ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会議術」最新記事一覧

あなたも“ダメ会議”してませんか?
シーンとした会議とはおさらば、コクヨが教える「はかどる会議術」とは
会議を開いても、建設的な意見が出なかったり、ダラダラと時間だけが過ぎてしまったりなどを経験したことは無いだろうか。生産的な会議をするためにはどうすればいいのか紹介する。(2016/6/10)

「不思議の国のアリス」「魔法学校」の世界観をまさかの会議室で表現 発想がファンタジックすぎるレンタル会議室オープン
非日常的な空間のほうが新しい発想を生み出しやすいという考えから、変わったコンセプトの空間に。(2016/6/2)

100カ所のマルチタッチ、最大3つの同時ペン入力に対応:
大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」、法人向けに出荷開始
マイクロソフトはWindows 10を搭載した大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」を法人向けに出荷を開始した。(2016/3/29)

現代日本では時短会議が望まれている!?:
8割のビジネスパーソンが「会議に時間がかかり過ぎ」と感じていたことが判明
会議に時間がかかる原因の第1位は、やはり「あれ」でした。大多数の意見が現実を変えないのは何とも不思議ですね。(2016/2/14)

PR:企業の働き方変革と生産性向上を実現するモビリティ戦略とは?
限定的な取り組みから、生産性向上や人材確保のための重要な経営課題として「働き方変革」に取組み始めた企業が増えている。企業ITは働き方変革にどのような形で関わっていくべきなのだろうか? 大手企業や情報システム企業で実際にワークスタイル変革に取り組んでいるキーマンに意見を聞いた。(2016/1/28)

ホワイトペーパー:
ビジネスコミュニケーション&コラボレーション、3つの“あるある”課題解決策
社内外のコミュニケーション&コラボレーション環境に何らかの課題を抱えている企業は多い。本資料ではよくある3つの課題とその解決策を具体的に解説する。(2015/11/10)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(13):
無駄無駄無駄! 効率化するために知っておきたい会議の3つの目的と4つの進め方
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は会議の「無駄」を省く必殺技を伝授する。(2015/5/11)

そのひとことを言う前に:
リーダー、プロマネが知っておくべき「会議のキホン」
会議の決定事項に取り組まない部下がいる……。そんな悩みを抱えたことはありませんか。今回はリーダーが知っておくべき「会議運営の基本」を大解説。ダメな会議は非効率なばかりか、部下のモチベーションを大きく下げてしまうのです。(2015/4/23)

経営会議が生まれ変わる:
PR:ビジネスに勝つ“データドリブン型組織”を生み出す方法
「データはビジネスのヒントが隠された宝の山」――。そんなデータの分析が経営の意思決定に重要な役割を果たすことは、今や疑う余地がないだろう。マイクロソフトが提供する「Office 365」と「Power BI」を使えば、正確かつリアルタイムなデータ分析で、あなたの会社の経営会議が生まれ変わるかもしれない。(2015/3/2)

iPad会議システムを経営会議用に導入:
日本ハムが実感したペーパーレス化の効果 「経営層の理解」がカギ
ITでの業務改革は、情シスとしての“入れる”目線ではなく、“使う”ユーザーの目線で考えなければうまく回らない。日本ハムが行ったペーパーレス化の取り組みは「まずは経営層へ理解させた」ことが成功のカギとなったようだ。(2015/2/5)

企業ソーシャルが変える“環境”とは何なのか:
PR:「魅力的な人材を集める」ならば、魅力的なコラボレーション環境を用意せよ
これまで“あ・うん”の呼吸で成り立っていたことが、できなくなる。企業のモバイル化、クラウド化が進み、従業員のワークスタイルが「急激に変化」している。この「新しいワークスタイル」が、なぜ企業にとって重要な意味を持つのか。そして、それを支える企業コラボレーション手段には「どんな要素が必要」なのだろうか。識者二人の対談から「今とこれから」を洗い出し、一緒に考えていこう。(2014/12/8)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
「1カ月半で売上を倍増せよ!」
これまでに学んだ図解思考の会議術を用いて「社長から課せられたタスク」を解決してみましょう。会議は、創造的でエネルギッシュなものに変えられます。(2014/10/15)

