ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Level-R」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Level-R」に関する情報が集まったページです。

ユニットコム、GTX 1060を搭載したミドルタワーゲーミングPCを発売
ユニットコムは、ミドルタワー型ゲーミングPC「R-Class」シリーズのラインアップにGeForce GTX 1060搭載モデルを追加した。(2018/3/13)

Ryzen 5搭載BTOデスクトップPCが各社より発売
AMD製最新CPUとなるRyzen 5搭載PCの発表が各社より行われている。(2017/4/12)

新たに「RX-8 Type-S」が登場――「Level-R」
(2008/12/9)

「Level-R」バージョンアップ――「TOYOTA MR2 GT-S」など新車種を追加
(2008/12/2)

「スカイライン」など4車種を追加――「Level-R」バージョンアップ
(2008/11/18)

「Level-R」バージョンアップ――新車種「Nissan Silvia K’s Aero」登場
(2008/10/27)

土屋圭市氏とコラボ企画を開始――「Level-R」
(2008/10/23)

「Level-R」、本日より正式サービス開始――大型バージョンアップ実施
(2008/10/21)

「Level-R」正式サービス、10月21日よりスタート
(2008/10/15)

「PostPet」5年ぶりの新バージョン――So-net初のオリジナルオンラインゲームも公開
So-netが提供するメールサービス「PostPet」の新サービス発表。5年ぶりとなる最新バージョンやゲームポットが運営するオンラインゲーム、ケータイ向けゲームなど、ゲストに佐々木希さんを迎えて披露された。(2008/5/8)

「Level-R」、新マップ「Hangar」を実装
(2008/4/28)

「Construction - ジャンプアラウンド!」登場――「Level-R」
(2008/4/22)

ライブやゲーム大会とイベント盛りだくさん!「ゲームポットフェスタ2007」
オンラインゲームメーカーのゲームポットは、同社単独イベント「ゲームポットフェスタ2007」を12月16日に開催。会場となったパシフィコ横浜には、多くのユーザーが集まりイベントに参加した。(2007/12/17)

「ウィザードリーオンライン」発表――ゲームポット、懇親会で今後の展開について説明
ゲームポットは本日懇親会を行い、12月16日に開催予定の「Gamepot Festa 2007」の概要と、既存のゲームタイトルにおける今後の展開について発表。その席上で「WIZARDRY」のオンラインゲーム化権を取得したことも明かした。(2007/11/14)

「Level-R」、プロ契約制度を導入
(2007/11/2)

優勝賞金100万円――「Level-R Series 2007」が開幕
(2007/10/19)

「Level-R」、テストドライブ機能実装など大規模アップデートを実施
(2007/10/9)

「Level-R」、新ゲームモード「エクスプローラー」の追加など大規模アップデート実施
(2007/9/10)

「Level-R」アップデート――新車や新ルートを実装
(2007/6/15)

「Level-R」オープンβテスト開始。“ハチロク”が登場
(2007/4/27)

「Level-R」オープンβテストが4月27日よりスタート
(2007/4/20)

ITmedia +D Games枠で1000名募集:
オンラインレーシングゲーム「Level-R」クローズドβテスト募集開始
ゲームポットが運営するオンラインレーシングゲーム「Level-R」のクローズドβテスター募集が、1月19日から開始。ITmedia +D Games枠でも1000名を募集します。(2007/1/19)

ゲームポット、オンラインレーシングゲーム「Level-R」技術テスト参加者を募集
(2006/12/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。