ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Huawei Mate 8」最新記事一覧

iPhone 6sとも比較――「HUAWEI P9」の外観、持ちやすさ、CPU性能をチェックする
ライカと共同開発したカメラレンズを搭載する「HUAWEI P9」。狭額縁設計を施したボディーに5.2型フルHD液晶を搭載している。グローバルモデルの実機を入手したので、外観や持ちやすさをチェックした。(2016/4/29)

HuaweiもVR HMDに参入へ P9をセットする「Huawei VR」のプロトタイプを発表
Samsung Electronics、LG Electronicsに続き、Huaweiもスマートフォン搭載型のVR HMDを発表した。フラッグシップ端末「P9」「P9 Plus」だけでなく「Mate 8」もセットできる。(2016/4/16)

「iPhone 6s/Galaxy S7よりキレイ」:
ライカ品質のレンズで「芸術的な写真」が撮れる――「P9/P9 Plus」で目指した新しい体験
ライカと共同開発したカメラレンズを搭載したHuaweiの新製品「P9/P9 Plus」。これまでのスマートフォンのカメラとは何が違うのか? iPhone 6sやGalaxy S7との比較も交えながら、Huaweiのリチャード・ユウ氏が説明した。(2016/4/7)

Mobile World Congress 2016:
HuaweiがPC市場に参入する狙い/SIMフリー市場で生き残るための秘策
MWCではWindows 10を搭載したタブレット「HUAWEI MateBook」を発表したHuawei。同社がPC市場に参入する狙いは? 日本のSIMフリー市場で生き残るための策とは? ファーウェイ・ジャパンのデバイス事業トップの呉波氏に聞いた。(2016/2/26)

Mobile World Congress 2016:
注目の「MateBook」をメインに、最新モデルを一挙展示したHuawei
コンシューマー向けブースでは発表直後のWindow 10搭載の「HUAWEI MateBook」をメインに、スマートフォンやタブレット、ウェアラブルを多数展示していた。(2016/2/26)

Spigen、「Nexus 6P」用ハードケースに新色を追加 「Huawei Mate 8」用スマホケースも発売
Spigenが、Nexus 6P用の薄型軽量ハードケース「シン・フィット」に新たに2色を追加する。Huawei Mate 8用のスマホケース「ウルトラ・ハイブリッド」「ラギッド・アーマー」も新発売する。(2016/2/4)

SIM通:
「CES 2016」で見つけた、日本市場への投入期待・最新スマホ
冷蔵庫からドローンまで、多種多様なデバイスが展示された「CES 2016」。その中から、日本への上陸が期待される最新スマホをいくつか紹介したいと思います。(2016/2/2)

日米展開の今後は?:
スマホ1億台出荷の中Huawei 海の向こうで華開いたニッポン的物作り
2015年に1億台以上のスマホを出荷したHuawei。数から品質への戦略転換を果たし、世界的なブランドイメージの向上に努めている。躍進の原動力とはなにか? グローバルの担当者に聞いた。(2016/1/18)

CES 2016:
日米攻略が鍵を握る、Huaweiのスマートフォン事業トップが語るグローバル戦略
世界市場でシェア拡大を続けるHuaweiだが、スマホ市場はすでに飽和し、大きな成長は望めないという声もある。日米市場をどう攻略するかなど、今後の端末戦略を聞いた。(2016/1/8)

CES 2016:
“クール”なスマートフォン「Mate 8」、日本でも発売予定の「MediaPad M2」発表――Huawei
HuaweiがCES 2016でスマートフォン「Huawei Mate 8」とタブレット「MediaPad M2」、女性向けのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH Jewel/Elegant」を発表。MediaPad M2は日本でも発売予定だ。(2016/1/7)

「Snapdragon 820」の性能はどれだけ向上したのか?――リファレンスモデルで試した
Qualcommの次期プロセッサ「Snapdragon 820」は、CPUの性能が810と比べて2倍向上したとされているが、実際はどうなのか? 開発者向けのリファレンスモデルでベンチマークをしてみた。(2015/12/11)

Huawei、6型で「Kirin 950」搭載のフラッグシップ「Huawei Mate 8」を発表
「Mate S」の日本での発売を発表したばかりのHuaweiが「Mate 7」の後継モデルに当たる6型の「Mate 8」を発表した。サイズはMate 7と同じで、プロセッサやカメラなどがグレードアップしている。(2015/11/27)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。