ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Leverage OSS」最新記事一覧

Leverage OSS:
Webプロキシ利用率のSquid Graphを用いた確認
Webプロキシとして人気の高いSquidだが、プロキシアクセスおよび転送に関する統計情報をWebページ形式で表示するSquid Graphと組み合わせれば、Squidの設定が最適化されているかが簡単に可視化できる。(2009/1/28)

Leverage OSS:
ZiproxyでモバイルデバイスにおけるWebページの読み込みを高速化する
モバイル市場では、クライアントへのバイト転送量を少しでも減らそうとするノウハウが日進月歩で積み上がっている。本稿で紹介するZiproxyは、取得したコンテンツを圧縮してクライアントに転送するWebプロキシサーバだ。(2009/1/26)

Leverage OSS:
shd-tcp-toolsを用いたポートフォワーディング、ロードバランシング、レートリミティングの実装
SSHを基にしたネットワーク容量の転送速度制限機能を提供し、可能であればキャパシティの負荷分散も行うshd-tcp-toolsは、個々のポートフォワーディング別に転送速度制限を個別設定したい場合など高度な使い方に応えてくれるツールとなっている。(2009/1/19)

Leverage OSS:
Nagiosに用意された外部コマンドの使用法
オープンソースの統合監視ソフトウェアとして人気を集めているNagiosは、外部コマンドパイプというファイルを介してコマンドやイベントを外部アプリケーションから受け取る強力な機能を装備している。本稿では、Nagiosの自由度をさらに高めるこの機能について解説する。(2009/1/6)

Leverage OSS:
コマンドラインに隠されたVirtualBoxのチューニング法
SunからリリースされたVirtualBox 2は、デスクトップユーザーに最適な仮想化アプリケーションの1つである。その構成は、GUIには使用頻度の高い機能だけを集めることでシンプル化し、より包括的な制御機能はCLIで提示する。つまり、CLIを駆使することで作業効率を大幅に改善できるのだ。(2008/12/18)

Leverage OSS:
Archivemailを用いたメールボックスの清掃法
Webメールに慣れてしまった方も多いだろうが、さして必要でもないメールの山に悩むのは昔からあまり変わっていない。あなたの貴重な時間を取り返すために、archivemailを使ってみよう。(2008/12/12)

Leverage OSS:
Squidの更新パターンでインターネットアクセスを高速化する
プロキシキャッシュサーバであるSquidの設定パラメータを用いてバイトヒット率を上げれば、利用可能な帯域幅を3〜6割近くも拡大できる。Webサイトの最適化を考えるあなたにはまずこれを試してみていただきたい。(2008/12/1)

Leverage OSS:
Webインタフェースでマシンを監視する4つの方法
システム管理者は、サーバの状態にたえず目を光らせ、順調に稼働しているかどうかを確かめる必要がある。問題発生時には、データを素早く分析できる手段が必要だ。この記事では、Webインタフェースから1台または複数のサーバを監視できるツールを幾つか紹介する。(2008/11/13)

Leverage OSS:
1つのシェルから複数のSSHセッションを同時に実行するツール3種類を試す
複数のリモートマシンを管理しなければならないシステム管理者は多い。そんな悩める管理者のために、並行処理型のSSHツールを3種紹介しよう。それぞれに長所があり、あなたの悩みをきっと解決してくれる。(2008/11/12)

Leverage OSS:
Hadoopを用いたクラスタコンピューティング環境の構築
ペタバイト規模のデータを格納させる分散コンピューティング用プラットフォームを探しているのであれば、安価かつ効率的でスケーラビリティと信頼性を兼ね備えたプラットフォームであるHadoopの使用を検討すべきだろう。(2008/11/5)

Leverage OSS:
フリーのopenThinClientでシンクライアント環境を構築する
VMwareやCitrixをはじめ、シンクライアント環境を構築するための製品を提供しているベンダーは数多いが、オープンソースのシンクライアントサーバ「openThinClient」を使えば間に合ってしまう企業も少なくない。(2008/10/14)

