ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「腰痛」最新記事一覧

採用事例:
大和ハウス工業が全国9工場にロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を導入
大和ハウス工業は、サイバーダインのロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を全国9工場、計30台導入し、技術者(職方)の作業負荷軽減に取り組むという。(2018/4/23)

腰痛タイプをアルゴリズムで判定:
スマホアプリで腰痛対策――バックテックが労働生産性向上効果の検証開始
バックテックは産業医科大学と協同で、腰痛対策アプリ「ポケットセラピスト」を活用した腰痛予防対策の効果検証を開始した。労働生産性向上が目的。腰痛タイプごとに最適な対策を提案する他、理学療法士にチャットで相談できる機能を備え、腰痛の解消を目指す。(2018/3/12)

入学1年前から情報収集が当たり前:
ランドセル商戦の早期化 震災が後押し
今年もランドセル商戦がスタートした。“ラン活”という言葉があるほど商戦は早期化し、1個あたりの価格も上昇している。(2018/3/5)

平昌五輪「選手村のベッドが硬い」 小平のスポンサー企業が神対応、ネットの憶測も一蹴
「選手村のベッドが硬い」――平昌五輪も中盤に入った16日、こんなニュースが、「5ちゃんねる」である憶測を呼んだ。(2018/2/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
グーグル&Uberつぶしのトヨタ・タクシー
現在開催中の「第45回 東京モーターショー」。その見どころについて業界関係者から何度も聞かれたが、その説明が面倒だった。自動運転車や固体電池のクルマとかなら「ああそうですか」で終わるのだが、今回はタクシーなのだ。(2017/10/30)

ITライフch:
AIで脳トレ 50代女性に人気の「脳にいいアプリ」で効率よく
株式会社ベスプラは、1万人以上のユーザデータを元に「脳の健康維持AI」開発、脳の健康を維持するサービス「脳にいいアプリ」に搭載した。「AI」がその人の脳に最適な活動を促し、認知機能を効率よく高めるという。(2017/7/6)

週刊「調査のチカラ」:
「母の日」だけ感謝をするのはやめよう――調査で浮かび上がる“名もなき家事”の実態
5月の第2日曜日は母の日。2017年のお母さんたちの本音を調査データから探ります。(2017/5/13)

「ツボで内臓の調子が分かるってホント?」→正直分かりません! 指圧師が解説する“ツボ”とは何か
ツボってそもそも何? ホントに効果あるの?(2017/5/12)

中小企業の支援になるか:
AIも活用 運輸業界のデジタル変革を目指す協議会
2016年8月に発足した運輸デジタルビジネス協議会は、運輸業界が抱えるさまざまなビジネス課題をデジタルテクノロジーによって解決することを目指している。(2017/4/20)

やしろあずきの日常―― Web漫画家ってどうやって過ごしてるの?(後編)〜仕事の仕方やお金の話を怒られない程度に話してみる〜
仕事ください。(2017/4/9)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)

ライフロボティクス CORO:
吉野家の食器洗浄を支援する協働ロボット、自動仕分けで78%の工数削減を目指す
ライフロボティクスは、同社の多関節型協働ロボット「CORO(コロ)」が吉野家の店舗における食器洗浄工程に導入されたことを発表。食器洗浄作業にかかる工数を約78%削減することを目指す。(2017/3/31)

「座り時々立ち仕事」がベスト? スタンディングデスクの効果
座り仕事・立ち仕事が両方できる「スタンディングデスク」を導入し、健康増進する企業が出てきています。このスタンディングデスクの効果と活用法をご紹介します。(2017/3/10)

PR:フィリップス製ディスプレイに見る“疲れ目対策ディスプレイ”最前線
最近パソコンの使いすぎで目が疲れやすい……そんな人は必読! ブルーライトカットの常識を覆すSoftBlue技術とは?(2017/2/10)

ロボデックス:
社会問題解決のショーケースへ、「ロボット大国」実現に向けた政策支援
ロボデックス開催に合わせて実施されたロボデックスカンファレンス「世界に革命を起こす!日本のロボット新戦略とは」では、開催記念講演として経済産業省 製造産業局 産業機械課 ロボット政策室室長の安田篤氏が登壇。「ロボット革命の実現に向けて」をテーマにロボット市場の現状と、さらなる普及拡大に向けて政府の取り組みを紹介した。(2017/1/26)

「温泉」が薄毛問題を解決する? 育毛博士に聞く発毛研究の最先端
(2017/1/19)

療養中のモー娘。佐藤優樹、活動休止を2月下旬まで延長 再発の恐れあるため「大事をとって」
まーちゃん「ヘルニアに負けないようトレーニングをいっしょうけんめいして、戻ってくるのでちょっとだけお休みさせて下さい。」(2017/1/6)

