ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レクロイ」最新記事一覧

テレダイン・レクロイ Sierra T244:
SAS 4.0規格に対応するプロトコルアナライザー
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、SAS 4.0規格に対応するプロトコルアナライザー「Sierra T244」を発表した。次世代スピードとなるデータ転送速度24Gビット/秒に対応できる。(2016/11/2)

米国EDN/EE Timesが選ぶ注目の企業・技術:
最も注目すべき企業にNXP――ACE Awards 2015
米国EDNとEE Timesが、その年の最も注目すべき企業・技術(製品)を独自に選出する「Annual Creativity in Electronics(ACE) Awards」。今回は、最も注目すべき企業としてNXP Semiconductosが選ばれた。(2015/9/2)

テレダイン・レクロイ Mercury T2C:
USB2.0/PwoerDelivery2.0対応の小型USBアナライザ
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、USB2.0およびPower Delivery2.0に対応した小型のUSBアナライザ「Mercury T2C」を発表した。(2015/6/11)

テレダイン・レクロイ CP030A/CP031A:
最高感度1mA/divで計測できる高感度電流プローブ
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、微小電流測定用の高感度電流プローブ「CP030A」「CP031A」を発表した。小電力機器の微小な電流測定用として開発されたもので、最高感度1mA/divで計測できる。(2015/4/17)

テレダイン・レクロイ QPHY-USB3.1-Tx-Rx:
USB3.1コンプライアンス試験ソフト、試験時間を短縮しレポートも自動作成
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、USB3.1送信機/受信機コンプライアンス試験パッケージ「QPHY-USB3.1-Tx-Rx」を発表した。同社製デジタルオシロスコープやレシーバトレランステスタと組み合わせることで、USB3.1の物理層試験を短時間で行うことができる。(2015/4/3)

ビジネスニュース 企業動向:
アンリツとレクロイジャパン、光通信用計測器販売で協業
アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンは2015年3月31日、光通信用計測器の販売で協業すると発表した。(2015/3/31)

テレダイン・レクロイ MDA800シリーズ:
8チャンネル/12ビット高分解能のモータードライブ解析用オシロスコープ
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、3相モータ・ドライブ向けのモータ・ドライブ・アナライザ「MDA800シリーズ」を発表した。定常状態での静的3相電力の計測に加え、動的な動作も解析できる。(2015/2/17)

テレダイン・レクロイ・ジャパン 代表取締役 原直氏:
PR:市場の変化に機敏に対応、『モータのトップランナー化』にも貢献
テレダイン・レクロイは、高性能オシロスコープで強みを持つ。3年ほど前からミッドレンジやローエンドの製品群も相次ぎ投入し、事業の拡大を狙う。特に、3相モータ制御システムの開発/評価用途に向けた8チャネルの高速、高分解能オシロスコープが注目を集める。テレダイン・レクロイ・ジャパンの代表取締役を務める原直氏は、「市場動向にも機敏に対応していく」と話す。(2015/1/13)

テスト/計測 オシロスコープ:
100GHz、240Gサンプル/秒を達成、レクロイのハイエンドオシロ
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、最大100GHzの帯域と240Gサンプル/秒のサンプルレートを達成したオシロスコープ「LabMaster 10-100Zi」を発表した。次世代の通信システム、広帯域電子部品、基礎科学の研究などにおける信号波形の捕捉/解析用途に向ける。(2014/11/7)

テレダイン・レクロイ HDO8000:
三相モータのパワー解析に最適、レクロイのオシロ向けソフトウェア
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、オシロスコープ「HDO8000」シリーズ向けモータドライブ・パワー解析ソフトウェアを発表した。EVや空調システム、電動工具、工作機械などに搭載される三相モータやその駆動装置、制御システムなどの開発/評価用途に向ける。(2014/10/1)

テレダイン・レクロイ・ジャパン ビジネスデベロップメントマネージャ 辻嘉樹氏:
PR:高速、高分解能――常に先行くオシロスコープを実現へ
テレダイン・レクロイは、業界リードする高性能オシロスコープの提供を続けている。ミドルエンド製品も含め12ビットという高分解能製品をラインアップするとともに、将来の周波数帯域100GHzクラスオシロを目指して、InP(インジウムリン)系デバイスの研究開発も手掛けているという。常に新しいハイスペックオシロ開発を進めるテレダイン・レクロイの日本法人でビジネスデベロップメントマネージャを辻嘉樹氏に技術/製品戦略を聞いた。(2014/9/1)

岩通計測 DS-5600シリーズ:
最大5Mポイントのメモリ長、デジタルオシロの性能/機能を大幅向上
岩通計測は、小型のデジタルオシロスコープ「ViewGo II DS-5600」シリーズを発表した。従来製品に比べてメモリ長を5倍に拡大するなど、性能や機能を大幅に高めた。(2014/7/2)

