ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「終身雇用」最新記事一覧

返さなくていい「給付型奨学金」 どう考える?
返済の必要がない「給付型奨学金」の創設に向けた議論が活発化している。専門家に見解を聞いた。(2016/5/26)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
高齢者の5人に1人が貧困 どうすれば老後を守れるのか
高齢者の貧困率が問題になっています。なぜ高齢者が貧困に陥ってしまうのでしょうか。私たちの老後はどう守ればいいのでしょうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/22)

なんとなく分かってた 日本、「自分の働く会社を信頼しているか」というアンケートで最下位となる
将来に対して希望を持てない「悲観大国」とも。(2016/2/9)

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):
あなたは大丈夫? 10〜20年後、人工知能に奪われる仕事100
人工知能によってあなたの仕事が奪われるかもしれない――。このような不安を感じている人も多いのでは。ある調査によると「労働人口の49%が人工知能などによって奪われる」という結果がでたが、この数字をどのように受け止めればいいのか。(2016/2/3)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(4):
SCMプロを証明する“免許証”「CPIM」とは
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。3回目は、SCMに関するグローバルスタンダードとなるAPICS資格制度の「CPIM」について解説する。(2016/1/29)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
顧客のニーズを満たすのは当事者意識から
自分の置かれている世界で、自らの目線で課題を発見することが社会を変えるイノベーションの原点。受け身なのか、当事者意識を持って行動しているのかで、見えてくる世界は全く異なる。(2016/1/27)

男の挑戦くじく「嫁ブロック」とは 「妻の反対で内定辞退……」 業界用語からみる夫婦の新たな関係
「妻が反対するので内定を辞退します」――夫の転職や起業が妻の鶴の一声でご破算になる「嫁ブロック」という言葉が浸透しつつある。(2016/1/5)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
「女性が輝く社会」実現に向けて、私が使命感を持つ理由
「女性がもっと活躍できる世の中を作りたい」。この思いを胸にずっと走り続けてきた。度重なる人生の困難も乗り越えてきた。なぜならば、私がやらなくてはならないという使命感があるからだ。(2015/12/9)

スピン経済の歩き方:
CIAの“サボりマニュアル”は、なぜ「日本企業あるある」なのか
CIAの前身組織が作成した「敵組織の生産性を低下させる工作マニュアル」が話題になっている。「日本企業の姿をうまく表現している」といった声が多いが、企業だけでなく日本の問題点を的確に指摘しているのではないだろうか。(2015/12/1)

「日本の企業はおかしい。欧米の企業から見たら……」ベネッセ・原田氏の働き方
ワークライフバランスの課題に関する議論は、さまざまな立場で行われている。しかし、日本人のワークライフバランスは改善されているのだろうか。ベネッセホールディングスの原田泳幸会長兼社長に、社員の働き方について聞いたところ……。(2015/10/26)

銀座で学んだこと:
出世族に共通する“転職”の決め手とは
出世族に共通する“転職”の決め手は一体何なのか。年収などの待遇と思う人もいらっしゃると思いますが、意外にもそうでないことが見えてきました。(2015/10/19)

幸せな終身雇用型の企業ランキング
就職・転職のためのリサーチサイト「Vorkers」を運営しているヴォーカーズは9月29日、「幸せな終身雇用型企業ランキング」を発表した。それによると……。(2015/9/29)

スピン経済の歩き方:
「格差社会は金持ちこそが滅びる」は本当か
マーケティング評論家・ルディー和子さんの著書『格差社会で金持ちこそが滅びる』が興味深い。格差が広がると、貧乏人の寿命が短くなるという意見が多い中で、ルディー和子さんは本の中で「富裕層の寿命が短くなる」と指摘しているのだ。その理由は……。(2015/9/29)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
優れた個人が集まり、コラボによってより大きな成果を発揮する
優れたチームは、主人公だけがすごくて万能の1人が他を率いているわけではない。それぞれが能力を発揮し、コラボレーションすることでさらに大きな力が生まれる。(2015/9/16)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(16):
エンジニアの職場に必要なのは「課長」か「リーダー」か
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は組織のフラット化の弊害とそれを解決するためにある企業がとった手段を基に、「役職とは何か」を考える。(2015/8/11)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
地方の観光地を衰退させたのは誰か
海はキレい、山はキレい、でも街が汚い……。有名な観光地でも、老朽化した建物が並んでいるところが日本中にある。政府は「観光立国」を目指すというが、寂れた風景を見るために外国人観光客はやって来るのだろうか。(2015/7/29)

スピン経済の歩き方:
日経が世界の経済メディアのなかで「大きな存在感」を示すのが難しい理由
日本経済新聞社がフィナンシャル・タイムズを買収した。日経は紙面で「世界のビジネスメディアで大きな存在感を示すことにもなる」と胸を張っていたが、ちょっと言葉には気をつけたほうがいい。なぜなら……。(2015/7/28)

