ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メタボリックシンドローム」最新記事一覧

関連キーワード

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】
製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド
専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。(2016/11/28)

仮想環境“健康診断”のススメ【後編】
メタボな仮想化基盤に効く、実績豊富な「健康診断サービス」とは
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。(2016/11/21)

ライザップに挑戦してみた:
「ライザップ=痩せる」だけではない。新たな取り組みは?
「ライザップでトレーニングを積めば、2〜3か月で痩せることができる」といったイメージをもっている人が多いだろうが、実は新たなことに取り組んでいる。それは「健康」。どのような取り組みかというと……。(2016/11/10)

110メートルの通路も:
座るより立って仕事 健康も業績もアップ
仕事中の座り過ぎは健康に悪影響があるとして、オフィス環境を変える企業が増えてきた。立って作業できる机を導入したり、体を伸ばせる遊具を置くなど工夫を凝らしている。(2016/10/7)

レベル33で手持ち最強はCP3100のカイリュー ポケモンGOガチ勢の66歳鎌倉市議に話を聞いた
市民の健康促進など、市政に生かす方法を模索中。(2016/10/5)

心がこもった贈り物とは? 敬老の日に渡したいギフト3選
2016年の敬老の日は9月19日。祖父母に贈るものは決まっていますか? 選ぶのに困ったら、長生きのために健康に役立つギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。(2016/9/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ローカル線足切り指標の「輸送密度」とは何か?
「輸送密度が○○人以下の赤字路線」など、赤字ローカル線廃止問題の報道で「輸送密度」という言葉が登場する。この輸送密度という数値の意味は何か。国鉄時代から取りざたされた輸送密度の数値を知ると、現在の赤字ローカル線廃止問題を理解しやすい。(2016/9/2)

セルフサービスBIの「光と闇」(後編):
機能ばかり見ていると、セルフBIの導入は必ず失敗する
さまざまなツールがある中で、どのようにしてBIツールを選べばよいのか。ガートナーの堀内氏は、ツールだけで考えるのではなく、データ活用の体制と業務部門のコミュニケーションがそのカギを握ると話す。(2016/8/24)

歯周病が全身疾患を引き起こす――専門医が語る“本当の怖さ”と対策
かつて「歯槽膿漏」(しそうのうろう)と呼ばれた歯周病だが、「もはや国民病といっても過言ではない」状況にあると専門医は指摘する。しかも症状が進むと全身疾患にもつながるという。歯周病の実態と対策とは?(2016/8/19)

これはすごい! 健康に役立つキッチンアイテム
調理家電や食器など、キッチンで活躍するアイテムのうち、健康に役立つものをご紹介します。(2016/7/27)

早稲田大学、メタボリックシンドローム調査アプリ「メタボウォッチ」を開発
早稲田大学が、Appleのオープンソースフレームワーク「ResearchKit」を活用して、メタボリックシンドロームの大規模調査を行うためのアプリ「メタボウォッチ」を公開しました。(2016/7/19)

たまらないニャ! お役立ち猫ガジェット4選
猫だってガジェットが欲しい。かわいすぎるお役立ち猫ガジェットを紹介します。(2016/7/16)

スピン経済の歩き方:
「ワキ汗」ビジネスがこの1〜2年で拡大している秘密
ここ数年、制汗剤市場が拡大している。その中でも「ワキ汗」のカテゴリーが一気に拡大しそうな気配である。「そんなのオレには関係ないよ」「興味ないなあ」と思われた男性も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は「対岸の火事ではない」と指摘する。その理由は……。(2016/7/12)

5年契約:
通信と人工知能を搭載したマッサージチェアがファミリーイナダから登場
ファミリーイナダのマッサージチェア「ルピナス」は、通信により最新のマッサージプログラムを提供し、ユーザーの体重、血圧、脈拍、筋肉の形/硬さなどからユーザーに最適なモミを提供する、業界初のメディカルチェアだ。(2016/6/30)

医療機器 メルマガ 編集後記:
超高齢化社会の日本を襲う「ロコモ」
発音的にはロコモコ丼っぽくてかわいい感じですが、怖いんです。(2016/6/6)

戦後よりカロリー不足な現代人、真の“健康”とは?
失ってはじめて価値が分かるもの。その1つに「健康」がある。「自分は気を遣っているから大丈夫」だと思っているあなた。その常識、あらためて見つめ直してみませんか。(2016/5/30)

