ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Liquid Z200」最新記事一覧

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「iPhoneから切り替えてほしい」――エイサーが日本でSIMフリースマホを投入する理由
11月に発売したSIMロックフリースマートフォン「Liquid Z530」で、日本市場への本格参入を果たした日本エイサー。同社が見据える日本のスマートフォン市場と、今後のマーケット戦略とはどのようなものなのか? 同社をリードする楊博光氏と宇佐美慶基氏に聞いた。(2015/11/27)

スマホ市場をより熱く、面白くする――エイサーがスマホ市場に本格参入する理由
盛り上がりを見せる日本のSIMロックフリースマートフォン市場に、日本エイサーが本格参入する。その狙いはどこにあるのか。(2015/10/21)

エイサー、SIMフリースマホ「Liquid Z530」で国内市場に参戦 ハイレゾ、セルフィーも対応
日本エイサーがSIMロックフリースマホ「Acer Liquid Z530」を発売。セルフィーやハイレゾ音源に対応し、高機能を追求したモデルで国内市場に本格参戦する。(2015/10/21)

SIM通:
「◯◯製って大丈夫?」格安スマホメーカー競争を見る
ずっと日本メーカーの携帯電話・スマホを使い続けてきた方の中には「アジアメーカーのスマホって大丈夫?」となる方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回は最近よく耳にするアジアメーカーについてまとめてみます。(2015/9/25)

ブックオフの「スマOFF」、データ容量を1日140Mバイトへ増量
ブックオフがMVNOサービス「スマOFF」のサービスを拡充する。30秒8円のIP電話サービスを「SMARTalk」をプリインストールするほか、データ量を1日70Mバイトから140Mバイトに増量する。(2015/6/30)

ブックオフ、格安スマホサービス「スマOFF」を4月1日から改善――違約金撤廃やSIM交換に無償対応
ブックオフコーポレーションは、格安スマートフォンサービス「スマOFF」で解約時における違約金を撤廃。また、4月中にmicroSIMへの交換を申し込んだ場合は無償で対応する。(2015/4/1)

ブックオフの格安スマホ“2年縛り”撤廃 標準SIMからmicroSIMに変更
ブックオフの格安スマホで2年以内の解約時の違約金を撤廃。SIMカードは標準SIMからmicroSIMに変更した。(2015/4/1)

Mobile World Congress 2015:
スマホもウェアラブル端末もWindows祭なAcerブース Androidのミッドレンジモデルにも注目
Acerはモバイル関連見本市「MWC 2015」でWindows Phoneのほか、ミッドレンジモデルのスマホを多数発表。日本で発売されている「Liquid Z200」の後継モデルなども展示された。(2015/3/4)

SIM通:
SONYやBOOKOFFも格安スマホに参入!加熱するMVNO市場
2015年に入ってからもMVNO市場はにぎやか。ソニーはSo-netからXperiaシリーズを販売することを明らかにし、古本大手のBOOKOFFもエイサー製スマホを国内で初めて投入しました。(2015/2/6)

格安SIM定点観測:
ブックオフがMVNOに参入! エレコムも容量増加&価格改定――2015年1月データ通信編
ブックオフがMVNOサービス「スマOFF」を発表し、エレコムとニフティが容量増加&価格改定を発表した2015年1月の格安SIM情報をまとめてチェックしていこう。(2015/1/30)

ブックオフ、格安スマホ販売 中古携帯買い取りも強化「スマホ売るならブックオフ」
ブックオフは、税別1万円の格安スマートフォン端末「Liquid Z200」とデータ専用SIMカード(月額税別980円)のセット「ブックオフオリジナルプラン」を発売する。(2015/1/27)

スマホのリユースを促進:
ブックオフ、格安スマホ「スマOFF」を発表――買取サービス利用で端末プレゼント
ブックオフは、端末価格1万円のSIMフリースマホに、1日70Mバイトまで通信できるSMS付きSIMをセットしたMVNOサービス「スマOFF」を発表した。1月28日から販売する。(2015/1/27)

ブックオフで販売:
エイサー、エントリースマホ「Liquid Z200」を発売 SIMロックフリーで約1万円
エイサーが日本で初めてSIMロックフリースマートフォンを1月28日にブックオフで発売する。ブックオフのオリジナルデータ通信用プランとセットで利用する。(2015/1/27)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。