ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「Lui」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Lui」に関する情報が集まったページです。

新機種やタブレットも順次利用可能に──NECのAndroid用「自宅PC遠隔操作」アプリ
NECのLuiリモートスクリーン for Androidは、Androidスマートフォン/タブレットでWindows 7搭載PCの遠隔操作を可能とする。改めてLuiリモートスクリーン for Androidをタブレットでも試してみた。(2011/12/20)

自宅PCをスマホで遠隔操作──「Android版Luiリモートスクリーン」を試す
NECがAndroid版「Luiリモートスクリーン」を公開。スマートフォンで自宅のWindows 7搭載PCを遠隔操作できるようになる。(2011/10/31)

NEC、同社製PC用リモートデスクトップソフト「Luiリモートスクリーン」にAndroid版を追加
NECは、同社製PC専用となる遠隔PC操作ソフト「Luiリモートスクリーン」のAndroid版「Luiリモートスクリーン for Android」の提供を開始した。(2011/10/31)

自宅のPCをちょちょいと遠隔操作:
“リモートアクセスって何?”という人でもカンタンに──“どこでもPC”機能「Lui」の進化ポイントを探る
今まで専用ハードウェアとともに使う“やや上級者”志向の機能だったNECの「Luiリモートスクリーン」が、ソフトウェア化で「初心者でもすごくカンタン」になったという。そもそもLuiとは何か、そして何が変わったのかを検証する。(2010/11/26)

“どこでもPC”「Lui」がソフトウェアベースで利用可能に──LaVie Lightユーザー向けアップデータ公開
NECがソフトウェアベースの「Lui」ソリューションを公開。外出先で使うLaVie Lightから、自宅のVALUESTARへ簡単にアクセスできるようになる。(2010/7/30)

ワイヤレスジャパン2010:
「N-08B」でLuiのデモ、QWERTYキー付きG'zOne端末の展示も――NECカシオブース
2010年6月1日にNEC携帯電話部門とカシオ日立モバイルコミュニケーションズが統合したNECカシオコミュニケーションズは、夏モデルやG'zOneシリーズの海外向けモデルなどを展示していた。(2010/7/16)

2010年PC夏モデル:
CPUを強化してLuiクライアント機能を標準で装備──「LaVie Light」
軽量小型のNetbookとして人気のLaVie Lightは新色カラーや長時間バッテリー駆動モデルが登場したほか、“知る人ぞ知る”Luiクライアント機能を標準で備えた。【夏モデル第2弾追記】(2010/4/19)

2009年PC秋冬モデル:
“どこでも自宅PC”のLuiが基本性能を強化――「LaVie Light/VALUESTAR R Luiモデル」
自宅のPCを遠隔操作できる「Luiモデル」は、サーバの「VALUESTAR R Luiモデル」とクライアントの「LaVie Light Luiモデル」が基本性能を強化した。(2009/10/16)

自宅のPCをいつでもどこでも:
「LaVie Light Luiモデル」で変わるNetbookライフ
性能や機能に制限が多いNetbookの中にあって、NECの「LaVie Light Luiモデル」は、最も“とんがった”製品と言える。その理由とは?(2009/9/29)

2009年PC夏モデル:
NECの新型Netbookが“どこでも自宅PCに”――「LaVie Light Luiモデル」
高性能な自宅のPCを屋外から利用できるネットワークソリューション「Lui」に、「LaVie Light」のボディを採用したモデルが登場。Windows XPを搭載し、単体動作も可能になった。(2009/7/1)

2009年PC夏モデル:
“どこでもPC”を実現する「Lui」が基本性能をアップ――「VALUESTAR R Luiモデル」
小型のPCリモーターから自宅のPCを利用できるNECの「Lui」シリーズが基本性能を向上。グラフィックス機能が強化され、マイクロタワータイプはRAID 10に対応した。(2009/4/14)

2009年PC春モデル:
“どこでもPC”の「Lui」が利用シーンを拡大――「VALUESTAR R Luiモデル」
NECの「Lui」シリーズにサーバボードセットモデルが用意され、ほかのPCからでもPCリモーターを利用できるようになった。ノートタイプはイー・モバイルにも対応。(2009/1/13)

2009年PC春モデル:
NECが基本性能やカラバリを強化した、PC春モデル第2弾を大量投入
1月13日、NECはLaVie、LaVie Light、VALUESTAR、VALUESTAR Luiモデルの2009年春モデルを発表し、全9シリーズ45モデルを1月15日から出荷を開始する。(2009/1/13)