良い仕事は良い食事から? ワーク・フード・バランスとは
食事と仕事のバランス、取れていますか? この機会に見直してみましょう。(2016/5/26)

回し車みたい? メタボな猫にオススメな「キャット・ホイール」
(2016/5/3)

突然死のリスクも……不眠にサヨナラするために読みたい記事5選
現代人にとって重要な睡眠。快適な睡眠には何が必要なのか? 寝具の選び方や睡眠の質を高める方法などを紹介します。(2016/5/3)

これがグランプリのお弁当だ 国内最大級の“食べもの”イベント開催
国内最大級の業務用食品、食材、機器、容器の総合イベント「ファベックス2016」が開催された。各ブースで展示されているおいしそうな食べ物を紹介しながら、イベントの様子をお伝えする。(2016/4/15)

世界を「数字」で回してみよう ダイエット(28):
今こそ問いたい――そのダイエット、本当に必要ですか
ダイエットシリーズも、いよいよ最終回です。今回は、私が、150日にわたりダイエットを行った結果として得たメリットとデメリットを紹介します。結局のところ、私たちは「ダイエットに失敗する」という運命から逃れられないのかもしれません。それでも、ダイエットに関する情報は日々氾濫し、その市場が縮小することはないように思われます。だからこそ、こう問いかけたいのです。「そのダイエットは、本当に必要ですか?」と――。(2016/3/23)

健診結果を“読み取る”ためのポイント 意味と数値を解説
職場で健康診断を受けた後、しっかりその結果を見ていますか? 中でも、分かりにくい項目を読み解くポイントをお教えします。(2016/3/10)

あの「つば九郎」がアクションフィギュアになって登場 スケッチブックなどのアイテム付きで畜生ぶりを再現可能
2月28日9時6分(ツバクロ)予約受付開始。(2016/2/25)

のり弁は◯◯時代からあった? 気になる発祥とは
Hotto Motto(ほっともっと)がのり弁と牛肉をあわせた商品を展開。今回はのり弁の元祖に迫ってみましょう。(2016/2/23)

福利厚生で遺伝子検査も? 企業のメタボ対策に注目
各企業では、メタボリック対策の福利厚生が実施されています。従業員の肥満解消を促す福利厚生の最新事情とは?(2016/2/22)

ヨーグルトが風邪やインフルエンザ予防に効く理由
風邪やインフルエンザ予防になぜ「ヨーグルト」や「乳酸菌」がおすすめなのか? その理由や効果に迫ります。(2016/2/16)

野菜ジュースは白米を食べる○○分前がベスト!
毎日の生活で栄養を摂取するのに便利な野菜ジュース。ダイエット効果を出すには、白米との関係に気を付けて飲むことがポイントです。(2016/2/1)

どんだけあるの!「○○ダイエット」の歴史をGoogleトレンドで振り返る
過去に流行ったダイエットを、Googleトレンドでそのピークの時期と理由を網羅してみました。「そういえばそんなダイエットあったな……」と懐かしく思うものもあるかもしれません。(2016/1/4)

魚を食べてメタボ解消? 魚の油分が脂肪を燃やすメカニズム、京大が証明
魚に含まれる油分が、脂肪を分解させる「褐色脂肪細胞」の増加を促すことを、京都大学の研究グループが実証した。(2015/12/18)

吉牛はメタボの“敵”? 「吉野家」の牛丼の具を3カ月毎日食べ続けると身体はどうなるのか調べたガチすぎる研究結果が発表
牛丼との和睦の道はここにあった。(2015/12/10)

民間大手や自治体などが相次ぎ参入:
うつ病増加に労働人口減 日本の社会問題を「健康経営」は救えるか?
ストレスチェックの義務化が始まるなど、社員のメンタルヘルス対策は日本企業にとって喫緊かつ重要な課題になっている。そうした中、社員の健康促進こそが経営力アップに繋がるという考え方がここへきて強まってきているという。(2015/12/1)

看護師が教える! 内臓脂肪を減少させる食べもの13選
皮下脂肪と比べて落ちやすいとはいえ、なかなか落ちないのが内臓脂肪。今回は専門医の監修のもと内臓脂肪を落とす上で効果的な食品を一挙13をご紹介します。この機会に食生活を見直すのもいいかもしれませんね。(2015/11/25)

「ハンドル握るとひょう変」は姿勢のせい?座る姿勢を科学する
(2015/11/8)

