ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マシンオートメーション」最新記事一覧

スマートファクトリー:
オムロンの“標高10mのIoT”は製造現場を明るく照らすか(後編)
オムロンの製造現場でのIoTへの取り組みを紹介する本稿。前編ではオムロンが考えるIoT戦略について説明した。後編では、自社の製造現場におけるIoT活用の実践とその効果などを紹介する。(2015/10/13)

FAニュース:
Intel Celeron J1900プロセッサ搭載のコンパクトファンレスボックスPC
アドバンテックは、Intel Celeron J1900プロセッサ搭載のコンパクトファンレスボックスPC「ARK-5261」を発売した。USB 3.0/USB 2.0ポート、PCI/PCIe拡張スロットなど、豊富なフロントサイドI/Oを備えた。(2015/6/24)

FAニュース:
IoT時代の生産現場に対応、“業界最速クラス”の演算能力を持つPLCを発売
オムロンは、マシンオートメーションコントローラー(PLC)の新ラインアップとして、NXシリーズ「形NX701」とNJシリーズ「形NJ101」のグローバル販売を開始した。(2015/4/2)

FAニュース:
オムロン、マシンオートメーションコントローラNJシリーズ「形NJ501-1340」発売
中継パソコン・専用通信ユニットを介さず上位ホストと直結できるため、低コストでSECS/GEM通信の実行環境を構築できる。従来と比べ、SECS/GEM通信の設計工数を約6割以上削減できる。(2014/10/20)

FAニュース:
オムロン、環境発電型小型電源モジュールを開発――生産現場のIoT活用に期待
オムロンのエレクトレット振動発電デバイスとimecのパワーマネジメントIC技術を組み合わせて開発。微小な環境振動エネルギーから高効率に発電し、直流電源化する。5cm×6cm、15.4gと小型・軽量で、出力電圧を1.5V〜5Vの範囲で設定できる。(2014/8/14)

プリント基板ラインの品質向上/性能改善:
富士通、オムロン草津工場にて「ものづくりビッグデータ分析」の実証実験を開始
富士通は4月22日、オムロンの草津工場において、プリント基板表面実装ラインの品質向上/性能改善を目的にしたビッグデータ分析の実証実験を開始したことを発表した。(2014/4/23)

製造ITニュース:
モノづくりをビッグデータ分析! 富士通がオムロン草津工場で実証実験開始
富士通は、オムロンの草津工場においてプリント基板表面実装ラインの品質向上および生産性改善のためにビッグデータ分析の実証実験を開始した。(2014/4/22)

PLCの国際標準プログラミング入門(4):
PLCopenの「Motion Control FB」とは
「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。今回はPLCopenの「Motion Control FB」の概要を紹介します。(2014/2/20)

SCF2013:
Sysmacのコンセプトを具現化、汎用コントローラでロボットを制御
オムロンは、1台の汎用コントローラで3台のロボットを制御する包装システムのデモ展示を行った。このシステムは同社が提唱してきた、あらゆる制御機器を1つにつなぎ、1つのソフトウェアで統合的に制御するためのコンセプト「Sysmacオートメーションプラットホーム」に基づくものである。(2013/11/7)

ESEC2013 開催直前情報:
モノのインターネット技術で豊かでインテリジェントな社会の実現を目指すアドバンテック
モノのインターネット社会で必要な技術を提供し、より豊かでインテリジェントな生活環境と労働環境を体感できる社会の実現を目指すアドバンテック。「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」では、監視アプリケーション向け最新オートメーション製品、産業用コンピュータ、組み込みボードコンピュータなどを展示する。(2013/4/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。