ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会議術」最新記事一覧

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
日本マイクロソフトはOffice 365+AIで働き方をどう改革したのか
働き方改革のリーディングカンパニーを目指す日本マイクロソフト。自社が提供するツール群を積極的に活用することで、業務の無駄を省き、効率アップを進めている。(2017/12/7)

働き方改革は「会議の見直し」から:
PR:ソニーの液晶テレビが「会議のムダ」をなくす、これだけの理由
業務時間のうち、2〜3割を占めるといわれている「会議」。それ故に、会議の生産性向上は大きな課題となっている。その課題解決の策として期待されているのが、ソニーの会議室向けブラビアである。その理由とは……。(2017/11/22)

食料品、不動産、サービス業で多くの導入実績:
PR:PCライフサイクル全体をカバーする運用管理サービスが、導入から5年後にTCOを25%削減できる理由
多くのIT部門は、社内システムの運用管理業務に日々追われており、本来取り組むべきIT戦略計画などの業務に手が回っていない。こうした課題を解決するソリューションとして、今、注目度が高まっている、PCライフサイクル全体をカバーする運用管理サービスについて、担当者に聞いた。(2017/10/30)

ニュース
マジェンシー、人工知能(AI)を備えた会議ソリューションを発表
フランスのスタートアップ企業マジェンシーは、タブレットによる情報共有を可能にする会議ソリューションに、人工知能(AI)を活用した音声認識機能やデータ分析機能を追加した新製品を発表した。(2017/9/29)

生産性を上げるコラボレーションデバイス:
PR:「時間」と「距離」に縛られていませんか? 「Surface Hub」が生み出す“新しい会議” 
「どうすれば会議の時間を短く、生産性のあるものにできるんだろう」――そんな悩みを抱いていませんか?(2017/9/25)

明るい将来性と潜む落とし穴
「デジタルホワイトボード」が人気なのに普及しない“3つの理由”
「デジタルホワイトボード」は、会議の生産性を高めるために大いに役立つ。製品の選択肢が充実し、導入検討の動きが活発化している一方で、普及を妨げかねない課題がある。(2017/8/28)

「フィットネスバイク一体型デスク」登場 運動しながら仕事できるぞ
フィットネスバイクがデスクが一体になった「エクササイズデスク」が登場。ペダルをこぎながら仕事やゲームなどができる。(2017/7/26)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(31):
ファシリテーター型リーダーの時代
あなたは「先頭で引っ張る」のが得意なタイプですか? リーダーのスタイルは複数あります。あなたの個性に合ったやり方が分かれば、リーダーの仕事に対する抵抗感は和らぐでしょう。(2017/7/19)

会議の削減/短縮に関する調査レポート
無駄な会議、長時間会議……企業が抱える会議課題と、効率化への取り組み実態は
2017年4月に「会議の削減/短縮に関する読者調査」を実施。本レポートでは企業の会議実態やその改善・効率化への取り組み状況を紹介する。(2017/7/3)

レビューがうまくいかない理由(2):
レビュー効果はそのままに、時間と手間を大幅削減する方法
レビューには時間がかかるものというイメージがある。しかし案外省略できる部分は多い。レビューの無駄取りの方法を紹介する。(2017/6/16)

男性ベテラン「好き」減る:
「仕事が好き」45%に減る 「嫌い」な人の会社、特徴は?
「仕事が好き」と答えたビジネスパーソンは約45%と、08年の約60%から大きく減ったという調査結果。(2017/5/18)

Microsoft Focus:
働き方改革を“企業成長の武器”に MSの取り組み、第2フェーズへ
働き方改革担当を務める現役大臣の訪問を受けたマイクロソフトは、あらためて働き方改革への意気込みを語った。自らの取り組みに確かな手応えを得てきた同社が次に目指す“働き方改革2.0”とは?(2017/5/13)

「働き方改革は日本の一丁目一番地」――半歩先の未来を体感できる「HPE Intelligent Spaces」とは!?
日本ヒューレット・パッカード(HPE)が、日本マイクロソフトとコラボレーションして日本の働き方改革を推進する。(2017/4/12)

