ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「松下幸之助」最新記事一覧

【新連載】DMP成功まで、あと1センチ:
なぜDMPは必要か、そしてなぜDMPで失敗するのか
「DMPって何か失敗している企業が多いらしいし、手を出すのが怖い」――。そう考える人は多いと思いのではないでしょうか。とはいえ、彼らが失敗したポイントはほんのささいな、そしてすぐに修正できるケースが多いのも事実です。(2016/11/11)

小学校でのプログラミング必修化 約半数の親が「必要」と認識
小学校でのプログラミング教育の必修化、必要だと思いますか?――VSN調べ。(2016/9/23)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
経営チームはこうつくる
繁栄している企業のトップは、必ず誰かの力を借りて成功している。ドラッカーが残した5つの質問に対する答えを経営チームで出し合い、議論を通じて、共通の考えを作り出してほしい。(2016/8/31)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
出世する人としない人の差は、微差であり、その微差こそが大差になる
成功する人やうまくやれる人は、成功し、うまくいくような原理原則に則って行動している。(2016/7/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「間違いだらけのビジネス戦略」が読み解く2015年のビジネス・シーン
家電小売りのガリバー ヤマダ電機が、昨年までの不調から一転して好調な業績になった理由はどこにあるか。それは、経営戦略の転換である。(2015/11/19)

一流の人が実践しているトイレ習慣とは
(2015/9/26)

銀座で学んだこと:
出世した人のパートナーは、どんな人?
小説やドラマのように、大成された方には“できた妻”の存在がかかせないようです。では、現在出世されている方のパートナーはどういう人なのでしょうか?(2015/9/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
2%のエース思考 “The approaches of the top 2%”――あなたはいつまで「同期」の中に埋もれているのか?
多くの優秀な企業人たちと接してきた中に一定の割合で、紛いもなくエースだと唸るような人たちがいた。彼らはどのような思考、行動を取っているのか。(2015/7/30)

銀座で学んだこと:
出世した人、出世しそうな人に共通する“断崖絶壁法”とは
夏のボーナスが支給され「何を買おうかなあ」と考えている人もいるのでは。年齢や環境によってお金の使い道は変化しますが、経営者や役員など、出世された方々は若かりしころにお金をどのように使っていたのでしょうか。(2015/7/27)

素朴な疑問を一刀両断! 暮らしてみて分かった「本当の中国」 
中国で生活した経験を基に書き上げた書籍『仰天!中国に住んでみたらスゴかった!中国・中国人のウソ?ホント!』。著者の白石香代子さんに、同書の魅力などを伺った。(2015/7/25)

上司はツラいよ:
“経験と理論”がつながったとき、“脱ツラい上司”への道が見えてくる
リーダーともなると、いろいろツラいことが多いもの。しかし、リーダーとしてのさまざまな経験がマネジメント理論にひもづけられると、自分自身も納得がいくし、部下に話す際の説得力も増す。その積み重ねがリーダーに磨きをかけていくのだ。(2015/6/19)

従業員50人以上の事業所はすべて対象:
ストレスチェック義務化、注意すべきポイントとは?
12月から、従業員数50名以上の事業所に義務づけられるストレスチェック。いわば“心の健康診断”だが、企業はどのような対応をすればいいのだろうか? また受ける側も「結果を会社に知られるのが怖い」などの懸念があるのでは。ストレスチェックについて知っておきたいポイントをまとめた。(2015/5/22)

究極の人心掌握? 「やる気が出る」松下幸之助の名言
(2015/5/21)

動画で360度チェック:
1分で分かる人気タイトルの魅力「1分間」シリーズ
人気タイトルの魅力に動画で迫る本連載。第2弾はSBクリエイティブ刊「1分間」シリーズを取り上げる。(2015/3/24)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「ルンバ、トリダス、UCCミルクコーヒー」――ヒットの影にニーズの断捨離あり
事業戦略をいかに立てるか……。戦略とは「戦いを略(はぶ)く」ことであり、お客さまが買う理由を考え抜くことから始まる。(2015/2/2)

高級牛肉を拒否! 本田宗一郎の生き様
本田宗一郎氏の哲学が垣間見えるエピソード。(2015/1/13)

書くだけで人生がうまくいく嫌なことノート:
「悪口言って100万円」の広告を出したユニクロ
企業が気付かないうちにお客さまにしている「嫌なこと」を知る方法があります。それはお客さまからのクレーム。今回は、クレームを経営にうまく生かして成功している企業の例を紹介します。(2014/12/17)

ビジネスニュース 企業動向:
『Fujisawaモデル』を世界へ、パナソニックの成長を担う“街”がオープン
Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下、Fujisawa SST)の中核施設となる「Fujisawa SST SQUARE」がグランドオープンした。代表幹事を務めるパナソニックは、Fujisawa SSTを「成長戦略のフィールド」と位置付ける。今後は「Fujisawaモデル」として、この取り組みを全世界に水平展開していく予定である。(2014/11/28)

