ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リース」最新記事一覧

太陽光:
復興を支える8.3MWのメガソーラー、福島県矢吹町で営業運転開始
三菱マテリアルと三菱UFJリースの子会社であるエルエムサンパワーは、福島県矢吹町に矢吹太陽光発電所を新設し、このほど営業運転を開始した。(2016/6/22)

需要旺盛な航空機リース:
三菱商事傘下の航空機リース大手が「シリコンバレーのデファクト」を採用
ネットスイートは、航空機リース大手のMCアビエーション・パートナーズが「NetSuite OneWorld」を採用したことを明らかにした。格安航空会社などを中心に旺盛な需要が見込まれ、グループ会社を横断した、より効率的な統合会計システムが求められていた。(2016/6/3)

トヨタ、Uberとの協業を発表 ドライバーへの車両リースなどで
GMのLyft出資、AppleのDidi出資に続き、トヨタがUberへの出資および協業の計画を発表した。Uberのドライバーがトヨタのリース車両で営業し、収入の一部をリース料に充てるプログラムなどを予定している。(2016/5/25)

生産現場へ広がる“ロボット派遣社員”、東京センチュリーリースも開始
東京センチュリーリースは川崎重工業と共同で、産業用ロボットの派遣(レンタル)事業を開始する。生産現場の人手不足解消や初期投資の低減を提案する。(2016/4/5)

車載情報機器:
トヨタの自動運転は法人リース車両で実現する!? ドラレコ映像がビッグデータに
トヨタ自動車は、「第7回国際自動車通信技術展」において、法人向けのリース車両に展開するテレマティクスサービス「TransLog(トランスログ)」を展示した。同サービスはドライブレコーダーとGPSアンテナ、通信ユニットなどを車両に搭載する。記録した危険運転の映像は、ユーザーの法人から許可を得てビッグデータとして活用していく。(2016/3/22)

3キャリア+“準格安”でも販売 選択肢広がる「iPhoneの買い方」
SIMフリー版発売で格安SIM市場に脚光。中古品や新古品、整備済製品なども人気で、将来はAppleやキャリアによるレンタルやリースが始まる可能性も。(2016/3/18)

電気自動車:
走り出すホンダの燃料電池車、その未来を左右するGMとの提携戦略
ホンダは新型の燃料電池車「CLARITY FUEL CELL」の販売を開始する。まずは企業や自治体を中心にリース販売を行い、1年半後をめどに一般発売も開始する計画だ。普及が期待される燃料電池車だが、乗り越えなくてはならない課題も多い。ホンダは会見で今後のさらなる普及に向けた課題や取り組みの方針について語った。(2016/3/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
国産初ジェット「MRJ」を購入したのは、どんな人物なのか
国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」に、フォローの風が吹いている。米リース会社のエアロリースから最大20機の受注が決まったことで、関係者はほっとしたはず。ところで「エアロリース」社とは、一体どのような会社なのか。筆者の山田氏が調べてみると……。(2016/3/3)

太陽光:
大きさは甲子園球場の約9倍、土砂採集跡地に出力21MWのメガソーラー
関西国際空港の土砂採集事業跡地に、出力21MWのメガソーラー「DREAM Solar 和歌山市」が完成した。大和リースが建設したもので、甲子園球場の約9倍となる敷地面積を持つ発電所だ。年間発電量は約4980世帯分に相当する約2358万8000kWhを見込んでいる。(2016/1/28)

太陽光:
広がる水上メガソーラー、パネルを浮かべる「フロート」大手の株式取得
日本各地に残る農業用のため池などを活用した水上設置型メガソーラーの建設が進んでいる。東京センチュリーリースは水上太陽光発電事業のさらなる強化に向け、パネル設置用の「フロート」を開発する仏シエル・テール・インターナショナルの普通株式を取得した。(2015/12/21)

なにこれ金ピカ! チョウのサナギを飾ったクリスマスツリー&リース、多摩動物公園が展示
金色に光って見えるオオゴマダラのサナギをクリスマスツリーに。(2015/12/8)

ET2015:
高速HILSとモデルライブラリを月額7万円で利用できる、東芝情報がリース提供
東芝情報システムは、「組込み総合技術展 Embedded Technology 2015(ET2015)」において、車載システムの開発に用いるHILS「M-RADSHIPS」の新製品「HSE」を展示した。「高速」「コンパクト」に加えて「低価格」が特徴。モデルライブラリなどを含めたクラウドサービスと合わせて、月額7万円でリースできる。(2015/11/25)

