ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MCPC」最新記事一覧

Mobile Computing Promotion Consortium:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム

ワイヤレスジャパン2016:
「Touch and Get」「今だけここだけ」で普及を促進――スマホ時代だからこそ見直したい「TransferJet」のメリット
大容量化の一途をたどるスマートフォンのコンテンツ。より迅速に、より安定して通信する手段としての「TransferJet」を改めて見直す時が来た。(2016/5/28)

携帯各社、安全な充電を促すロゴ・キャッチフレーズを発表
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、MCPCがモバイル機器充電時の事故防止を目的とした安全充電啓発ロゴ・キャッチフレーズを発表した。(2015/5/27)

コンテナ操作の職人技もデジタル化――M2Mで復権なるか? 鉄道貨物
貨物輸送に占める鉄道の割合は約1%に過ぎない。しかし、自動車に比べて環境負荷の小さな鉄道は、長距離・大量輸送における欠かせない存在だ。モバイルとIT、M2Mを駆使して鉄道輸送を支えるJR貨物の取り組みを追った。(2014/9/11)

専用の小型GPS端末も:
位置情報サービスを短期間で提供――ドコモが法人向けプラットフォームを開発
ドコモは、法人向けのクラウド型位置情報プラットフォーム「かんたん位置情報サービス」を発表した。対応の小型GPS機器を使って、独自の位置情報サービスを短期間で開始できる。(2013/11/21)

日本企業のモバイル活用は「進まず」、複数調査で明らかに
シマンテックやMCPCが発表した企業のモバイル実態調査から、日本企業では活用が進んでいないことが分かった。(2013/3/27)

モバイル導入で効果を上げた企業を表彰――MCPC award 2013、事例募集中
モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが、モバイルの導入で成果を上げている企業や学校・団体を表彰するMCPC award 2013の候補を募集している。(2013/2/1)

モバイルクラウド:
「モバイルクラウド」で働き方はどう変わる?
ビジネスパーソンの多くが当たり前のようにモバイルデバイスを使う時代になった。モバイル、そしてクラウドは私たちの世界の中に知らないうちに入り込んでいるのだ。(2013/1/25)

パートナー連携の強化でスマートデバイスの業務活用を新たなフェーズに――ソフトバンクの杉田氏
さまざまな強みを持つパートナーと連携することで、スマートデバイスの業務活用分野を広げてきたソフトバンク。ビジネスソリューションを担当する杉田氏が、BYOD、O2O関連のパートナー戦略について説明した。(2012/12/14)

Windows 8のコーナーも:
MCPCモバイルソリューションフェア、11月22日に開催
モバイルの最新動向とソリューションを紹介するイベント「MCPCモバイルソリューションフェア」が、11月22日に開催される。今回、新たにWindows 8とM2Mコーナーが新設された。(2012/11/8)

iPadの牙城を崩せるか――ドコモとMS、法人向けタブレット市場の開拓で協業
「Windows 8とXi(LTE)で新しいワークスタイルを生み出し、価値の最大化を実現したい」――。マイクロソフトとNTTドコモが、法人向けタブレット市場を共同で開拓することで合意。iPadが独占する市場でシェア拡大を目指す。(2012/11/2)

MCPC、「モバイルソリューションフェア2012」の出展企業を募集
モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが、11月22日に開催するモバイルソリューション関連のイベント「モバイルソリューションフェア2012」の出展企業を募集している。(2012/8/20)

MCPCアワード審査員長特別賞受賞:
M2Mで牛の体調を“見える化”、農家の負荷を軽減――「牛温恵」の異色のモバイル活用法
牛の胎内に通信機能付きのセンサーを挿入し、体温の変化をリアルタイムでチェック――。こんなユニークなシステムで牛の飼育農家を支援するのがリモートの「牛温恵」。監視の負担を軽減し、分娩事故も大幅に減らせるという。(2012/5/8)

MCPCアワードグランプリ受賞:
“命をつなぐ1分”iPadで短縮――救急現場のモバイル活用、県の全面支援で“使えるシステム”に
救急車の中からひたすら電話をかけ続け、受け入れてくれる医療機関を探す――。住民の高齢化で救急搬送が増加した佐賀県のこんな事態を解決したのは、iPadと県の全面支援だった。(2012/4/27)