世界を「数字」で回してみよう(21) ダイエット:
ダイエットの目的は…… 結局、ダイエット!?
今回は、基本的な疑問「人はなぜダイエットをするのか」に立ち戻り、ある仮説を立ててみました。しかし、それを数値的に検証すればするほど、出口のない無限ループにはまり込み、まるで禅問答と向き合っている状態に陥ってしまったのです。(2015/10/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
男の年収は「見た目」で決まる――コンディションを高める2ステップ
上昇意欲が高くプライベートを犠牲にしてプレゼン術を磨いたり、資格を取得するなど日々努力を怠らない。でも「見た目」の影響力を見逃していないだろうか。(2015/10/15)

糖質制限ダイエッターは注目!「スローカロリー」って何?
糖尿病や肥満などの食事対策として糖質制限が注目を集める中、「スローカロリー」という食生活のスタイルが登場しています。(2015/10/13)

医療と食マーケティングと塩分濃度の関係
2014年度、日本の医療費が40兆円を超えた。このままでは団塊の世代が後期高齢者となる2025年度以降に、国家財政が医療費で破たんしかねない。ここにビジネスチャンスがある。(2015/9/28)

「睡眠負債」の恐怖!突然死を防ぐための眠り方とは
睡眠不足の蓄積「睡眠負債」。たまったまま放置していると、目には見えないところで体が蝕まれ、最悪の場合突然死に至ることも。そんな睡眠負債の解決法を紹介します。(2015/9/23)

300万食の大ヒットも!牛丼チェーン夏の陣・ヘルシー志向合戦の行方は?
吉野家・松屋・すき家。おなじみの牛丼チェーンが、ヘルシー志向ブームに乗って、健康的なメニューを打ち出しています。各店舗のメニューの傾向に迫ります。(2015/9/5)

医療技術ニュース:
太ると中性脂肪が高くなるのはなぜなのか
東北大学は、太るにつれて中性脂肪が高くなるメカニズムを解明したと発表した。肝臓でアミノ酸が増加すると、それが自律神経を通じて脳に伝わり、血中の中性脂肪を分解する酵素LPLを減らすように指令が発せられるという。(2015/9/4)

マイナンバー改正法が成立 銀行口座にも適用可能に
金融機関の預貯金口座とマイナンバーをひも付けられるようにする改正マイナンバー法が成立した。(2015/9/3)

中におっさん入ってるでしょ! グーグーいびきをかいて寝る犬
気持ちよさそうだけど……完全におっさん。(2015/8/16)

国際モダンホスピタルショウ2015に見る
医療・ヘルスケア分野で活況化するウェアラブル端末の最前線
2015年7月15日から17日までの3日間、東京ビッグサイトで「国際モダンホスピタルショウ2015」が開催された。本稿では、ウェアラブル端末に関する出展ブースの内容を紹介する。(2015/7/31)

「痛風だからビールは我慢」は間違い?
(2015/7/11)

ベレー帽の遺髪から遺伝子をひも解く 「手塚治虫遺伝子解析プロジェクト」始動
遺伝子検査サービスを提供するジェネシスヘルスケアが、故・手塚治虫氏の遺髪をもとに、遺伝子解析を行うという興味深い試みをスタートした。発表会場には長男の手塚眞氏が、治虫氏そっくりに変身して現れた。(2015/7/9)

一度眠ってしまうと生命の危機が! 「オンディーヌの呪い」って?
睡眠中に呼吸が止まり、死の危険にさらされるという病気の別名「オンディーヌの呪い」。この病気の概要と呼称の由来、そして同じく呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」についても合わせてご紹介します。(2015/7/8)

生活習慣病に影響を与えていたのは睡眠時間よりもライフスタイルだった!?
私たちの体調を整えるために「睡眠」は非常に大切なもの。韓国の研究グループが行った調査で、睡眠時間が同じでも朝型と夜型の人で糖尿病やメタボリックシンドロームの危険性が異なることが示されました。(2015/6/30)

夏はすぐそこ! メタボのあなたに贈る外食で選ぶべきメニュー3選
健康管理の基本は自炊ですが、料理が作れない、料理をする時間がない人のために今日は外食で選ぶべきおすすめメニューをご紹介いたします。(2015/6/16)

毎日の入浴だけではダメ! 「清潔感がない人」の特徴
(2015/5/21)

自転車はガジェットだ!:
メタボな筆者が生まれて初めて本格的なヒルクライムレースに参加してみた
人生初のヒルクライムレース、後半には雨と鼻水、その先に見えたものは……?(2015/5/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。