ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「間違いだらけのIT経営」最新記事一覧

関連キーワード

間違いだらけのIT経営:
個々の最適は、必ずしも全体の最適ではない
部門それぞれで最適なIT導入を進めたとしても、会社全体での最適化につながるという保証はない。全体を管理し成果を上げるためには、やはりトップが鍵を握るのだ。(2009/3/23)

間違いだらけのIT経営:
社内に寄生するアンチIT社員たち
企業でのIT導入を遅延させるアンチIT族の存在は厄介だ。特にこれが組織において上の立場であればあるほど問題は大きくなる。しかしながら、傍若無人な振る舞いはそう長くは続かない。(2009/3/12)

間違いだらけのIT経営:
安易に逃げるな、挑戦のチャンス
取引先の都合に振り回されて、思うようなシステムを構築できない納入業者を数多く見てきた。双方の力関係はあるものの、泣き寝入りせず前向きにとらえてチャレンジしていくことが成功への第一歩だという。(2009/2/13)

間違いだらけのIT経営:
チャンスを生かせないトップは存在価値なし
企業が事業を進めるにあたり、時には法令に対応しなければならない。それを「面倒くさい」と言っておろそかにするような経営者は話にならない。(2009/2/6)

間違いだらけのIT経営:
経営環境の変化に対応できないトップは埋没する
企業を取り巻くビジネス環境の急変ぶりには目を見張るものがある。昨日売れたものが明日も売れる保証などない。大企業が必ず市場競争に勝ち残るわけでもない。今、経営者の助けとなるものは何であろう?(2008/12/24)

間違いだらけのIT経営:
「うちのシステムを使え」「はい」は最悪の事態を招く
外注先の企業が自社と同水準のITに対応していないがために、必要以上に業務効率が悪化したという経験をお持ちの読者は多いのではないか。ただし、そこで自社のシステムを無理やり導入させると大失敗する。(2008/12/22)

間違いだらけのIT経営:
子は親の言いなりにならず自己主張せよ
親会社の傍若無人に悲鳴を上げる関連子会社を山ほど見てきた。ビジネス環境が目まぐるしく変化する今、企業が生き残るためには“化石のような”親子関係を早々に絶つべきである。(2008/11/18)

間違いだらけのIT経営:
「わが社のシステムは最強」――大昔の成功に固執し時代から見捨てられたトップ
IT導入に成功したことを自慢する経営者がいる。大いに結構なことだ。しかし、企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、20年以上も前に導入したシステムにかじりつかれていても……。(2008/11/14)

間違いだらけのIT経営:
「研修会――うまくいった話などもう結構だ」
新製品のセミナーや研修会は、ユーザーにとってIT導入を検討するきっかけになると同時に、ベンダーにとっては新規顧客を獲得する絶好の機会だ。それにもかかわらず……。(2008/10/23)

間違いだらけのIT経営:
課題の本質が見えない経営陣――接待に明け暮れ給料払えず
企業が抱える課題を明確に理解せずに、見当違いな行動を取るトップがいるとは嘆かわしいことだ。彼ら自身が変わらない限り、その企業に未来はない。(2008/10/9)

間違いだらけのIT経営:
「わが社はシステム導入に成功した」――建前だけでマスコミを釣るシステム担当者たち
新しい情報システムを採用するときに、多くの企業は他社の導入成功事例を気にする。担当者同士の情報交換も有効だが、ほとんどの場合、マスコミ報道が情報源になる。影響力が強い一方で、危険な面も含んでいる。(2008/9/19)

間違いだらけのIT経営:
IT投資効果の迷信に惑わされる経営トップ
企業でIT導入が進まない原因の1つに、IT投資に対する経営トップのためらいがある。なぜ踏み出さないのか? 実はIT投資効果に対する身勝手な思い込みが背景にあるという。(2008/9/8)

間違いだらけのIT経営:
SEが持っていたい10のパワー―― でも最後は人間力
SEのIT導入に際してのかかわり方は、きわめて重要である。それだけに、SEのあり方についての議論は数え切れない。いささか食傷気味、と言っても過言ではないだろう。しかし、ここではちょっと視点を変えて検討したい。(2008/8/22)

間違いだらけのIT経営:
IT投資、資金不足を口実にする前に知恵を出そう
とにかく多額の費用が発生するという恐怖感から、IT投資をためらう経営者はまだまだ多い。投資した上にシステムが失敗作だった、という他社の事例などを聞けばなおさら足がすくむ。しかし何ごとも知恵と正しい方法論で乗り切れるものなのだ。(2008/8/19)

間違いだらけのIT経営:
コンサルタントは恨まれて一人前――現場密着し、執念持て
IT経営コンサルティングは、あまり評判が良くないようだ。経営戦略・業務改革・IT導入などコンサルタントにはいろいろな分野があるが、かかわり方の基本姿勢はすべてに共通する。(2008/7/10)

