ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「今日からはじめるLINE@」最新記事一覧

LINE@が生み出す市場の可能性――コンサルサービスも登場
月額5250円で手軽に始められるLINE@。実店舗を持つ中小企業にとっては強力な販促ツールといえる一方、ノウハウなしに始めても期待する効果は得ずらい。そんな企業をターゲットにしたコンサルサービスが登場した。(2013/6/27)

今日からはじめるLINE@:
O2OとしてのLINE@
最終回となる今回は、LINE@のO2O(オンライン・ツー・オフライン=ECと実店舗の連携)ツールとしての側面を確認する。TwitterやFacebookなど既存のメディアとどう組み合わせるのが効果的なのだろうか?(2013/6/18)

今日からはじめるLINE@:
初めてのLINE@――クーポン配信からメッセージ送信の操作まで
今回は実際の操作方法を紹介しよう。LINE@の運用は本当に簡単なのだろうか?(2013/6/5)

今日からはじめるLINE@:
1対1の関係性が強み、限定裏メニューも――LINE@、ピザチェーン「ナポリス」の活用は
月額5250円から利用できる「LINE@」をいち早く採用し、顧客やリピーターの獲得に成功してきたビザチェーンのナポリス。LINE@運用を一手に担う、運営元のツヅクル續大輔氏に渋谷店で話を聞いた。(2013/5/22)

今日からはじめるLINE@:
LINE@の概要を把握しよう
LINE@のアカウントを開設するまでを順を追って解説していく。(2013/5/8)

今日からはじめるLINE@:
なぜいまLINE@なのか?
2013年1月に世界1億ユーザーを突破した無料メッセージアプリ「LINE」。現状でこのLINEをビジネス利用する場合にどういった選択肢があるのか見ていこう。(2013/4/22)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。