ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レンズ交換式ビデオカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レンズ交換式ビデオカメラ」に関する情報が集まったページです。

電動ズーム「E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS」単体発売
「NEX-VG30」付属の電動望遠ズームレンズ「E PZ 18-200mm F3.5-6.3 OSS」が単体発売される。(2013/2/25)

フルサイズ or APS-C 提案される選択肢――ソニーに聞く「フルサイズ」(後編)
ソニーから登場したフルサイズセンサー搭載機「α99」は、「いつでもフルサイズ」とも表現できるよう、さまざまな層が手にして楽しめる製品。ただ、APS-C機との間には価格やサイズなどの障壁も存在する。(2012/11/26)

フルサイズで攻勢をかけるソニー、「NEX-5R」「NEX-6」も年内に
ソニーが「DSC-RX1」「α99」「NEX-VG900」のフルサイズセンサー機を発表。また、成長を続けるレンズ交換式ミラーレスの市場には、新製品「NEX-5R」「NEX-6」を年内に投入する。(2012/9/12)

操作性向上、新型電動ズームレンズも用意 レンズ交換式ハンディカム「NEX-VG30」
ソニーがレンズ交換式ハンディカムの新型「NEX-VG30」を発売する。ズームレバーなどで既存「NEX-VG20」より操作性を高めたほか、新型の電動ズームレンズを組み合わせたキットも用意する。(2012/9/12)

レンズ交換式ビデオカメラ「EOS C300」、発売日決定
キヤノンは1月24日、発表時「1月下旬発売」とアナウンスしていた、レンズ交換式ビデオカメラ「EOS C300」の発売日を1月31日と発表した。(2012/1/24)

キヤノン、ハリウッド参入 映像制作向け新システムを立ち上げ
キヤノンは映画やコマーシャルといった用途に最適なレンズやカメラで構成される新システム「CINEMA EOS SYSTEM」を立ち上げた。(2011/11/4)

映画カメラにもEOS キヤノンが参入 4K動画対応一眼レフも開発
キヤノンが映画カメラに参入し、EFマウントを搭載した「CINEMA EOS SYSTEM」を発売する。(2011/11/4)

60p/24p出力対応、表現力を高めたレンズ交換式“ハンディカム”「NEX-VG20」
レンズ交換式ハンディカム「VG10」が、60p/24p記録可能な有効1610万画素センサー搭載の「VG20」へバージョンアップ。5.1ch録音にも対応、各所の利便性も高め“正統進化”を遂げた。(2011/8/24)

ソニー、「α55」などで利用できる大画面液晶モニター
ソニーはデジタル一眼レフカメラ「α」用アクセサリーとして、クリップオンタイプの5型液晶モニター「CLM-V55」を発売する。他社製カメラでも利用が可能だ。(2011/1/14)

「NEX-VG10」でAマウントレンズをAF可能にするファームアップ
ソニーはレンズ交換式ビデオカメラ「NEX-VG10」用の新ファームウェアを提供開始した。適用することで、Aマウントレンズでオートフォーカスが利用できる。(2010/11/19)

Eマウント第3のレンズ「E18-200mm F3.5-6.3 OSS」を試す
NEX-3/5で新採用されたEマウントに第3の対応レンズが登場した。現在でも入荷待ちの店舗もみられるEマウント初となる高倍率ズームレンズ「E18-200mm F3.5-6.3 OSS」を試用した。(2010/11/10)

グッドデザイン賞ベスト15に日産リーフやCR-Z
日本産業デザイン振興会は9月29日、2010年度グッドデザイン賞受賞結果を発表した。今年は3136件の審査対象から1110件が選ばれた。(2010/9/29)

「いまがチャンス」――レンズ交換式ビデオカメラ「NEX-VG10」の狙い
誰でも簡単キレイ、このイメージが定着しているソニーの「ハンディカム」にレンズ交換式の新製品が投入される。その「NEX-VG10」について狙いを尋ねた。(2010/8/30)

Eマウントレンズ「E 18-200mm F3.5-6.3 OSS」発売日決定
ソニーは2010年秋発売を予告していたEマウントレンズ「E 18-200mm F3.5-6.3 OSS」(SEL18200)を9月10日より販売開始する。価格は9万9750円。(2010/8/13)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
ビデオカメラにも到達した「レンズ交換式ビデオカメラ」の波
ソニーが国内向けに発売する「NEX-VG10」は、デジタルビデオカメラでもレンズ交換が可能になったという点でエポックメイキングな製品といえる。今回は、そのNEX-VG10を例に、ミラーレス型デジタルビデオカメラが登場した背景を解説する。(2010/8/12)

レンズ交換式ハンディカム、9月に国内発売 20万円前後
ソニーのレンズ交換式ハンディカムが9月10日に国内で発売される。実売20万円前後。(2010/8/5)

ソニースタイル、お得な「NEX-VG10 クリエーターズセット」
ソニースタイルではビデオカメラ「NEX-VG10」に各種アクセサリーをセットした「NEX-VG10 クリエーターズセット」を販売する。2万4462円相当のソニーポイントがプレゼントされる。(2010/8/5)

ソニー、レンズ交換式ビデオカメラ「NEX-VG10」を発売
ソニーから「世界初」となるレンズ交換式デジタルビデオカメラ「NEX-VG10」が発売される。実売想定価格は価格は20万円前後。(2010/8/5)

米Sony、初のレンズ交換式ハンディカム「NEX-VG10」発表
Eマウント対応のレンズ交換式AVCHDビデオカメラ「NEX-VG10」を米Sonyが発表。(2010/7/14)

ソニー、レンズ交換式AVCHDビデオカメラを秋に商品化へ
ソニーは、AVCHD記録に対応したフルHD撮影対応レンズ交換式ビデオカメラを、秋の発売を目指して開発していると発表した。(2010/5/12)

ソニー、「Eマウント」のクリエイティブ指向ビデオカメラを秋発売
ソニーはNEX-3/5と同様の大型センサーを搭載した、レンズ交換式ビデオカメラを2010年秋に発売する。マウントは「Eマウント」だ。(2010/5/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。