「働き方改革」を諦めかけた企業へ
“残念な会議”を生産性向上の場に変える「Surface Hub」の実力とは
働き方改革に取り組んではいるが、具体的な成果が上がらない――。こうした企業が見落としているポイントとは何か。取るべき策とは。読者アンケートを踏まえて考える。(2017/3/31)

ディルバート(492):
それ、僕の仕事じゃないんで。
余計な仕事はしたくないという気持ちは分からなくはないですが、それはそれで自分にとっても損なのでは……という話すら通じない!?(2017/3/16)

Microsoft Focus:
時間の使い方を可視化し、AIがアドバイス 「MyAnalytics」は働き方をどう変える?
「生産性の向上に目を向けることなく、単に労働時間だけを減らしても、ビジネスの成長を伴った働き方改革は実現できない」――。そう指摘するマイクロソフトが、AIを使った働き方改革を提案している。その中身は?(2017/2/25)

IBM World of Watson 2016:
Watson搭載の「AI電子黒板」登場、会議のムダを指摘する見張り役に
IBMの年次イベント「World of Watson」で、リコーがIBMの人工知能「Watson」を組み込んだ電子黒板を披露。他にもWatson IoTの事例を多数紹介している。同社が目指しているのは、WatsonがIoTによって、全てのモノに組み込まれる世界なのかもしれない。(2016/10/27)

小規模チームだからこそ「無駄」を排除したい:
PR:「無駄な会議」が多い本当の理由
組織の大小を問わず、「関係者が顔をそろえて互いに状況報告するだけ」の会議は本当に多いものだ。だが基礎体力に余裕のない小規模組織にとって、そうした時間の無駄は経営効率上、決してばかにできない問題だ。ではどうすれば「無駄」を排除できるのか? この問題解決に多くの実績を持つアトラシアンに話を聞いた。(2016/9/30)

あなたも“ダメ会議”してませんか?
シーンとした会議とはおさらば、コクヨが教える「はかどる会議術」とは
会議を開いても、建設的な意見が出なかったり、ダラダラと時間だけが過ぎてしまったりなどを経験したことは無いだろうか。生産的な会議をするためにはどうすればいいのか紹介する。(2016/6/10)

「不思議の国のアリス」「魔法学校」の世界観をまさかの会議室で表現 発想がファンタジックすぎるレンタル会議室オープン
非日常的な空間のほうが新しい発想を生み出しやすいという考えから、変わったコンセプトの空間に。(2016/6/2)

100カ所のマルチタッチ、最大3つの同時ペン入力に対応:
大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」、法人向けに出荷開始
マイクロソフトはWindows 10を搭載した大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」を法人向けに出荷を開始した。(2016/3/29)

現代日本では時短会議が望まれている!?:
8割のビジネスパーソンが「会議に時間がかかり過ぎ」と感じていたことが判明
会議に時間がかかる原因の第1位は、やはり「あれ」でした。大多数の意見が現実を変えないのは何とも不思議ですね。(2016/2/14)

PR:企業の働き方変革と生産性向上を実現するモビリティ戦略とは?
限定的な取り組みから、生産性向上や人材確保のための重要な経営課題として「働き方変革」に取組み始めた企業が増えている。企業ITは働き方変革にどのような形で関わっていくべきなのだろうか? 大手企業や情報システム企業で実際にワークスタイル変革に取り組んでいるキーマンに意見を聞いた。(2016/1/28)

ホワイトペーパー:
ビジネスコミュニケーション&コラボレーション、3つの“あるある”課題解決策
社内外のコミュニケーション&コラボレーション環境に何らかの課題を抱えている企業は多い。本資料ではよくある3つの課題とその解決策を具体的に解説する。(2015/11/10)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(13):
無駄無駄無駄! 効率化するために知っておきたい会議の3つの目的と4つの進め方
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は会議の「無駄」を省く必殺技を伝授する。(2015/5/11)

そのひとことを言う前に:
リーダー、プロマネが知っておくべき「会議のキホン」
会議の決定事項に取り組まない部下がいる……。そんな悩みを抱えたことはありませんか。今回はリーダーが知っておくべき「会議運営の基本」を大解説。ダメな会議は非効率なばかりか、部下のモチベーションを大きく下げてしまうのです。(2015/4/23)

