ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モンスターファームオンライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モンスターファームオンライン」に関する情報が集まったページです。

オンラインゲーム最新イベント情報:
最難関クエストに最強現る
新たなイベントクエストに最強のボスモンスターが登場。(2008/9/24)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ボーナスがどんどん豪華に
勝つのはどのサーバか。個人賞もあります。(2008/9/9)

オンラインゲーム最新イベント情報:
秋の報酬
「エミル・クロニクル・オンライン」と「信長の野望 Online」で月見イベントが開催されます。(2008/9/3)

オンラインゲーム最新イベント情報:
この時期オンラインゲームで得をする?
お盆休みを有意義に過ごしましょう。(2008/8/5)

「PostPet」5年ぶりの新バージョン――So-net初のオリジナルオンラインゲームも公開
So-netが提供するメールサービス「PostPet」の新サービス発表。5年ぶりとなる最新バージョンやゲームポットが運営するオンラインゲーム、ケータイ向けゲームなど、ゲストに佐々木希さんを迎えて披露された。(2008/5/8)

ツクモ、GIGABYTE製の15.4インチワイド液晶内蔵ノート「W566N」シリーズを発売
九十九電機は、Core 2 Duo T8100/T8300搭載の15.4インチワイド液晶内蔵ノート「W566N」シリーズの取り扱いを発表した。(2008/3/19)

子育ての勉強にもなりますね――「モンスターファームオンライン」プレスカンファレンスで正式サービス開始日発表
オープンβテストを翌日に控えた25日、「モンスターファームオンライン」のプレスカンファレンスが行われ、ゲストに里田まいさんを招待。正式サービスの開始日が3月5日からと発表した。(2008/2/25)

ライブやゲーム大会とイベント盛りだくさん!「ゲームポットフェスタ2007」
オンラインゲームメーカーのゲームポットは、同社単独イベント「ゲームポットフェスタ2007」を12月16日に開催。会場となったパシフィコ横浜には、多くのユーザーが集まりイベントに参加した。(2007/12/17)

「ウィザードリーオンライン」発表――ゲームポット、懇親会で今後の展開について説明
ゲームポットは本日懇親会を行い、12月16日に開催予定の「Gamepot Festa 2007」の概要と、既存のゲームタイトルにおける今後の展開について発表。その席上で「WIZARDRY」のオンラインゲーム化権を取得したことも明かした。(2007/11/14)

東京ゲームショウ2007:
Lievoコンテンツに「トリックスター0 -ラブ-」と「モンスターファームオンライン」を追加――テクモプレス向け新作発表会
テクモとSeedCが展開するオンラインプラットフォーム「Lievo」。ここに「トリックスター0 -ラブ-」と「モンスターファームオンライン」が追加されることが明らかになった。また新タイトルの発表も。(2007/9/21)

東京ゲームショウ2007:
リア・ディゾンがテクモブースにやってきた──テクモ&Lievo新作タイトル発表会
東京ゲームショウ2007のテクモブースにて、テクモ&Lievo新作タイトル発表会が行われた。発表会にはスペシャルゲストとしてリア・ディゾンさんが登場し、「NINJA GAIDEN Dragon Sword」を実際にプレイ。その腕前を披露した。(2007/9/21)

ネットワークトライアルで始動――「モンスターファームオンライン」
テクモが開発し、ゲームポットが運営する育成コミュニティゲーム「モンスターファームオンライン」がいよいよ始動する。体験できるチャンスを逃すことなかれ。(2007/7/9)

東京ゲームショウ2006:
「NINJA GAIDEN」最新作はPS3で。「DOA」生誕10周年の記念企画も進行中――テクモ プレスカンファレンス
「東京ゲームショウ2006」開催初日となる9月22日、テクモブースにて同社の秋のラインアップタイトルを紹介する「テクモ プレスカンファレンス TGS2006」が行われた。(2006/9/23)

PCで「モンスターファームオンライン(仮)」、レボリューションで「スカッとゴルフ パンヤ」を展開――テクモ新規事業提携発表会
テクモは本日、ゲームポッドと事業提携しPCオンラインゲーム「モンスターファームオンライン(仮称)」の制作を発表。また、韓国のNtreev Softとも事業提携し、任天堂の次世代ゲーム機レボリューション用の「スカッとゴルフ パンヤ」の開発を行い、ロンチタイトルを目指すと発表した。(2006/2/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。