ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft Surface」最新記事一覧

「Slack」対抗のコラボアプリ
Officeユーザーが夢中になる「Microsoft Teams」、注目すべき5つの理由とは
Microsoftの新しいコラボレーションアプリケーション「Microsoft Teams」は、人気が高い「Slack」の対抗馬となるだろう。(2016/12/7)

日本航空、Surface Hubなどを導入し、ワークスタイル変革を推進
大画面ディスプレイを備えたコラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」を導入。「Office 365」「Surface Pro 4」などと組み合せて、ワークスタイル変革を推進する。(2016/10/20)

Windows 10乗り換えで注目集める2-in-1
「Surface」を熱望するのはユーザーよりも “IT部門” その真面目な理由は?
高い携帯性とPCの機能性を併せ持つデバイスを社員に提供しようとする企業は、2-in-1デバイスに注目している。特にMicrosoftの「Surface」シリーズの人気が高いという。その理由をIT部門の視点で考える。(2016/10/14)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
会社が社員の体重管理、1フロアにゴミ箱1つ……タニタオフィスに潜入!
今回は、健康総合企業のタニタを訪問。しかし、驚いたというかさすがというか……訪問するや否やいきなり受付で“体重測定”されてしまった内山くん。芸能界屈指のデブタレント内山信二の健康状態やいかに? (2016/9/24)

今日は何の日?:日本マイクロソフトが法人向けに「Surface」発売(9月2日)
(2016/9/2)

「アップグレードでバッテリーの減りが早まった」という人へ
無料で簡単、「Windows 10」のバッテリー持ちが良くなる“たった2つの設定”
「Cortana」など便利な機能が備わった「Windows 10」だが、中にはバッテリーを食う機能も少なくない。バッテリー消費を抑えるための簡単な方法を幾つか紹介しよう。(2016/8/23)

テレワークは「自分の仕事の価値とは何か」を問い掛ける
テレワークは社員の価値を浮き彫りに――向いてないのはどんな人?
テレワークの意外なメリットは「会社でないとできない仕事とは何か」を問い直すことで、仕事の棚卸しにつながっていくことだ。テレワークに取り組んだ中堅・中小企業が何に気付いたのか、事例から探ってみたい。(2016/7/26)

ずばぬけた耐久性とパフォーマンス
「TOUGHBOOK CF-20」は他にないタフネス2-in-1、日常使いもあり?
デザイン上の小さな問題はあるものの、パナソニックの「TOUGHBOOK CF-20」はずばぬけて優れたデバイスだ。このレベルの耐久性とパフォーマンスを備えたデバイスは他にない。(2016/7/17)

要素別に比べてみた
徹底比較: Surface Pro 4 vs. ThinkPad X1 Tablet、比べて分かった最強タブレットの“選ばれる理由”
市場で最高級のハードウェアといわれるWindows 10タブレット「Surface Pro 4」。似ているデザインの「ThinkPad X1 Tablet」は、Surface Pro 4と比べて、優れているのだろうか。(2016/6/19)

10.1型で約598グラム:
コストパフォーマンスに優れる日本HPの2in1がメモリ増量でさらに使いやすく――「HP x2 210 G2 Tablet」
日本HPの「HP x2 210 G2 Tablet」は、重さが600グラムを切る法人向け小型2in1だ。Cherry Trail世代プロセッサとメモリ4GB、OSに64bit版Windows 10 Proを採用し、ビジネスの現場でもしっかり“戦える”性能を手に入れた。(2016/4/25)

MicrosoftはPC市場縮小とドル高の影響で減収減益 クラウドは好調
Microsoftの1〜3月期は売上高は6%減の205億3100万ドル、純利益は20%減の37億5600万ドルと減収減益だった。PC市場縮小の影響が大きい。好調だったのは、「Surface」シリーズと「Azure」だった。(2016/4/22)

Weekly Memo:
Microsoft AzureとIBM Watsonが出会う日
ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトが「Pepper」と「Microsoft Azure」を活用した分野での協業を発表した。Pepperは「IBM Watson」も活用できる。これを契機に新たな連携も考えられそうだ。(2016/3/14)

新しいSurface、Windowsで実現する未来の働き方とは
SurfaceシリーズとWindows10は私たちの働き方、そして企業のビジネスをどう変えていくのか――。その問いへの“解”ともいえるセミナーイベントの内容をお伝えする。(2016/2/24)

Surface Pro 4を使ったマネキンも:
「Surface Book」で立体映像投影も 日本マイクロソフト、三越伊勢丹とコラボ 
日本マイクロソフトは、期間限定で三越伊勢丹が展開する「伊勢丹新宿店メンズ館」とコラボしたタイアッププロモーションを行う。(2016/2/10)

ついに上陸:
日本語キーボードをチェック! 国内モデル発売直前の「Surface Book」をおさらい
「Surface Book」が間もなく日本で発売する。デザインはUSモデルとほぼ同じだが、国内モデルの日本語キーボードはどうだろうか。写真で確認してみよう。(2016/2/3)

