ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Marketo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Marketo」に関する情報が集まったページです。

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
今、B2Bマーケターが熱い 10月に最も読まれた記事を振り返り
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2018/11/15)

顧客を知り、顧客に寄り添う:
KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティング施策で3000万円を投下して大失敗した経験から、何を学んだのか。(2018/11/13)

属人的になりがちなリードスコアリングを自動化:
Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】(2018/11/12)

アドベリフィケーションへの投資について考える:
デジタル広告の信頼性、先進企業が気にしていることとは?――IASのCEOに聞く
日本の広告主は「アドフラウド」「ビューアビリティー」「ブランドセーフティー」の問題にどう向き合うべきか。(2018/11/6)

「The Marketing Nation Summit 2018」開催:
Marketoはこれからどこに向かうのか? Adobeによる買収後初の年次イベントで示されたこと
Adobe Systemsによる電撃的な買収で注目されるMarketoの年次イベントが日本で開催された。本稿ではそこで語られたMarketoの今後の戦略を、製品アップデートを軸に紹介する。(2018/11/5)

広告配信から分析まで:
PR:顧客一人一人に適切なメッセージを届け、エンゲージメントを維持・強化するには?
(2018/11/12)

B2Bマーケターの「Struggle」:
マーケターが自由を手に入れるためにやっておきたい3つのこと
2018年8月、日本のB2Bマーケターが集い、熱気に包まれたライブイベントが開催された。その熱気の片りんをお届けする。(2018/10/22)

Sansanが運用を開始:
DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、その結果を受けて共同でのプロモーションを開始した。(2018/10/17)

マルケト×FORCAS:
SaaSビジネスは「売って終わり」ではない そこで成長する人材の条件は?
マルケトとFORCASでセールスとカスタマーサクセス領域を担うエキスパートがSaaSビジネスとそこでのキャリア形成について語り合った。(2018/10/2)

Adobe、マーケティングオートメーションのMarketoを48億ドルで買収
ビジネスソフト分野の拡大に取り組むAdobe Systemsが、マーケティングオートメーションのMarketoを47億5000万ドルで買収すると発表した。Adobeとしては過去最高規模の買収になる。(2018/9/21)

マーケティングから営業、顧客サポート、各種管理業務までワンストップに連携:
「ferret One」が「kintone」とデータ連携を開始
ベーシックは、同社のオールインワンマーケティングツール「ferret One」がサイボウズの業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」とフォームの登録データ連携を開始したと発表した。(2018/8/23)

まずは「顧客に触れる」ことから:
Sansanが実践するカスタマーサクセス、「解約率を下げる」よりも大切なこととは?
カスタマーサクセスとは何か、どう運用すればいいのか。成功のポイントは「タッチスコア」にある。【更新】(2018/8/1)

MA導入済み企業に運用支援:
シンフォニーマーケティング、製造業の海外市場での営業案件創出に向け「MAステップアッププラン」を提供
シンフォニーマーケティングは、マーケティングオートメーション導入済みの企業に向けて、MAをより効果的に運用する支援サービス「MAステップアッププラン」の提供を開始した。(2018/6/8)

今日のリサーチ:
欧州では消費者の4分の3が「企業がアクセスできる個人情報の範囲に不安」――Marketo調べ
GDPRでデジタルマーケティングはどう変わるのでしょうか。(2018/6/4)

パートナー7社と共同開発:
トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラインプログラムに関する記者向けの説明会を実施した。(2018/5/24)

今日は何の日?:
Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気になる個人情報不正利用問題についても語られた。(2018/5/19)

最新バージョン「Tableau 2018.1」リリース:
Tableau最高開発責任者が語る、誰もがデータに触れる時代のBIツールに求められる条件
Tableau Softwareは、BI分析ツール「Tableau」の最新版「Tableau 2018.1」をリリース。同時に新製品と新たな価格体系を発表した。ビジネスに役立つ分析を誰でも手軽に実現するための新たな挑戦について、最高開発責任者に聞いた。(2018/4/26)

新バージョン名は「Tableau 2018.1」:
Tableau、新版でTableau Prep(Maestro)投入、新サブスクリプションライセンスも
Tableauは2018年4月24日(米国時間)、セルフサービスBIプラットフォームの「Tableau」で新バージョン「Tableau 2018.1」を発表した。最大の目玉は、データプレパレーション(データ準備)機能「Tableau Prep」の投入。また、Tableauはロールベースの新サブスクリプションライセンスを導入した。(2018/4/25)

「AdRoll」から「AdRoll Group」へ組織変更:
AdRoll、B2B専門の新ブランド「RollWorks」を設立
AdRollは、組織変更およびB2Bマーケティング向け新ブランドの立ち上げを発表した。(2018/2/28)

