ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「運用管理ツール」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
システム運用管理 − TechTargetジャパン
質問!運用・管理→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で運用・管理関連の質問をチェック

運用管理ソフト「Hinemos」の普及を、NTTデータなど5社が協業
Hinemosのビジネス強化を目的とする「Hinemosアライアンス」が発足した。(2016/7/19)

IT導入完全ガイド:
大予想! 2020年、統合運用管理はどうなっている!?
今後、ビッグデータやAI、IoTといった先端技術を取り入れた統合運用管理製品が続々と登場し、システム運用のさらなる効率化や自動化、品質向上がなされるだろう。そんなシステム運用管理の未来の姿を想像してみよう。(2016/5/27)

電力供給サービス:
スマートメーターの運用管理、中国電力がネットワーク仮想化技術を導入
中国電力はこのほど伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、EMCジャパンおよびVMwareと4社共同でネットワーク仮想化技術を活用したスマートメーター運用管理システムの基盤を構築した。同システム基盤の構築はCTCが、EMCジャパンのデータ記憶装置とVMwareのネットワーク仮想化ソフトウェアを最適な形で組み合わせることにより実現した。(2016/5/26)

ホワイトペーパー:
メッセージを40分の1に減らし、障害対応をナビゲーションする新発想のツールとは?
さまざまなメッセージや対応依頼であふれるシステム運用の現場だが、ノウハウは属人化しており対応に手間取るケースが多い。自動化と手動運用の「いいとこどり」の運用管理ツールなら、必要な情報を選び、正しい対応へと導いてくれる。(2016/5/23)

ぜひ、Hatoholコミュニティーにご参加を!:
PR:運用管理のハブとなる「Hatohol」で、“OSSでの”統合運用管理を実現する
複数のOSS運用管理ツールのハブとなり、システム全体を一元的に管理・運用できる総合管理OSS「Hatohol(はとほる)」。プロジェクトの開始から3年で、既に著名なクラウドサービス事業者やWebサービス事業者に選ばれているという。その理由とは何か。(2016/4/12)

自動化がはかどる:
チャームストアと統合されたJuju GUI 2.0がリリース
カノニカルがUbuntu用の運用管理ツールJujuのGUI版「Juju GUI 2.0」をリリースした。(2016/1/26)

運用自動化機能の強化、オートスケール対応なども:
日立がJP1の最新版を発売。SaaS版の提供やパブリッククラウド対応強化も
日立製作所は、統合システム運用管理ソフトの最新版「JP1 Version 11」の販売を開始する。システム障害発生時の原因究明に向けた新製品をラインアップに追加するとともに、ジョブ管理など各種製品の機能を強化した。(2016/1/12)

Docker運用管理製品/サービス大全(1):
実業務でも使えるか? 今アツいDocker運用管理製品/サービス15選まとめ
数多く台頭しているDockerの運用管理に関する製品/サービスの特長、使い方を徹底解説する特集。初回は、紹介するDocker運用管理製品/サービスの概要と比較表を提示する。(2015/10/2)

EVO:RAIL版は販売終了:
日本HPE、組み立て可能なインフラに向けた第1弾製品を発表
日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HPE)は2015年9月29日、ハイパーコンバージドインフラの新製品と、ハードウエアの利用設定からアプリケーション配備までの一連のプロセスを自動化するための、同社運用管理ツールの機能拡張を発表した。(2015/9/30)

ホワイトペーパー:
全ITインフラの管理窓口を1つに──逃れられない運用管理をどう簡素化するか?
最も時間を費やす日々の運用管理タスクをシンプルにするには、システムの規模や種類に関係なく、一元管理できるツールが必要だ。日々運用管理に忙殺されるIT部門のために進化した統合運用管理ツールの進化を見ていこう。(2015/8/7)

ホワイトペーパー:
ハイブリッドクラウド管理ツール主要12製品の対応クラウド 一覧表
ハイブリッドクラウドを実現するクラウド運用管理ツールから主要12製品をピックアップ。サポートしているクラウドサービスの対応表をPDFで提供する。(2015/4/22)

