ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「McKinsey&Company」最新記事一覧

マッキンゼー&カンパニー

関連キーワード

CBS、IBM、SAPのデジタルリーダーに聞く変化への対処法
こっそり見ていた動画をワンタッチで隠す「ボスボタン」はこうして生まれた
CBS、IBM、SAPのデジタルリーダーは、デジタルビジネスの推進で大きなハードルに直面し、それを乗り越えてきた。彼らはそのハードルをどのように乗り越えたのか。(2016/7/4)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(3):
自前主義で“モノづくりの自由度”を失った日本
クローズド・イノベーションで辛酸をなめた米国のあるメーカーは、オープン・イノベーションへと考え方を変えていった。一方で日本の半導体業界は、「オープン・イノベーション」をうたいながらも、実際は“自前主義”、過度なクローズド・イノベーションを貫いてきた。(2016/6/27)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(2):
イノベーションを生み出す2つの環境
「新結合」であるイノベーションを行う環境には「クローズド」と「オープン」の2つがある。「クローズド・イノベーション」は、「社内だけで開発し、市場に最初に製品を投入すれば勝てる」という考え方。一方で「オープン・イノベーション」は、「社外の知見も取り入れ、よりよいビジネスモデルを築くことで勝てる」とする考え方だ。(2016/6/9)

Watson IoT技術とシスコのエッジ分析技術を組み合わせて実現:
IBMとシスコ、ネットワークエッジにおけるIoTインサイトの迅速な提供で提携
IBMとシスコは、ネットワークエッジにおけるIoTインサイトの迅速な提供を目指して提携した。(2016/6/6)

専門家がアドバイス:
企業のデータサイエンスチームに“完璧な人材”が不要である理由
企業がデータサイエンスチームを形成するときには、希少価値の高い人材を求めるよりも、さまざまなバックグラウンドを持った人材を確保すべきだ。 (2016/5/30)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(1):
一流の科学技術力を持つ日本人
日本の半導体業界およびエレクトロニクス業界では、低迷が叫ばれて久しい。だが、日本には確かな技術力があるのだ。群雄割拠のこの時代、日本が技術力を余すところなくビジネスにつなげるヒントは、世界屈指のハイテク産業地帯、米国シリコンバレーにある。シリコンバレーのビジネスを30年以上にわたり、最前線で見てきた著者が、“シリコンバレーの活用術”を説く。(2016/5/27)

IT偉人名言:DeNA創業者の南場氏が語ったマッキンゼーの意外な話
(2016/4/24)

書籍転載:
ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform実践インフラ構築 第2章
あらゆる書籍の中から、Windows Server Insider読者に有用だと考えられる情報をピックアップして転載する本連載。今回は、ゲームインフラエンジニア向けのGoogleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」の中からGoogle Cloud Platformの概要ならびに料金に関する章を転載する。(2016/4/20)

戦略コンサルの論考を変革のヒントに(1):
半導体企業はデータで強くなれる!
大企業の上級役職者や経営企画室メンバーでもなければ、仕事で関わる機会がほとんどない戦略コンサルティング企業。でも、モノづくり業界の皆さんにも役立つ論考や調査レポートを、実はたくさん発信しているのです。そうした情報を筆者がピックアップして紹介する本連載。今回は、マッキンゼー・アンド・カンパニーが2016年3月に公開した「アドバンスド・アナリティクスで半導体業界を改善する」を取り上げます。(2016/4/18)

最大1300億ドルもの価値を創出
スマートグリッドテクノロジーと予測分析が電力会社を変える
公益事業会社は、以前にも増して高度な分析手法を業務管理に取り入れるようになっている。本稿では、あるプロバイダーが大成功を収めた方法を紹介する。(2016/4/5)

“これからのエンジニア”の働き方(4):
イノベーターになるための力を伸ばす秘訣〜コミュニケーション力編〜
前回から「求められる力」の伸ばし方についてお話ししています。組織でイノベーションを起こしていくために必要なのが「コミュニケーション力」です。そのコミュニケーション力を伸ばすための3つのポイントをお伝えします。(2016/2/16)

