ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メールセキュリティ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
メールセキュリティ − TechTargetジャパン

システムインテグレーションとセキュリティ(5):
システム管理者のための「メールセキュリティ」再整理
“SI視点”でセキュリティのポイントを解説する本連載。第5回は、「メールシステム」のセキュリティについて、考慮すべきポイントを整理します。(2016/6/30)

添付ファイルの自動削除機能を追加:
カスペルスキー、メールセキュリティ製品の最新版を販売開始
カスペルスキーは2015年7月24日、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server」の最新版(8.0.1.721)の販売を開始した。添付ファイルの自動削除機能を追加し、対応するOSのバージョンを拡充した。(2015/7/24)

メール依存の企業には不可欠
“メールを開けたらウイルス感染”を防ぐ「メールセキュリティゲートウェイ」の知っておくべき効果
メールがサイバー攻撃に悪用されることは珍しくない。こうした状況に対処する有力な策が「メールセキュリティゲートウェイ」だ。そのメリットを整理する。(2015/6/10)

ホワイトペーパー:
Office 365導入済み・検討中の企業必見! Office 365のメールセキュリティ、6つの落とし穴に注意
Office 365標準の機能でセキュリティ対策は万全と安心するのは早計だ。オンプレミスメールからOffice 365移行時に気をつけたいセキュリティの課題と対策を6つのポイントから解説する。(2015/1/29)

ホワイトペーパー:
誤送信事故と情報漏えい事件の実例から分析する、メールセキュリティの具体策
「他人宛のメールを受け取ったことがある」従業員は49.0%──。実際に起こったメールの誤送信事故と情報漏えい事件の分析と、従業員への意識調査から、事件・事故の特徴とメールセキュリティの具体策が浮き彫りになった。(2014/10/14)

枯れてコモディティ化した市場にあえて参入する理由:
デル・ソニックウォール、電子メールセキュリティに本格参入
デル・ソニックウォールは2014年7月8日、今後の戦略説明会を開催し、電子メールセキュリティ製品の新バージョン「SonicWALL Email Security 8.0」の販売を強化する方針を明らかにした。(2014/7/9)

ホワイトペーパー:
スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法
メールセキュリティのリプレースを考えるなら、IT部門としてはこれを機に総コストの削減を狙いたい。スパム対策運用コストを従来の約3分の1に削減するメールセキュリティの要件を5つのポイントで解説する。(2014/6/27)

キヤノンITS、メールセキュリティ製品を投入
法人向けゲートウェイセキュリティ対策となる「ESET Mail Security for Linux」を新たにリリースする。(2014/5/13)

クラウドを駆使:
“脱”LANを目指せ――働き方から変えた企業の挑戦
メールセキュリティなどを手掛けるITベンダーのHDEは、LANに縛られないワークスタイルを実現しようとしている。きっかけは東日本震災による事業継続だが、オフィスのLANに縛られない働き方という壮大な挑戦になった。(2014/3/4)

トレンドマイクロが標的型攻撃対策機能を追加、攻撃者サーバの情報を活用
ウイルスバスター企業版とメールセキュリティ製品に、標的型サイバー攻撃で利用される「C&Cサーバ」の情報を活用した対策を講じるために機能を新たに提供する。(2013/10/10)

クラウドデータベースとの連携を実装:
カスペルスキー、メールセキュリティ製品の新版
カスペルスキーは12月4日、メールサーバ向けセキュリティ製品の新バージョン、「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」を発表した。(2012/12/4)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第343話 メールセキュリティ
電子メールから次々と暴かれる米国のスキャンダル。当社が進めているメールシステムのクラウド移行、本当に大丈夫なのか……(2012/12/4)

パートナー総会で製品戦略や今後のロードマップなど発表:
フィルタリングからファイル保護まで、デジタルアーツの戦略
デジタルアーツは10月17日、「デジタルアーツ パートナー総会」を開催し、同社の製品戦略や今後のロードマップなどを説明。メールセキュリティ製品の次バージョンの特徴も一足早く紹介した。(2012/10/19)

フォーティネット、セキュリティアプライアンス3製品を同時発表
管理や分析、メールセキュリティのアプライアンスの新製品を発表。従来製品に比べて大幅な性能の向上を図った。(2012/8/28)

メールセキュリティに関する読者調査リポート
標的型攻撃メールに59.2%が不安、対策は従業員教育で――読者調査で判明
メールセキュリティの導入形態はサービスへの移行が加速、標的型攻撃メールに59.2%と過半数が懸念――。読者調査を基に、メールセキュリティの実態を示す。(2012/6/20)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】メールセキュリティについてのアンケート調査
本調査は、TechTargetジャパン会員を対象に「メールセキュリティ」についてお伺いするものです。メールシステムの導入状況、今度導入予定のメールセキュリティ製品・サービスなどを伺います。(2012/5/21)