太陽光:
シャープ製パネルを6万枚、ゴルフ場が出力15MWのメガソーラーに
太陽光発電の盛んな長崎県で、大和リースがゴルフ場の跡地を活用してメガソーラーを設置した。出力は15MWで、年間発電量は一般家庭3340世帯分に相当する約1580万kWhとなる計画だ。発電電力は全て売電し、年間の売電売り上げは5億円以上を見込んでいる。(2015/11/11)

ポン・デ・リングがクリスマスリースに変身! ミスドからクリスマスがテーマの限定商品が登場
リラックマとのコラボもあります。(2015/11/5)

電気自動車:
ホンダの新型FCV「クラリティ」、43万円が意味する「ミライ」との差
ホンダの市販車用となる燃料電池車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」がついに公開された。航続距離は700kmで、販売価格は税込み766万円。2016年3月からまず自治体や企業などにむけてリース販売を開始する。(2015/10/29)

CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(24):
DHCPとは何か――ルーターでDHCPサーバーを稼働させるための設定方法や仕組み、シーケンス、メッセージの種類、リレー、リース期間
シスコの認定資格「CCENT/CCNA」のポイントを学ぶシリーズ。今回は、ルーターでDHCPサーバーを稼働させるための設定方法を解説します。(2015/10/8)

自然エネルギー:
下水処理場7カ所でメガソーラーが稼働、3500世帯分の電力を生み出す
エネルギーの地産地消を推進する大阪府が下水処理場にメガソーラーを展開中だ。新たに4カ所の処理場で発電を開始して合計7カ所に拡大した。民間企業に建設を委託してリース契約を結ぶ方式で売電収入を得ながら、災害時には発電した電力の一部を処理場の施設で利用することができる。(2015/9/3)

ASIMOの技術を応用 歩行のリハビリを助ける「Honda歩行アシスト」が民間リース販売へ
腰部に巻きつけるだけで、正しい歩行を誘導してくれる!(2015/7/21)

ASIMOの技術で歩行回復へ、「Honda歩行アシスト」
ヒューマノイドロボット「ASIMO」の歩行機構を基にした、歩行リハビリ支援訓練機器「Honda歩行アシスト」を2015年11月よりリース販売する。リース価格は1台4万5000円(月間)。(2015/7/21)

スカイマーク再生、大口債権者がデルタ航空をスポンサーとする対抗策
スカイマークの大口債権者である米リース会社が策定する再生計画では、デルタ航空をスポンサーとして選んだ。(2015/7/15)

BMWの電気自動車「BMW i3」、Amazonで販売開始
支払い方法は「60回払い」か「5年リース」のシンプルな体系で提供。(2015/4/2)

「GALAXY S6」にも搭載か:
Samsung、14nmプロセス採用の「Exynos 7 Octa」は20%高速で消費電力は35%削減
Samsungが、14nm FinFET(立体構造トランジスタ)プロセス採用の初モバイルプロセッサの量産に入った。3月1日に発表予定のGALAXY Sシリースの新端末にも同プロセス採用の「Exynos 7 Octa」が搭載される見込みだ。(2015/2/17)

Appleが“ストリートビュー”を準備中? サンフランシスコでカメラ搭載自動車目撃情報
多数のカメラやセンサーを搭載したミニバンがサンフランシスコで目撃され、米CBSがこの車両のリース先がAppleであることを確認した。(2015/2/5)

蓄電・発電機器:
太陽電池と蓄電池をセットで貸し出し、新築住宅で15年契約
ONEエネルギーはタマホームと提携し、2015年1月1日から、NECの蓄電池システムと京セラの太陽光発電システムを組み合わせてリース・レンタル方式で提供する。タマホームの新築戸建住宅を購入した顧客が対象。サービスの月額料金は太陽電池の容量によって異なる。(2014/12/25)

狙いは小規模事業者:
オリックスはなぜ弥生を買収するのか
オリックスは年内に、会計ソフト大手の弥生を買収する。リースや保険、レンタカーなどを主力事業とするオリックスが、弥生を買収する理由は何なのだろうか。(2014/11/14)