モー娘。佐藤優樹、“急性腰痛症・腰椎椎間板ヘルニア”で今週末のイベントを出演キャンセルへ
腰はつらい……。今後の活動は、病状の経過をみて報告予定。(2016/12/22)

頭痛、目の疲れ 「VDT症候群」が引き起こす症状と対策
なんだか体がだるく、疲れ気味。肩こりや頭痛も気になる。健康体なのになぜかこのような症状が起きることがあります。そこに加えて、眼の疲れやかすみ目が起きていませんか? もしかしたら、VDT症候群かもしれません。(2016/11/1)

IoTデバイスの開発秘話(4):
グンゼ、着るウェアラブル普及の鍵は「心地よさ」
“着るウェアラブル”に、親しみのある人はいるだろうか。展示会で見ることは多くなったが、世の中に普及するのか疑問が残る。そこで、衣料型ウェアラブルシステムを展開するグンゼに話を聞いた。(2016/10/20)

“無法地帯”奈良市ごみ処理場 職員たちのあきれた実態
職場に“私設”トレーニングルームが設置されていたことが判明した奈良市のごみ処理場「環境清美センター」。さらに建物を調べたところ、アダルトビデオを備えたプレハブ小屋が無断で作られているなど無法地帯と化していた実態が明らかに。(2016/8/4)

「ゾンビ体操」で痩せる?
テレビや書籍で話題になっている脱力系の「ゾンビ体操」。誰でもできる簡単な体操で、生活習慣病が予防できるほか、ダイエットにもいいとといわれています。(2016/7/29)

「HUNTER×HUNTER」次週から休載 再開時期は未定
ジャンプ編集部によると「しばらくの間」休載するとのこと。(2016/7/4)

近未来の健康ガジェット:
腰痛予防によさそう 猫背などを警告するウェアラブルベルト「Backbone」
自分ではなかなか気付きにくい姿勢の悪さを、センサーと専用アプリで記録し、猫背や反り腰などを振動で警告してくれる「Backbone」という製品があります。クラウドファンディングはすでに成立していて、一般販売が待たれます。(2016/5/29)

「ギックリ腰」が理解できないGoogle翻訳さん
(2016/5/27)

ロボットキーマンを訪ねて:
スケルトニクス 白久レイエス樹氏に聞く、パワードスーツの現在と未来
3mの巨大な身体を手に入れる、そんな夢を現実のものとした「スケルトニクス」。このスケルトニクスで実現したことは何だったのか? そして「エグゾネクス」プロジェクトの終了を発表した今、彼らが次に目指すのはどこなのだろうか。(2016/3/11)

今井優杏のエコカー☆進化論(22):
デザインの賛否は分かれても……新型「プリウス」はスーっと加速してキモチイイ
トヨタ自動車が2015年12月9日に発売した新型「プリウス」を街角で見かける機会が増えてきた。納車を待つ方や、デザインの違和感が気になる人に向けて、筆者の今井優杏氏が新型プリウスの完成度をお伝えする。(2016/3/8)

プロゴルファーの石川遼さん結婚を報告 中学の同級生と
おめでとうございます。(2016/3/3)

俺の中ではガジェット:
他を凌駕する“発熱性能”――ドイツ製タブレットの最前線「fashy」徹底レビュー
ドイツ製タブレット「fashy」の一番のウリは温かさだ。筆者手持ちのSurface Pro 2と比較しながらその性能を解明してみた。(2016/3/1)

背中に貼りつけて使用:
猫背を解消するIoTデバイス、1日15分のトレーニングで――「UPRIGHT」
姿勢に悩みつつも解消法が見つからない人もいるだろう。「UPRIGHT」はアプリと連携して背骨の動きで姿勢を正すためのIoTデバイスだ。(2016/2/3)

どんだけあるの!「○○ダイエット」の歴史をGoogleトレンドで振り返る
過去に流行ったダイエットを、Googleトレンドでそのピークの時期と理由を網羅してみました。「そういえばそんなダイエットあったな……」と懐かしく思うものもあるかもしれません。(2016/1/4)

東京女子流・小西彩乃がグループ卒業を発表 「足を引っ張るだけじゃないか」
東京女子流は4人で活動を続ける考え。(2015/12/28)

眠れないのは「寝返り」が原因? 正しい寝返りのコツ
朝起きたとき、「腰が痛い」「体全体に疲れが残っている」という人は、夜眠っている間に“寝返り”がきちんと打てていないことが原因かもしれません。(2015/12/21)

5分でわかる最新キーワード解説:
動き出した「超人スポーツ」
人間の身体、五感、頭脳の能力をIT技術などで拡張し、誰でも「競技して楽しい」「見て楽しい」スポーツの創出を目指すのが「超人スポーツ」です。最新技術を応用した新『現代五種』競技ともいえる取り組みです。(2015/11/9)