NTT Communications Forum 2014 Report:
世界中を駆け巡る効率的な働き方とは? ワークスタイル変革に取り組む伊藤忠商事
2010年春からワークスタイル変革を推進している伊藤忠商事。制度面の整備と併せてその実現を後押ししているのが、新たに構築したクラウドのICT基盤だ。効率的な働き方を可能にする仕組みづくりを同社が語った。(2014/10/10)

ディルバート(369):
中身よりも形式が重要
忙しい経営層は雲型のワードアートやお金のマークを好むそうです。(2014/9/25)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
会議室が不要になる日
人間の集中力が続くのはせいぜい20分程度。会議によるアウトプットを重視するならホワイトボード前での立ち話で終わらせるのが正解です。(2014/9/10)

【新連載】たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ダメ会議をやる会社のココがダメ!
企業の競争力の差はどこに一番出るのでしょうか? それは「会議」です。ダメ会議を即刻とりやめ、劇的に生産性の高まる新しいミーティング技術を身に付けてみませんか?(2014/9/3)

伊吹太歩の時事日想:
医療やビジネスを一変させるスパコン、「ワトソン」が人類の救世主になる日
米IBMが開発に注力しているスーパーコンピューター「ワトソン」が注目を集めている。人の会話や文書といった膨大なデータを分析し、最適な答えを瞬時に導き出す――今後、ワトソンの活躍が期待されるのは医療分野だ。ワトソンがもたらす未来の医療とは?(2014/8/14)

そのひとことを言う前に:
「でも」「だって」「どうせ」――人から相手にされなくなる“3D”発言に注意
会議や話し合いで、みんなから“話を聞いてもらえない”人を見かけたことはありませんか。実はみなさんも無意識のうちに、会議で嫌がられる発言をしてしまっているかもしれません。(2014/7/31)

ホワイトペーパー:
失敗しないビデオ会議導入のための8つのアプローチ
さまざまなコミュニケーション手法を統合し、ビジネスプロセスに連携することで多くの効果を生むユニファイドコミュニケーション(UC)。本コンテンツではUCの中でも特にビデオ会議に着目し、ビデオ会議でエンドユーザーの支持を獲得する8つのアプローチを紹介する。(2014/7/22)

仕事耕具:
職場の“困った”にすぐ効く処方せん 「田中淳子の人間関係に効く“サプリ”」が電子書籍に
職場のトラブルは、もとをただせば“ほんのちょっとした”コミュニケーションのすれ違いから起こっていることが多いもの。そんなときの“上司の対処法”を指南するBiz.IDの人気連載が電子書籍になりました。(2014/6/27)

会議を活発にする3つの司会スキル
会社員なら参加する機会も多いさまざまな「会議」。その会議を活発で意味のあるものにするためには。書籍『コクヨの3ステップ会議術』から、会議を活発にする3つの司会スキルを紹介します。(2014/6/26)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(4):
目指せ仕切り上手!会議が変わるファシリテーション(その2)
「話が脱線しても、エライ人には指摘しづらい……」。そんなとき、スマートに会議を前に進める良い方法とは?(2014/6/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
だから会議は意見が出てこない! 上司が言ってはいけない最大のNGワード
会議で意見が出ないと嘆く前に、意見を出しやすい環境になっているか。不完全なアイデアをみんなで知恵を出し合い、良いアイデアに育てていく場と捉えてみてはいかがだろうか。(2014/6/12)

ナレッジワーキング!!:
その会議には、何人の船頭が参加していますか?
「船頭多くして船山に登る」ということわざにもある通り、多人数でやる会議では物事が決まらなくなりがちです。意思決定のスピードを早めるにはどうしたら?(2014/5/28)

高光束モデルも大量投入:
「インタラクティブ機能で会議や授業を効率化」――エプソン、投写映像に“指でタッチできる”プロジェクター
オフィスや教育現場のIT化が進む中、エプソンは会議や授業の効率アップを目指した「インタラクティブ機能」付きプロジェクター3モデルを発売する。(2014/5/19)