銀座で学んだこと:
出世した人、出世しそうな人に共通する“断崖絶壁法”とは
夏のボーナスが支給され「何を買おうかなあ」と考えている人もいるのでは。年齢や環境によってお金の使い道は変化しますが、経営者や役員など、出世された方々は若かりしころにお金をどのように使っていたのでしょうか。(2015/7/27)

マネーの達人:
会社を辞めるとき――「自己都合」と「会社都合」で失業保険の受給額に違い
ステップアップのための転職でも、リストラでも、会社を辞めるには理由があります。今回は、「自己都合」と「会社都合」で離職した場合の失業給付金の受給額を比較します。(2015/7/16)

外資系エグゼクティブの働き方:
なぜ、「わがままな上司」についていくのか?
どんなにわがままで強引な上司でも、ひきつけるものがあれば部下はついてきます。では、その「ひきつけるもの」とは何でしょうか?(2015/7/13)

最下位から3番目! 転職したい日本人はたったの14%
あなたは1年以内に転職したいと思いますか? 23の国と地域の男女に聞いたところ……。ランスタッド調べ。(2015/7/3)

キャリアニュース:
転職相談の3人に1人は「転職すべきでない人」
転職コンサルタントを対象に行ったアンケートで「転職を検討している3人に1人は転職せずに現職にとどまるべき」と感じている転職コンサルタントが多いことが分かった。(2015/7/1)

はあ〜、面倒:
「面倒くさい」と思っていませんか? 日本の「強み」と「弱み」を知る
今週のTop10は、ちょっと気になる本があったのでご紹介します。本のタイトルは『イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」』(講談社+α新書)、著者は、デービッド・アトキンソンさん。(2015/6/26)

視点:
ドイツに学ぶ中長期視点の経営
低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。(2015/5/18)

1位は?:
平成生まれの退職理由ランキング
転職サイトなどを運営しているヴォーカーズは4月14日、「平成生まれの退職理由ランキング」を発表した。(2015/4/14)

こじらせ!上司図鑑:
こじらせ上司よ、歩み寄ろう ゆとり部下からの“人間的な、あまりに人間的”な嘆願
20代の若手社員たちに、上司に関するあれこれを語ってもらう本連載。最終回のテーマは“こじらせ上司への提言”。彼らのリクエストを聞いてみると、はるか昔に習ったような“あたりまえすぎる”要望が続々と挙がってきて……。(2015/3/24)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
あなたの会社では、部下の育成は“上司の仕事”ですか?
あなたは自分の部下を、どんな視点で評価していますか?「仕事は結果と同じくらいプロセスも重要。部下は失敗しながら成長するもの」という人もいれば「仕事は結果が全て。シンプルに見ないと、他の評価と平等にならない」という人もいると思います。(2015/2/9)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
恐竜は環境変化に適応できるか?――鉄鋼業界の雄、新日鐵住金のグローバル対応
日本の、そして世界の鉄鋼業界のリーディングカンパニーである新日鐵住金が、本腰を入れて海外展開を図り始めた。日本流でここまでの成長を成し遂げてきた新日鉄住金は、グローバルカンパニーへと進化できるであろうか? (2015/1/27)

「終身雇用」はお断り?:
何を目指して働くの? イマドキの大学生に聞いてみた
雇用制度、組織、働き方、キャリア設計が大きく変わろうとする中、今年も2016年度新卒入社の採用がスタートした。デジタルネイティブ世代のイマドキの若者は、“働く”ことを意味をどのようにとらえ、どんな働き方を理想と考えるのか。2人の学生に聞いた。(2014/12/12)

家電業界のヤバすぎる現状
「崩壊の危機に瀕している」とまで言われる日本企業の問題点を紹介(2014/12/9)

ヘッドハンター丸山の「いつか、あなたに逢いにいく」(8):
あなたの価値を一番知っているのは、あなたではない
餅は餅屋、宝石は宝石屋。客観的に価値を判断できるプロに任せる方がうまくいくことが多いのだ。(2014/10/27)

いまさら聞けない「工場立地」入門(3):
実は穴場!? 製造業が米国に工場を設置すべき8つの理由とは
長年生産管理を追求してきた筆者が、海外展開における「工場立地」の基準について解説する本連載。3回目となる今回は、製造業回帰の動きが目立つ米国の現状と可能性について解説する。(2014/9/8)

30代からの「次の働き方」:
個別化と多様化の時代に必要な「太くて柔軟な軸」
私たちの働き方は多様になっており、またその多様な働き方を受け入れるために企業も変化しつつあります。では、これからはより簡単に働ける時代になるのでしょうか。(2014/8/26)

上司はツラいよ:
「いいからやれ!」が通じない時代、上司に必要とされるスキルとは?
「指示したことは四の五の言わずにやってほしい」と思う中高年上司と、「仕事は目的を理解してから手掛けたい」と考える若手社員。両者のすれ違いはどうして起こるのか。そしてその解決法は?(2014/8/21)

