ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「livedoor デパート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「livedoor デパート」に関する情報が集まったページです。

買い取り価格アップ保証付きで本を販売 livedoor BOOKS「買う!読む!売る!サービス」
livedoor BOOKSで最大30%の買い取り価格アップ保証を付けて書籍を販売する「買う!読む!売る!サービス」。「差額で読めるネット書店」をうたう。(2012/4/18)

eBook Forecast:
2月前半の注目すべき電子書籍市場動向
「電子書籍ってどこを押さえておけばいいの?」――忙しくて電子書籍市場の最新動向をチェックできない方のためにお届けするまとめ記事「eBook Forecast」。今回は、News Corporationが仕掛けた新たなデジタルメディア「The Daily」や、米国第2位の書店チェーン「Borders」の経営破たんなどの話題を中心にお届けします。(2011/2/21)

「地方を元気に!」── 元ライブドア社長がクラウドで村おこし・町おこしの支援へ
ライブドアデパートの流れを汲む買う市が、ミニモールを低コストで開設・運営できるクラウドサービスをスタートさせる。初期費用は不要で、月額料金も成果報酬方式になるという。(2011/2/18)

livedoor BOOKS、4万5000点のラインアップで電子書籍の販売へ
「livedoor BOOKS」で電子書籍の販売が開始された。約4万5000点のラインアップで、新刊本/中古本/電子書籍からシームレスにメディアを選択できるネット書店を目指す。(2011/2/3)

Appleとの溝を深めるも将来に自信を見せるAdobe
Adobeの経営陣がそろって来日し、今後の経営戦略などを説明した。Appleとの関係について報道陣の興味は集中したが、Omnitureを買収したことで得たクリエイティブワークフローの完成が、今後同社のビジネスに大きな影響を与えることになるだろう。(2010/4/23)

おサイフケータイでトクをする:
「ピットポン」の広がりに期待――キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイを活用している人は必ずチェックしておきたい各種キャンペーン情報。今回は3月31日に終了するキャンペーンが多数あるので、応募漏れなどがないか忘れずに確認しよう。(2010/3/26)

おサイフケータイでトクをする:
一気に更新! 春のキャンペーン目白押し――キャンペーン情報をまとめてチェック!
3月を迎え、おサイフケータイ関連キャンペーンはまさに花盛りといった状況だ。今回は約1カ月ぶりの情報更新ということで、調べられる限りの情報を集めてみた。地域限定のものも多いので、応募が必要なものなどもしっかりチェックしてほしい。(2010/3/11)

家にある不要な本を、一歩も外に出ずにおこづかいに変える方法
片付けても片付けても増えていく本。しかし本を捨てるのは忍びない。古書店の買取に持っていくのも大変だし、安いし……そんな人にオススメなのが、不要な本を引き取りに来てくれるサービスだ。(2009/4/27)

「2009 逆風に立ち向かう企業」買う市:
囲い込みは時代遅れ
インターネットショッピングのモールビジネスは、利用者とテナントの「囲い込み」ではなく「オープン化」が求められている――とlivedoorデパートなどを運営する買う市の平松庚三取締役は話す。同社が取り組む「オープン化」の戦略を聞いた。(2009/1/16)

livedoorデパートでYahoo!ショッピングの検索が可能に
買う市が運営する「livedoor デパート」とヤフーの「Yahoo!ショッピング」が業務提携。(2008/11/27)

livedoor デパート、お勧め商品を自動表示するサービスを導入
自動推薦エンジン「アイジェントASP」を導入した。検索キーワードやユーザーの購買履歴に基づいた商品を自動推薦する。(2008/10/15)

+D Style News:
「livedoorデパート」、総額15億円のキャンペーンセール
カウイチが運営する「livedoorデパート」にて高級品のキャンペーンセールが行われる。10億円のブラックオパールや、3億9900万円の天然石タンザナイトなどが販売される。(2008/6/11)

USENとライブドア、携帯コンテンツで協業
USENは6月19日、NTTドコモのiアプリ対応端末向けコンテンツサービス「どこでもUSEN」で、ライブドアのコンテンツを活用した新番組を始めた。(2006/6/19)

livedoor Blog、トラバスパム防止に機能搭載
livedoor Blogは10日、トラックバックスパム機能を導入した。同時に、ビッダーズのアフィリエイトや、livedoor PICSとの連携機能も追加されている。(2006/1/11)