【連載】HubSpotに学ぶ「働き方改革」 最終回:
企業の枠を超えてユーザー企業やパートナー企業がつながることの価値――ボストンで「INBOUND」を体験して
本連載では3回にわたり、HubSpotのカルチャーやインバウンドマーケティングの考えなどについて紹介してきた。最終回となる今回は同社が開催する年1回のオフラインイベント「INBOUND」について取り上げる。(2018/2/26)

営業部門とマーケティング部門の連携強化へ:
MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を行う共同ソリューションを構築する。(2018/2/16)

エム・データ提供の「TVメタデータ」と連携:
Datorama、テレビ放送実績データのダッシュボード化が可能に
Datorama Japanは、同社のBIツールをエム・データが提供する「TVメタデータ」と接続開始した。(2017/10/26)

「The Marketing Nation Summit 2017」レポート:
庭山一郎氏らが語る、B2Bマーケティングに求められる人と組織
マルケト主催「The Marketing Nation Summit 2017」では「マーケティングの組織と人材育成」をテーマに、シンフォニーマーケティングの庭山一郎氏と横河電機の阿部剛士氏によるパネルディスカッションが行われた。その要点をお届けする。(2017/10/25)

「The Marketing Nation Summit 2017」レポート:
Marketoはどこに向かう?――Google Cloud Platformとの協業、ABM、AIへの注力etc.
「The Marketing Nation Summit 2017」におけるMarketo本社幹部の講演から、同社の今後の戦略を読む。(2017/10/24)

機能化で、運用工数を削減:
「Marketo ABM」が機能拡充、「どこどこJP」を搭載
マルケトは、Marketo ABMにおいて、「どこどこJP」と連携したと発表した。Marketo ABMの1機能としてどこどこJPを利用できるようになる。(2017/10/12)

営業候補先を自動的にリストアップ:
ユーザベース、「SPEEDA」のABM支援機能を正式製品版として提供
ユーザベースは法人向け企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」のユーザー向けに試験的に提供していた「自動ターゲティング」機能を正式に製品化すると発表した。(2017/5/30)

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
「世界よ、これが日本のB2Bマーケティングだ!」――感動と興奮の米国遠征を振り返る
ノヤン先生と庭山特派員の二人旅も一段落。締めくくりはポートランドの静かな森のコテージから、日本のB2Bマーケティングの来し方行く末を考えます。(2017/5/2)

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
NECが世界最高峰のB2Bマーケティング賞「Markie Awards」のファイナリストに
ラスベガスに渡ったノヤン先生と庭山特派員。「Oracle Modern Customer Experience 2017」からフレッシュな情報をお届けします。(2017/4/27)

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
「CEOになるのは嫌だって? うん、正しいね」 Oracle マーク・ハード氏のキーノートは貫録たっぷり
ミミズクのノヤン先生を連れ米国遠征中の庭山一郎氏。世界のB2Bマーケティングの最先端事情を(ほぼ)リアルタイムにお届けします。(2017/4/26)

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
Marketoの新しいトップが500人のCMOに語りかけた言葉
庭山一郎特派員がミミズクの「ノヤン先生」とともに米国B2Bマーケティングのイベントをレポート。今回は「Marketing Nation Summit 2017」2日目の模様をお届けする。(2017/4/25)

AWS、アプリケーションの会話型インタフェースを構築するAIサービス「Amazon Lex」発表
Amazon Web Services(AWS)は、さまざまなアプリケーション向けの会話型インタフェースの構築を容易にする「Amazon Lex」の提供を開始。自然言語での高度な対話ボットを短時間で簡単に構築できるようになるという。(2017/4/25)

Marketo ABMを補完:
Marketo、営業とマーケティングの連携支援ツールを提供するToutAppを買収
Marketoは、セールスエンゲージメントソフトウェアを提供するToutAppを買収したと発表した。(2017/4/25)

「先進企業が語る、API活用最前線」レポート(後編):
Sansanが名刺データをAPI公開した理由から探る、「API×ビジネス」のヒント
2017年3月15日に開催された@IT API活用セミナー「先進企業が語る、API活用最前線」の中から、テクマトリックス、日本アイ・ビー・エム、Sansanの講演模様をお届けする。(2017/4/26)

【短期集中連載】庭山一郎の米国B2Bマーケティング紀行:
Sansan 石野真吾氏がMarketo主催アワードで「Marketer of the Year」を受賞
庭山一郎氏が相棒であるミミズクの「ノヤン先生」とともに米国へ出張。ITmedia マーケティング特派員として、4月に行われるB2Bマーケティングの2大イベントを現地からレポートする。(2017/4/24)

企業のワンツーワンマーケティングを支援:
パーソナライズド動画「OneDouga」がMarketoと連携
日本写真印刷コミュニケーションズは、同社のパーソナライズド動画ソリューション「OneDouga」が、マルケトのマーケティングオートメーションツール「Marketo」と連携開始したと発表した。(2017/4/19)