電子ブックレット/自然エネルギー:
水面に世界最大「太陽光」、各地に広げ60MW
京セラと東京センチュリーリース、シエル・テール・ジャパンの3社は兵庫県に世界最大規模となる水上設置型メガソーラーを建設すると発表した。EPCとO&M、資金調達、水上架台を3社がそれぞれ担う。既に100件を超える新規案件の引き合いがあるという。(2014/11/5)

自然エネルギー:
水面に世界最大「太陽光」、各地に広げ60MW
京セラと東京センチュリーリース、シエル・テール・ジャパンの3社は兵庫県に世界最大規模となる水上設置型メガソーラーを建設すると発表した。EPCとO&M、資金調達、水上架台を3社がそれぞれ担う。(2014/9/2)

IBMがインフラ調達支援プログラム開始:
なかなか進まないXP移行を少しでもサポートできれば……。
IBMは、コスト面の問題でXP移行を実施できない企業などに向けて、リースの与信枠を提供したり、特別なレンタルサービスを提供する「ITインフラ調達支援プログラム」を開始した。(2014/5/16)

最新3Dプリンタ情報:
PR:今話題のマルチカラー&素材3Dプリンタ Connex3 を導入するチャンス!
カラーも透過色も、硬質材も軟質材も、自在に組み合わせて造形できる! マルチカラー・マルチマテリアル ハイエンド3Dプリンタ「OBJET500 Connex3」が今話題だ。Connex3導入に興味はあったものの、初期費用の高さで導入を躊躇(ちゅうちょ)していた企業に朗報! アルテックが東京センチュリーリースと連携してConnex3の金利負担ゼロの36カ月リースプランを提供する。(2014/5/8)

3Dプリンタニュース:
カラーマルチ素材3Dプリンタ Connex3のリースプランを開始
アルテックは東京センチュリーリースと連携し、カラーマルチ素材3Dプリンタ「Objet500 Connex3」の36カ月リースプランを提供開始する。他のハイエンド機種についても、リースの相談に応じるという。(2014/4/16)

スマートショップ:
LED照明を初期投資なしで導入、5年リースで経費を回収するプラン
神奈川県が事業者の省エネ対策を支援するために、LED照明を初期投資なしで導入するプランを県内5カ所で実証試験した。その結果3カ所では5年リースの期間中に電気料金を削減して経費を回収可能なことが確認できた。残る2カ所はLED照明による消費電力の削減量が想定よりも少なかった。(2014/4/11)

スマートシティ:
50キロ以上も離れた2つの自治体、太陽光発電と災害対策で連携
独自のエネルギー戦略を展開する東京都の世田谷区が、直線距離で55キロメートルの場所にある神奈川県の三浦市に太陽光発電所を稼働させた。9年前に閉校した「区立三浦健康学園」の跡地を活用したプロジェクトで、リース方式によって初期投資がかからない事業スキームを採用した。(2014/3/5)

自然エネルギー:
「水郷」に関東最大級の太陽光、出力14.7MW
ミツウロコグリーンエネルギーとレノバ、芙蓉総合リースからなる企業グループは潮来市の遊休地に大規模太陽光発電所を立ち上げた。水郷に立地するため、地盤が緩く、基礎を工夫したことが特徴だ。(2014/2/6)

導入事例:
浜銀ファイナンス、基幹システムをリース業向けパッケージで刷新
浜銀ファイナンスは、日立システムズのリース業向け基幹業務パッケージを採用して自社の基幹システムを刷新した。(2014/1/17)

ネットアップ、ストレージのレンタルサービスを開始
専任部門を新設し、ストレージ製品のレンタル/リース プログラムを始めた。(2014/1/16)

電気自動車:
ホンダが2015年の燃料電池車を見せた――「ガソリン車と同じデザインが可能」
ホンダの米国法人であるAmerican Honda Motorが、燃料電池車「Honda FCEV CONCEPT」を見せた。2008年からリース販売を継続している「FCXクラリティ」の後継となる車だ。走行性能を高めたほか、パワートレインを小型化し、大人5人がゆったりと乗車できる車室空間を実現した。(2013/11/22)

ホワイトペーパー:
続・「リーン・スタートアップ」のエリック・リース氏が語ったこと
「リーン・スタートアップ」の著者、エリック・リース氏による講演ダイジェストの続編として、聴衆からの質問に対する同氏の答えを中心に収録した(2013/9/27)

スマートシティ:
20年間のリース料が12億円、大阪府の下水道施設でメガソーラー稼働
大阪湾岸にある下水道施設で2MW(メガワット)の太陽光発電設備が9月1日から運転を開始する。大阪府が発電設備をリースで賃借して売電事業に取り組むプロジェクトだ。20年間に12億円以上のリース料を支払っても十分な利益を見込める。(2013/8/30)