経営会議が生まれ変わる:
PR:ビジネスに勝つ“データドリブン型組織”を生み出す方法
「データはビジネスのヒントが隠された宝の山」――。そんなデータの分析が経営の意思決定に重要な役割を果たすことは、今や疑う余地がないだろう。マイクロソフトが提供する「Office 365」と「Power BI」を使えば、正確かつリアルタイムなデータ分析で、あなたの会社の経営会議が生まれ変わるかもしれない。(2015/3/2)

iPad会議システムを経営会議用に導入:
日本ハムが実感したペーパーレス化の効果 「経営層の理解」がカギ
ITでの業務改革は、情シスとしての“入れる”目線ではなく、“使う”ユーザーの目線で考えなければうまく回らない。日本ハムが行ったペーパーレス化の取り組みは「まずは経営層へ理解させた」ことが成功のカギとなったようだ。(2015/2/5)

企業ソーシャルが変える“環境”とは何なのか:
PR:「魅力的な人材を集める」ならば、魅力的なコラボレーション環境を用意せよ
これまで“あ・うん”の呼吸で成り立っていたことが、できなくなる。企業のモバイル化、クラウド化が進み、従業員のワークスタイルが「急激に変化」している。この「新しいワークスタイル」が、なぜ企業にとって重要な意味を持つのか。そして、それを支える企業コラボレーション手段には「どんな要素が必要」なのだろうか。識者二人の対談から「今とこれから」を洗い出し、一緒に考えていこう。(2014/12/8)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
「1カ月半で売上を倍増せよ!」
これまでに学んだ図解思考の会議術を用いて「社長から課せられたタスク」を解決してみましょう。会議は、創造的でエネルギッシュなものに変えられます。(2014/10/15)

NTT Communications Forum 2014 Report:
世界中を駆け巡る効率的な働き方とは? ワークスタイル変革に取り組む伊藤忠商事
2010年春からワークスタイル変革を推進している伊藤忠商事。制度面の整備と併せてその実現を後押ししているのが、新たに構築したクラウドのICT基盤だ。効率的な働き方を可能にする仕組みづくりを同社が語った。(2014/10/10)

ディルバート(369):
中身よりも形式が重要
忙しい経営層は雲型のワードアートやお金のマークを好むそうです。(2014/9/25)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
会議室が不要になる日
人間の集中力が続くのはせいぜい20分程度。会議によるアウトプットを重視するならホワイトボード前での立ち話で終わらせるのが正解です。(2014/9/10)

【新連載】たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ダメ会議をやる会社のココがダメ!
企業の競争力の差はどこに一番出るのでしょうか? それは「会議」です。ダメ会議を即刻とりやめ、劇的に生産性の高まる新しいミーティング技術を身に付けてみませんか?(2014/9/3)

伊吹太歩の時事日想:
医療やビジネスを一変させるスパコン、「ワトソン」が人類の救世主になる日
米IBMが開発に注力しているスーパーコンピューター「ワトソン」が注目を集めている。人の会話や文書といった膨大なデータを分析し、最適な答えを瞬時に導き出す――今後、ワトソンの活躍が期待されるのは医療分野だ。ワトソンがもたらす未来の医療とは?(2014/8/14)

そのひとことを言う前に:
「でも」「だって」「どうせ」――人から相手にされなくなる“3D”発言に注意
会議や話し合いで、みんなから“話を聞いてもらえない”人を見かけたことはありませんか。実はみなさんも無意識のうちに、会議で嫌がられる発言をしてしまっているかもしれません。(2014/7/31)

ホワイトペーパー:
失敗しないビデオ会議導入のための8つのアプローチ
さまざまなコミュニケーション手法を統合し、ビジネスプロセスに連携することで多くの効果を生むユニファイドコミュニケーション(UC)。本コンテンツではUCの中でも特にビデオ会議に着目し、ビデオ会議でエンドユーザーの支持を獲得する8つのアプローチを紹介する。(2014/7/22)

