ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Live Search」最新記事一覧

「Kumo」改め:
Microsoft、新検索エンジン「Bing」を発表
Microsoftは、コードネーム「Kumo」の下に開発を進めてきた「Live Search」に代わる検索サービスを6月3日からスタートする。(2009/5/29)

「ヤフー」「グーグル」「WBC」――MS検索トップ3
「Microsoft Live Search」の3月15日〜21日の検索ランキングで、「WBC」が3位に入った。1位は「ヤフー」、2位は「グーグル」だった。(2009/3/25)

Microsoft、新検索エンジン「Kumo」の画像を公開
Live Searchの名称を変更するかどうかはまだ検討中だとしている。(2009/3/4)

Microsoft、Firefox向けにLive Searchアドオンを提供
Firefoxの検索バーにLive Searchを追加できるようになった。(2009/1/31)

海外ダイジェスト(1月20日)
Googleのオンライン百科事典「knol」の掲載記事が10万件到達、MicrosoftがLive Searchで定期的なニュース配信を設定できる新サービスを発表、など。(2009/1/20)

SearchWikiへの対抗か:
Windows Live Searchの新ブランドは「雲」?
Microsoftが「Kumo.com」というドメインを取得した。新発表するとみられるWindows Live Search機能のブランド名として「Kumo」が採用されるのではないかという憶測が広がっている。(2008/11/25)

Microsoft、「Live Search API」の最新版をリリース
Live Searchの検索結果をWebサイトに組み込むためのAPIが2.0βにアップデートされた。(2008/11/15)

Microsoft、「Live Searchのキャッシュバックプログラムは成功」と報告
今年5月に立ち上げたMicrosoft Live Searchキャッシュバックプログラムは、ユーザー数増加、広告効果アップ、スポンサー増と、成功を収めているとしている。(2008/11/15)

Microsoft、Live Searchで検索するとポイントが貯まるキャンペーン開始
Live Searchで検索すると「チケット」が貯まり、このチケットをXboxゲームなどの賞品と交換できる「SearchPerks!」プログラムがスタートした。(2008/10/2)

「Live Search+Powerset」はGoogleキラーになれるか?
Powerset技術を組み込んだLive Searchは、一部ブロガーには酷評されている。Googleキラーとは思えないが、Live Searchを改善するにはいい方法だ。(2008/9/19)

MS、Live SearchにPowersetの技術を取り入れ
MicrosoftはPowersetのセマンティック技術などを利用して、Live Searchの検索結果を改善しようとしている。(2008/9/18)

MS、チャットでも使えるWeb翻訳機能を提供
MicrosoftがLive Searchなどで使える自動翻訳機能を提供。Windows Live Messengerでも利用できる。(2008/9/10)

MS、Live Searchをアップデート
Live Searchのトップページに、定期的に変わるバックグラウンド画像と「Hotspots」が追加された。(2008/8/1)

サイズや色を指定:
モノクロイラストのビル・ゲイツも検索 Live Searchに画像絞り込み機能
画像のサイズ、色、種類などの条件から画像の絞り込み検索ができる機能が「Live Search」に追加された。(2008/7/10)

MS、欧州に「検索技術センター」を開設――Live Searchに注力
2009年6月までに開設予定の新センターは、欧州の技術者をまとめるハブとして、検索サービス「Live Search」の強化を目指す。(2008/6/18)

MS、カーナビ向け組み込みOS「Windows Embedded NavReady 2009」を発表
Windows Embedded CEをベースに、カーナビに便利な機能を搭載。「Live Search」や「MSN Direct」などが利用できる。(2008/6/18)

MS、HP製PCに「Live Search」ツールバーをプリインストール
MicrosoftがHPと結んだ契約により、北米のHP製PCでは、Live Searchがデフォルト検索エンジンとなる。(2008/6/3)

MS、書籍検索サービス「Live Search Books」を終了へ
Google Book Searchと競ってきたMicrosoftのサービスが終了。公立図書館などと共同で進めてきた書籍のデジタル化も終了する。(2008/5/24)

MSの検索広告キャッシュバック、アナリストも評価
MicrosoftはLive Searchサービス経由で商品を買ったユーザーに代金の一部を払い戻す。新プログラムで、GoogleやYahoo!に対し優位に立てるかもしれない。(2008/5/23)

「Live Search」で検索して購入したらキャッシュバック――MSが新プログラム
Live Searchで検索してeBayやSearsなど700社以上の小売店で商品を購入すると現金が戻ってくる。(2008/5/22)

MS、Live Searchニュースを刷新
MSのLive Searchニュースで、検索時のフィルター機能による絞り込み、日付による並び替えなど、新機能が追加された。(2008/4/19)

いよいよ日本も3D表示に――地図サービス「Live Search」でアジア圏初のサポート
マイクロソフトは、Live Searchでアジア地域初の立体地図表示を実現した。(2008/4/11)

MSの地図サービス、都内の3D表示に対応 「Virtual Earth」活用
「Live Search 地図検索」に、都内中心部のビルなどを立体的に見られる機能が加わった。地図プラットフォーム「Virtual Earth」を活用した。(2008/4/11)

MS、検索フロントエンド「Tafiti」のコードを公開
SilverlightとWindows Live Search APIを使って検索結果を視覚化する「Tafiti」のソースコードが公開された。(2007/12/19)

MS、オンライン地図のMultimapを買収
Microsoftはこの買収により、Multimapの技術をVirtual EarthやLive Search、広告プラットフォームなどに活用する。(2007/12/13)

