ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ループス・コミュニケーションズ」最新記事一覧

SNS上の統合的企業ブランディングをサポート:
ループス・コミュニケーションズ、米Sprinklrのソーシャルメディア管理サービス導入支援を開始
ループス・コミュニケーションズは2015年12月11日、米スプリンクラーが提供する統合ソーシャルマネジメントプラットフォーム「Sprinklr」の日本における導入支援を開始すると発表した。(2015/12/14)

「艦これ」「アイマス」も必須知識:
なぜ弥生会計の中の人はTwitterでユーザーに“絡み”まくるのか?
「開業届ってどう出すの」「確定申告、いつまでだっけ」――そんなTwitter上のツイートを見つけて“絡んで”くるツイッターアカウントがある。SNS時代の新しいユーザーサポートの形を「中の人」に聞いた。(2014/12/26)

リコージャパン株式会社主催セミナー
ソーシャルは企業の万能薬になるか──企業SNSの効能と活用の処方箋
ループス・コミュニケーションズよりコンサルタント・鬼頭正己氏を講師に迎え、新しいコミュニケーションや情報共有、ワークスタイルの改革の万能薬として、社内SNSが期待できるかどうかを考察。社内SNS活用のあるべき姿と、成功に導くポイントとは?(2014/10/21)

R25スマホ情報局:
面白ソーシャルマッチングサービス5選
「肉会」や「ゴルフ部」など、新しいコンセプトのソーシャルマッチングサービスが話題だ。注目すべきソーシャルマッチングサービスをループスの関根さんに聞いた。(2014/8/4)

企業におけるソーシャルメディア活用に関する調査:
LINE、Google+を活用する企業がいずれも3割超え
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとループス・コミュニケーションズは7月23日、「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査結果を発表した。(2014/7/23)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
サイバー攻撃からソーシャルのリスクまで――情報資産を守るセキュリティ対策を考える
機密情報を狙うサイバー攻撃は先鋭化し、社員のSNS利用などによる情報漏えい事件も多い。企業を取り巻くセキュリティリスクがますます高まる中で、これからの対策にどう臨むべきか。ITmedia エンタープライズ編集部主催セミナーでは最新動向とソリューションの解説が行われた。(2014/1/23)

モバイル&ソーシャルWEEK 2013 レポート:
発売中止を求める声が数万件も投稿されたらどうする?――無印良品のソーシャルメディア活用
お客さまの言うことは絶対なのだろうか? 2013年6月、無印良品の「ごはんにかける ふかひれスープ」に対して販売中止が求められる騒動があった。同社の的確な対応から生まれた大きなプラスの影響とは?(2013/8/5)

ブランド想起:
ソーシャルメディアを使っていて想起するブランドは「ローソン」、gooリサーチ/ループス調査
gooリサーチとループス・コミュニケーションズは1月30日、 「企業のソーシャルメディア活用想起」に関する共同調査の結果を発表した。ソーシャルメディア全体では「ローソン」、Facebookでは「スターバックス」、Twitterでは「NHK」、LINEでは「KFC」が多く想起された。(2013/2/1)

SNS活用イメージが最も強い企業はローソン――ループス調べ
TwitterやFacebookなど各SNSから最も想起される企業はローソン――。ループス・コミュニケーションらが実施した「企業のソーシャルメディア活用想起」調査でそんな結果が。(2013/1/30)

ソーシャルメディア時代のオフィス機器:
PR:ループス斉藤氏「統制よりも“透明”の力」、オフィス機器が「幸せな社員」を作る理由
「データと人間が接するところにイノベーションが起きる」と話すのはレックスマークインターナショナルの安川昌昭社長。ソーシャルメディア時代に必要な働き方、オフィス機器とは何かをループス・コミュニケーションズの斉藤徹代表と対談した。(2013/1/28)

ゲーミフィケーションのデザイン:
マズローの欲求5段階説とゲーミフィケーション
ゲーミフィケーションにおいて重要な「リワード(報酬)」設計を、マズローの欲求5段階説から考える――。ゆめみの深田氏は、マズローの欲求5段階説のうち、「承認の欲求」「自己実現の欲求」をいかに満たすかが、リワード設計のポイントだと主張します。(2013/1/23)

