ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「今日からはじめるLINE@」最新記事一覧

LINE@が生み出す市場の可能性――コンサルサービスも登場
月額5250円で手軽に始められるLINE@。実店舗を持つ中小企業にとっては強力な販促ツールといえる一方、ノウハウなしに始めても期待する効果は得ずらい。そんな企業をターゲットにしたコンサルサービスが登場した。(2013/6/27)

今日からはじめるLINE@:
O2OとしてのLINE@
最終回となる今回は、LINE@のO2O(オンライン・ツー・オフライン=ECと実店舗の連携)ツールとしての側面を確認する。TwitterやFacebookなど既存のメディアとどう組み合わせるのが効果的なのだろうか?(2013/6/18)

今日からはじめるLINE@:
初めてのLINE@――クーポン配信からメッセージ送信の操作まで
今回は実際の操作方法を紹介しよう。LINE@の運用は本当に簡単なのだろうか?(2013/6/5)

今日からはじめるLINE@:
1対1の関係性が強み、限定裏メニューも――LINE@、ピザチェーン「ナポリス」の活用は
月額5250円から利用できる「LINE@」をいち早く採用し、顧客やリピーターの獲得に成功してきたビザチェーンのナポリス。LINE@運用を一手に担う、運営元のツヅクル續大輔氏に渋谷店で話を聞いた。(2013/5/22)

今日からはじめるLINE@:
LINE@の概要を把握しよう
LINE@のアカウントを開設するまでを順を追って解説していく。(2013/5/8)

今日からはじめるLINE@:
なぜいまLINE@なのか?
2013年1月に世界1億ユーザーを突破した無料メッセージアプリ「LINE」。現状でこのLINEをビジネス利用する場合にどういった選択肢があるのか見ていこう。(2013/4/22)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。