ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「Lycos(ライコス)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Lycos(ライコス)」に関する情報が集まったページです。

インドのデジタルマーケティング企業、Lycosを買収
かつて125億ドルの値が付いたLycosが、インドのデジタルマーケティング企業Ybrant Digitalに3600万ドルで買収された。(2010/8/18)

アバターコミュニティー「Cafesta」がMCJ傘下に
ライコスが運営するアバターコミュニティー「Cafesta」がMCJ傘下に入る。(2008/3/28)

あの「ライコス」が動画共有サイトで復活
犬のマークでおなじみのライコスが、動画共有サイト「ライコスクリップ」で復活した。運営するのは「ライコスジャパン」。「Cafesta」の運営企業が社名変更した。(2007/3/20)

Lycos、容量3Gバイトの無料Webメール提供
LycosはGmailの2Gバイトを超える3Gバイトのメールボックスを提供する。(2006/8/3)

VoIP電話サービスが相次ぎ米国進出
インターネットポータルのLycosと欧州のJAJAHが、米国でVoIPサービスに進出した。(2006/3/28)

LycosとYahoo!がカトリーナ被災者情報を提供するポータルサイト設置
カトリーナの被災者のためのサイトが多数開かれ、情報が錯綜し出している。検索大手のLycosとYahoo!はそれぞれそうした情報をまとめたポータルサイトを設置した。(IDG)(2005/9/9)

Lycos、出会い系サイト横断検索エンジンを立ち上げ
Lycos Dating Searchでは複数の出会い系サイトの会員プロフィールを検索でき、普通なら会員でなければ読めないプロフィールも閲覧できる。(IDG)(2005/2/23)

スパム攻撃スクリーンセーバ装うトロイの木馬出現
数多くの話題をまきちらして終わった欧州Lycosのスパム攻撃スクリーンセーバを装ったトロイの木馬が配布されている。(2004/12/8)

スパム攻撃のスクリーンセーバ提供中止
スパムサイトを直接攻撃するLycos Europeの「Make LOVE not SPAM!」スクリーンセーバ提供が中止されている。(2004/12/4)

Lycos Europeのスクリーンセーバ攻撃で一部サイトがダウン
欧州Lycosのスパム攻撃スクリーンセーバが、中国のスパムサイトをダウンさせた。(2004/12/3)

「アクセスが多すぎただけ」――「スパム攻撃スクリーンセーバ」のサイトクラックはデマ
論議を呼んでいる、Lycos Europeによるスパムサイトを直接攻撃するスクリーンセーバのダウンロードサイトが何者かにハックされたという情報が流れたが、これは虚偽だとLycos広報は説明している。(IDG)(2004/12/2)

欧州Lycosの「スパム攻撃スクリーンセーバ」サイトがクラックされる
スクリーンセーバでスパムサイトを攻撃する欧州Lycosの手法が怒りを買ったのか、Lycosのサイト自身がクラッカーの標的となった。(2004/12/1)

欧州Lycosのスパムサイト攻撃スクリーンセーバが機能停止
「DDoSライクな」手法で話題を呼んでいる欧州Lycosのスパムサイト攻撃スクリーンセーバが、現在利用できなくなっている。ダウンロード用サイトもアクセス不能の状態だ。(2004/12/1)

欧州Lycosがスパムサイトを「DDoS攻撃」するスクリーンセーバ配布
Lycos Europeはスパムサイトに分散攻撃を与えるスクリーンセーバの配布を始めた。スクリーンセーバによりネットワーク接続されたマシンを利用するという、ある意味SETIに似た仕組みだ。(2004/11/27)

Terra Lycos、米子会社の売却先を決定
ネットバブル絶頂期に125億ドルで買われた米Lycosは、9500万〜1億1500万ドルで売られることになる。(IDG)(2004/7/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。