ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「剣と魔法のログレス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「剣と魔法のログレス」に関する情報が集まったページです。

App Storeで課金障害 「アイテム購入できない不具合」人気アプリが一斉告知
8月16日午前10時ごろから、App Storeで課金障害が起きているようだ。人気ゲームアプリなどが、「ゲーム内アイテムが購入できない問題が起きているため、購入を一時的に控えてほしい」といった告知を、公式Twitterなどで一斉に行っている。(2018/8/16)

詐欺の疑いで:
「剣と魔法のログレス」開発元の従業員逮捕 アカウント不正取得して転売
スマホゲーム「剣と魔法のログレス いにしえの女神」開発元の従業員がユーザーのアカウントを不正に取得し、勝手にRMTサイトで転売して金を得たとして逮捕された。(2017/6/21)

スマホゲーム「剣と魔法のログレス」で不正アクセス 運営元Aimingの従業員逮捕
ゲーム内アカウントがリアルマネートレードサイトに出品される問題が起きていました。(2017/6/21)

Amazonに無料オンラインゲームストア 初の「Amazonログイン」導入、アイテム購入も
Amazon.co.jpに無料オンラインゲームストアがオープン。一部はAmazonアカウントでログイン・ゲーム内アイテム購入ができる。(2014/5/13)

ブラウザMMORPG「剣と魔法のログレス」、1月26日に大型アップデート「アニマプロージョン始動」を実施
ストーリー仕立ての新クエスト「ログレスクエスト」が登場するほかアイテム合成に新たなシステムが導入される。(2012/1/26)

インタビュー:
ユーザーとともに小気味よいペースで歩む「剣と魔法のログレス」
プレイヤーはガツガツしなくてもいい――。マーベラスAQLのブラウザMMORPG「剣と魔法のログレス」のアップデートはかく行えり。(2011/12/1)

12月には「クランシステム」を導入――ブラウザRPG「剣と魔法のログレス」、今後のアップデートプランを発表
12月から導入される「クラン」については、今後クラン同士の戦いも追加される予定。また、来年にはレイドボス登場などのアップデートが予定されている。(2011/11/17)

初心者応援ショップが開店!――MMORPG「剣と魔法のログレス」に「スターターショップ」オープン
「スターターショップ」販売アイテムは、いずれもLv1から使用可能で価格も手ごろな100LPとなっている。(2011/10/20)

ブラウザRPG「剣と魔法のログレス」、10月12日より課金サービスを開始
マーベラスAQLの新作ブラウザRPG「剣と魔法のログレス」で、有料アイテムの販売がスタート。レアアイテムが当たる「ログレスガチャ」、季節のアバターが手に入る「アバターくじ」のサービスも開始される。(2011/10/12)

高橋名人と行く「剣と魔法のログレス」は今夜生放送
高橋名人は究極のノービスを目指すのか? 今夜「剣と魔法のログレス」に新米冒険者・高橋名人が降り立つ。(2011/10/12)

高橋名人が登場! MMORPG「剣と魔法のログレス」の世界をお届け
「16連射」でおなじみの高橋名人をゲストに迎え、このほどオープンしたMMORPG「剣と魔法のログレス」を紹介する番組。番組ホストはデジタルガジェットの情報サイト「ITmediaガジェット」の加藤亘編集長。配信は10月12日21時0分〜。(2011/10/7)

これがマーベラスAQLの初陣を飾る作品たちだ! サプライズもあるよ!――マーベラスAQL 新タイトル制作発表会
10月に合併が決定し、社名が変更となったマーベラスAQL。変更後のタイトル群第一陣がついに発表された。稲船敬二氏らが所属する「スーパークリエイターズ」の新たな動きも確認!?(2011/10/6)

マーベラスAQL、新作ブラウザMMORPG「剣と魔法のログレス」オープンサービス開始
集え、ハンター達! ウェイトタイムとアクションコスト、そしてスキルの特性を見極めて、モンスターとの激闘を戦い抜け。(2011/10/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。