テレダイン・レクロイ WaveSurfer 3000:
全ての機能をスマホ感覚で操作、レクロイのオールインワンオシロ
テレダイン・レクロイ・ジャパンの「WaveSurfer 3000」シリーズは、タッチ操作が可能なMAUIアドバンスド・ユーザーインタフェースを搭載したオシロスコープである。ロジック解析、プロトコル解析、波形生成などの機能も備えている。(2014/7/2)

テスト/計測 オシロスコープ:
分解能12ビット/8ch入力でパワー解析に最適、レクロイのオシロスコープ
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、アナログ入力8チャネルを備え、垂直分解能が12ビット、周波数帯域が最大1GHzのオシロスコープ「HDO8000」を発表した。太陽光/風力発電システムやHEV/EVシステムの駆動システムなど、高速化する三相パワーエレクトロニクス解析の用途に向ける。(2014/6/18)

実装技術 シグナルインテグリティ:
高速シリアルの多レーン化がもたらすシグナルインテグリティの新たな課題
電子設計の世界では、マルチレーン高速バスの採用が一般化し、設計の複雑化と高速化が進行中だ。それによって、シグナルインテグリティに関わる新たな問題が生じている。そこで米国のEDN誌は、シグナルインテグリティの専門家を取材し、彼らの見解を仮想的なパネルディスカッションとして誌上に再構成した。なお、シグナルインテグリティには数多くの要因があるが、本稿ではクロストークとEMIに焦点を絞っている。(2013/2/27)

レクロイ HDO4000/HDO6000シリーズ:
高分解能A-Dコンで“クリーンな波形”を、レクロイの12ビット型オシロ
「HDO4000シリーズ」と「HDO6000シリーズ」は、12ビットA-Dコンバータを搭載したデジタルオシロスコープである。8ビットA-Dコンバータを搭載した一般的なオシロスコープに比べ、A-D変換時の誤差が小さく真値に近い波形を観測できることが最大の特長だ。(2012/10/23)

レクロイ WaveAce1000/2000シリーズ:
ローエンドオシロの新シリーズ、波形メモリ最大2Mポイント搭載で8万円台から
レクロイの「WaveAce1000シリーズ/2000シリーズ」は、同社のローエンドオシロスコープの新機種群だ。帯域幅が40M〜300MHzの11機種を用意した。価格が税込み8万1900円と最も低い2チャネル機でも、波形メモリは1チャネル当たり1Mポイント、2チャネルインタリーブ時に2Mポイントと長い。(2012/7/5)

高速シリアル・インターフェイス入門(5):
新規格USB3.0、計測面ではどう変わった?
今回は、USB3.0の概要とその計測例をいくつか示します。USB3.0は最新の規格なので、半導体技術だけではなく、計測技術も含めて新たな手法を用いています。(2012/6/19)

高速シリアル・インターフェイス入門(4):
PCI Expressの概要と高速化を支える技術
第4回となる今回は、PCI Expressを取り上げます。PCI Expressは、コンピュータ・マザーボードの拡張バスであり、それ以前のパラレルバスであるPCI(Peripheral Component Interconnect)をシリアル化したものです。(2012/6/11)

高速シリアル・インターフェイス入門(3):
計測面からのぞくSerial ATAの高速化技術
今回は、純粋なシリアル・インターフェイスであるSerial ATA(SATA)を取り上げます。パソコン内部のハードディスクの配線を簡素化/高速化するために、ATAをシリアルに置き換えることが目的だったSATAは、その用途が拡張しています。(2012/6/5)

ビジネスニュース 事業買収:
ハイエンドオシロのLeCroyをTeledyneが買収、100%子会社化へ
高速シリアルインタフェースの開発に使うハイエンドオシロで定評があるLeCroyを、分析計器などを手掛けるTeledyne Technologiesが買収する。電子計測器の分野では近年、大手コングロマリットのDanaherがFlukeとTektronix、Keithleyを次々と買収する動きもあった。(2012/6/1)

まずはサラウンドビューから:
車載イーサネット標準化団体が勢力を急拡大、発足5カ月で30社以上が参加
車載イーサネットの標準化団体である「OPEN Alliance SIG」が勢力を急速に拡大させている。2011年11月の発足時の6社から、5カ月後の現在は33社にまで参加社数を伸ばしている。(2012/4/17)

