ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「生活習慣病」最新記事一覧

44アイデア:
パナが社内公募で「ユニーク家電」開発
米国で3月に開かれる世界的規模のIT展示会に、パナソニックが家電関連の新規事業を出展する。社内初の公募で選ばれた事業アイデアはインテリアやヘルスケアとの融合などユニークなものばかりだ。(2017/2/17)

パナが社内公募で「ユニーク家電」開発 米展示会でお披露目へ 技術革新へアクセル踏む
米国で3月に開かれる世界的規模のIT展示会に、パナソニックが家電関連の新規事業を出展する。(2017/2/16)

医療技術ニュース:
メタボで胆石が増えるメカニズムを解明
東北大学は、メタボリックシンドロームで胆石が増えるメカニズムを、遺伝子改変マウスを用いて解明した。脂肪肝に伴う胆石の病態解明や治療法の開発、ひいては胆のうがん発症予防につながることが期待される。(2017/2/9)

医師の診療支援と患者の病態維持改善効果を見込む:
NTTと東大、「病態悪化につながる患者行動」をAIで予測するシステムを開発
NTTは、東京大学と共同で糖尿病患者の「受診中断」を予測するモデルを構築したと発表。電子カルテから患者行動に関連する特徴量をAI技術を使って学習。受診中断を7割の精度で予測するという。(2017/2/7)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第3回】
製薬企業にもビッグデータの波、「リアルワールドデータ」活用に必要な技術とは
製薬企業を中心として、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用に注目が集まっている。該当するのはどのようなデータなのか。RWDをはじめとするビッグデータを活用するために必要な技術とは何だろうか。(2017/2/6)

海外医療技術トレンド(21):
米国医師会のエビデンスに基づくモバイルヘルス戦略
前回は、米国の規制当局による医療ソフトウェア評価の仕組みづくりを取り上げたが、同様の動きは医療専門家側でも進んでいる。(2017/2/3)

ネット販売のED薬、4割ニセ物 ゴミ溜めで製造、プリンタのインクで着色……飲むと死の危険も
ネット通販にはバイアグラなどED治療薬の偽造品が蔓延。製薬会社の調査によると4割を占めるという。偽造品の服用には死を招くリスクさえある。(2017/2/1)

知財ニュース:
IBMが2016年に8088件の米国特許を取得、24年連続首位に
IBMは、2016年に取得した米国特許が8088件となり、米国特許取得数の年間記録を更新するとともに24年連続で首位となった。特に、AI/コグニティブとクラウド・コンピューティング関連分野では、それぞれ1000件以上の特許を取得している。(2017/1/30)

胃がんリスクを自宅でチェック KDDI「スマホdeドック」に新プラン
KDDIの「スマホdeドック」に、胃がんリスクを判定する新プランが追加。自宅で血液採取して郵送すると、1週間後にスマホやPCで検査結果を閲覧できる。(2017/1/25)

「カロリー制限はサルの寿命を延ばす」 米2機関が双方の研究を照合し結論
人間でも同様の可能性が高いとのこと。(2017/1/21)

高温地域に住む糖尿病患者に朗報:
耐熱性に優れた酵素発見、血糖値センサー向け
東京工科大学の研究グループは、好熱性糸状菌からグルコース脱水素酵素(GDH)を発見した。この酵素は耐熱性と長期安定性に優れており、高温地域で使用される血糖値センサーチップなどへの応用が期待される。(2017/1/12)

医療機器ニュース:
IoT/AIを活用した未来型医療の共同研究・実証を行う研究所を設立
佐賀大学とオプティムは、IoT/AIなどを活用した研究を行う「メディカル・イノベーション研究所」を設立した。医療現場の課題に対し、効率的で効果的な医療を実施する研究を行う。(2017/1/11)