明日を変える働き方:
「このままではダメだ」という危機感を抱く
組織の中で、誰も危機感を感知することがなければ何も起こりません。変革の第一歩は、リーダーが危機感を他の誰よりもディープに感じることから始まるのです。(2014/10/27)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第5回 “事実の見える化”から“行動の測る化”へ
最終回となる今回は、営業活動における目標と実績のバラツキを抑えるために「マネジメント」が果たす効果を「測定」という視点から考察する。(2014/10/21)

世界で売れてる、日本発のヒット商品:
“イケてない企業”が陥りがちな、2つのワナ
日本製テレビのリモコンにはたくさんのボタンが付いている。消費者からは「こんな機能、いらないのでは?」「一度も触ったことがないボタンがある」といった不満の声が聞こえてきそうだが、なぜリモコンは複雑になってしまったのだろうか。(2014/10/1)

ITソリューション塾:
それは「権限委譲」ですか? それとも「丸投げ」ですか?
「お前にこの仕事は任せた!」と威勢良く言っておきながら、仮に失敗したときにその責任を負わない。これは権限移譲とは決して呼べない。(2014/9/8)

頑張っても報われない、その理由とは?
自分が誰かに与えた幸せはが自分にも返ってくるという「幸せブーメランの法則」。そんな幸せブーメランの法則を実践する望月俊孝さんにお話を伺いました。(2014/8/19)

言うことがコロコロ変わるリーダーは優秀だった?
さまざまな形で語られるリーダー論。離職率が5%という「無印良品」の会長を務める松井忠三氏の著書から、松井氏によるリーダー論を紹介します。(2014/8/12)

やる気がわいてくるたった1つの方法:
借りものでもかまわない――「ドン・キホーテの原理」
作家じゃあるまいし、ストーリーをつくるなんてムリだと思うかもしれない。それなら、仕事を意味付けるストーリーを部分的に借りてそれを組み立てればいい。たとえ借り物でも、ストーリーを持つことが大切なのだ。(2014/7/29)

基幹業務システムのDB統合は可能か(1):
パナソニックグループはいかにして分散する基幹DBを集約したか【前編】
共通化や標準化、サービス化による、運用効率改善を狙う企業情報システム部門の取り組みが注目される中、基幹業務システムのデータベースは依然として散在している状況にあるケースが少なくない。データベースならではの、アプリケーションとの関係、パフォーマンスの課題を、先行企業はどのように克服していったのだろうか。前後編の2回にわたり、DBaaS環境実現の取り組みを追う。(2014/5/16)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
「上司学」から学ぶ、ほとんどのマネジャーができていない、最も大切なこと
どんなにすごい経営者やマネジャーでも、やっていることは普通の人とあまり変わらない。当たり前のことを徹底できているかどうかが重要だ。上司がやるべき「6つの当たり前」とは。(2014/2/12)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
大学全入時代、必要なのは学歴よりもビジネスセンス?
お金持ちは将来子どもから受け取るリターンもしっかりと計算した上で進路指導をします。よって進学についても、時には最終学歴よりも就職後に儲かる道を勧めるのです。(2014/2/5)

PHP研究所、iOS向けに電子書店アプリをリリース
PHPがiOS向けに電子書店アプリ「PHP研究所ストア」をリリースした。電子書籍の購入だけではなく、松下幸之助語録も毎日配信される。(2013/12/11)

いまどきエンジニアの育て方 ―番外編―:
百戦錬磨のエンジニアが教える、「開発コストを減らす4つのコツ」(前編)
開発費の削減と開発期間の短縮。この2つはエンジニアにとって逃れられない命題となっている。開発費を削減されたからといって、設計する製品の性能を落とすわけにはいかない――。こうしたジレンマを乗り越え、従来機種に比べて半分の開発費と開発期間で新機種を開発したチームがある。このチームを率いた開発部長A氏とは、いったいどのような人物なのだろうか。(2013/10/30)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/7)

トップ3%の人の仕事のルール:
松下幸之助に学ぶ「実行するチカラ」
トップ3%に入るような成功者は、少し違った基準で仕事をしています。その基準の多くは、細かいスキルや能力を伴うものではなく、仕事に対する姿勢やモノのとらえ方に関するものです。今回は、パナソニックの創業者、松下幸之助さんの場合を見てみましょう。(2013/10/4)

「ボクは徳川家康よりエライ」経営の神様が放った言葉の意味とは
“経営の神様”として有名な松下幸之助が放った「ボクは徳川家康よりエライ」という言葉の意味とは? 書籍『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』から紹介します。(2013/9/25)