NEC、スリム筐体採用のホームサーバPC「VALUESTAR R Luiモデル」の改定モデル
NECは、ホームサーバ機能搭載のスリムデスクトップPC「VALUESTAR R Luiモデル スリムタイプ」の新モデル2製品を発表した。(2008/11/4)

PR:外出先でも自宅のクアッドコアPCで作業ができる!――「VALUESTAR GタイプR Luiモデル マイクロタワー」
NEC Directの“硬派”なマイクロタワーPC「VALUESTAR GタイプR Luiモデル」は、その高い性能を外出先から呼び出せるPCオンデマンド機能(遠隔操作機能)に対応する。クアッドコアCPUの性能をいつでもどこでも利用できるのだ。(2008/9/26)

PR:今あえてNECが放つ硬派なマイクロタワー「VALUESTAR GタイプM」「タイプR Luiモデル」
NECはこの秋冬モデルでマイクロタワーPCを投入しているが、直販サイトのNEC Directに用意されたモデル「VALUESTAR GタイプM」および同マシンをベースに「PCオンデマンド機能(遠隔操作機能)」も付加した「タイプR Luiモデル」なら、さらに高性能かつ高機能なモデルを選択できる。さっそくその実力を見ていこう。(2008/9/19)

2008年PC秋冬モデル:
高性能と優れた拡張性を両立したLuiモデル――「VALUESTAR R Luiモデル マイクロタワータイプ」
NECが提案する新ソリューション「Lui」シリーズに、拡張性に富んだマイクロタワーモデルが追加された。(2008/9/2)

2008年PC秋冬モデル:
全モデルでデュアルコアCPUを採用しボードPCも一新――NECがPC秋冬モデルを大量投入
NECはLaVie、VALUESTAR、VALUESTAR Luiモデルの2008年秋冬モデルを発表し、全7シリーズ22モデルを9月上旬から順次出荷する。(2008/9/2)

国内ダイジェスト(7月10日)
NEC「Lui」対応PCをマウスコンピューターが発売、ドコモが上海に現地法人、EMCがコンサル要員を3年で5倍に拡大など。(2008/7/10)

マウスコンピューター、PCオンデマンド機能装備のデスクトップPC
マウスコンピューターは、NEC製ホームサーバ/クライアントソリューション「Lui」のオンデマンド機能を備えたデスクトップPC「LUV MACHINES LM-i433S-PL22W1 Luiモデル」を発売する。(2008/7/9)

NEC、ダビング10対応モジュールの提供スケジュールを発表――LaVie/VALUESTARは7月4日
NECは、同社製PC「LaVie」「VALUESTAR」シリーズおよびホームサーバ/クライアントソリューション「Lui」用のダビング10対応モジュール配布スケジュールを発表した。(2008/6/27)

“パソコンの次”を発明?:
自宅のPCをポケットに入れて持ち歩く――NEC「Lui」発表会
自宅に設置した高性能サーバを手のひらの端末で操作する――NECがユビキタス時代の新ソリューションとしてコンセプトを説明してきた「Lui」が、ようやく発売される。(2008/4/15)

自宅の動画を手のひらシンクライアントで楽しむ提案 NEC新ブランド「Lui」
手のひらサイズのシンクライアント端末から、自宅サーバのコンテンツにアクセス――家庭用新ブランド「Lui」でNECは、そんなスタイルを提案する。(2008/4/15)

NEC、ホームサーバ・クライアントソリューション「Lui」の第一弾製品
NECとNECパーソナルプロダクツが、ホームサーバ・クライアントソリューション「Lui」の第一弾製品として「ホームサーバPC」「PCリモーター」「VALUESTAR R Luiモデル」を4月24日より発売する。(2008/4/15)

サーバはデジタル2番組同時配信に対応:
250グラムのモバイル機でVista搭載PCを遠隔操作――NEC「Lui」発表会
NECはサーバPCとクライアントを組み合わせたホームネットワーク製品の新ブランド「Lui」を発表。独自技術により映像配信と遠隔操作を実現する。(2007/12/5)

NEC、デジタル視聴向けのホームネットワーク新ブランド“Lui”を発表――2008年前半に製品を投入
日本電気およびNECパーソナルプロダクツは、パーソナル向けのホームネットワーク新ブランド“Lui”を発表した。(2007/12/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。