ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「丸紅」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「丸紅」に関する情報が集まったページです。

丸紅情報システムズ:
whiteCryptionの暗号鍵保護ソフト「Secure Key Box 5.13.0」の提供開始
丸紅情報システムズは、whiteCryptionの暗号鍵保護ソフトウェア「Secure Key Box 5.13.0」の提供を開始した。(2018/8/20)

丸紅情報システムズ(MSYS):
IoTを活用した新サービスの立ち上げに効果を発揮する「IoTセンサーキット」
丸紅情報システムズ(MSYS)は、同社製IoTゲートウェイ装置「EasyupLink」と、接続検証済みの各種センサーを組み合わせた「IoTセンサーキット」の販売を開始する。(2018/8/7)

IoTセキュリティ:
IoTデバイス向け軽量暗号Speckに対応した暗号鍵保護ソフトウェア
丸紅情報システムズは、whiteCryptionの暗号鍵保護ソフトウェア「Secure Key Box 5.13.0」の提供を開始した。IoTデバイス向け軽量ブロック暗号「Speck」に対応している。(2018/8/3)

IT活用:
丸紅が電力小売にAI、市場分析に日立「Lumada」を導入
丸紅は国内の電力小売事業における市場分析に、日立のIoTプラットフォーム「Lumada」を導入。AIなどを活用し、市場分析手法の高度化を目指すという。(2018/6/5)

自然エネルギー:
水道施設の未利用エネルギーを活用、宮城県に小水力発電所
丸紅が宮城県白石市に建設を進めていた小水力発電所が2018年4月から稼働を開始。既存の水道設備間の落差と水流量を活用した発電所だ。(2018/5/21)

狙いは「働き方改革」ではない:
賛否両論の丸紅「社内副業」義務化 人事部長に真意を聞いてみた
大手総合商社の丸紅による「社内副業義務化」報道が議論を呼んでいる。丸紅の鹿島浩二人事部長に真意を聞いた。(2018/5/7)

製造ITニュース:
ノキアと丸紅がグローバルIoT通信サービス提供で合意
フィンランドのノキアソリューションズ&ネットワークスと丸紅は、海外における各キャリアとの接続やグローバル通信サービスの共同開発について合意した。2018年3月中旬からノキアのグローバル通信監理基盤「WING」の実証実験を開始する。(2018/3/14)

Studioシステム/Productionシステム:
MSYSが米Desktop Metalと代理店契約を締結、金属3Dプリンタの国内販売を開始
丸紅情報システムズ(MSYS)は米Desktop Metalと代理店契約を締結し、Desktop Metal製金属3Dプリンタ「Studioシステム」の国内販売を開始した。(2018/3/13)

3Dプリンタニュース:
MSYSがBMD方式金属3Dプリンタ「Studioシステム」の国内販売を開始
丸紅情報システムズは、米Desktop Metalと代理店契約を締結し、金属3Dプリンタ「Studioシステム」の国内販売を開始した。他の金属3Dプリンタと比べて安価で、設置環境の整備にも高額な費用を必要としないので、製造業への普及が期待できる。(2018/2/27)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタによる胎児モデルの造形サービス、出産の記念に
丸紅情報システムズは、大阪市の産婦人科医院と協業して3Dプリンタによる3D胎児モデル造形サービスを開始する。出産の記念に、妊婦や家族に胎児の3Dモデルを提供する新たな付加価値サービスとなる。(2017/10/10)

構造計画研究所/MSYS ARAMIS:
CAE技術と非接触計測技術を融合し、高精度な性能評価サービスを提供
構造計画研究所は、丸紅情報システムズと、非接触光学式3Dひずみ/変形測定機「ARAMIS」(ドイツGOM製)の代理店販売契約を締結した。(2017/7/5)

「社内版NewsPicks」提供開始 まず丸紅が導入
経済ニュース共有サービス「NewsPicks」に、法人向け機能「社内版NewsPicks」が登場。まず丸紅が導入する。(2017/7/4)

法人専用タブを新設:
「社内版NewsPicks」登場 丸紅が導入第1弾
経済情報に特化したニュース共有サービス「NewsPicks」が、新サービス「社内版NewsPicks」を開始。社員だけが利用できるタブを新設し、情報共有やコミュニケーション活性化を支援する。第1弾として丸紅が導入する。(2017/7/4)