言うことがコロコロ変わるリーダーは優秀だった?
さまざまな形で語られるリーダー論。離職率が5%という「無印良品」の会長を務める松井忠三氏の著書から、松井氏によるリーダー論を紹介します。(2014/8/12)

30年前に書かれた「未来予想本」が意外に当たっていた
今から30年前に書かれ、世界的ベストセラーとなった「未来予想本」。現代を生きる21歳の女性ライターがレビュー。(2014/7/15)

無印良品が“終身雇用”にこだわる理由
業界内で群を抜いて低い離職率を誇る無印良品。そんな無印良品の人材育成の具体的な方法を明かした書籍『無印良品の、人の育て方』を紹介します。(2014/7/15)

工場売却の可能性は高い?:
岐路に立つIBMの半導体事業 〜従業員はどう捉えているのか〜
「IBMが半導体の製造工場を売却する可能性がある」。この報道は決して新しいものではない。HDDやノートPC、サーバなどハードウェア事業を縮小しているIBM。同社の半導体事業も大きな岐路に立たされている。(2014/6/27)

「将来は社長になりたい」という新入社員は9%、過去最低
この春就職した新入社員は、将来どんな役職・地位に就きたいと思っているのだろうか。産業能率大学が調べたところ「社長」と答えたのは9.0%。調査開始以来、初めて1割を下回った。(2014/6/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
世界をまとめて読む
これから生きていくうえで大事なものはなんだろうか? 世界中の優れたビジネス書から得る知識、知見、考え方、生きる姿勢、最新のビジネスモデルは助けとなるだろう。(2014/6/19)

働くこと、生きること(後編):
20〜30代の人に伝えたいことは? SBIホールディングスの北尾社長が語る
「人間の原点」というものがなかなか見えづらくなっているが、こうした時代に若い人はどのように対応していけばいいのだろうか。SBIホールディングスの北尾社長が、20〜30代のビジネスパーソンに“すべきこと”を語った。(2014/5/23)

働くこと、生きること(前編):
SBIホールディングスの北尾社長に聞く、「働く」とは何か?
インターネット総合金融グループであるSBIホールディングスの北尾吉孝社長へのインタビュー。大学卒業後、野村證券に就職、その後、ソフトバンクで働くことになった“きっかけ”などを語ってもらった。(2014/5/15)

サイボウズ式:
マンガ「ジャイキリ」に学ぶ、“変化に強いチーム”の作り方
会社は社員に対して、新人研修やOJTといった「学び」の機会を与えています。個々の学びは、企業という組織の成長や発展に必須の要素となります。今回はマンガ『GIANT KILLING』を読みながら「学び」について考えます。(2014/5/8)

貯金は30歳までが大事 年収分を貯めるには?
女性が30歳に向けて知っておきたい貯金の方法。ファイナンシャル・プランナーの中村芳子さんによる、4つの口座を使った貯金の方法を紹介します。(2014/4/24)

杉山淳一の時事日想:
利用者激怒、信頼失墜……交通機関のストライキに効果はあるのか?
3月20日、関東バスと相模鉄道・相鉄バスの3社がストライキを決行した。法律に基づいた行動だが、利用者からは歓迎されず、現場の労働者自身が批判の矢面に立たされている。労働争議の手法は長い間変わっていないが、そろそろ新たな戦術が必要ではないか。(2014/3/28)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第1回 企業の存続と繁栄の源泉はどこに? BtoBマーケティングから考える日本企業の未来
分かるようで分からないBtoBマーケティング。時代とテクノロジの進歩の早さに私たちは何から学べば良いのだろうか。悩みを抱えるビジネスパーソンに学びの場からの情報提供と現場からの最新動向をお伝えるする連載の第1回。(2014/3/26)

働くこと、生きること(後編):
「奇跡の現場」を生み出した男に聞く、働くとは?
新幹線の車内清掃を7分で終わらせるJR東日本テクノハートTESSEIの技術が、世界的に注目されている。かじ取りをしている矢部輝夫氏は、どのようにして社会の仕組みを学んでいったのだろうか。(2014/2/28)

働くこと、生きること(前編):
新幹線清掃を7分間で終わらせる“おもてなし”集団
新幹線の車内清掃を7分で終わらせるJR東日本テクノハートTESSEIの技術が、世界的に注目されている。スタッフはどのような心がけで清掃をしているのだろうか。『奇跡の職場 新幹線清掃チームの“働く誇り”』(あさ出版)の著者に話を聞いた。(2014/2/21)

3年後に残る人材、あぶれる人材とは?
グローバル化、情報化が進んだ現代。この中で求められる人材として生き残っていくには? 米国のジャーナリストであるトマス・フリードマン氏の著書『3年後、残る人 あぶれる人』を紹介します。(2014/2/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。