「ひと駅前で降りて歩く」が続かない理由――予防医学研究者・石川善樹さん<前編>
話を聞いてみたいあの人に、生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回ご登場いただくのは、予防医学研究者の石川善樹さんです。(2015/10/17)

「寝ながら猫背」は危険? 快眠におすすめの姿勢はコレ!
猫背の寝姿は睡眠障害になりやすいといわれています。その根拠と正しい寝姿勢を紹介します。(2015/10/8)

背筋がピンと伸びれば良いことづくめ! “世界最高”のノートPCスタンドで仕事がドンドン捗りそう
これはいいものだ。(2015/9/29)

Meet Recruit:
介護業界に新風を!介護から未来をつくるメディア『HELPMAN JAPAN』
リクルートキャリアと人気漫画『ヘルプマン!』のコラボレーションから始まった『HELPMAN JAPAN』は、日本の介護ビジネスの未来を応援するプロジェクト。立ち上げから現在までの話を、グループマネージャーの永田隆太を聞いた。(2015/7/13)

座り仕事での腰痛にさようなら! 立ったままもたれかかる椅子「LeanChair」が画期的
Kickstarterで資金募集中。(2015/6/29)

ネットで話題「スマホ巻き肩」とは? 詳しい人に教えてもらおう
スマホの使いすぎでひどい肩こりや眼精疲労が常習化していませんか。女子は貧乳になる、なんて話も……。(2015/6/11)

努力、友情、刺青! 伝説の少年ジャンプver.タトゥーが完成 すさまじいクオリティだぞ
お前がナンバーワンだ。(2015/5/28)

体幹トレーニングの効果と正しいやり方は?
近年、さかんにその効果が叫ばれるようになった体幹トレーニング。具体的なやり方について解説します。(2015/5/14)

新卒のみなさん:
親子そろって癒やされよう! 初任給で贈りたい「母の日」健康家電ギフト5選
母の日が近づいてきた。初任給を手にした新卒社員たちは何を贈るべきか例年より頭を悩ませていることだろう。自分が欲しいものは母親だって欲しいはず。親子で使える健康家電を紹介しよう。(2015/5/1)

「Apple Watch」世界先行レビュー続編:
Apple Watchを使って2週間――林信行の生活はどう変わったか
日々の生活を便利にする実用系アプリや注目のヘルスケア機能を紹介。Apple Watchのおかげで腰痛も軽くなる!(2015/4/17)

介護や福祉、作業現場などにロボットスーツはいかが? 大和ハウス工業が運用に向けて現場実証を開始
販売しています。(2015/4/14)

林信行による世界先行レビュー:
Apple Watchが腕時計とウェアラブルの概念を変える
明後日、4月10日金曜日からの予約開始にあわせて、ついにApple Watchの展示がスタートする。日本ではアップルストア銀座や表参道、そして新宿の伊勢丹に新しくできるApple Watch Storeにて展示が行われる予定だ。どうしてもウェアラブルというくくりにされがちな本製品の本当の魅力を、これまで1週間に渡って製品を試用してきた林信行が解説する。(2015/4/8)

体重計は2個、片足ずつ乗ります――IT企業勤務から「操体」の専門家に 鈴木健介さん
「操体」(そうたい)ってご存知ですか? 「体にとって気持ちいいコトをして、ボディバランスを整える」という健康法であり、施術法です。今回登場していただく鈴木さんは、IT企業勤務から操体の専門家に転身したという経歴の持ち主。(2015/4/8)

ダイソン「DC74」モニターお宅訪問<第4回>:
PR:腰の弱い人にはスティック型がオススメ!――忙しい主婦を助ける「ダイソン フラフィ」のパワー
育ち盛りの子どもたちがいて、ペットも飼っているとなればお母さんの苦労は並大抵のものではない。さらに腰痛の不安を抱えていたら、掃除機選びも慎重になるというものだ。今回ご紹介するのは、ダイソンのコードレス掃除機「DC74」に毎日の家事を助けられているという主婦の豊田亜津子さん。(2015/3/24)

林信行が踏み込んで解説:
「Apple Watch」であなたの生活はこう変わる
業界きってのアップルウォッチャーである林信行氏が、Apple Watchを実際に試着して得た雑感や、これからデジタルライフスタイルの変化に思いをはせる。(2015/3/11)

窪田順生の時事日想:
仁義なきマットレス戦争を制する次のキーワードは何か
マットレス業界の競争が熾烈さを増している。ある会社は「低反発」のメリットをうたえば、別の会社は「高反発」のメリットを強調する。さらに別の会社は……といった感じで、言葉のイメージ争いを繰り広げているだけなのかもしれない。(2015/3/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。