「ITmedia マーケティング」書評:
透明な時代に求められる企業への実践的経営指南書
日本アイ・ビー・エムの永井孝尚氏(「100円のコーラを1000円で売る方法」の著者)がループス・コミュニケーションズ 斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」を読んで示すキーワードは「透明性」。時代が求めるさまざまな意味の透明性に企業はいかにして対応すべきなのか?(2012/11/13)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/11/8)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第5回 日本的経営、その光と影
1929年には世界大恐慌が日本経済を直撃し、街には失業者が溢れたが、松下幸之助は生産を半減しながら、社員を1人も解雇しなかった――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/11/5)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第4回 科学的管理法、プロパガンダ、株主資本主義
エドワード・バーネイズは叔父である心理学者フロイトの理論を群集心理に応用し、科学的な宣伝手法を考案した――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/11/2)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第3回 もう生活者を欺けない
ありとあらゆるものがオープンな場で評価され、それが即時に可視化される。そして共感や反感をまとった言葉は、燎原の火のごとく世界に向けて拡散されていく――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/10/29)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第2回 アイデンティティは1つだけ
「今後、ほとんどの産業と多くの企業は、ソーシャルエンタープライズとなるべく見直され、再構築されるだろう」(マーク・ザッカーバーグ)――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/10/22)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第1回 「DO ソーシャル」から「BE ソーシャル」へ
ソーシャルメディアを活用する「DO ソーシャル」から、企業自身がソーシャルメディアに溶け込む「BE ソーシャル」のステージへ。やがて世界はソーシャルシフトしていく――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/10/15)

ゲームの力が会社を変える:
ゲーミフィケーションとは何か?(後編)
ループス・コミュニケーションズの岡村健右氏が解説するゲーミフィケーション入門。モチベーションの喚起はビジネスを成功に導く鍵になります。そこで登場するのがゲーミフィケーションなのです。(2012/9/28)

Dreamforce 2012リポート
ソーシャルとモバイルを支える、Salesforce.comの新しいクラウド基盤
Salesforce.comには、同社の技術の骨格ともいえる9つのプラットフォームサービスがある。Dreamforce 2012では、俊敏性、モバイル、信頼性をキーワードに幾つかの新サービスが発表された。(2012/9/27)

ゲームの力が会社を変える:
ゲーミフィケーションとは何か?(前編)
ループス・コミュニケーションズの岡村健右氏が解説するゲーミフィケーション入門。言葉こそ新しいものの、実はわたしたちにとって非常に馴染み深い概念なのです。(2012/9/14)

企業が活用するソーシャルメディア、Facebookが急増
個人が使うだけでなく、ビジネスでの活用も進んでいるソーシャルメディア。企業の担当者に運用しているソーシャルメディアを聞くと、1年前に行った調査よりFacebookの割合が急増していた。NTTレゾナントとループス・コミュニケーションズ調べ。(2012/7/31)

ループスとツナグ、ソーシャル&コミュニケーションシフトプログラムの提供を開始
代表ふたりの頭文字を冠したユニット「SaSa」を組み、企業のソーシャルシフトを支援していく。(2012/2/27)

ループス斎藤社長が「Social Media Week」に登場 「ソーシャルシフト」を説明
世界12カ国で開催されるソーシャルメディア関連イベント「Social Media Week」(2月13〜17日)の東京会場から、ループス・コミュニケーションズの斉藤徹社長による講演「ソーシャルシフト〜ソーシャルメディアが引き起こすパラダイムシフト〜」をライブ配信する。配信は2月17日10時0分〜。(2012/2/16)

津田大介氏、斎藤徹氏が講演――ソーシャルメディアウィーク、東京で初開催
(2012/1/18)

「脱・炎上マーケティング」できるソーシャル活用とは?――ループス斉藤氏に聞く
企業がソーシャルメディアを活用する上で、“炎上”のリスクは常に付きまとう。いかに炎上リスクを抑え、顧客との良好な関係を築いていくべきか。企業のソーシャルメディア活用支援を手掛ける、ループス・コミュニケーションズの斉藤徹氏に聞いた。(2011/11/22)

企業の採用担当者と学生が語る「ソーシャルリクルーティング最前線」
ループスコミュニケーションズのUstream番組「ループスTV」で、学生と企業の採用担当者をゲストに招き、ソーシャルリクルーティングの最前線に迫る。出演者はセプテーニ・ホールディングス人事採用マネージャー江崎修平さん、インテリジェンスの三石原士さん、TechSe7enのイイヅカアキラさんなど。配信は8月30日20時0分〜。(2011/8/30)