Leverage OSS:
KVMスイッチに替わるソフトウェア「x2x」
1組のキーボードとマウスで目の前の複数のマシンの複数のディスプレイに手軽にアクセスしたいなら、KVMスイッチを購入せずともx2xを使えば十分に目的は達せられる。(2008/10/6)

Leverage OSS:
システムログ表示ツール、phpLogCon
ネットワーク上にあるファイルやデータベース上のシステムログをWebベースのインタフェースで監視したい場合、phpLogConは検討に値するツールだ。本稿ではインストールから使用法までを紹介していく。(2008/9/18)

Leverage OSS:
通常マシンをエンタープライズストレージとして使用可能にするOpenfiler
さまざまなベンダーから販売されているストレージ製品。しかし、この種のハードウェアの実態は、ごく一般的な構成であったりする。それならば、Openfilerを用いて通常のサーバをエンタープライズレベルのストレージ専用マシンとした方がはるかに経費節約につながる。(2008/9/12)

Leverage OSS:
SafeSquidによるインターネットアクセス管理
コンテンツフィルタリング機能を持つプロキシが必要な場合、高価な統合脅威管理マシンが必ずしも必要なわけではない。それらに匹敵する機能を持つオープンソースのSafeSquidは、ユーザーが20名以下の小さなオフィスであれば、その機能のほとんどが無料で利用できる。(2008/9/11)

Leverage OSS:
ファイル/ディレクトリの変更に応じて任意のジョブを実行するincron
時刻指定型のジョブ実行である伝統的なcronと比べると、ファイルシステムの変更を検出して指定のコマンドを実行させるというコンセプトで作られたcronクローン「incron」は大きな将来性を期待させる。(2008/9/3)

Leverage OSS:
Droopyが可能にする巨大ファイルの簡易送信
メールでは送れないような巨大なファイルを安全に送受信したい場合、簡単なセットアップ手順でWebサーバを立ち上げ、クライアント側には指定のディレクトリにファイルを個別アップロードする操作を行ってもらうdroopyは非常に便利だ。(2008/8/31)

Leverage OSS:
ネットワーク上でのシステム管理を容易にするPuppet
システム管理コマンドを複数のマシンに対して発行できるPuppetは、宣言型言語を学ぶ手間が掛かるが、ソフトウェアのインストールや設定の手間を大きく軽減してくれる強力なツールだ。(2008/8/25)

Leverage OSS:
Firewall Builderによるファイアウォールの設定
IPトラフィックのフィルタリング設定に役立つFirewall Builderは、定義したパケットフィルタリングポリシーとその実装を分けることで、ハードウェアに依存しない運用に役立ってくれる。(2008/8/20)

Leverage OSS:
ネットワークセキュリティ管理者のためのディストリビューション Network Security Toolkit
ネットワークの監視・解析・セキュリティについて責任を持たなければならないネットワークセキュリティ管理者にとって、「Network Security Toolkit」は常用するに値する。(2008/8/15)

Leverage OSS:
「しまった」という時のためのext3undel
ファイルやディレクトリを誤って削除してしまってもあきらめることはない。ext3undelには、できるだけ効率良くデータを復旧させるための素晴らしいツールがそろっている。(2008/7/15)

Leverage OSS:
coLinuxに第2の息吹
coLinuxの背後にある技術は、大概の仮想化方式とは異なるものであり、注目を集めているものである。coLinuxが「CD-ROMでインストールし起動する普通のLinuxディストリビューション」になる日もそう遠くないようだ。(2008/7/11)

Leverage OSS:
ディスクドライブのデータ完全消去ツール
世に数あるデータ完全消去ツールのうち、今回wipeを取り上げるのは、特定パーティーション上にある1つのブロックだけを消去するなど、実行時に指定可能なオプションがほかのツールよりも豊富に装備されているからである。(2008/6/3)

Leverage OSS:
Webに国際化キーボードを追加する
海外のネットカフェで日本の友達にWebメールを送ろうとして、日本語入力環境がないことに気づき、ローマ字で返信するというやるせない経験をしたことがある方は、JavaScriptで書かれた仮想キーボードをぜひご記憶いただきたい。(2008/5/22)