丸紅情報システムズ/GOM ATOS ScanBox Series 8:
最大級の測定エリアを誇る非接触3D形状測定システムが国内初導入――作業時間短縮と無人化を実現
丸紅情報システムズ(MSYS)は、ドイツGOM製の非接触3D形状測定システムの最上位機種「ATOS ScanBox Series 8」を、国内で初めて総合試作メーカーであるトピアに販売した。(2017/6/27)

CAEニュース:
CAEと非接触計測技術を組み合わせた高度な性能評価サービスを提供
構造計画研究所と丸紅情報システムズは、非接触光学式3Dひずみ/変形測定機「ARAMIS」の代理店販売契約を締結した。シミュレーション技術とARAMISの非接触計測技術を組み合わせ、高精度な性能評価サービスを提供する。(2017/6/15)

エネルギー管理:
丸紅、火力発電所にGEのPredix導入 世界展開も検討
丸紅は所有する天然ガス焚き複合火力発電所に、GE Powerの産業向けIoTプラットフォームを導入する。プラント運営全体を最適化することで、収益の増加とコスト削減を目指すという。(2017/4/24)

ETC2.0を軸に、物流事業者向けIoT車両運行管理の革新を支援:
丸紅とOKI、「ETC2.0車両運行管理支援サービス」の社会実験を開始
丸紅と沖電気工業がETC2.0を利用した物流事業者向けの車両運行管理支援サービス実験を共同で開始。ETC2.0を軸に、物流の効率化を図るIoTソリューションの開発を目指す。(2017/3/7)

電力供給サービス:
人工知能で電力需要を予測、7日間先までを30分単位で
丸紅新電力日本気象協会は新しい電力需要予測システムの実証試験に着手する。丸紅新電力の電力小売事業で培ってきた需給調整力と、日本気象協会の予測ノウハウ、気象分析、最新の人工知能を融合させた独自の電力需要の予測技術を活用し、7日間先まで30分に電力需要を予測できるという。(2017/1/27)

自然エネルギー:
計画中の洋上風力発電プロジェクト取りやめ、コストと風況が想定から外れる
茨城県の沖合で計画していた2つの洋上風力発電プロジェクトのうち1つが取りやめになった。事業予定者の丸紅が茨城県に申し入れたもので、国内最大の洋上風力発電計画は見直しを迫られる。取りやめの理由は建設コストが想定を上回り、一方で発電量を左右する風況が想定よりも悪いと判断した。(2017/1/13)

最大6種の複合素材を同時利用できる大型フルカラー3Dプリンタ「Stratasys J750」――丸紅情報システムズ
丸紅情報システムズは、米Stratasys製となるフルカラー3Dプリンタ「Stratasys J750」の取り扱いを発表した。(2016/6/23)

ホワイトペーパー:
丸紅が7000人のBYOD実現を目指して決めた「攻めの選択」とは
丸紅が、国内4000人の従業員が出張先や自宅から会社データにアクセスできるセキュリティと利便性を両立した環境を構築。BYODを視野に入れたワークスタイルの変革を実現した同社の取り組みとそれを可能にしたシステムとはどのようなものだったのか。(2016/5/30)

丸紅、最終益1200億円減の下方修正 資源価格下落で減損
丸紅が最終益見通しを1200億円下方修正。資源価格の下落に伴い関連事業で減損を迫られるのが要因。(2016/4/19)

スタジオジブリが鳥獣戯画をアニメに 丸紅新電力が公開
“日本最古の漫画”鳥獣戯画がアニメに――丸紅新電力がスタジオジブリが制作する新電力プランのプロモーション映像を公開した。(2016/3/15)

「鳥獣戯画」、ついにアニメ化――制作はスタジオジブリ
日本人には馴染み深い絵巻物語「鳥獣戯画」がついにアニメになった。しかも制作はあのスタジオジブリ。丸紅新電力の企業CMとして放映される。(2016/3/15)

日本の原風景を未来に残す――丸紅新電力からスタジオジブリとコラボした電気料金プランが登場
丸紅新電力は、スタジオジブリとのコラボレーションによる新電気料金プラン「プランG」を発表した。「プランGのGはジブリのG、GreenのG。日本の原風景を残していくプランだ」。(2016/3/15)

ジブリ、鳥獣戯画に命を吹き込む 絵巻物がそのまま動くアニメCMを製作
丸紅新電力とのタイアップCM。(2016/3/15)