糖質制限ダイエット中でも食べていい! 意外なコッテリ食べ物4つ
糖質オフダイエット中は、糖質の少ないタンパク質や野菜、乳製品がメインの食事に。中でも、「これ食べていいの?」と驚く意外な食べ物を医師に聞きました。(2017/1/9)

「砂糖税」導入でチョコは甘くなくなるの? マニアに意見を聞いてみた
世界で“甘くない”チョコレートの開発が進んでいます。チョコレートは本来どうあるべきかを考えるために、チョコレートマニアに聞いてみました。(2017/1/8)

MEC食は糖質制限とどう違う? 医師に聞く「最初の3日間」の始め方
肉、卵、チーズの3つの食品を中心に食べ、一口につき30回よくかむ「MEC食」。糖質制限とはどう違うのか、提唱した医師に聞きました。(2017/1/7)

「取り組んだら『放すな』、殺されても放すな」――電通の「鬼十則」、葬り去って良いのか 歴史・内容を検証すると……
過労体質の元凶と非難された電通の「鬼十則」。《取り組んだら「放すな」、殺されても放すな》などと過激な表現が並ぶが、その真意は。(2017/1/6)

年末年始、胃腸が弱ってない? 甘酒の「腸管バリア機能」とは
甘酒に「腸管バリア機能」を高める作用があることが分かりました。果たして私たちの生活にどんないい影響があるのでしょうか。(2017/1/1)

住めば都? コンビニ暮らし!:
セブンイレブンで1週間ダイエット生活をするといくら掛かって何キロやせるのか検証してみた
コンビニ飯を約700食レビューしてきた筆者がヘルシーコンビニ飯1週間生活にチャレンジしてみました。(2016/12/18)

医療機器ニュース:
2015年度の臨床検査薬・機器事業規模、前年度比6.5%増と推計
矢野経済研究所は、臨床検査薬・機器事業展開企業の事業規模調査の結果を発表した。国内主要企業における2015年度の臨床検査薬・機器事業規模は、前年度比6.5%増の1兆67億円と推計している。(2016/12/15)

帝人ファーマ 上肢用ロボット型運動訓練装置ReoGo-J:
上肢まひのリハビリロボット、3次元の動きで上肢訓練
帝人ファーマは、脳卒中などによる上肢まひのリハビリを目的とした、「上肢用ロボット型運動訓練装置 ReoGo-J」を発売した。まひしている上肢の関節癒着や拘縮を予防し、関節可動域の改善などに貢献する。(2016/12/9)

生活習慣病の早期発見などに応用へ:
グラフェンを用いた新原理ガスセンサー 「世界初」
富士通研究所は2016年12月5日、グラフェンを利用した新原理のガスセンサーを「世界で初めて」開発したと発表した。従来のセンサーと比較して、10倍以上の感度を実現したという。(2016/12/6)

住めば都? コンビニ暮らし!:
ローソンで1週間ダイエット生活をするといくら掛かって何キロやせるのか検証してみた
コンビニ飯を約700食レビューしてきた筆者がヘルシーコンビニ飯1週間生活にチャレンジしてみました。(2016/12/4)

サイバーダインとAIGジャパン業務提携 来春にも新たなサービス提供
サイバーダインの持つ人・ロボット・情報を融合させたサイバニクス技術と、AIGジャパンの保険商品力とを生かし、新たなサービスを来年にも打ち出す。(2016/11/30)

スピン経済の歩き方:
「ヌーハラ報道」に、目くじらを立てる理由
少し前、日本人がラーメンなどをすする際の音で外国人が不快な思いをするという「ヌードルハラスメント」(ヌーハラ)が注目を集めた。テレビや新聞などがこの騒動を報じたわけだが、筆者の窪田氏は「報じてはいけない」という。なぜなら……。(2016/11/29)

医療技術ニュース:
内臓脂肪型肥満による免疫老化が多様な疾患の原因に
慶應義塾大学は、内臓脂肪型肥満が免疫老化を加速させ、さまざまな疾患の要因となるメカニズムを初めて明らかにした。(2016/11/28)