ヒラリー・クリントン氏のアドバイザーが語る
2020年代は「ロボットが人間に命令する時代」、最も影響を受ける人は?
テクノロジー政策の専門家アレック・ロス氏は、認知ロボット工学が労働市場に与える影響と、未来の産業を手中に収めるのに米国が最も有利な立場にある理由を語った。(2016/2/3)

コンテンツマーケティングの進行で、営業マンが不要の時代に
米国では今後5年間で、営業マンの22%、100万人が仕事を失うという調査結果をForrester社が発表。日本でもオウンドメディアを運営する企業が増えてきたが、この先にあるのは、どんな世界だろうか。B2B企業の営業マンは、本当に要らなくなるのだろうか……。(2016/1/15)

水曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
本を読む人は何を手にするのか 日本に“階級社会”がやってくる
「これからの日本は『本を読む習慣がある人』と『そうでない人』の“階層社会”がやってくる」という人がいる。リクルートでフェローとして活躍され、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんだ。その言葉の真意はどこにあるのか。話を聞いた。(2015/12/2)

Computer Weekly製品導入ガイド
アジャイル導入のメリットと、導入を阻む組織内の壁
IT部門が事業部門のプロジェクトを後押しするには、組織に変化が必要だ。これはアジャイル導入のチャンスだが、アジャイルは万能薬でもなければ、導入を阻む課題もある。(2015/9/1)

ほとんどの新刊が電子書籍で読めるなんて、夢のよう 勝間和代の“I Love ebook”宣言
(2015/6/20)

新連載・出版社のトイレで考えた本の話:
同じような本が何冊も出てくるワケ
書店に並んでいる本を見て、「よく似たモノが並んでいるなあ」と感じたことがある人も多いのでは。例えば、ピケティの本が話題になると、それに関連する本が相次いで刊行されたが、なぜこうした現象が起きるのか。現役の書籍編集者によると……。(2015/6/18)

再生請負人が見る製造業(8):
日本の製造業が共通して抱える課題と生きる道
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説してきた本連載も今回で最終回を迎える。そこで今回は、これまで紹介してきた各業界の課題を振り返るとともに、日系製造業はどのようにして生き残るべきかという指針について解説する。(2015/6/9)

Meet Recruit:
「大企業は新規事業に向かない 」 nanapiけんすう氏が成功しなかった理由
リクルートOBでもある、 “けんすう”こと、株式会社nanapi代表取締役 古川健介さん。KDDIが発表した『Syn.』への参画、そして最近では非言語コミュニケーションサービス『emosi』リリースなど、常にメディア領域での話題を生み出し続けているけんすうさんですが、リクルート在籍中は新規事業を1つも成功させたことがなかったそうです。(2015/6/1)

EE Times Japan Weekly Top10:
たたいて発電! ゴムシートに高い注目
EE Times Japanで2015年5月16〜22日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/5/31)

ビジネスニュース オピニオン:
「IoT市場は不確定要素が多い」、マッキンゼーとGSAが報告
McKinsey & Company(マッキンゼー・アンド・カンパニー)と半導体の業界団体であるGlobal Semiconductor Alliance(GSA)が、IoTに関するリポートを共同で発表した。リポートでは、「不確定要素が多いIoT市場では、半導体メーカーは“保険”的な戦略を取るべきだ」と指摘している。(2015/5/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
今日も208回謝った! でもそれは、チャレンジの証
謝るのは悪いことなのか? 実は謝り上手は出世上手。一流経営者は謝ることで凍った場所を溶かす。(2015/4/9)

「働き方の革新は、もう“マスト”」それならば?:
「IBM Verse」は、オフィスワーカーの“何”を変えるのか
日本IBMが企業担当者を対象としたセミナー「IBM Verse Day」を開催。「ユーザーを理解するメール」とうたう新たなメールソリューションは、企業のどんな課題を解決し、何を変えるのか。(2015/3/18)

Googleのパトリック・ピシェットCFOが引退表明 結婚25周年で
Googleで7年間CFO(最高財務責任者)を務めたパトリック・ピシェット氏(52)が同社を去る。退社後は結婚25年目になる妻との時間を大切にするという。(2015/3/11)