ナレッジワーキング!!:
日本の優れた絵文字をビジネスにも生かそう!
文字だけのコミュニケーションでは、細かいニュアンスが伝わらないことがあります。絵心の有無は関係ありません。子供の描いたような絵でも十分に役立ちます。(2014/5/14)

レイコ先生の「明日から使える! コミュニケーションスキル」(3):
目指せ仕切り上手! 会議が変わるファシリテーション(その1)
今回は会議を上手に仕切るために必要なファシリテーションのスキルについて学ぶ。「そもそも、なんのために集まっているのかはっきりしない」「発言するのは同じ人ばかり」――そんな悩みに応える。(2014/5/14)

ナレッジワーキング!!:
上手に上司に「会議を減らしてほしい」と進言する4つの作戦
以前、「無駄な会議が多い」と感じている人は45%、「会議時間が長すぎる」と感じている人も44%いるという調査結果について解説したことがあります。今回は思い切って会議の効率化を上司に進言してみようという提案です。(2014/4/30)

新連載・ナレッジワーキング!!:
ムダな会議を撲滅する「3S会議」のススメ
ビジネスパーソンの2人に1人は、「無駄な会議が多い」「会議時間が長すぎる」と思っています。生産性が低く、ムダな会議の特徴を10個挙げてみました。その逆をいけば、ムダな会議はなくなります。(2014/3/26)

レビューがうまくいかない理由:
レビューで失敗しない8つのポイント
ソフトウェア開発の品質・効率向上に欠かせないレビュー。しかし、やり方を間違えているために、かえって逆効果になっているケースが多い。本連載ではソフトウェアレビュー研究の第一人者、森崎修司氏が豊富な現場経験と研究成果を基にレビュー成功のポイントを分かりやすくリアルに解き明かす。(2014/4/7)

3分LifeHacking:
PCと携帯を持ち込まないことで会議が効率アップする理由
自分と同僚の時間を節約し会議に集中するためにも、PCと携帯は持ち込み禁止にしてみてください。理解不能な行為に思えるかもしれせんが、その2つがないおかげで、会議が驚くほどはかどります。(2014/2/25)

創業210年のミツカングループがiPadを本格導入した理由
「味ぽん」などで知られる食品大手のミツカングループは、早期からモバイル端末の業務活用に取り組んできた先進企業でもある。そんな同社が進めているタブレット活用プロジェクトの全貌とは――。(2014/1/31)

導入事例:
熊本県が全小中高校にLyncを導入、リモート授業や職員会議で活用
熊本県教育委員会が県内の全小中高校に「Microsoft Lync」を導入。リモート環境での授業や職員会議などを実施していく。(2014/1/17)

3200×1800ピクセルIGZO液晶搭載Windowsタブレットも──シャープ、会議を効率化する法人向け新製品
シャープが電子ホワイトボード「BIG PAD」とWindowsタブレットの新製品を発表。複数端末での連携機能により会議の効率化が図れるという。(2014/1/16)

田中淳子の人間関係に効く“サプリ”:
いつまでたっても平行線――そんな議論をすっきりまとめる会議術
いくら議論をつくしても話がかみ合わず、まとまらない――こんな経験はないだろうか。そんなときに有効なのは、“話の見える化”。図式化することで理解が深まり、合意の糸口が見えてくる。(2013/11/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「小さくても大きなことができる時代の到来」――究極的にスリムな組織のためのヒント
大きいに越したことはないが常識だった会社組織だが、さまざまな環境変化を背景として小さいことが強みになる新しい組織形態が可能になってきている。画一的に低コストの製品を大量に生産するための「20世紀型組織」を見直してみてほしい。(2013/11/14)

ソニー、A4相当13.3インチ電子ペーパーを商品化 書類・教材などのデジタル化支援
ソニーがA4サイズ相当の電子ペーパー端末を商品化。企業や大学向けにペーパーレス化による生産性・学習効率向上ソリューションとして展開する。(2013/11/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
常識も東西南北――アイデア外交官が42年の外交を振り返る
国によって文化や宗教、価値観は違うもの。世界に通用する常識はない。(2013/9/13)