アジレント DSOX 90000Q:
63GHzの超広帯域リアルタイムオシロ、ノイズとジッタも業界最小をうたう
アジレント・テクノロジーのDSOX 90000Qシリーズは帯域幅が最大63GHzと極めて広いリアルタイムサンプリングのデジタルオシロスコープ。32Gビット/秒の高速シリアル信号を、基本波である16GHzの3次高調波まで取り込んで、高い精度で波形を観測できる。(2012/4/11)

レクロイ LabMaster 10Zi:
60GHzのリアルタイムオシロ、28Gbpsの高速シリアルを4次成分まで捕捉可能
帯域幅が60GHzと広い上に、サンプリング速度も160Gサンプル/秒と高い。データ伝送速度が28Gビット/秒の高速シリアル信号であれば、その基本波である14GHzの第4次高調波まで含めて捉えられ、波形を高い精度で観測することが可能だ。(2012/1/12)

1GHz〜4GHz帯域品は充実一途:
過熱するミッドレンジオシロ市場
ハイエンドのオシロスコープ市場では、“業界最高”の称号を得るべく、激しいスペック競争が繰り広げられている。しかし、多くのユーザーにとって現在いちばん注目すべきなのは、1GHz〜4GHzの帯域をサポートするミッドレンジ品であろう。実際、計測器メーカーは、このランクの製品についても注力しており、ユーザーには非常に幅広い選択肢が提供されるようになっている。(2010/12/1)

進化する組み込み向け計測技術
昨今の組み込みシステムは、最先端の技術を取り込み、より高機能/高性能なものとして実現されるようになった。その開発過程では、さまざまな信号を効率良く計測/評価する必要がある。では、計測装置のメーカーや計測向けソフトウエアのメーカーは、現在、組み込みシステムの開発/試験向けに、どのような製品を展開しているのだろうか。そして、組み込み向けの計測技術は、今後どのように発展していくのだろうか。(2010/10/1)

100Gbpsの長距離通信はQPSK方式で:
広帯域化が進む光ファイバ通信
ダイヤルアップ回線のときにそうであったように、光ファイバ伝送にも帯域幅の不足が生じ始めている。この問題を解決する上で鍵となるのは、複雑な変調方式の利用である。では、今後の光ファイバ伝送には、具体的にどのような変調方式が適用されるのだろうか。(2010/8/1)

ツールで確保するシグナルインテグリティ
シグナルインテグリティの問題は、注意を怠ると後で災いとなって返ってくる。専用のソフトウエアツールを利用することにより、設計のなるべく早い段階で、その問題を回避するようにすることが肝要だ。本稿では、シグナルインテグリティへの対処の流れを簡単に説明した上で、各種ベンダーが提供するツールにはどのようなものがあるのかを紹介する。(2010/7/1)

Signal Integrity:
周波数軸での波形の評価
(2010/5/1)

テスト/計測 オシロスコープ:
直接A-D変換方式で帯域幅32GHz、アジレントがハイエンドのリアルタイム・オシロを投入
(2010/4/28)

対応製品の登場で見えてきた:
40/100GbEが抱えるテスト技術の課題
実用化に向けて着々と標準化が進む40/100GbE。すでに多くのメーカーがこれらの規格に対応する製品を開発し、販売を開始している。そうした製品のテストには、10GbEに使われている技術を応用できるが、一部では新しい方法や装置が必要となる。本稿では、特にテストに関して、新たに要求されるであろう事柄についてまとめる。(2009/8/1)

伝送線路の評価に欠かせない:
TDR測定の基本を押さえる
TDR測定は、ケーブルやコネクタ、プリント基板、LSIパッケージなどの検証やトラブルシューティングに用いられている。これを利用することによって、伝送される信号のシグナルインテグリティを保証することが可能になる。本稿では、まずTDR測定の歴史と基本原理を押さえた上で、それを利用するメリットや最新の測定環境について解説を加える。(2007/12/1)

何年たっても変わらないその秘訣:
信号発生器を選ぶ、使う
信号発生器を購入する際には、データシートを注意深く読み解く必要がある。印象的な機能を持ち、魅力的な価格で提供されるたくさんの製品の中から、自分の用途に合ったものを的確に選び出すのは意外に困難なことだ。そこで本稿では、信号発生器の選び方、さらには使い方においてポイントとなる事柄をまとめてみたい。(2006/12/1)

高速オシロスコープを使いこなす
最近のデジタルオシロスコープは、かなり高精度な測定や解析が可能である。しかし、このような高度な機能をうまく使いこなすには、入念に準備しなければならない。(2006/5/1)

ホワイトペーパー:
ワイヤレスUSB最新技術動向
2005年9月に開催された「Wireless USB Developers Conference」に合わせてワイヤレスUSB主要ベンダー(インテル、アレリオン、レクロイ)によるセミナーが開催された。(2006/4/4)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。