医療機器ニュース:
上肢まひのリハビリロボットを発売
帝人ファーマは、脳卒中などによる上肢まひのリハビリを目的とした、「上肢用ロボット型運動訓練装置ReoGo-J」を発売した。まひしている上肢の関節癒着や拘縮を予防し、関節可動域の改善などに貢献する。(2016/11/25)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】
製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド
専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。(2016/11/28)

健康志向高まり「ロカボ食」注目 食品メーカーやコンビニ、相次ぎ投入
適正な糖質量を摂取するためのメニュー「ロカボ食」への関心が高まっている。(2016/11/22)

糖尿病ワースト3位・香川県、原因はやはりうどん? 炭水化物重ね食べ、早食い……県民の食習慣に“待った”
“うどん県”をアピールする香川県は、糖尿病による死亡者数が全国3位、患者数を示す受療率は同2位と“糖尿病ワースト県”だ。(2016/11/15)

ET2016 開催直前情報:
会場で要チェック「ET/IoTアワード」受賞社決定
優れた組み込み技術や製品、ソリューション、サービスに対して表彰する「ET/IoT Technologyアワード」の受賞社を組込みシステム技術協会が発表。2016年11月16日から開催される「組込み総合技術展 Embedded Technology 2016/IoT Technology 2016」の各出展社ブースで展示される。(2016/11/14)

子供の1割が「糖尿病のリスク高い」:
原因はうどん? 糖尿病ワースト3位の香川県、県民の食習慣に“待った”
“うどん県”をアピールする香川県は、糖尿病による死亡者数が全国3位、患者数を示す受療率は同2位と“糖尿病ワースト県”としても知られる。不名誉な結果は、うどんの影響なのか。(2016/11/14)

医療技術ニュース:
酸化ストレスへの抵抗性を高めて腎臓病の進行を抑える仕組みを解明
東北大学は、「酸化ストレス」が腎臓病を悪化させ、慢性腎臓病の発症・進行につながることを明らかにした。マウスによる実験では、急性腎障害の発生から5日目までに酸化ストレスへの抵抗性を高める薬を飲むことで、腎臓病の進行を抑えられた。(2016/11/14)

医療機器ニュース:
中国医療機器市場についての調査結果を発表
シード・プランニングは、中国の医療機器市場に関する調査結果を発表した。2015年の医療機器市場(生産高)は前年比で11.6%増の4兆502億円となり、初めて4兆円の大台を突破した。同社では中国の医療機器市場は引き続き拡大すると見ている。(2016/11/11)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

Apple Watchが医療の質を向上させる
慶應義塾大学 医学部の循環器内科で、Apple WatchとiPhone、HealthKit対応のアプリが用意された血圧計などを用いて、外来患者の日常のヘルスケアデータを取得し、医療に生かす臨床試験が始まっている。(2016/11/9)

「町自体を実験フィールドに」 IoTで市民の健康データを取得 会津若松市
福島県会津若松市がヘルスケア分野でIoTを活用する実証実験を開始。「IoTを活用したスマートシティを推進し、地方創生のモデル都市となることを目指す」という。(2016/11/8)

難病を見抜く「IBM Watson」だけが医療AIじゃない
「医師はAIを歓迎する」――実用段階に来た、日本の“AI医療”の姿とは
医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。(2016/11/9)

IoTで高血圧遠隔診療サービス ポート、年内に提供開始
遠隔診療は通院などの時間が不要で、医療費の節約にもつながることから成果が期待されている。(2016/10/19)

病院に横たわる不気味なロボットが治療中に「ハァ……ハァ」と荒い息遣い 福岡歯科大学で何が起こっているのか
病院で聞こえる「ハァ……ハァ」と荒い息遣い。その正体は……。(2016/10/18)