「HP Operations Bridge Version 10」開発責任者に聞く、運用管理の新要件:
日本HP、「動的に変化するインフラには、動的な運用管理アプローチが不可欠」
仮想化、クラウドでシステムインフラが複雑化する一方、ビジネスや開発サイドは運用管理に一層のスピード、柔軟性、安定性を求めている。「システムは変わらない」ことを前提としたこれまでの運用管理では対応が難しい中、一体どうすればビジネスの期待に応えられるのか? 日本HPの統合運用管理製品「HP Operations Bridge Version 10」の開発責任者に、運用管理の新要件を聞いた。(2015/3/23)

5年後、「JP1」は“サービス”になっている
発売20周年を迎えた日立製作所の運用管理ツール「JP1」。今後のロードマップとして、同社はJP1の“サービス化”を考えているという。(2015/1/28)

クライアントセキュリティを強化した運用管理ツール、Skyが発売
クライアント運用管理ソフトウェアの最新版では内部不正や標的型攻撃などの対策を支援する機能が搭載された。(2015/1/22)

“システムのパフォーマンスは、ビジネスのパフォーマンス”:
PR:デジタルビジネス時代、あらためて疑う運用管理の在り方
ほとんどのビジネスをITが支えている今、システム運用管理の在り方が企業の収益やブランドに大きな影響を与えるようになった。だが仮想化、クラウド、またマルチデバイスの浸透などを受けて、システムは年々複雑化している。では人的リソースも限られている中、仮想化、クラウドのメリットを引き出し、ビジネス要請に迅速に応えていくためには何が必要なのか? 運用管理製品を包括的にラインアップしている日本HPに、新時代の運用管理の在り方を聞いた。(2015/1/13)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(4):
運用自動化ツールまとめ 2014年版――国内/外資ベンダー7社の製品・サービスを一挙解説
第3回までオープンソースソフトウェアに焦点を当てて、「サーバー監視」など個々の作業の運用自動化を解説してきた本特集。今回は商用ツールが得意とする「個々の作業を連携させた一連のプロセスの自動化」にフォーカス。国内外の統合運用管理ツールベンダー主要7社の製品・サービスを一挙に紹介する。(2014/12/11)

マルチクラウド管理製品の新版などを発表:
レッドハット、IT運用管理製品が「生き返る」理由
レッドハットは10月8日、クラウド管理製品「CloudForms」の最新版「CloudForma 3.1」と、システム運用管理製品「Satellite」の最新版「Satellite 6」を国内発表した。しかし、人々はIT運用管理という行為への興味を、次第に失おうとしているのではないか。米レッドハット クラウド管理事業部門長のジョー・フィッツジェラルド氏に聞いた。(2014/10/9)

時代を先読みした機能を取り込み:
OpenStackやREST APIに対応した最新JP1リリース
日立製作所がJP1の最新版をリリースした。本バージョンでは、OpenStackやREST APIなどに対応し、マルチクラウド環境でも運用管理ツールシェア死守を目指す。(2014/9/29)

PR:単なる運用管理ツールではない! Software-Defined Storageを使う意味とメリットとは?
最近注目を浴びているSoftware-Defined Storage(ソフトウェアで定義するストレージ)とは、どのようなものなのか、また、運用者や利用者にとってどんなメリットがあるのか。EMCが2014年7月に販売開始した「EMC ViPR(ヴァイパー) 2.0」を通じて、これを探る。(2014/8/18)

パブリッククラウドの選択を見誤るな!
真の“ハイブリッドクラウド”の条件を読み解くための重要ポイント
オンプレミスの基盤にパブリッククラウドを接続すれば、ハイブリッドクラウド環境が実現するわけではない。最も重要なことは、同じアーキテクチャ、同じ運用管理ツール、同じノウハウを相互に生かせるかどうかだ。(2014/5/12)

ホワイトペーパー:
システム運用管理に関する読者調査(2014年1月)
TechTargetジャパン会員を対象にした「システム運用管理に関するアンケート調査」を実施。本リポートでは、システム運用管理業務の状況、システム運用管理ツールの導入・検討状況などをまとめている。(2014/2/12)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(4):
クライアント管理はConfiguration Managerにお任せを
「System Center 2012 R2」はプライベートクラウドの運用管理ツールとして注目されているが、企業クライアントの管理においても重要な役割を果たす。多種多様なOS/デバイスが利用されるようになり、ますます複雑化する運用管理は「System Center 2012 R2 Configuration Manager」にお任せしよう。(2014/1/28)