MSが検索サービス強化。電話で音声検索も
地図検索やモバイル検索を強化し、フリーダイヤルに電話をかけて音声で地域情報を検索する「Live Search 411」も発表した。(2007/10/16)

MS、Live Searchを刷新。検索インデックス4倍に
Microsoftは新しいLive Searchで検索インデックスを拡大し、検索アルゴリズムを強化した。(2007/9/27)

MS、「Webmaster Portal」立ち上げ
新Webmaster Portalでは、Live SearchのSEOに関連するさまざまなツールと情報を見つけることができる。(2007/8/24)

MSのLive Search Books、著作権のある書籍の内容も検索可能に
パートナー出版社の協力により、著作権のある書籍の内容を検索、一部を読むことができる。(2007/6/2)

MS、Live Search Mapsでニューヨークを3D表示に
ニューヨークのリアルな立体画像を表示するだけでなく、リアルタイムの交通情報やナビゲーション情報も提供するという。(2007/5/30)

歌う鳥をブログで育てる「Carol」提供開始――マイクロソフト
マイクロソフトは、Live Searchと連動するブログ向けエンターテイメントツール「Carol」の提供を開始した。(2007/2/1)

MSのオンライン検索サービスがモバイル対応に
携帯電話からMicrosoftのオンライン検索サービスを利用できるWindows Live Search for mobileのβ版が公開されている。多面的なアプローチで検索サービスのモバイル化を進め、広告オーディエンスの獲得を図っている。(2006/12/29)

MS Live Searchの「2006年検索王」はロナウジーニョ
Yahoo!の検索女王ブリトニーを抑え、Windows Live Searchではロナウジーニョが検索王に輝いた。(2006/12/15)

MS、書籍検索「Windows Live Search Books」をβ公開
Microsoftが、書籍検索「Windows Live Search Books」をβ公開した。著作権の切れた書籍について、全文の検索が可能となる。(2006/12/7)

モバイル版Windows Live Search、β公開
携帯向けLive Searchが米国でβ公開された。Click-to-Call機能も含めた地域情報や道順の検索のほか、衛星画像の地図も携帯端末から見ることができる。(2006/12/2)

マイクロソフト、「Live Search」に新機能「関連検索」を追加
マイクロソフトは同社のWeb検索「Live Search」に検索した単語と関連するものを表示する「関連検索」を11月8日に追加した。(2006/11/8)

Live Search「地図検索」日本版とGoogle Maps検索を比較してみた
マイクロソフトは同社の検索サービス「Live Search」にVirtual Earthを利用した「地図検索」(β版)を追加した。例えば「丸の内」にある「レストラン」を検索し、リストと地図で一覧表示できる。同様の機能を持つGoogle Mapsと比較してみよう。(2006/11/7)

MS、Live Searchに地図検索機能β版を追加
マイクロソフトは、検索サービス「Windows Live Search」日本語版に、地図検索機能(β版)を追加した。(2006/11/7)

MS、カスタム検索ボックス作成機能を提供
Microsoftの「Live Search Box」を利用すると、ユーザーは自分のサイトに検索ボックスを付けることができる。検索先のサイトを指定することも可能だ。(2006/11/1)

独禁法対策も兼ねたGoogle対抗の新サービスとは
各種Windows Liveクライアントおよびサービスを一括ダウンロードできる「Windows Live Essentials」のβ版と、検索サービスの「Live Search」(Windows Live Searchから名称変更)の正式版の提供が開始された。Essentialsは、対Googleの新戦略としてだけではなく、独禁法訴訟対策としても有効かもしれない。(2006/10/11)

MS、モバイル向け検索に「ペイ・パー・コール」広告を導入
ペイ・パー・コール(着信型課金広告)サービスのプロバイダーIngenioが、Microsoftとの提携を発表。モバイル向けのWindows Live Searchに、ペイ・パー・コール広告の表示を開始した。(2006/10/10)

Nokia携帯でMSの「Live Search」提供
Nokiaの携帯端末で、Microsoftの検索サービスLive Searchが利用できるようになる。(2006/9/22)

「Windows Live Search」「Live.jp」が正式版に
マイクロソフトは13日、同社のネットサービス、Windows Liveに関する記者説明会を行い、「Windows Live Search」「Live.jp」が正式版になったことなどを発表した。(2006/9/13)

MS、Live Searchを全世界で立ち上げ
Microsoftの新検索エンジンがワールドワイドで稼働を開始した。(2006/9/12)

Microsoftがビデオ検索をテスト
MicrosoftはWindows Live Searchで、初のビデオ検索機能をテスト。画像検索もアップデートした。(2006/8/29)

Microsoft、Google対抗の企業向け検索構想を披露
Microsoftは「Windows Live Search」「Office SharePoint Server 2007」で企業向け検索を強化。「情報管理とは単なるツールバーやキーワード検索を超えたもの」とGoogle対抗意識をにじませる。(2006/5/18)

それでも勝てないMSの検索サービス、Windows Live Searchの課題
Windows Live Searchが検索の競合サービスに追い付くためには、インタフェースの改善だけでは不十分だろう。Microsoftは先ごろOnfolioを買収しており、そのコンテンツ管理ツールをWindows Live Toolbarに組み込む方針だ。しかし、最新の取り組みをもってしても、現在の状況を好転させることは容易なことではない。(2006/3/20)

「Windows Live Search」β版が公開
Microsoftの新検索サービス「Windows Live Search」は、検索プレビューやスマートスクロールなどの高度なツールを提供する。(2006/3/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。