「仕事がデキる人のノートは汚い」は本当か?
(2015/3/10)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(10):
口ベタでも大丈夫! プレゼンテーションのイロハ(その2)
「コンテンツ」と「デリバリー」で構成されているプレゼン。今回は、デリバリーの基本について解説する。(2014/12/25)

マッキンゼー流“できる上司”の習慣:
会議中にあえて「ムダ話」をする
会議の冒頭に「ムダ話」をすることは、決して無駄ではありません。参加者の心を整え、話しやすい雰囲気をつくることができるのです。(2014/12/4)

マッキンゼー流“できる上司”の習慣:
有意義な会議にするための3つのポイント
有意義な会議にするために、主宰者は参加者に対して事前に準備をしておいてもらう必要があります。今回は、その3つのポイントを紹介します。(2014/12/3)

きょう、会社やめます。〜元商社マンのスタートアップ奮闘記〜:
0歳児でも大満足! 家族サービスできるお出かけアプリ
小さい子どもがいると出かけられる場所が限られてしまい、調べるのも一苦労。場所や施設の種類、条件などを選択していくだけで簡単にお出かけ先を探せる、そんなアプリを紹介します。(2014/12/3)

マッキンゼー流“できる上司”の習慣:
会議を「デザインする」のが上司の役割
仕事をしていると、会議や打ち合わせ、面談など、避けて通れないイベントがあります。必要な会議をタイミングよく計画して行えば、仕事のクオリティとスピードが飛躍的に高まります。(2014/12/2)

マッキンゼー流“できる上司”の習慣:
「自分でやったほうが速い」という考えは捨てる
上司の大切な仕事の1つは、自分が少し我慢をしてでも部下に任せてみることです。表に出ていない才能や特徴など、部下の想像を超える力を引き出せるのが、本物の上司なのです。(2014/12/1)

Biz.ID Weekly Top10:
みんなと同じじゃつまらない 十人十色の発想力のヒント
ちまたにあふれる「発想術」系のビジネス書。技術も大切ですが、誰にも真似できない「自分だけ」のアイデアを出す秘けつをデジタルハリウッド大学主催のセミナーで学んできました。(2014/11/29)

マッキンゼー流“できる上司”の習慣:
部下に迷いを打ち明け、相談する
どんなに仕事ができる上司でも、ときには迷うこともあります。そんなときは、正直に部下に迷いを打ち明けて相談しましょう。すると、部下たちに「自分たちも考えなければならない」という自発性と、「信頼されている」という気持ちが生まれるのです。(2014/11/28)

「ユーザーを理解するメール」──IBMが新メールソリューション、「IBM Verse」発表
“受信箱”処理ではもう追いつかない。それを解決するには──。IBMが、コードネーム:IBM Mail Nextとして開発を進めていた新メールソリューション「IBM Verse」を発表。“今まで誰も想像したこともないメール”とうたうが、これまでと何が違うのか。(2014/11/27)

マッキンゼー流“できる上司”の習慣:
部下に「仮説」を立てさせる
マッキンゼーの上司が部下を叱るときには、感情的に怒ることはしません。何が問題でどうしたらいいのか、部下が自ら考えるように話します。(2014/11/27)

マッキンゼー流“できる上司”の習慣:
マッキンゼーの「できる上司」の3つのポイント
上司の重要な仕事のひとつは、部下の能力を引き出すこと。部下の力を最大限に発揮させることで、管理、監督者としての自分のバリューも上がります。今回は、マッキンゼーの「できる上司」たちの3つの共通点を紹介します。(2014/11/26)

マッキンゼー流“できる上司”の習慣:
部下に「●●さん」と呼ばせる
マッキンゼーで働く人たちにとって、肩書きはあくまで単なる「役割」に過ぎません。肩書きが違うことは、役割が違うことを意味しています。「偉いかどうか」は関係ないのです。(2014/11/25)

ものづくり白書2014を読み解く(後編):
デジタル技術は日本の製造業に何をもたらしたか?
日本の製造業が置かれた状況について、経済産業省「ものづくり白書」の最新版(2014年版)を基に論じる本稿。今回は、その後編として、日本の製造業が国際競争力を維持・強化するための施策について、ものづくり白書を基に考えていく。ポイントは、デジタルテクノロジーの革新が、日本の製造業に利するかどうかだ。(2014/11/25)

