レーザー加工機事業に参入、2014年内の製品化を目指す
約30年間にわたり社内で培ったレーザー制御・加工技術を活用し、先進的なレーザー加工機を開発・販売する。工作機械事業部の精密位置決め技術を組み合わせることで、さらに高精度なレーザー加工機の製品化を目指す。(2014/8/8)

Geeks便り:
メイカーズのためのスペース「Vocademy」〜Mr.Gene Interview〜
モノづくりアイデア投稿交流サイト「Geeks」からワクワク感あふれるトピックスを紹介する「Geeks便り」。今回はメイカーズの教育に熱心な「Vocademy」を訪問し、創業者のMr.Gene氏にお話を聞いてきた。(2014/8/6)

FAニュース:
三菱電機、4kW発振器で加工性能向上のファイバー2次元レーザー加工機を発売
4kWファイバーレーザー発振器の搭載により加工性能を向上、軟鋼9mm厚の加工速度を約1.5倍に高速化した。(2014/6/27)

FAインタビュー:
三菱電機 名古屋製作所、FA機器快進撃の舞台裏
好調を持続する三菱電機のFA機器事業。その成長を支える主力事業所「名古屋製作所」では新たな生産棟を5月に本格稼働させる。分工場の生産性向上に向けた投資も加速させ、成長を「もう一段上に」加速させる方針だ。競争環境が厳しくなる中、成長を続ける秘訣は何があるのだろうか。名古屋製作所 所長の山本雅之氏に話を聞いた。(2014/3/28)

親子でモノづくり体験:
バリ取って、リベット締めて、金型で曲げて――板金スカイツリー作ろ!
大人もやってみたくなる、板金を曲げて、締結しながら、スカイツリーオブジェを作り上げる体験イベント。東京都墨田区の町工場 浜野製作所で、夏休み期間限定で開催されている。(2013/8/12)

D89クリップ(61):
生物学からMakerムーブメントまで、ニコニコ学会βの範囲がさらに広がる!
インターフェイス系の研究が多かったニコニコ学会βが、生物学・データ分析などのセッションを加え、ますます広がった。10万人を集めた第4回シンポジウムをレポートする。(2013/6/5)

UXClip(14):
Maker達のお祭りがやってきた! Maker Faire Tokyo 2012
Maker Faire Tokyo 2012は、テクノロジーを自由な発想で楽しむ「Maker」のお祭りだ。約240組が出展し、大いに盛り上がったMaker Faireをレポートする。(2012/12/17)

「JIMTOF 2012」に行ってきた:
大田区のみんな、ボブスレーの時間だ! Cool Runnings!
JIMTOF 2012会場では、大田区内の中小企業たちの技術を集結させて作った「下町ボブスレー」のプロジェクトメンバーや、かつてのオリンピックで金・銀・銅メダルを取った選手たちが使用した砲丸を製作した辻谷製作所 辻谷社長のトークセッションが実施された。JIMTOF 2012の出展企業の一部も紹介する。(2012/11/19)

マイクロモノづくり 町工場の最終製品開発(11):
成果を求め過ぎると失敗する! 町工場2代目共同体
大手企業の下請けを忠実にこなすのみでは未来はない。町工場の2代目リーダーを集めて共同体を結成し奮闘し続ける。(2011/6/3)

実物大ガンダム便乗企画:
ガンプラ工場で見た“脅威のメカニズム”
最近、何十年かぶりに“ガンプラ”を手にして、その進化に驚く大人たちが増えている。静岡のアナハイム・エレクトロニクスこと「バンダイ・ホビーセンター」をたずね、その理由を探った。(2009/7/15)

自動車開発を革新する先進プラスチック技術
ガソリン1リットル180円超という事象に代表される際限のない原油高騰が続く中、自動車メーカーは燃費向上を目的に、車体の軽量化につながるプラスチック材料の採用を積極的に進めている。特に、耐熱性や強度などで高い機能性を持つエンジニアリングプラスチック(エンプラ)は、エンジンルーム内や駆動系、さらには外板にも利用可能なだけでなく、金属材料に比べてデザインの自由度が高く、工程簡略化につながることも大きな特徴だ。(2008/9/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。