Leverage OSS:
多数のVNCセッションを同時に管理・監視する
vncthumbnailviewerは複数のVNCサーバを管理している方にお勧めのツールである。複雑なホスト設定をGUIで設定し、後で使用するために保存しておける機能など、小規模LANでコンピュータを監視する際に有用な機能を多く備えている。(2008/5/20)

Leverage OSS:
Web Consoleで行うリモート操作でのサーバ管理
リモートサーバの管理を任されている方は、Webブラウザで利用可能なようにAJAXベースで作られた新世代のソリューションを試してみるのはどうだろうか。単純な作業やファイル管理程度の仕事をするのであれば、Web Consoleを試してみる価値は十二分にある。(2008/5/13)

Leverage OSS:
Sendmailの代わりにシンプルなsSMTPを使う
Sendmailは高機能だが、ライトなユーザーにとっては、理想的なツールだとは言い難い点もある。本稿では、複雑なSendmailの代わりに使用できるシンプルなツールとしてsSMTPを紹介する。(2008/4/23)

Leverage OSS:
WindowsとLinux 仮想化を使わない共存
WindowsとLinuxを共存させるための仕組みは幾つも存在する。andLinuxはWindowsとLinuxをホストOSとゲストOSとに分けようとせず、単なる共存ではなく共同を可能にする。(2008/4/17)

Leverage OSS:
軽量なソフトウェアから高機能なデスクトップを構築する
あなたがお使いのLinuxマシンは、あなたの恋人にもストレスなく使えるだろうか。ここでは、PCをより快適に利用できるよう、軽量なソフトウェアでデスクトップ環境を構築してみた。(2008/4/1)

Leverage OSS:
不要なパッケージを完全に削除できるインストーラー GNU Stow
Linuxを使っていて、自分でコンパイルしインストールするタイプのパッケージ管理が面倒に感じたことはないだろうか。その煩わしさを解消するパッケージマネージャ「GNU Stow」を紹介しよう。(2008/3/19)

Leverage OSS:
Linux向けのマルウェア駆除ツール
LinuxはWindowsよりもマルウェアへの耐性が強い。だが、ワーム、トロイの木馬、ルートキットの影響を受けやすくなってしまう点は、ほかのプラットフォームと変わらない。本稿ではLinuxユーザー向けの優れたルートキット/マルウェア検出ツールを幾つか比較検討してみよう。(2008/3/14)

Leverage OSS:
Spicebird――ThunderbirdとLightningをベースに誕生した統合クライアント
Thunderbirdをベースに、カレンダー、インスタントメッセージ、RSSフィードリーダという3種類の機能が追加されたSpicebirdは、標準ビルドにプラスアルファの機能を求めているというユーザーにうってつけだ。(2008/3/11)

Leverage OSS:
phpMyBackupPro――最も簡単に扱えるMySQL用バックアップツール
MySQLを利用したWebアプリケーションの運用において、データのバックアップは重要な課題の1つである。ここでは、MySQL用バックアップツールの最適な選択肢としてphpMyBackupProを紹介しよう。(2008/3/11)

Leverage OSS:
pam-mysqlを使って仮想FTPサーバを構築する
バックエンドにデータベースを持つ仮想FTPサーバを構築することには多くの利点がある。ここでは、pam-mysqlを使って仮想FTPサーバを構築する方法を紹介する(2008/2/25)

Leverage OSS:
まさかのファイル消失時にユーザーを危機から救うMagic Rescue
消してはならないファイルを削除して青ざめているあなた。ブロックデバイスにある特定のファイルタイプを検索して、指定ディレクトリ中に一括抽出してくれるMagic Rescueならあなたの助けになるかもしれない。(2008/2/18)

Leverage OSS:
さらなる機能向上を果たした最新版Nmap
誕生から10年を迎えるポートスキャニングツール「Nmap」。最新版ではGUIフロントエンドであるZenmapなども採用され、操作性は格段に向上した。これまでNmapに縁のなかったユーザーであってもぜひとも一度試してみることをお勧めしたい。(2008/2/11)