リード研所長が聞く:
「人」「プロセスデザイン」「テクノロジー」――パーソルプロセス&テクノロジーに聞く、B2Bマーケティング支援の肝
アイティメディア リード研究所の小柴 豊所長がB2Bマーケティングのフロントランナーと語るこの連載。今回は、パーソルプロセス&テクノロジーの大平竜也氏と鈴木智紘氏に話を聞きます。(2017/7/20)

【連載】春の短期集中講座「初めてのマーケティングオートメーション」 第1回:
B2Bマーケターの皆さん、お客さまへの接触機会を逃していませんか?
B2B企業におけるマーケティングオートメーション活用はますます加速しています。ここであらためて、MA活用の基礎を学んでみませんか。(2017/3/30)

連携アダプターは月額2万円から:
「Oracle Eloqua」「Marketo」との連携アダプターを追加、「ASTERIA WARP」の新バージョンが発売
インフォテリアはデータ連携ミドルウェア製品「ASTERIA WARP」の新バーションを販売開始した。(2017/3/29)

「エンゲージメントエコノミー」とこれからのマーケティング:
ABM? 人工知能? それとも? Marketoの「本当の強み」について聞いてみた
エンゲージメントプラットフォームとして市場でプレゼンスを高めるMarketo。企業の成長戦略をどう支えていくのか。プロダクトマーケティング担当のトップに話を聞いた。(2017/3/28)

アクセンチュアなど11社と協業:
「Marketo ABM」が本格展開、日本でABMを成功させるための条件とは?
マルケトはB2Bマーケティング支援事業を営むパートナー11社と協業し、日本市場に向けて「Marketo Account-Based Marketing」を本格提供すると発表した。サービスの背景と今後について聞いた。(2017/3/9)

「Marketo」連携も可能:
動画で名前の呼びかけや個別の案内情報、IBSがパーソナライズド動画サービスを提供開始
インテリジェンス ビジネスソリューションズは顧客一人一人のニーズに合わせたパーソナライズド動画をメール配信できるサービス「personalize me(パーソナライズミー)」の提供を開始した。(2017/2/7)

ホットリード化の確率を予測:
アイズファクトリー、「Marketo」のスコアリングとシナリオを最適化するクラウドサービスを提供
アイズファクトリーは、「Marketo」のスコアリングとシナリオを最適化するクラウドサービス「bodais for Marketo」の販売を開始したと発表した。(2017/1/16)

導入支援コンサルティングサービスを開始:
富士通がMarketoとマーケティングオートメーション事業で協業
富士通は2017年1月13日、マーケティングオートメーション事業において、Marketoと協業すると発表した。(2017/1/13)

リード研所長が聞く:
マーケティングと営業の溝を埋めるため「本物のABM」の話をしよう――庭山一郎(シンフォニーマーケティング)
新刊『究極のBtoBマーケティング ABM(アカウントベースドマーケティング)』を上梓した庭山一郎氏。B2B企業のマーケターに伝えたいABMの本質とは?(2017/1/6)

年間記事ランキング2016 【取材レポート編】:
「Coke ON」「AbemaTV」「Pepper」他、ITmedia マーケティング読者が2016年に注目したトピックは?
「マーケ×IT」の最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に公開した全記事の中から最もよく読まれた記事をランキング形式で紹介します。今回は取材レポート編です。(2016/12/29)

ビズリーチ、freee、Viibarが導入:
Web接客の「KARTE」がB2B向け活用も視野に「Marketo」と連携
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」とマルケトが提供するマーケティングオートメーションツール「Marketo」が連携開始したと発表した。(2016/12/2)

GoogleやAmazonに先を越されないために
Microsoft CEOも賛同、「CIOはデジタル変革でCEOをサポートせよ」
CEOの思考の中核部分を占めるデジタルビジネス革新に、最高情報責任者(CIO)のサポートは不可欠だ。本稿では、2016年10月に開催された「Gartner Symposium/Itxpo」から重要なニュースをお届けする。(2016/11/29)

44歳のリーダーがデジタルトランスフォーメーションを促進:
Marketo、新CEOにSAP出身のスティーブ・ルーカス氏
Marketoは2016年11月1日、最高経営責任者が交代したことを発表した。(2016/11/2)

「SPEEDA」と連携:
コンカーとユーザベース、AI活用のマーケティングプラットフォーム構築に向けた実証実験を開始
出張・経費管理クラウドサービスを提供するコンカーはユーザベースと共同で、AIを活用したマーケティングプラットフォーム構築に関する実証実験を実施する。(2016/10/25)

エンゲージメントの創出、管理機能を強化:
マーケットワン・ジャパン、「SHANON MARKETING PLATFORM」活用で「デマンドセンターBPOサービス」を拡充
マーケットワン・ジャパンは、同社の「デマンドセンターBPOサービス」において、シャノンが提供するマーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」を活用したサービス拡充を行うと発表した。(2016/10/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。