McAfeeの企業向けセキュリティ製品、DATファイルに不具合発覚
メールセキュリティ製品向けに配布された定義ファイルの「DAT 6682」に不具合があり、メッセージスキャンに失敗してシステムがクラッシュする恐れがあるという。(2012/4/17)

ホワイトペーパー:
再考する、2011年メールセキュリティシステム5つの課題
企業にウイルス/スパイウェア、スパム等、メールセキュリティ対策がある程度浸透した2011年の新たな課題とは。(2012/2/13)

プルーフポイント、iPhone/Android向けに暗号化メールの閲覧機能を提供
メールセキュリティ製品の新バージョンでは暗号化メールをモバイルデバイス上で復号できる機能を搭載する。(2012/1/25)

ホワイトペーパー:
出光興産 8,000 ユーザのメールセキュリティをわずか1カ月で刷新!クラウド型メールセキュリティ導入事例
進化を続ける脅威や増え続ける運用負荷……企業を悩ますメールセキュリティの課題をクラウド型で一挙に解決!サービスを導入したユーザの検討時の問題点から導入後の効果まで、利用者の生の声を導入事例として紹介する。(2011/12/8)

GoogleやMicrosoft、フィッシング対策でメールセキュリティのAGARIと提携
CiscoからスピンアウトしたAGARIが、大手メールプロバイダー4社と提携し、10億以上のメールボックスをフィッシングやネット詐欺から守る「Email Trust Fabric」を提供する。(2011/12/1)

日本プルーフポイントとNEC、メールセキュリティ製品をグローバル展開
メールを悪用した標的型攻撃に対するセキュリティソリューションを海外展開する企業などに提供していくという。(2011/11/8)

脱ガンジガラメの働き方:
Google Appsがもたらした震災後の変化――企業の主力製品も180度変化
震災を機に働き方や事業の見直しを図った企業は多い。社内設置型のメールセキュリティ製品を提供するHDEは、自社と顧客の実体験からクラウドを活用したソリューション提供に踏み切った。(2011/11/7)

映画配給のアスミック、メールセキュリティをSaaS化
アスミックはメールのセキュリティ対策をシマンテックのサービスに移行し、一部運用コストを3割削減した。(2011/9/30)

ホワイトペーパー:
低予算メールセキュリティに隠されたリスク
企業の最優先の課題はコスト削減。メールセキュリティにも低コストや無料の対策を優先しがちだ。だが、少ない予算で大きい成果が本当に得られるのだろうか。低予算のメールセキュリティ対策を導入した場合に発生し得る「想定外のコスト」について検証する(提供:シマンテックドットクラウド)。(2011/9/16)

メール誤送信対策:Gmail編
Google Apps利用企業に贈る“今すぐできる”Gmailのセキュリティ対策
Google Appsを利用する際に気になるGmailのメール誤送信対策、メールセキュリティ対策を紹介する。(2011/9/15)

KVH、迷惑メールと情報漏えいの対策サービスを開始
SMXのサービス基盤を利用したメールセキュリティサービスを開始する。(2011/8/19)

クリアスウィフトがメールセキュリティの新製品、暗号化方式を拡充
統合型メールセキュリティ製品「SECURE Email Gateway」の最新版では暗号化方式にAESが追加された。(2011/8/2)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】メールセキュリティに関する調査
TechTargetジャパン会員を対象に「メールセキュリティ」に関するアンケート調査を実施しました。本リポートでは、会員企業のメールシステム状況や、抱えるセキュリティ課題、今度導入予定のセキュリティIT製品・サービスなどを紹介します。(2011/7/20)

メールセキュリティに関する調査リポート
情報漏えい対策の一環で考え直すメールセキュリティ
TechTargetジャパンが実施したメールセキュリティに関する調査では、多数の企業がメール経由の情報漏えいに懸念を持っていることが分かった。(2011/7/20)

NEWS
スパム・ウイルス対策も追加したメール誤送信対策アプライアンス「tapirus G 2100」
HDEは、メール誤送信対策アプライアンスの最新版を発表。スパム・ウイルス対策などインバウンドのメールセキュリティ機能を追加した他、オプションでUPSとも連携可能にした。(2011/7/14)

SendmailとVMware、コラボレーション製品ビジネスで協業
「VMware Zimbra Collaboration ServerとSendmailのメールセキュリティ製品を組み合わせた仕組みを日本でも展開する。(2011/7/4)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】メールセキュリティに関するアンケート調査
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、貴社での電子メール利用とセキュリティに関してお伺いするものです。(2011/6/13)