救急医療現場で広がるiPad――「MCPCアワード 2012」のグランプリは「99さがネット」に
優れたモバイルソリューション活用事例を表彰する「MCPCアワード 2012」のグランプリに、佐賀県の医療情報システム「99さがネット」が選ばれた。救急車にiPadを導入し、急患受け入れ情報の共有を効率化する新システムが、救急医療現場に変化をもたらしている。(2012/4/20)

企業のモバイル活用、2011年度の最高峰は:
「MCPCアワード 2012」のグランプリ候補が出そろう
モバイルを活用したシステムの導入で成果を上げている企業や団体・自治体を表彰する「MCPCアワード」のグランプリ候補が出そろった。4月20日、最終候補となった5つの事例の中からグランプリが決まる。(2012/4/17)

モバイル導入で効果を上げた企業を表彰――MCPC award 2012、事例募集中
MCPCが、モバイルの導入で成果を上げている企業や学校・団体を表彰するMCPC award 2012の候補を募集している。(2012/1/5)

モバイルITの将来展望を発信する展示会:
「Mobile IT Asia」出展者説明会を12月13日に開催
モバイルIT関連市場の未来を発信するビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」が、来たる2012年3月14日16日まで、東京ビッグサイトで開催される。開催の約3カ月前となる12月13日には、出展者向けの説明会を東京・有明で予定している。(2011/12/8)

「MCPCモバイルソリューションフェア2011」リポート
76センチの落下に耐えるAndroidタブレットなど――MCPC年次イベントの注目展示
スマートフォンなどのモバイル端末のビジネス活用事例やノウハウを紹介するMCPCモバイルソリューションフェア2011。本稿は同イベントで展示されていた注目の製品、サービスを紹介する。(2011/12/2)

高速/低遅延のXi、ビジネスシーンで活躍――ドコモがソリューションを紹介
この秋、Xi対応のAndroidタブレットをリリースしたドコモ。高速/低遅延のXiは操作に対するレスポンスを向上させるため、ビジネスシーンで効果を発揮するという。(2011/11/25)

モバイルITの未来を発信する展示会:
「Mobile IT Asia」概要説明会 10月12日開催
モバイルIT関連市場の未来を発信するビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」が2012年3月14日から東京ビッグサイトで開催される。これに先立ち開催概要説明会を10月12日、大手町で実施する。(2011/10/6)

ソーシャルブランディングの時代:
ソーシャルメディア別ワンランク上の活用法
連載「ソーシャルブランディングの時代」もいよいよ最終回。今回はブログ、Twitter、Facebookの3大ソーシャルメディア別に活用法を紹介します。(2011/8/31)

ソーシャルブランディングの時代:
Twitter型、Facebook型、mixi型――あなたは何型? コミュニケーションデザインの6タイプ
Twitter型、Facebook型、mixi型、Ustream型、バランス型――などなど、ソーシャルメディア上でのブランディングにも人によって得意不得意があります。それぞれの特性を確認して自分にあったソーシャルメディアを検討しましょう。(2011/8/24)

ソーシャルブランディングの時代:
ネットでの振る舞い方を定める
ソーシャルメディアでは、あなたの日々の行動の蓄積によって「評判を管理」することが重要。今回は、ソーシャルメディア上での振る舞いとコミュニケーションを実践する上での方針を決定しましょう。(2011/8/10)

ソーシャルブランディングの時代:
インフルエンサーとして活躍するために
すべてのソーシャルメディアで活躍するために必要な能力とはなんでしょうか。今回は、ソーシャルメディアで活動するために意識する必要がある「人間力」を考えます。(2011/8/3)

ソーシャルブランディングの時代:
パーソナルブランディングで得られるもの
ソーシャルメディアの活用が注目を集めていますが、各サービスの操作方法などが重要なのではありません。大事なのは、個人が活躍する時代を目前に控えた今、1人1人がソーシャルメディア上に確固たる自分のブランドを確立し、活躍の場を作れるようになることです。(2011/7/26)