Leverage OSS:
SeamlessRDPでXPとLinuxをシームレスに統合
VMware Serverを幾つかのフリーソフトウェアと組み合わせれば、Windows XPをLinux環境と完全に統合された形で動かすことができる。デュアルブートや仮想化環境以上の自由度がほしい方にお勧めだ。(2008/2/8)

Leverage OSS:
簡単高速動作のLinux管理ツール、Webmin
WebベースのLinux用統合管理ツール「Webmin」は、構成ファイルの形式に不慣れな経験の浅い人に適している。Linuxのシステム管理に習熟していく過程で試してみる価値はある。(2007/12/23)

Leverage OSS:
iptablesで商用のファイアウォールを置き換える
iptablesを擁するフリーの代替ファイアウォール「Netfilter」でエンタープライズファイアウォールが実現できることを事例を踏まえて説明しよう。(2007/12/19)

Leverage OSS:
システム管理者が作り上げるネットワーク管理ツール Func
Funcと呼ばれるネットワーク管理ツールは、OpenViewやTivoliのような大規模製品を必ずしも必要としない人にとって有益なものになるだろう。(2007/12/10)

Leverage OSS:
コマンドラインとGUIを融合するHotwire
Hotwireの登場により、テキストベースのシェルと近代的なGUIは互いに交わることのない2つの別世界ではなくなった。Hotwireを試してみると、その便利さには驚かされることだろう。(2007/12/5)

Leverage OSS:
iptablesを使って特定のネットワークアプリケーションをブロックする
社員がこっそりIMでチャット――会社で許可していないのであれば、IT部門はそうしたトラフィックをブロックするように指示されるかもしれない。そんなとき、iptablesの知識は問題解決の道しるべとなってくれる。(2007/11/30)

Leverage OSS:
phpPgAdmin:Web開発者向けのPostgresクライアントツール
phpPgAdminは使い勝手に優れ、簡単にプロダクション環境に組み込めるPostgreSQLクライアントだ。Postgresをチームで共同利用するならうってつけのツールとなる。(2007/11/26)

Leverage OSS:
rrユーティリティによる長いパスの記憶と再生
システムの奥深くに仕舞い込まれたファイルをいじらなければならないが、わざわざフルパス名を入力するのは面倒だという場合に役に立つrrユーティリティを紹介する。(2007/10/23)

Leverage OSS:
FOSSのSEOツールを使ってページランキングをアップする
SEOの技術は、自らのWebサイトを検索結果の最上位にランクさせるのに役立つ。ここでは、FOSSのSEOツールを用いてどういった流れでSEOを進めればよいのかを紹介する。(2007/10/19)

Leverage OSS:
Samba共有ファイルを使用中のマシンが分かるスクリプト
簡単なコマンドの組み合わせで大きな仕事も容易に片付けることができる。今回作成するのは、Samba共有ファイルを使用中のマシンを見つけるスクリプトだ。(2007/10/15)

Leverage OSS:
美しいがOOoとは響き合わないSymphony
Lotus Symphonyは、OpenOffice.orgのコードをベースとしたオフィススイートだ。今回試してみたところ、Lotus Symphonyには優れた部分が数多くある。しかしOpenOffice.orgコミュニティーに対しては悪影響を与えかねないことが心配だ。(2007/10/12)

Leverage OSS:
ApacheとWebDAVを用いたコラボレーション型オーサリングプラットフォームの構築
Webサーバに格納しているファイル群を、直接編集できたら便利だと思ったことはないだろうか? それを可能にしてくれるのがWebDAVである。(2007/8/24)

Leverage OSS:
Xmingを使ってWindowsからLinuxを使う
Xmingは、X Window systemとMicrosoft Windowsを結ぶ、フリーで使いやすいポートである。言い換えれば、Windowsを使わざるを得ない人々に素晴らしいXサーバを提供してくれるすばらしいツールだ。(2007/8/16)

Leverage OSS:
Bash Blogger:コマンドラインからブログをする
Bash Bloggerはその名が示す通り、ブログに関するすべての作業(ただし当然ながら文章の作成以外)を自動化してくれるbashスクリプトだ。コマンドラインを恐れないのであれば試してみる価値はある。(2007/6/29)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。