文字で分かる“お金持ちになる人”
筆跡には人柄が現れるといいます。今回は筆跡を体系的に検定する筆跡鑑定士の竹内千絵さんの著書より成功する人の筆跡の特徴を紹介します。(2013/9/13)

世界で通用する人がいつもやっていること:
ライバルの良いところをとことん吸収する
あなたには最高のライバルと呼べる人はいますか? ライバルとは足を引っ張り合うのではなく、互いの長所の盗み合いをして高め合える貴重な存在です。そして、その存在に感謝する姿勢が大切なのです。(2013/6/18)

松岡功のThink Management:
世界のCEOが選んだ尊敬するリーダー像
世界のCEOが最も尊敬するリーダーは誰か? PwCが先頃こんな調査結果をまとめた。そこから見えてきたリーダー像とは——。(2013/5/9)

窪田順生の時事日想:
「社会主義が最も成功したのは、日本」と皮肉られているワケ
厚生労働省の調査によると、約9割の人が「終身雇用に賛成」しているという。日本人にフィットしている「終身雇用」は、どこの国のモデルを参考にしたのか。意外にも……。(2013/4/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
2分でわかる! ビジネス名著100冊のエッセンス
スポーツ選手、歌手など世界で成功を収めている人は日々トレーニングを重ねている。ビジネスマンにとってのトレーニングとは何だろうか。それは「読書」ではないか。(2013/4/4)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(28):
WhatとHow、どっちも大事
政策は「How」である。WhatよりもHowが重要だ。私は授業でそればかり話している。ところが、このところ、やっぱりHowよりWhatかなあ。と思わせることが増えてきた。(2013/3/18)

40代にしておきたい17のこと:
40代には3種類の生き方がある――それは
40代になると生き方が3種類に分かれてきます。希望と夢をもって生きるのか、はたまた退屈を感じながら生きるのか、あるいは絶望とともに生きるのか。いずれにしても40代はもう一度、本当に自分が望んで生きるコースを選択するタイミングでもあります。この3つの中から、あなたはどれを選びますか?(2013/1/11)

2013 International CES:
パナソニックはTVだけの会社じゃない――津賀一宏社長講演
北米ではテレビメーカーとしてのイメージが強いパナソニックが、いかにそのイメージから脱却できるか。津賀一社長の基調講演では、6つのポイントを挙げて丁寧な説明が行われた。(2013/1/10)

若手社員のうちに学びたい、「上司力」入門:
自分の思い通りに仕事を進める――3つのポイント
「自分が思い描いていた通りに、仕事が進まない……」と嘆いているビジネスパーソンも多いのでは。仕事を楽しみながら、自分の思い通りに進めるためにはどうすればいいのか。3つのポイントを紹介しよう。(2012/12/27)

若手社員のうちに学びたい、「上司力」入門:
“昭和上司”にならないために、彼らから学ぶべき3つのこと
「社内でのコミュニケーションをどうすればいいのか」と悩んでいる人も少なくないだろう。今後、上司になっていく人に身につけてほしいのは「巻き込み対話力」である。(2012/12/13)

社長が選ぶ2012年最優秀経営者、JALを再建させた稲盛和夫氏がトップ
従業員数が10人以上の企業経営者に2012年の最優秀経営者を尋ねたところ、トップは日本航空を再上場させた稲盛和夫氏だった。産業能率大学調べ。(2012/12/11)

AKB48は日本製造業の正当なる後継者だ
日本製造業の後継者はAKB48にほかならない。カイゼンを徹底し、顧客第一主義を貫く商品作りの2点において、モノ作りとAKB48は奇妙な合致を見せる。AKB48に未来を感じることは、日本に未来を感じることだ。(2012/12/5)

ビジネスパーソンに求められる“キレ”と“コク”の思考
「大きな問い」を発し、「大きな答え」をつかむためには、「キレ」と「コク」の領域を大きく往復することが欠かせない。(2012/11/30)

「ITmedia マーケティング」書評:
透明な時代に求められる企業への実践的経営指南書
日本アイ・ビー・エムの永井孝尚氏(「100円のコーラを1000円で売る方法」の著者)がループス・コミュニケーションズ 斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」を読んで示すキーワードは「透明性」。時代が求めるさまざまな意味の透明性に企業はいかにして対応すべきなのか?(2012/11/13)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第5回 日本的経営、その光と影
1929年には世界大恐慌が日本経済を直撃し、街には失業者が溢れたが、松下幸之助は生産を半減しながら、社員を1人も解雇しなかった――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/11/5)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(9月14日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/9/14)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
経済成長が無理なら、流動性を!
2年前に赤木智弘さんと対談したちきりんさん。フリーターの若者が「希望は戦争」という思いを抱いてしまうメカニズムについて考察しました。(2012/7/23)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。