オルタナティブな生き方 斉藤徹さん:
徹底的にやる男、その名も“徹”
ソーシャルメディア事例の調査や、マーケティング活用の秘訣を提案する「In the looop」は、ITmedia オルタナティブ・ブログで不動の1位を誇る人気ブログだ。筆者、斉藤徹さんに、激動の半生や人生観を聞いた。(2011/6/8)

オルタナブログ通信:
「いいね!」の新しい表現を考えてみよう!
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、ITにまつわる時事情報などが、約250人のブロガーによって、日々発信されている。その中から今回は、「Facebook」「いいね!」「在宅勤務」などを紹介しよう。(2011/6/3)

ほぼ全文公開! 乙武洋匡&斉藤徹が語る映画『ソーシャル・ネットワーク』
今冬、話題を集めた映画『ソーシャル・ネットワーク』。5月25日にBlu-ray Disc&DVDが発売されるのに合わせて、乙武洋匡さんと斉藤徹さんがUstream生放送で対談しました。その内容を詳しくお伝えします。(2011/6/3)

誠 Weekly Access Top10(2011年5月14日〜5月20日):
27日20時30分から――乙武洋匡さんと、斉藤徹さんが『ソーシャル・ネットワーク』を語ります
5月27日金曜日、20時30分からBusiness Media 誠ではUstream生放送「乙武洋匡・斉藤徹が語る『ソーシャル・ネットワーク』」を行います。ゴールデングローブ賞では作品賞、アカデミー賞では3部門を受賞した名作を2人がどのように見たのか、存分に語っていただきます。(2011/5/27)

乙武洋匡×ループス斎藤 映画「ソーシャル・ネットワーク」を語る
乙武洋匡さんとループス・コミュニケーションズの斉藤徹さんが、Facebookを題材にした映画「ソーシャル・ネットワーク」について対談。「ソーシャル・ネットワークをどのように見たか」や「SNSで社会はどのように変わったか」などを語る。ソーシャル・ネットワークのBlu-ray Disc&DVD発売記念。配信は5月27日20時30分〜。(2011/5/24)

『ソーシャル・ネットワーク』Blu-ray Disc&DVD発売記念:
乙武洋匡・斉藤徹が語る『ソーシャル・ネットワーク』 ――番組アーカイブ公開中
今冬、話題を集めた映画『ソーシャル・ネットワーク』。5月25日にBlu-ray Disc&DVDが発売されるのに合わせて、乙武洋匡さんと斉藤徹さんが対談、そのアーカイブを公開しています。(2011/5/23)

被災地の情報サイト「助けあいJAPAN」 政府・震災ボランティア連携室と協力
「内閣官房震災ボランティア連携室」と協力し、被災地の情報を発信するサイト「助け合いジャパン」がオープンした。(2011/3/22)

ソーシャルCRMツールの「CoTweet」、NTT Comが提供開始
NTTコミュニケーションズは、FacebookやTwitterからマーケティングに関わる情報を収集し、顧客との対話や分析な可能なCRMツール「CoTweet」の国内提供を開始する。(2011/2/24)

無印良品のソーシャルメディア活用法は ループス斎藤徹さんが聞く
ループス・コミュニケーションズのUst番組「Looops TV」。同社の斉藤徹社長が無印良品にソーシャルメディアの活用法をインタビューする。「Facebookをビジネスに使う本」の著者・熊坂仁美さんと斎藤社長の対談も。配信は2月8日18時30分〜2月8日20時30分。(2011/2/7)

ソーシャルメディアの最前線 ループス斉藤徹×さとなお
ループス・コミュニケーションズのUstream番組「Looops TV」の第1回。同社の斉藤徹社長が、“さとなお”こと電通の佐藤尚之さんをゲストに迎え、ソーシャルメディアの最前線について語る。配信は2月1日19時0分〜2月1日21時0分。(2011/1/31)

ITmedia エンタープライズ書評:
Facebookがとまらない――迫る本流ソーシャルの大波
映画「ソーシャル・ネットワーク」が日本でも公開となり、テレビや雑誌でもFacebookが取り上げられる機会も増えてきた。1年前は1冊も見つからなかったFacebook関連の書籍は、昨年末から相次いで発刊されている。今回の書評特集では、その中でも注目の2冊を紹介したい。(2011/2/1)