NEWS
マカフィー、SaaS型セキュリティ製品のラインアップを拡充
既存のエンドポイント製品に加え、メールセキュリティ、メールアーカイブ、Webセキュリティ製品をSaaS型で提供する。(2011/1/26)

ホワイトペーパーレビュー
メールセキュリティの基礎が分かる3つのホワイトペーパー
TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から、電子メールのセキュリティを検討する初期段階で役立つと思われる3つのコンテンツを紹介する。(2010/12/6)

ホワイトペーパー:
低予算メールセキュリティに隠されたリスク
企業の最優先の課題はコスト削減。メールセキュリティにも低コストや無料の対策を優先しがちだ。だが、少ない予算で大きい成果が本当に得られるのだろうか。低予算のメールセキュリティ対策を導入した場合に発生し得る「想定外のコスト」について検証する(提供:メッセージラボ ジャパン)。(2010/11/9)

誤送信対策製品紹介:デジタルアーツ編
多彩なフィルタリング機能でメール誤送信を防止する「m-FILTER」
デジタルアーツのメールセキュリティ製品「m-FILTER」は、フィルタリング機能で検知された電子メールを一時保留したり、複数人の承認を義務付けることで誤送信を防止する。(2010/10/27)

メールセキュリティ製品一覧
スパム対策、フィッシング対策、スパイウェア対策など、電子メールのセキュリティ対策に有効な製品・サービスを対策別に紹介する。(2010/9/22)

誤送信対策製品紹介:NTTPCコミュニケーションズ編
システムと人の手を介して添付ファイルの誤送信を徹底的に防止する「Mail Luck!」
NTTPCではここ数年の誤送信対策への需要の高まりから、SaaS型のメールセキュリティ製品「Mail Luck!」にアーカイブ、フィルタリングのほか添付ファイルの漏えい防止に特化した機能を搭載している。(2010/8/5)

誤送信対策製品紹介:HDE編
「暗号化」「一時保留」などの組み合わせで誤送信を防止する「HDE誤送信対策ソリューション」
HDEは誤送信対策のアプローチとして、既存のメールセキュリティ製品「Mail Cop」「Mail Filter」「Secure Mail」を組み合わせた機能を提供する。(2010/7/5)

マカフィー、SaaS型メールセキュリティサービスに参入
セキュリティ専業のマカフィーは、競合の多い市場で新たなサービスモデルを成功につなげられるだろうか。(2010/4/28)

NEWS
センドメールがメールセキュリティ製品のスパム対策強化、4つのブロックリストをオプション販売
センドメールはメールセキュリティ製品のオプションとしてMX ツールズの電子メール悪用対策ブロックリストを提供。より高精度なコンテンツスキャンを実現するという。(2010/3/26)

NEWS
日本プルーフポイント、自社運用と同等のメールセキュリティを確保するSaaS型サービス
スパム/ウイルス/マルウェア対策などを備えた「Protection Suite」と、コンプライアンス対策、暗号化および誤送信対策を備えた「Privacy Suite」の2メニューを用意。4月より販売開始される。(2010/3/3)

プルーフポイント、SaaS型のメールセキュリティサービスを提供へ
日本プルーフポイントは、オンプレミス(自社運用)型と同等のメールセキュリティをSaaSで提供すると発表した。(2010/3/2)

米Cloudmark、メール基盤ベンダーのBizangaを買収
メールセキュリティのCloudmarkは、ISPなどにメール配信基盤を提供するBizangaを買収すると発表した。(2010/2/18)

ホワイトペーパー:
メールアーカイブから始める、3年先を見据えたメールセキュリティ対策
『コスト削減』の命運を分ける、メールアーカイブの比較ポイントを指南。また情報漏えい対策に必要なセキュリティ対策を図版を交え解説する(提供:NTTPCコミュニケーションズ)。(2010/2/12)

【お知らせ】「1通のメールがマシンを乗っ取る」――メールセキュリティの最新事情を無料セミナーで
@IT編集部は、最新のメールセキュリティ事情を解説する無料セミナーを、2月17日に秋葉原で行います。(2010/2/10)

HDE、中堅・中小向けメールセキュリティアプライアンスの新製品
HDEは、従来モデルに比べてパーフォンマンスを2倍に高めたメールセキュリティアプライアンスの新製品「tapirus Mi2000」を発売する。(2010/2/4)

マカフィー、メール・Webのセキュリティアプライアンス新製品
マカフィーは、メールセキュリティとWebセキュリティの機能を1台に統合したアプライアンス製品「Email and Web Security Appliance 5.5」を発売する。(2010/1/7)

メールセキュリティの複数機能を統合した新製品、HDEが発売
HDEは、これまで個別製品で提供してきたメールセキュリティの各種機能を1つに統合した「Secure Mail FINAL」を発売する。(2009/12/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。