ビジネスニュース 業界動向:
“半導体大国”狙う中国の野望(前編)
半導体産業の活性化に注力する中国は、順調に施策を進めているようだ。TSMCのチェアマンであるMorris Chang氏は、「あと5年もすれば中国のファウンドリ業界は台湾に追い付く」との見解を示している。(2014/11/21)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(9):
口ベタでも大丈夫! プレゼンテーションのイロハ(その1)
プレゼンが苦手な人は「しゃべるのが苦手だからプレゼンも苦手」と思っている人が多い。しかし「口ベタ=プレゼンがヘタ」というわけではない。(2014/11/19)

ビジネスニュース 業界動向:
ビッグデータ時代の今、データサイエンティストの不足にどう対応すべきか
ビッグデータ時代が到来しつつある今、膨大なデータを分析、活用する人材であるデータサイエンティストの不足が顕著になりつつある。数年後には、米国だけでも10万人以上のデータサイエンティストが不足するとされる中で、業界関係者がこの問題にどう対処すべきかを議論した。(2014/11/10)

氷水をかぶるより先にできることって何だろう(前編):
総裁×福田淳 IT企業経営者たちが考える「本当」の支援活動とは
アイスバケツチャレンジブームで終わらせるのはもったいない!――自らが運営するフィールドで支援活動をコツコツと続けてきた2人のIT企業経営者が、支援や寄付についての考えを話し合った。(2014/11/10)

【連載】グローバリゼーションという長い旅 第3回:
シリコンバレーは、なぜ、シリコンバレーになれたのか?
シリコンバレーには急速なグローバリゼーションを可能にする資金へのアクセス回路があります。なによりもかの地には、ビジネス的な成功を求める貪欲なハングリー精神が浸透しています。今回はシリコンバレーがシリコンバレーになれた理由を考えます。(2014/11/10)

“同期”ネットワークが日本企業を救う? 日本の“同期”文化に迫る
日本型雇用が崩れつつあり、横のつながりが薄くなっている今、日本独自の“同期”文化はどう活かされるのか。書籍『同期の人脈研究』から紹介します。(2014/9/11)

2015年問題の本質を探る:
要求定義のあいまいさが人材不足を引き起こす
IT開発者の人材不足が叫ばれているが、ではオフショアが進むのか、と言うとそうもいかないようである。その要因は日本特有の要求定義のあいまいさにあるようだ。(2014/9/5)

PR:勝ち組企業に学ぶ、究極の次世代経営モデルとは?
「失われた20年」という長いトンネルを抜けた日本経済は、ようやく次なる成長に向けた転換点にあるが、この20年のあいだにも成功を収めた、いわゆる「勝ち組企業」は存在する。一橋大学ビジネススクール教授の名和高司氏に彼らの秘訣や究極の次世代経営モデルについて話を聞いた。(2014/8/27)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第21回 Digital Disconnect(デジタル・ディスコネクト)の時代
消費者が新しいテクノロジーや、チャネル、デバイスを取り入れるスピードと、企業がそのスピードに追いつき、それらを自社のサービスに適応する時間には大きなギャップがある。現在、消費者と企業の間には、いわゆる、Digital Disconnect(デジタル・ディスコネクト)が起きている。(2014/8/25)

【最終回】マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
“あいまいな表現”はロジカルシンキングの大敵
たわいのない会話でも、深く(クリティカルに)考えると不思議に感じることが増えてきます。波風を立てる必要はありませんが、自分の中で「なぜ?」「何が?」と問い尋ねる習慣をつければ、「考えの浅い人」から卒業できます。(2014/7/31)

マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
そのセール品、本当に“買い”なのか――マッキンゼー流“衝動買い防止法”
耳に入ってきたニュースの裏を考えること、たまたま通りかかった店の前で購入前に考えること――深い思考(クリティカルシンキング)を鍛える場面は日常のいろんなところに潜んでいます。(2014/7/24)

マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
見極めるための考え方を身に付ける7つの習慣
普段何気なくやってしまっていることでも、「だから何?」を意識することで、浅い考え方ではなく、物事の本質を見極められる深い思考(クリティカルシンキング)ができるようになるのです。(2014/7/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。