間違いだらけのIT経営:
「こいつじゃ無理だ」と決めつけない――社内IT人材の育成術
IT投資を進める前に、問題となるのは人材の不足。しかし、先入観に捉われ、磨けば光る人材を見過ごしていないか。人の磨き方も大事なマネジメント手法である。(2008/7/7)

間違いだらけのIT経営:
IT導入「ユーザー主導」の正しい姿とは――ベンダーの「面従腹背」
IT導入において「ユーザー主導」の意味をはきちがえると、肝心のシステムそのものに問題が発生する場合が多い。(2008/6/5)

間違いだらけのIT経営:
そもそも何かがおかしい――役員が社内で長時間PC麻雀
Web2.0、はたまた3.0という時代に社内のインターネットによる情報収集を禁止している企業が、まだまだある。禁止か開放か、時代錯誤さえ感じるテーマから見えてくるものは、やはり企業風土の持つ重みだ。(2008/6/3)

間違いだらけのIT経営:
自ら動き出さない関連部門には「非協力税」を
IT導入の成功には主部門だけでなく、関連部門の協力が欠かせない。(2008/5/15)

間違いだらけのIT経営:
「居眠り社長」が連絡会議で聞きたかったこと
ITベンダーとのやりとりの中で一番大切なのは、ユーザー企業ともども適度な緊張感を持って導入に臨むことだ。(2008/5/8)

間違いだらけのIT経営:
コンサルタントにはまず「疑いの目」を
コンサルタントの末席を汚している者として言わせてもらえば、コンサルタントに手痛い目に遭ったからといって、IT導入まで敬遠する必要はない。トップ自ら情報武装し、コンサルタントの役割を明確にすれば恐れることはないのだ。(2008/4/15)

間違いだらけのIT経営:
すべては「ヒトゴト」――ユーザー部門の脆弱性
業務部門は常に時代の流れにさらされている。これに対応するためには、IT導入は欠かせないが、それを他人事(ヒトゴト)としか受け取らないケースが多い。(2008/4/4)

間違いだらけのIT経営:
「速度は守ってるよ!」「だけど逆走ですよ」――プロジェクトが暴走する原因
情報システム部門をドライバーにとらえると、悪質な運転はなかなか減らない。また、その自覚もないまま非常識がまかり通っているケースが多い。(2008/3/13)

間違いだらけのIT経営:
トップを不安にするITに関する「イヤな話」
情報化投資に関するマイナス情報といかに立ち向かうか、冷静に判断するか、トップにはそんな資質も必要だ。(2008/3/4)

間違いだらけのIT経営:
「お子様役員」狂想曲――IT導入の本質を見極める
IT導入において、トップとCIOだけではなく、他の各部門役員の存在は、意外に大きなものである。信じられない「奇行」も笑って済ませることはできない。(2008/2/14)

間違いだらけのIT経営:
ある工場長への「洗脳作戦」
トップ・経営陣がITを理解するというのは具体的にはどのレベルのことだと理解すればよいのか。ITを導入といえば人員削減しかイメージできない人をどう説得するのか。(2008/2/6)

間違いだらけのIT経営:
タイプ別IT導入説得法――懐に飛び込め
トップ・経営陣のITに対する考え方によって、導入の説得法は違う。(2008/1/23)

間違いだらけのIT経営:
片思いからの卒業――CIOの本来の姿とは
輸入語であるCIOはなかなか日本企業に根付いていない。CIO任命の要諦とは。(2008/1/18)

間違いだらけのIT経営 2008年の展望:
IT活用で「偽」の時代からの転換を
2007年は深刻な問題が、余りにも多い年だった。2008年はこれらを克服しなければならない。今こそ、ITの出番だ。(2008/1/11)

間違いだらけのIT経営:
カネをドブに捨てるプロジェクトの責任はトップにある
「ITは分からない」という理由で、導入の失敗の責任をトップが免れることはできない。効果の見えない導入があまた発生している現状を解決していくのは、トップの仕事である。(2007/12/27)

間違いだらけのIT経営:
ユーザー要求の30%は切り捨てろ!
IT導入では、社内ユーザーの協力は欠かせない。しかしユーザーの多様な要求をすべて受け入れようとするとシステムそのものの質が低下する可能性がある。(2007/11/29)

間違いだらけのIT経営:
システム導入先行で業務改革を成功させるには?
業務改革を十分に行った上でシステム導入するのが理想だが、現実には逆転してしまうケースもある。その場合に後付けになる業務改革を成功させるには――。(2007/11/22)