スマートデバイスのビジネス活用を考える(1):
こんな導入は失敗する――スマートデバイス、企業活用のポイントは
企業の生産性を向上させるツールとして、ビジネスの新たな可能性を切り開くツールとして――。スマートデバイスは今、企業の大きな注目を集めている。この連載では、効果を最大化させるスマートデバイスの導入について考える。(2011/6/13)

MCPC アワード 2011:
M2Mの採用で普及率が3倍増――在宅医療をサポートする「HOT見守り番 TOMS-M」
在宅医療で使われる医療機器は患者の命に直結する存在。M2Mを活用した帝人ファーマの「HOT見守り番 TOMS-M」は、在宅医療機器の保守・管理といった運用を容易にしただけでなく、効果的な治療の指導にも貢献している。(2011/5/12)

MCPC アワード 2011:
1.6トンのモバイル機器? 日産「リーフ」はICTをどう活用しているのか
MCPC アワード 2011で大賞を受賞した日産自動車の「リーフ」。ゼロエミッションを実現したEVとして注目されているが、EVならではのICT活用は新時代のカーテレマティクスにふさわしいものだった。(2011/5/11)

モバイルの法人活用、クラウド活用がカギに――MCPCアワード 2011
モバイルの効果的な法人活用の事例を表彰するMCPCアワード 2011。クラウドとモバイルを連携させた事例が注目を集め、それをサービス構築と海外展開に生かした日産自動車がグランプリを獲得した。(2011/5/9)

企業のモバイル活用の最高峰は:
「MCPCアワード 2011」のグランプリ候補が出そろう
モバイルを活用したシステムの導入で成果を上げている企業や団体・自治体を表彰する「MCPCアワード」の、グランプリ候補の事例が出そろった。4月22日にグランプリが決定する。(2011/4/7)

調査リポート:
法人のスマートフォン導入、大企業にはWindows系、中小企業にはiOSが人気
インターネットメディア総合研究所が、スマートフォンの利用動向に関する調査結果を発表。法人のスマートフォン導入で採用予定のOSはトップがWindows系となり、iOSを上回った。(2010/12/10)

FOMA網使い、災害時に飲料を無償提供――コカ・コーラの「地域貢献型自動販売機」
日本コカ・コーラの「地域貢献型自動販売機」は、FOMA網に対応した通信ユニットを内蔵し、災害時に遠隔操作で飲料を被災者に無償提供する。(2010/4/21)

ふぉーんなハナシ:
最前線で活躍するはずが、とんだ災難に――ケータイ法人活用の難しさ
捜査の最前線で活躍するはずのケータイが、とんだ災難に巻き込まれてしまった。(2010/4/6)

捜査の最前線で“GPSケータイ”が活躍――MCPCアワード、グランプリは岡山県警
2400台のケータイが事件の解決や防犯をサポート――。岡山県警察本部が、モバイルの効果的な活用事例を表彰するMCPCアワードのグランプリに輝いた。官公庁のグランプリ受賞は初となる。(2010/3/19)

まるで“スパイ大作戦PC”――PHSモジュールで情報漏洩に対抗する富士通「CLEARSURE」システム
業務効率化のためにPCを社外で活用したいのに、情報漏洩の心配から持ち出せない――このもどかしい状況を打破すべく富士通が開発した紛失対策ソリューションが「CLEARSURE」だ。PHS網をつかった遠隔データ消去をはじめ、「かゆいところに手が届く機能」を搭載し、リスク管理に伴うコストの削減を目指した。(2010/3/19)

PHS活用の法人事例、MCPC award 2010のグランプリ候補に
ウィルコムのPHS網を活用した富士通のPC向けリモート消去システムが、「MCPC award 2010」のグランプリ候補に選ばれた。(2010/3/3)

携帯法人利用の頂点を競う:
「MCPCアワード 2010」、グランプリ候補の事例が出そろう
携帯の法人利用について、成果を上げた事例を表彰するMCPCアワード。2010年のグランプリ候補事例が出そろい、3月19日にグランプリが決まる。(2010/3/3)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 3GSを抑えたHYBRID W-ZERO3
11月最後のアクセスランキングでは、「HYBRID W-ZERO3」に関する記事が人気を博した。(2009/12/7)