1グラム4キロカロリー:
「カロリーゼロ」の逆風もなんのその 次世代の「糖」は甘いのに太りにくい
健康志向で糖質ゼロやゼロカロリーが注目される中、三井製糖は、太りにくい甘味料「パラチノース」で反転攻勢をかける。ゼロではなく、通常の砂糖より消化吸収が遅い「スローカロリー」の実現で血糖値の上昇を抑え、脂肪を蓄積しにくくしたのが強みだ。(2016/10/17)

ルネサス RL78/L1Aグループ:
血糖値計向け16ビットLCDマイコンの新製品
ルネサス エレクトロニクスは2016年10月、血糖値計向け16ビットLCDマイコン「RL78/L1A」グループ6品種の量産出荷を開始した。同マイコンを活用することで、従来は個別に測定が必要だった血糖値やヘモグロビン値を、1つの機器で測定できるようになるという。(2016/10/13)

オリジン RE-Gait:
足首アシストで歩行リハビリ、わずか1キロの装着型ロボット
介護医療施設運営などを手掛けるオリジンが、約1kgと軽量な装着型歩行補助装置「RE-Gait」を販売開始する。(2016/10/13)

110メートルの通路も:
座るより立って仕事 健康も業績もアップ
仕事中の座り過ぎは健康に悪影響があるとして、オフィス環境を変える企業が増えてきた。立って作業できる机を導入したり、体を伸ばせる遊具を置くなど工夫を凝らしている。(2016/10/7)

医療機器に脆弱性、糖尿病患者に不正な薬剤投与が可能に
近くにいる攻撃者が遠隔操作でシステムを操作して不正なインスリン注入を誘発させ、低血糖症を起こさせることもあり得るという。(2016/10/6)

医療機器ニュース:
協定締結により、産学連携で医療や健康づくりの研究を推進
東芝メディカルシステムズは、国立循環器病研究センターと、医療・ヘルスケア産業に関わる機器、システム、サービスなどの研究開発および実用化に関する産学連携協力を行うため、包括協定を締結した。(2016/10/5)

大隅良典さんノーベル医学・生理学賞受賞:
「オートファジー」 医療への応用研究進む 神経疾患、がん治療に期待
ノーベル医学・生理学賞が決まった大隅良典氏が仕組みを解明した細胞の自食作用「オートファジー」。この働きを促進したり、阻害したりすることで治療法の開発を目指す研究が進んでいる。(2016/10/4)

安川電機 ReWalk/足首アシスト装置:
歩行・足首アシスト装置を用いた実証実験を開始、より使いやすい機器の開発に
安川電機は、スポーツクラブ事業を展開するルネサンスの協力の下、脊髄損傷者用の歩行アシスト装置「ReWalk」と、脳血管疾患者用の足首アシスト装置を用いた実証実験を開始した。(2016/9/26)

「自業自得の透析患者は殺せ」 BLOGOS、長谷川豊氏の記事を削除 「暴論」と炎上
「自業自得の透析患者は全額実費負担にせよ、無理だと泣くならそのまま殺せ」などと主張する長谷川豊氏の記事に不適切な表現が含まれていたとし、BLOGOS編集部が記事を削除した。(2016/9/23)

マーク・ザッカーバーグ夫妻の財団、「今世紀中にすべての病気の治療を可能にする」ために30億ドル投資へ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOとその妻であるプリシラ・チャン氏が、Chan Zuckerberg Initiativeとして向こう10年間で30億ドルを医療研究に投じると発表した。目標は、今世紀中にすべての病気の治療を可能にすることで、ザッカーバーグ氏は達成は可能だとしている。(2016/9/22)

サンマには疲労回復効果があった!
秋の味覚の代表「秋刀魚(サンマ)」。塩焼きが食卓を飾ると、いよいよ秋がやってきたと感じます。そんなサンマ、美味しいだけでなく、秋バテにも効く疲労回復効果があるのです。ぜひこの秋、夏の疲れを感じたときに、サンマを食べてみましょう。(2016/9/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。