「E-JAWSカンファレンス」リポート
AWSが丸紅グループにもたらしたものは「足かせのない自由なIT投資」
総合商社の丸紅は2013年秋から、2つのプライベートクラウドをAWSへ順次移行している。得られたのはDRの実現や運用自動化の他、“勝ち組”AWSならではのメリットだ。(2015/12/15)

太陽光:
苫小牧に出力30MWのメガソーラー、太陽光で9000世帯分の電力
丸紅は太陽光発電や水力発電などの再生可能エネルギー事業に注力している。同社の新たな出力29.8MWのメガソーラーが北海道苫小牧市で稼働を開始した。年間発電量は約3200万キロワット時を見込んでいる。(2015/11/2)

丸紅情報システムズ、BLEビーコン「RapiNAVI Air2」をEddystone対応に
丸紅情報システムズが自社BLEビーコン「RapiNAVI Air2」を、Google「Eddystone」に対応させた。販売済製製品についても有償のソフトウェアアップデートにて対応する。(2015/10/21)

電力供給サービス:
楽天が電力小売りに参入、丸紅と提携し電力大手による寡占打破へ
楽天と丸紅は低圧需要家向けの電力小売り事業に向け業務提携を行うと発表した。2016年4月の電力小売り完全自由化に向け、新たなサービス開発などに取り組んでいく。(2015/9/2)

自然エネルギー:
最大34基で170MWの洋上風力発電所、環境影響評価が秋田県で始まる
秋田県の2つの港に建設する洋上風力発電所の開発計画が動き出した。丸紅を中心とする事業者グループが環境影響評価の手続きを開始した。計画では能代港と秋田港の港湾区域に合計で最大34基の大型風車を設置して170MWの発電能力を発揮する。2021〜22年の運転開始を目指す。(2015/8/26)

DMS2015:
月面ローバーからスポーツカーまで、樹脂素材で3Dプリントした最終製品
丸紅情報システムズは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」で、スポーツカーや食品工場向けロボットのパーツなど、樹脂素材で3Dプリントした最終製品の事例を多数紹介した。(2015/7/7)

3D技術ニュース:
航空宇宙産業をターゲットとしたハイエンド3Dスキャナを販売開始
丸紅情報システムズはハイエンド非接触光学式3次元測定機/3Dスキャナ「エイトス(ATOS)」(独ゴム製)シリーズの最上位機種「エイトス トリプル スキャン 16M(ATOS Triple Scan 16M)」を販売開始する。「第26回設計・製造ソリューション展」でも展示する。(2015/6/24)

CADニュース:
ハイエンド統合CAD/CAMソフトの新版「Tebis Version 4.0 Release1」販売開始
丸紅情報システムズ(MSYS)は、独Tebis社のハイエンド統合CAD/CAMソフトウェア「Tebis」の最新版「Tebis Version 4.0 Release1」の販売を2015年10月1日より開始すると発表した。(2015/6/19)

自然エネルギー:
国内外の未利用材を福井県に集約、バイオマス発電で7万世帯分の電力に
原子力発電所が数多く集まる福井県の沿岸地域で、発電能力が37MWに達するバイオマス発電所の建設プロジェクトが始まる。全国で再生可能エネルギー事業を展開する丸紅グループが初めてバイオマス発電に取り組む。国内と海外からも未利用材を集めて、2017年の夏に運転を開始する予定だ。(2015/3/2)

自然エネルギー:
145MWの洋上風力発電所、秋田港と能代港で建設計画が決まる
秋田県の2つの港を対象に検討が進んでいた洋上風力発電プロジェクトの実施体制が決まった。県の公募で選ばれた丸紅が事業者になって、2カ所の洋上に合計29基の大型風車を設置する計画だ。発電規模は145MWに達して、年間の発電量は10万世帯分を超える。2021〜22年に運転を開始する。(2015/2/9)

3Dプリンタニュース:
CT/MRIデータを立体化する医療向け3Dモデル造形サービス
丸紅情報システムズは、3Dプリンタで医療向け3Dモデルを造形する受託サービス、「メディカル3Dモデル造形サービス」を開始した。(2015/2/4)

オートモーティブワールド2015:
自動車部品の平面形状を広範囲に一括で測定できる装置
丸紅情報システムズは、「オートモーティブワールド2015」において、米国のCoherixが開発した非接触式3次元平面計測システム「ShaPix」を展示した。平面形状に細かな凹凸を作り込んだ自動車部品の平面形状の精度を測定する装置である。(2015/1/15)