ScanSnap仕事便利帳:
スキャンして生成したPDFを手持ちの「Kindle」で読む技
Amazonの電子書籍サービス「Kindle」には、PDFをメール添付で送ることで、手持ちのKindle端末で表示できる機能がある。常にKindle端末を持ち歩いているのなら、ちょっとした書類を読むのに重宝する。(2013/3/27)

もはや「会議」には縛られない:
PR:Web会議システム「OmniJoin」が、社内コミュニケーションを変える!
ブラザーの「OmniJoin」は、HD画質の映像とクリアな音声で多拠点間をつなぐWeb会議システム。必要なときにパッと集まり、チームでやるべきことをサッと決定していく。これがいま、求められている会議術だ。(2013/3/21)

ScanSnap仕事便利帳:
Evernoteにアップロードしたら元ファイルはすぐ削除する技
ScanSnapで読み取ったファイルをEvernoteに自動でアップロードした後、もしHDD上に残ったデータを使う可能性が全くなければ、自動的にゴミ箱に入るようにしておくと、知らず知らずのうちにローカルにデータが貯まることを防ぎ、素早く削除できるようになる。(2013/3/13)

ScanSnap仕事便利帳:
何百枚でも一瞬で完了! 年賀状の当選番号がすぐ分かる技
年賀状のお年玉番号が当選しているかまとめてチェックしたい場合、ScanSnapのDeluxeモデルに添付の「楽2ライブラリ」を使えば、当選番号を自動照合できるので便利だ。(2013/3/6)

ScanSnap仕事便利帳:
ScanSnapの設定を他のPCに移行する裏技
公式にサポートされている方法ではないが、ScanSnapの設定を保存したフォルダの中身をコピーすれば、再インストールしたPCでもそのまま利用できる場合がある。(2013/2/27)

ScanSnap仕事便利帳:
キャリアシート非対応のScanSnapでA3の原稿をスキャンする技
ScanSnapでは通常、A4サイズまでの原稿を読み取れるが、キャリアシートが利用できる場合は、A3サイズまでの原稿も簡単にスキャンが可能だ。ただ、キャリアシートを使わずに、A3原稿をデータ化する技はある。(2013/2/20)

ScanSnap仕事便利帳:
英文はScanSnapでスマホに取り込み、タッチ操作で単語を一発検索
英文の書類を読んでいて、単語の意味を調べるのが煩わしく感じるようであれば、ScanSnapでテキスト認識を有効にして取り込み、スマートフォンやタブレット端末のPDF閲覧アプリで意味を調べてみるといいだろう。(2013/2/13)

ScanSnap仕事便利帳:
ScanSnapとネット環境があれば、もらった書類をFAXで送れる
出張先からFAXを送りたいが、送信できるコンビニがなく途方に暮れる……。そんなときにお勧めしたいのが、FAXをインターネット経由で送れるサービスとScanSnapの合わせ技だ。(2013/2/6)

本当にそうなのか?:
ファシリテーションとリーダーシップと宮本武蔵
ワークショップのファシリテーターを支援しながら、宮本武蔵の『五輪書』を見て気が付いたことがある。リーダーの役割をファシリテーターに置き換えても、そのまま意味が通じることが多いのだ。(2013/2/5)

ScanSnap仕事便利帳:
紙の資料をスキャンして、WordやExcelで再利用する
会議でもらった資料を再利用したいが、原本がなかった。そうした場合に、ScanSnapで読み取ってOfficeソフトで編集可能な各形式に変換できる方法がある。(2013/1/30)

ScanSnap仕事便利帳:
巻き物のように長いパンフもScanSnapの「長尺」モードで一発データ化
A4よりちょっと大きいサイズの書類を通常モードでスキャンすると、端が切れた状態で読み取られてしまうなどの難点がある。それはScanSnapの「長尺」モードを使うことで解決できる。(2013/1/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。