システム運用管理に関する読者調査リポート
増大するシステムに人員/スキル不足……、読者調査が示す運用管理の課題
TechTargetジャパンは2013年11、12月にシステム運用管理に関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、システム運用管理業務の状況、システム運用管理ツールの導入・検討状況についてリポートする。(2014/1/9)

【徹底解剖】System Center 2012 R2(2):
System Center 2012 R2で構築する次世代ITインフラ
クラウドを導入する上で、懸念材料の1つに「運用管理の煩雑化」を挙げる企業は多い。その懸念を払拭する運用管理ツールが「System Center 2012 R2」になる。今回はSystem Center 2012 R2でプライベートクラウドを構築する際のポイントを解説する。(2013/12/19)

NTTデータ、運用管理ツールでNTT ComとAWSのクラウド環境に対応
OSSの統合運用管理ツール「Hinemos」のクラウド管理オプションをバージョンアップし、マルチクラウド環境への対応を図った。(2013/11/26)

オンプレとクラウドの統合運用管理へ、富士通が新版ソフトを発売
オンプレミスやプライベートクラウド、パブリッククラウド環境を組み合わせて構築されるハイブリッド環境をワンストップで管理するための統合運用管理基盤を発表した。(2013/11/25)

運用管理ツール情報:
富士通、マルチクラウド環境の統合運用管理ツールの新版を発表
富士通はクラウドサービス拡充に合わせ、統合運用管理ツール「Systemwalker」の新版を発表した。(2013/11/25)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】システム運用管理に関するアンケート調査
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、「システム運用管理業務の状況、システム運用管理ツールの導入・検討状況」をお伺いします。(2013/11/25)

System Center 2012 導入支援Liteパッケージがさらにパワーアップ:
PR:運用管理製品との密な連携で詳細管理と運用自動化を実現
デルはマイクロソフトとの密接な協業体制の下、同社サーバ製品とSystem Centerと密に連携し、BIOSレベルでの詳細設定や運用自動化を実現している。また、ソリューションプロバイダとして導入支援パッケージにも注力している。(2013/11/21)

日立、統合運用管理ソフト「JP1 V10.1」を提供 自動化機能を大幅強化
日立がJP1の新バージョンとなる「JP1 V10.1」をリリース。各運用プロセスの連携性を高め、インシデント管理からオペレーションの自動実行までをスムーズに行えるようにした。(2013/9/26)

OOW 2013速報:
Exalogic、Enterprise ManagerがNimbula、OpenStack API対応へ
米オラクルが、「エンジニアドシステム」や運用管理製品において、クラウド環境の自動運用管理ツールやOpenStack互換API対応を発表した。(2013/9/26)

製品動向:
マルチテナントアーキテクチャに対応したOracle Enterprise Manager 12c R3
日本オラクルは2013年8月26日、自社製品向けの運用管理ツールであるOracle Enterprise Manager 12c R3をリリースした。自社垂直統合製品のハードウェア管理やデータベースアプリケーション開発効率化を支援する機能も盛り込んでいる。(2013/8/27)

NEC、クラウド基盤の運用管理ソフト最新版を発表 OpenFlow連携による自動化を支援
「WebSAM vDC Automation Ver2.0」では仮想リソースの自動割り当てやネットワークの集中制御、10万台規模の仮想マシンの一元管理などが可能になった。(2013/5/29)

クラウド環境の運用管理を自動化するソフトウェアを発表 日本IBM
OpenStackなどのオープンテクノロジーを採用したクラウド運用管理ソフトウェアを日本IBMが発表した。(2013/5/22)

システムのバッチ処理を高速化するソリューション 日立製作所
日立製作所は、高集積のブレードサーバや運用管理製品などを組み合わせたソリューションを販売開始する。(2013/4/17)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(30):
DevOps時代の開発者のためのOSSクラウド運用管理ツール5選まとめ
DevOpsという観点で、クラウドに使えるオープンソースの運用管理ツールとして、Zabbix、Hinemos、Hyperic HQ、Scalr、Aeolusの特徴をまとめて紹介します。(2013/2/27)