自然エネルギー:
総事業費160億円のメガソーラーが運転開始、干拓地から1万4000世帯分の電力
三重県と愛知県にまたがる木曽川の河口に造られた広大な干拓地に、発電能力49MWの巨大なメガソーラーが完成した。約160億円の総事業費をかけて丸紅が建設したもので、年間の発電量は1万4000世帯分の電力に相当する。丸紅が全国で展開するメガソーラーの規模は約200MWにのぼる。(2014/12/18)

3Dプリンタニュース:
丸紅情報システムズ、タイ国内でストラタシスの3Dプリンタを販売開始
丸紅情報システムズ(MSYS)は、米国の3DプリンタメーカーStratasysとタイ国内における3Dプリンタの販売代理店契約を締結した。タイ国内の日系自動車メーカーなどを対象に、今後1年間で1億円の売り上げを目指すという。(2014/9/30)

3Dプリンタニュース:
ストラタシス、3種類の樹脂を同時造形できる3Dプリンタ発売――複合樹脂も利用可能
ストラタシスは3種類の樹脂を同時造形でき、複合特性樹脂も利用可能な3Dプリンタを発売する。国内販売はアルテックと丸紅情報システムズが行う。(2014/9/18)

DMS2014:
3Dプリンタとセグウェイがコラボレーション!――丸紅情報システムズ
丸紅情報システムズは「第25回 設計・製造ソリューション展」のブース内で、同社が3Dプリンタで製造したカスタマイズパーツを装着したセグウェイを展示した。同社とセグウェイジャパンは、今後1年をめどに用途に応じたカスタマイズパーツの開発や実証実験を共同で実施するという。(2014/6/26)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ「FORTUS」のドライバに新版が登場、造形時間の短縮が可能に
丸紅情報システムズは、米国ストラタシス社製3Dプリンタ「FORTUS」シリーズのドライバソフト「Insight」がアップグレードされたと発表した。「Use Model Material」や「Stabilize Wall」といった新機能が追加され、ユーザビリティの向上や造形時間の短縮が可能になったという。(2014/6/16)

DMS2014開催直前! ブース出展情報:
3Dプリンタ、3Dデジタル計測機、CAD/CAMなど最新機器を紹介――MSYS
「第25回 設計・製造ソリューション展」の丸紅情報システムズ(MSYS)ブースでは、3Dプリンタ、3Dデジタル計測機、CAD/CAMなどを製造業の各プロセスに合わせて、トータルソリューションとして紹介する。(2014/5/26)

丸紅、社員7000人利用のアプリケーション仮想化基盤導入
国内中心の社員4000人強と海外・グループ会社を含む合計7000人を対象としたシステムを導入している。(2014/5/14)

自然エネルギー:
津波と地盤沈下を被った宮城、28MWの太陽光で再生へ
丸紅は仙台空港近隣の岩沼市で出力28.4MWのメガソーラーを着工したと発表した。東北地方に立地する太陽光発電所としては最大級となる。総事業費は70億円だ。着工に至るまでの準備段階に2年弱を要した。(2014/4/11)

丸紅とNRI、システム開発保守/クラウドサービスの合弁会社を設立
丸紅と丸紅情報システムズ、野村総合研究所がITサービスの新会社を設立。社外顧客向けクラウドサービスなども展開する。(2014/2/17)

電力供給サービス:
新電力の構造が変わるか、丸紅が10万kWの火力発電所を買収
電力供給に占めるシェアが高まり続ける新電力。2016年の電力完全自由化後はさらに存在感を増すと考えられている。丸紅は自社電源の強化に動き、2014年1月に火力発電所を買収。今後も電力供給能力を高めていく。(2014/1/15)

エネルギー管理:
デマンドレスポンスで9000MWを管理する米企業が丸紅と合弁、東電にも電力サービスを提供
電力消費のピーク需要をカットすることで需給ひっ迫を抑え、長期的な電力設備への投資も抑制できる「デマンドレスポンス」(DR)サービス。海外で1万2000社を対象に9000MWのDRサービスを提供する米EnerNOCが、丸紅と合弁会社を設立。実証実験では東京電力に対してDRサービスを提供する。(2013/12/16)

自然エネルギー:
北海道で地熱開発、丸紅が「10年計画」に着手
東日本大震災以降の規制緩和を受けて、地熱発電に関する調査が進み始めた。海外で地熱発電事業に参画してきた丸紅は、2013年9月、大雪山国立公園内において地熱関連の調査を開始した。規制緩和後の北海道内の地熱調査としても初の試みとなる。(2013/9/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。