ライブドア、ネット決済2社を買収
(2005/12/22)

売ってなんぼ! 中小企業の顧客獲得作戦:
ネット上での顧客・取引先開拓にチャレンジ
「顧客に購入いただく」――商売の基本はこの一言に尽きる。中小企業もネットを活用して顧客を拡大できる。消費者顧客を増やすには「ショッピングモール」を積極活用するのも手だ。(2005/11/10)

ライブドア、カタログ通販のセシールを買収 楽天を追撃
ライブドアグループが、カタログ通販大手のセシールを子会社化へ。セシール会員1500万人をベースに、ライブドアグループのネット通販を強化し、最大手の楽天を追撃する。(2005/10/21)

想定外の激務にこれ1本「ホリエナジー」
(2005/10/18)

livedoor ツールバー、画像検索追加の新バージョンをリリース
ライブドアが提供している「livedoor ツールバー」が、「livedoor サーチの画像検索(β版)」の追加と、メニュー項目の見直しを軸にしたver.0.2としてリリースされた。(2005/9/12)

dev blog/CMS:
7分で分かる7月のBlog界
技術が枯れてくると予想外の利用が出てくるものだ。ブログもセキュリティを強く意識する段階になったのかもしれない。7月にはトラバスパム対策が広範囲で実施され、リアルとのつながりを強調するサービス展開もあった。(2005/8/8)

livedoor Blog、読者のポイント受け取りプラグインを追加
ライブドアのブログサービス「livedoor Blog」は25日、新しいプラグインとして「livedoor ニュースプラグイン」「livedoor ポイント受取り(Point me)プラグイン」を追加した。(2005/7/26)

dev blog/CMS
7分で分かる4月のBlog界
4月は個人情報保護法への対策が多く、各社の規約改訂が目立った。ほかにもBlog標準機能を包括するような派生サービスがいくつもあり、機能拡張への動きは止まらない。トピックキーワードは、スパム対策、ケータイ対応、アフィリエイト付加、投稿表現の拡張、RSSリーダーなどだ。(2005/5/5)

livedoor Blog、投稿フォームからデパートサービス商品が追加可能に
ライブドアのBlogサービス「livedoor Blog」は25日、Blog投稿フォームに「livedoor デパート」リンクを追加、商品を簡単に記事に組み入れられるようになった。(2005/4/26)

ソーシャルネットは他サービスへの誘導口――ライブドアのねらい
大手ポータルとして初めてソーシャルネット(SNS)に参入したライブドア。単体ではビジネスモデルが確立していないSNSだが、他サービスへの誘導口として利用するにはうってつけだという。人と人とのつながりがもたらす信頼感が鍵となる。(2005/1/28)

BizMarketingサーベイ「アンケート・ミニ」を販売
(2005/1/21)

ライブドア、ソーシャルネットに参入
ソーシャルネットワーキングサービス「livedoor フレンドパーク」β版がオープン。SNSを国内大手ポータルが展開するのは初めて。(2005/1/17)

livedoor Blog、投稿内容に合わせたアフィリエイト追加
livedoor Blogは、17日からBlog記事ごとにテキスト広告を表示させるテスト開始を発表した。(2005/1/14)

dev blog/CMS
7分で分かる11月のBlog界
11月はBlogサービスの在り方を問う出来事があり、大きく揺れた。表面化したサービス提供側とユーザー側との温度差は、今後のBlogにどのような影響を与えるのだろうか。ほかにも安定化への取り組み、ツール整備などさまざまな動きがあった。(2004/12/1)

livedoor Blog、アフィリエイトのプラグイン機能追加
livedoor BlogはBlogページのサイドバーに追加可能なプラグイン「livedoor デパートプラグイン」機能を公開した。(2004/11/18)

livedoor、本やDVDなどの買取を行う「livedoor リサイクル」をスタート
ライブドアでは総合ポータルサイトlivedoorにおいて、インターネット経由で本やCD、DVDなどの買取を行う「livedoor リサイクル」サービスを始めた。(2004/11/11)

不要な本やDVD、ライブドアが買い取ります
ライブドアは、ネット経由で書籍やCD、DVDを買い取る「livedoor リサイクル」を始めた。(2004/11/10)

ライブドアがショッピングモール事業に参入、ポイント制も開始へ
(2004/6/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。