間違いだらけのIT経営:
「絶望的人選」からのプロジェクト起死回生策
プロジェクトを進めるとき、人材の選定は大きな意味を持つ。しかし、理想的な人材を常に集められるとは限らない。むしろ、理想的な人材配置など不可能というのが現実ではないか。(2007/11/15)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:
改革のど真ん中に反対派をすえる
ITによる業務改革は、反発を呼ぶ。意識改革は継続的に行われなければならない。(2007/9/13)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:
コンピュータなんかに営業ができるか?
IT導入にはさまざまな拒絶反応が組織の中で起こる。意識改革を進めるにはどうしたらいいのか。(2007/9/11)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:
たまにはドン・キホーテになってみる
時として見えにくいIT投資の内実に対して、トップが無関心だというケースは多い。この時の現実的対応について考えてみた。(2007/7/31)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:
トップを当てにしないIT導入
IT導入の成功の条件の1つに「トップの適切な関与」がある。しかし現実にはその条件がいつも満たされるとは限らない。(2007/7/26)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第29回
あなたの「完璧主義」は良性? 悪性?
仕事へのこだわりは重要だ。細部にも目を光らせ完璧な仕事を目指してこそプロというもの。しかし、その完璧主義を勝手なタイミングで押し付けるのは…。(2007/6/27)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第28回
「報告のための報告」が飛び交う組織の実態
業務の報告が「形式主義」に陥ると「報告のための報告」が生まれる。多くのスタッフが無駄な時間をとられ、疲弊していくのを防ぐ基本は「現認主義」の考え方だ。(2007/5/23)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第27回
「ダメ上司」は真実を映し出す鏡
4月も後半、新しい上司とのつきあいもそろそろワンクール目が終了といったところだろうか。周囲のうわさなどに惑わされず、自分の目でしっかりと上司の人柄を見極めたいところ。「ダメ上司」をキーワードに人間観察のポイントを探る。(2007/4/24)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第26回
書類を減らしたいなら身を清めよ――人事の変わり目がチャンス
書類作りばかりに時間をかけるスタッフの行動を変えるには、時間がかかる。具体的な行動としてはすべての書類を定型サイズ1ページに収める慣習を作ること。人事の変わり目にこうした提案を新しい担当役員にぶつけてみるというのも良策だ。しかし、提案を実現するには、自らの身を清めておくことが大切だ。(2007/3/29)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第25回
業績低迷でも書類作成には燃える組織――根の深い慣習を打破せよ
組織の中にある慣習はなかなか改まらない。とくに悪習ほど根強く残り続ける傾向がある。会議資料作りはおろそかにはできないが、大勢の担当者がその仕事で燃え尽きてしまっていたとしたら、即刻、改善に向けて動き出さなくてはならない。(2007/3/8)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第24回
書類の海に溺れる組織――分厚い会議資料が示す注意信号
会議の度に分厚い資料が配られ、ほとんど目を通さないままファイリングされる。ペーパーレス社会といわれて久しいが、まだまだこうした組織は多い。紙の無駄も見逃せないが、それらの資料作りに費やされるエネルギーはいかばかりか。(2007/3/6)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第23回
「どうして頑張るの?」に答えられるか
「頑張る」という言葉は死語ではない。しかし動機づけと具体的な方法論を欠いた「ガンバリズム」を部下に押し付けていても成果は上がらない。上手に「頑張る」チャンスを与えるにはどうすればよいのだろう。(2007/1/23)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第22回
歯の浮くようなセリフより大切なものを探せ
何事も解決のためには、実態に合った具体的な方法論が必要だ。人材育成も単なる掛け声ではなく、時には背水の陣にまで追い込む覚悟が必要だ。(2007/1/16)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第21回
経営者よ、管理者よ、「針のむしろ」に座ってみませんか?
キャリアも積み、役職が上がってきた人ほど「改めて学ぶ」ということが大切だ。勉強というのはいつになっても苦行が伴う。しかし苦しい分、得るものも大きい。(2006/12/12)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第20回
経営者よ、管理者よ、「裸の王様」になってはいませんか?
ある程度年齢を重ね、キャリアも積み、役職が上がってくると「改めて学ぶ」ということから遠ざかりがちだ。勉強の足りないベテランほど淘汰の対象になる。(2006/12/7)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第19回
有能な議長とITが「うんざり会議」を変える
 「会議は踊る、されど進まず…」のウイーン会議のごとく、現代の企業人たちも数多い会議と非効率な会議にいかにうんざりしているか。そこで会議時間を半減する方法の検討、それがとりもなおさず会議をより効率化するIT利用の会議についての考察へと議論を発展させていこう。(2006/11/29)

企業にはびこる間違いだらけのIT経営:第18回
「無意味だ」と言いながら、どうして会議の改善をしないのか
社内の会議で「やっても意味がない」と思われるものが多数ある。無駄な会議がない会社はないといってもいい。無駄な会議を減らす策とは?(2006/11/24)

企業にはびこる「間違いだらけのIT経営」:第17回
「従業員と顧客」の満足度におけるリンケージとは?
従業員の満足と顧客の満足はどちらか一方だけが飛躍することはない。必ず相互に影響しあう。従業員の満足が、うまく顧客サービスへとつながるようにITを利用すべきだ。(2006/11/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。