低速データ通信にも大きなニーズがある――ウィルコムの鈴木氏
WiMAXやLTEなど、データ通信の高速化に注目が集まっているが、“低速のデータ通信にもまだまだ需要がある”と、ウィルコムでソリューション営業本部長を務める鈴木龍雄氏は話す。どの分野で低速通信が求められているのだろうか。(2009/11/27)

QWERTYキー非搭載の理由とは――「HYBRID W-ZERO3」が目指す新市場
PHSと3G通信の対応で話題を集めているウィルコムの「HYBRID W-ZERO3」。3G網を利用できることで他社と足並みがそろった中、HYBRID W-ZERO3の優位性はどこにあるのか。また、これまでの“W-ZERO3”シリーズの象徴ともいえるQWERTYキーボードを見送った理由とは。ウィルコムの須永康弘氏が説明した。(2009/11/27)

Windows phoneの法人利用で「大きなコスト削減見込める」――マイクロソフト 越川氏
UIやパフォーマンスの改善に加え、充実したクラウドサービスが特徴という「Windows phone」。法人利用では強固なセキュリティに加え、コスト削減の面でもメリットがあるとマイクロソフトの越川氏は話す。(2009/11/27)

MCPCモバイルソリューションフェア2009、事前登録の受付開始
携帯電話の法人向けソリューションや導入事例を紹介するイベント「MCPCモバイルソリューションフェア2009」。11月27日の開催に向け、事前登録とセミナー受講登録の受付が始まった。(2009/10/28)

日本電子専門学校、ケータイ・アプリケーション科の全学生に「iPhone 3GS」を配布
日本電子専門学校とソフトバンクテレコムが、2010年4月に新設する「ケータイ・アプリケーション科」の全学生に「iPhone 3GS」を配布すると発表した。将来的には全学生への配布も視野に入れているという。(2009/10/15)

神尾寿のMobile+Views:
今後10年で10兆円規模へ──自動車ビジネス×モバイルICTの新市場
「携帯電話」が「ケータイ」になる契機となったiモードの登場から10年。通信業界には“次の10年”を見据えた戦略が求められている。そんな中で注目すべきなのが、大きな成長領域の1つと考えられる自動車と通信の融合がもたらす新たな市場だ。(2009/10/15)

MCPC、9月18日にイノベーション・チャレンジセミナーを開催
MCPCが9月18日、モバイルの新技術やサービスを紹介するイノベーション・チャレンジセミナーを開催。オープニングセミナーでは、ウィルコム 次世代事業推進室室長の上村治氏が、XGPの特徴と優位性について解説する。(2009/8/19)

MCPC、11月にモバイルソリューションフェア開催――出展を募集
モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが、11月に開催するモバイルソリューションフェアの出展社を募集している。(2009/7/28)

リリースダイジェスト(5月1日)
MCPCがイノベーション・チャレンジセミナー開催、アプリックスがMIDPの次期バージョン提供、ミヤビックスが「E30HT」用のPDAIR製アルミケースを発売、など。(2009/5/1)

飽和市場を打開したい:
「スマートフォンを使ってほしい」――企業利用を狙うモバイル業界
モバイルコンピューティング推進コンソーシアムは、スマートフォン市場の中期予測調査を行っている。飽和する携帯電話市場を活性化させる上で、企業の利用拡大が重要な切り口になると指摘する。(2009/5/1)

2012年、スマートフォンの契約数は1000万規模に――MCPCが予測
iPhone 3GやBlackBerry、Windows Mobileの新モデル登場などで活気づく日本のスマートフォン市場。MCPCは、2012年にはスマートフォンの出荷台数が330万、累計契約数が1000万規模に達すると予測する。(2009/4/3)

モバイルソリューションと内線サービスが成長を牽引――KDDI 山本泰英氏に聞く法人戦略
「不況だからこそ、潜在ニーズはむしろ顕在化しやすい」――KDDIの法人部隊を率いる山本泰英氏は、法人向けモバイルソリューションやFMC分野は、「今だからこそ成長のチャンスが大きい」と見る。(2009/4/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。