スマートシティ:
年間4500万円を払っても高収益に、自治体がリース方式でメガソーラー
香川県の善通寺市がリース方式を活用してメガソーラー事業に挑む。事業者を公募して、発電規模が1.3MW以上のメガソーラーを市有地に建設・運営してもらったうえで、施設全体を20年間にわたってリース契約で賃借する。年間に4500万円を支払っても十分な利益を得られると判断した。(2013/8/9)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
コスト削減が招いた情報漏えいの理由 「内」と「外」の盲点
リース会社が競合から顧客を奪う直前で、その機密情報が競合に漏れた。その原因はリース会社自身にあったのだが、だれもが気付かない点に理由があったのだ。(2013/7/19)

CIOインタビュー
米Domino’s Pizzaの低リスクなクラウド導入戦略
米Domino's PizzaでIT戦略を担当するコリン・リース氏。新技術に対する同氏のアプローチは用心深く計算されている。同氏は、クラウドやBYOD、モバイルアプリの導入をいかに進めたのか?(2013/7/18)

【IFRS】あなたの知っているIFRSはもう古い【第5回】
ノーマークだった日本企業も要注意なIFRS「リース会計」
日本基準との差異が小さかったはずのIFRSの「リース会計」が改訂される予定だ。大幅な改訂で日本企業が影響を受けるのは必至。注目の内容を解説する。(2013/6/6)

自然エネルギー:
10億円のメガソーラーをリースで建設、創業121年の繊維メーカーが工場の遊休地に
繊維メーカーのシキボウが遊休地を活用して太陽光発電事業に乗り出す。主力の富山工場の中で利用していない4万6000平方メートルの敷地に、2.4MW(メガワット)の発電設備を建設する。2014年1月から売電を開始する予定で、約10億円の初期投資はリースを活用する。(2013/5/31)

セキュアブラウザで安全性を確保
【事例】大和リースはiPadをどのように「どこでも稟議端末」に変えたか
iPadで稟議の申請や承認を実現した大和リース。セキュリティ対策のために、同社はセキュアブラウザの導入を決断した。その選定理由とは何か。同社担当者に聞いた。(2013/4/3)

自然エネルギー:
初期投資ゼロ、メガソーラーの売電収入からリース料などを支払い
滋賀県の財団法人滋賀食肉公社は、遊休地と拠点の屋根を利用してメガソーラーを建設する。初期投資をゼロに抑える方法を採り入れて、来春には建設を開始する。(2012/11/22)

自然エネルギー:
メガソーラーで埋立処分場を有効活用、リースを利用して7社が設置
大阪市が埋立処分場として利用している土地に、民間企業7社がメガソーラーを建設する計画が明らかになった。(2012/11/5)

補助金:
フィットEVとベンツのEV、クリーンエネルギー自動車に認定
エコカー補助金よりも金額が大きいクリーンエネルギー自動車の補助金の対象車種に、新たにホンダの「フィットEV」とメルセデス・ベンツの「スマート電気自動車」が加わった。現時点でリース販売限定のフィットEVだが、補助金は最高94万円で日産の「リーフ」よりも高い。(2012/9/13)

2013年度には商用規模プラントも:
豊田通商など4社が下水汚泥から水素を製造へ、トヨタ自動車もオブザーバ参加
ジャパンブルーエナジー、大和リース、豊田通商、三井化学の4社は、下水汚泥から水素ガスを製造する技術の実証実験に着手する。同実証実験には、4社に加えて、トヨタ自動車と大和ハウス工業がオブザーバとして参加する。(2012/9/10)

「フィットEV」が国内リース販売を開始、6年契約で1カ月5万5500円
ホンダは、「フィット」をベースに開発した電気自動車「フィットEV」の国内リース販売を開始した。自治体や企業向けが中心で、リース契約は6年間、1カ月当たりのリース価格は約5万5500円である。(2012/9/3)

電気自動車:
電費性能は世界最高、フィットEV販売開始
電費性能の高さで、各方面から注目を集めていたフィットEVの販売がいよいよ始まった。企業、自治体向けのリース販売のみで、ボディカラーも内装色も1色のみの展開。本田技研工業は、2年間に約200台販売することを目標としている。(2012/9/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。