運用自動化製品カタログ
統合運用管理製品ベンダーがラインアップしている運用自動化製品群。その中から国内シェア上位7社の製品を紹介する。(2013/2/27)

運用自動化製品紹介【第7回】
可視化、自動化、標準化でITILに沿った運用を支援する「Senju Family 2013」
運用自動化機能にフォーカスし、統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は野村総合研究所の「Senju Family 2013」を紹介する。(2013/2/15)

VMware vSphere 5.1用バックアップ・リカバリツールは間もなく市場へ
運用管理ツールが一緒になったVMware環境管理製品ラインアップが登場する。VMware vSphere 5.1用バックアップ・リカバリツールも間もなくリリースされるという。(2013/2/13)

運用自動化製品紹介【第6回】
ITILに準拠した運用管理作業を自動化する「IBM SmarterCloud Foundation」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は日本アイ・ビー・エムの運用自動化製品群「IBM SmarterCloud Foundation」を紹介する。(2013/1/31)

NTTデータとNEC、運用管理ソフトウェアの安定性向上で連携へ
OSSの「Hinemos」と高可用性ソフトの「CLUSTERPRO」の連携させるための支援サービスを提供する。(2013/1/25)

運用自動化製品紹介【第5回】
ユーザーのITリソース入手をセルフサービス化する「CA Automation Suite for Clouds」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回はCA Technologiesが提供する運用自動化製品群「CA Automation Suite for Clouds」の中核製品「CA Process Automation」を紹介する。(2013/1/24)

運用自動化製品紹介【第4回】
全体最適に向けた自動化を実現する「HP Operations Orchestration software」
本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は日本HPの運用自動化製品群「HP Business Service Automation」の中核となる「HP Operations Orchestration software」を紹介する。(2013/1/18)

運用自動化製品紹介【第3回】
プライベートクラウドの実現を視野に入れた「WebSAM vDC Automation」
運用管理の煩雑化に伴いニーズが高まっている運用自動化製品。本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回はNECの運用自動化製品「WebSAM vDC Automation」を紹介する。(2012/12/21)

運用自動化製品紹介【第2回】
構成情報に基づいて自動運用を最適化する「Systemwalker Runbook Automation」
本連載では、ニーズが高まっている運用自動化機能にフォーカスし、国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は富士通の運用自動化製品「Systemwalker Runbook Automation」を紹介する。(2012/12/13)

運用自動化製品紹介【第1回】
“日立の運用ノウハウ”を簡単に導入・活用できる「JP1 Automatic Operation」
仮想化、クラウドの浸透によりシステム基盤が複雑化する一方、IT部門の人材は年々減らされている。リソース、ノウハウ不足に悩む運用管理現場に、統合運用管理製品ベンダーはどのような解を用意しているのか。(2012/12/6)

金融系企業の事例を紹介
Excelによる構成管理からの脱却、Oracle Database運用のコツとは?
システム数やデータ量の増加に伴い増え続けるデータベース。本番・開発・テスト環境で100以上のデータベースを保有している企業も多い。数と複雑さの増加に伴うさまざまな課題は、運用管理ツールで容易に解決できる。(2012/11/30)

運用自動化、障害の原因特定、一元管理へのニーズが増大
【市場動向】要員削減を受け、統合運用管理ツールは簡単・シンプルが鍵に
統合運用管理製品のトレンドを掘り下げると、現場が抱える課題と対策の傾向が見えてくる。IDCジャパン シニアマーケットアナリストの入谷光浩氏の話から、運用管理に対するユーザーの期待と投資の方向性を俯瞰した。(2012/10/26)

企業のシステム運用管理に関する読者調査結果リポート
増大するシステムに悩む現場、読者が考える運用管理の課題とは
TechTargetジャパンは9月から10月にかけて企業のシステム運用管理についての読者調査を実施した。調査結果からは運用管理の課題や利用している運用管理ソフト、今後の投資動向などが分かった。(2012/10/24)

日立、統合運用管理ソフト「JP1 V10」を発表 運用自動化やMDM対応を強化
日立はJP1のメジャーアップデートとなるバージョン10をリリース。新たに運用を自動化し作業負荷を提言する新製品「JP1/AO」が加わる。顧客システムのリモート監視やMDM対応のためのサービス製品も投入する。(2012/10/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。