仕事耕具:
職場の“困った”にすぐ効く処方せん 「田中淳子の人間関係に効く“サプリ”」が電子書籍に
職場のトラブルは、もとをただせば“ほんのちょっとした”コミュニケーションのすれ違いから起こっていることが多いもの。そんなときの“上司の対処法”を指南するBiz.IDの人気連載が電子書籍になりました。(2014/6/27)

会議を活発にする3つの司会スキル
会社員なら参加する機会も多いさまざまな「会議」。その会議を活発で意味のあるものにするためには。書籍『コクヨの3ステップ会議術』から、会議を活発にする3つの司会スキルを紹介します。(2014/6/26)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(4):
目指せ仕切り上手!会議が変わるファシリテーション(その2)
「話が脱線しても、エライ人には指摘しづらい……」。そんなとき、スマートに会議を前に進める良い方法とは?(2014/6/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
だから会議は意見が出てこない! 上司が言ってはいけない最大のNGワード
会議で意見が出ないと嘆く前に、意見を出しやすい環境になっているか。不完全なアイデアをみんなで知恵を出し合い、良いアイデアに育てていく場と捉えてみてはいかがだろうか。(2014/6/12)

ナレッジワーキング!!:
その会議には、何人の船頭が参加していますか?
「船頭多くして船山に登る」ということわざにもある通り、多人数でやる会議では物事が決まらなくなりがちです。意思決定のスピードを早めるにはどうしたら?(2014/5/28)

高光束モデルも大量投入:
「インタラクティブ機能で会議や授業を効率化」――エプソン、投写映像に“指でタッチできる”プロジェクター
オフィスや教育現場のIT化が進む中、エプソンは会議や授業の効率アップを目指した「インタラクティブ機能」付きプロジェクター3モデルを発売する。(2014/5/19)

ナレッジワーキング!!:
日本の優れた絵文字をビジネスにも生かそう!
文字だけのコミュニケーションでは、細かいニュアンスが伝わらないことがあります。絵心の有無は関係ありません。子供の描いたような絵でも十分に役立ちます。(2014/5/14)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(3):
目指せ仕切り上手! 会議が変わるファシリテーション(その1)
今回は会議を上手に仕切るために必要なファシリテーションのスキルについて学ぶ。「そもそも、なんのために集まっているのかはっきりしない」「発言するのは同じ人ばかり」――そんな悩みに応える。(2014/5/14)

ナレッジワーキング!!:
上手に上司に「会議を減らしてほしい」と進言する4つの作戦
以前、「無駄な会議が多い」と感じている人は45%、「会議時間が長すぎる」と感じている人も44%いるという調査結果について解説したことがあります。今回は思い切って会議の効率化を上司に進言してみようという提案です。(2014/4/30)

新連載・ナレッジワーキング!!:
ムダな会議を撲滅する「3S会議」のススメ
ビジネスパーソンの2人に1人は、「無駄な会議が多い」「会議時間が長すぎる」と思っています。生産性が低く、ムダな会議の特徴を10個挙げてみました。その逆をいけば、ムダな会議はなくなります。(2014/3/26)

レビューがうまくいかない理由:
レビューで失敗しない8つのポイント
ソフトウェア開発の品質・効率向上に欠かせないレビュー。しかし、やり方を間違えているために、かえって逆効果になっているケースが多い。本連載ではソフトウェアレビュー研究の第一人者、森崎修司氏が豊富な現場経験と研究成果を基にレビュー成功のポイントを分かりやすくリアルに解き明かす。(2014/4/7)

3分LifeHacking:
PCと携帯を持ち込まないことで会議が効率アップする理由
自分と同僚の時間を節約し会議に集中するためにも、PCと携帯は持ち込み禁止にしてみてください。理解不能な行為に思えるかもしれせんが、その2つがないおかげで、会議が驚くほどはかどります。(2014/2/25)

創業210年のミツカングループがiPadを本格導入した理由
「味ぽん」などで知られる食品大手のミツカングループは、早期からモバイル端末の業務活用に取り組んできた先進企業でもある。そんな同社が進めているタブレット活用プロジェクトの全貌とは――。(2014/1/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。