ソーシャルゲームも提供――配信型コンテンツに注力するパナソニック モバイル
無料コンテンツを手軽に入手できる場としておなじみだったケータイのメーカー公式サイトだが、パナソニック モバイルでは無料コンテンツに加えて有料コンテンツの配信にも乗り出している。ドコモマーケットへの配信やソーシャルアプリへの取り組みも今後は強めていくという。(2010/12/28)

ループス斉藤徹さんに津田大介さんが聞く ソーシャルメディアと仕事術
津田大介さんがゲストに仕事術を聞く、誠Biz.IDの番組「my Workstyle on Real Time Web powered by Lotus」。ループス・コミュニケーションズ代表で、アルファブロガーの斉藤徹さんが出演。ビジネスパーソンとしてのソーシャルメディアとの関わり方や、ソーシャルメディアを活用したコラボレーション術も語る。配信は12月6日19時0分〜12月6日20時30分。(2010/12/1)

Biz.ID Weekly Top10:
デスク整理、始めてみませんか
Biz.ID編集部が2010年に贈る最後の特集企画は「年末デスク整理術」です。机周りを整理して、すっきりと仕事納めをしたいですね。(2010/12/1)

Real Time Webな働き方:
【告知】ループスの斉藤徹さんに津田大介さんが聞く――Ustream番組、12月6日19時開始
ノマドワーキングやモバイルワーキングと呼ばれる、現代の働き方を実践している著名人をお招きしてお話を聞くUstream番組「my Workstyle on Real Time Web powered by Lotus」。ループス・コミュニケーションズの斉藤徹さんに津田大介さんが話を聞きます。(2010/12/1)

企業のプロモーション活動に有効:
ループスとイー・ガーディアン、Facebookファンページ業務で提携
ループスとイー・ガーディアンが、Facebookファンページの企画、コンサルティングから運用サポートまで行う。(2010/9/16)

電子ブックレット特別編:
日本企業はソーシャルメディアに取り組むべきか
ブログ、Twitter、そしてFacebookなど、ソーシャルメディアを活用する企業が増えています。ソーシャルメディアは企業にとって、必須のマーケティングツールとなるのでしょうか。トライバルメディアハウスの池田紀行氏、ループス・コミュニケーションズの斉藤徹氏がUstreamで対談した内容をPDF形式でまとめました。(2010/9/13)

Live動画ピックアップ:
自衛隊が戦車から実弾射撃「富士総合火力演習」配信 競走馬のせり市、アニサマも
陸上自衛隊が戦車などを使って実弾射撃する「富士総合火力演習」をライブ配信。競走馬のせり市や、アニメロサマーライブ、“あしたのジョー芸人”トークライブも。(2010/8/27)

Live動画ピックアップ:
Mr.マリック、窪塚洋介、AKB48……有名人もニコ生/Ustに続々 男女でガンプラ製作「合ガン」も
Mr.マリックさんがライブ配信で「超魔術」を披露する。ひきこもりから脱するには何が必要かを討論するニコ生番組にはひろゆき氏が登場。男女ペアでガンプラを作る「合ガン」も。(2010/8/24)

【告知】Ustream特別番組:「日本企業はソーシャルメディアに取り組むべきか」、8月27日18時スタート
ブログ、Twitter、そしてFacebookなど、ソーシャルメディアを活用する企業が増えています。今後ソーシャルメディアは企業にとって、必須のマーケティングツールとなるのでしょうか。トライバルメディアハウスの池田紀行氏、ループス・コミュニケーションズの斉藤徹氏がUstreamで対談します。(2010/8/18)

企業Twitter、「周到な準備」不可欠に
日本企業のTwitter活用が進んでいる。ループス・コミュニケーションズの斉藤徹社長は、Twitterの運用において「用意周到な準備が大切だ」と強調する。(2010/8/18)

企業Twitterの今
ループス・コミュニケーションズとNTTレゾナントの調査から、企業によるTwitterの活用実態の最新結果が明らかになった。Twitterを実際に運用する企業の担当者は、運用期間や活用目的、課題をどうとらえているのか。最新動向を伝える。(2010/8/5)

ループスとモディファイ、ソーシャルメディアマーケティング事業で提携
Twitterを中心としたソーシャルメディアソリューションをクロスセールスする。(2010/8/4)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。