「最新のテクノロジーを迅速に」 “最後のメジャーバージョン”「Windows 10」に導入した“WaaS”とは
「Windows 10」から導入されたWindows as a Service(WaaS)とは何か――。2015年12月16日に開催したITmedia ビジネスオンライン編集部主催のセミナー「働き方改善だけで終わらない、ビジネス革新へ踏み出す新プラットフォーム〜Microsoft Surface & Windows10が持つ可能性〜」のWaaSについてのセッションをリポートする。(2016/1/13)

“キングオブWindowsタブレット”は健在
徹底レビュー:「Surface Pro 4」、“細かすぎて気付かない改善点”と変わらない魅力
Windowsタブレットの“最高峰”との評価もある「Surface Pro 3」。その後継モデルとなる「Surface Pro 4」に、進化の余地はあったのか。ベンチマークを交えて検証する。(2015/12/12)

Microsoft、「Surface Book」発売に合わせ、初のフラッグシップストアをニューヨークに開店
Microsoftが初のオリジナルノートPC「Surface Book」の発売に合わせ、ニューヨーク5番街に初のフラッグシップストアをオープンした。最新製品をチェック・購入でき、Apple StoreのGenius Barのような「Answer Desk」もある。(2015/10/27)

Microsoftが「Surface Book」を北米で発売 MacBookからのスイッチ促進ページも
Microsoftが北米で「Surface Book」および「Surface Pro 4」を発売した。発表イベントでもMacBookを引き合いに出していた同社は、「MacBookからSurface Bookへ」というスイッチ促進ページを開設した。(2015/10/27)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
「Surface」だけではない、Microsoftのハードウェアにドキドキが止まらない
ハードウェア事業で存在感を見せ始めたMicrosoft。新ハードウェアの投入で市場はどう変化するのでしょうか。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/10/16)

Adobe MAX 2015基調講演:
Dreamweaver、Photoshop、Muse、Creative Sync、Typekit、Project Comet――アドビが示したUXデザイン/Web制作ワークフローの未来とは
アドビ システムズが2015年10月5日(米国時間)に開催した年次カンファレンス「Adobe MAX」の基調講演の模様をUXデザイナー/Web制作者向けにリポートするのに加え、Adobe MAXで毎回アドビが発信しているメッセージについて考えてみたい。(2015/10/7)

Microsoftの「Windows 10端末」発表イベントまとめ 初のオリジナルノート「Surface Book」も
Microsoftの「Windows 10 devices event」で発表されたことをまとめた。事前にうわさにもならなかった同社初のノートPC「Surface Book」の他、新Lumia端末3モデル、新タブレット「Surface Pro」など、Windows 10搭載端末のラインアップが披露された。(2015/10/7)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
ひょっとすると歴史が変わるかもしれない「iPad Pro」の登場
「iPad Pro」登場でますます激化するタブレット市場の覇権争い。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/10/2)

キーボード付きカバーとスタイラスペンも同時に発表
iPadとSurfaceが“プロ”対決 「iPad Pro」は最強のビジネスタブレットか
何度となく登場がうわさされていた12.9インチの「iPad Pro」がついに発表された。キーボード付きカバーとスタイラスペンがアクセサリとして用意されており、最強のビジネス向けタブレットとして大きな注目が集まっている。(2015/9/11)

iPhone 6s/iPhone 6s Plus:
「A9」「A9X」は14nm/16nm FinFETを採用?
「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」「iPad Pro」などを発表したばかりのApple。搭載されているプロセッサ「A9」「A9X」は、Samsung Electronicsの14nm FinFETあるいはTSMCの16nm FinFETを採用しているとみられている。(2015/9/10)

まずは北米。日本は未定:
DELL、Surface Proの取り扱いを10月から開始
DELLが取り扱いを開始するSurface Proでは、DELL製品と同じサポートを受けることができる。(2015/9/9)

「TechTargetジャパン」と共同キャンペーン:
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を購読してSurface 3をもらおう!
「ITmedia マーケティング」からちょっと遅めのボーナス。メールマガジンを新規にご購読いただいた方の中から抽選で1名さまに、話題の「Microsoft Surface 3」をプレゼントします。(2015/8/17)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
オフィスで使いたい「Microsoft Surface」「MacBook Air」、違いってある?
スマートフォンやタブレットの普及により、業務で利用するクライアント端末にも変化が見られています。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/8/7)

Windows 10搭載で9月に発表の見通し
今分かっている「Surface Pro 4」の全て、NVMe対応の超高速SSDを搭載か?
米Microsoftのタブレット「Surface」について、次世代モデルのうわさや臆測が飛び交っている。「Surface Pro 4」のスペックやデザインはどのように変化するのか。現時点で分かっている情報をまとめた。(2015/7/24)

もちろん仕事にも使いたい
「iPad」「Surface」だけではない、今どきの学生が支持するタブレット7選
かつて学生は宿題をこなすためにノートPCを必要とした。その後タブレットが登場し、今や多くの学生が「iPad」を使っている。それ以外のタブレットはどうだろうか? 支持されそうな製品を紹介する。(2015/7/20)

発売前にアナリストの評価をチェック
Windows 10の84インチ端末「Surface Hub」に早くも高評価 「用途不明」との声も
最大84インチのWindows 10端末「Microsoft Surface Hub」。発売前のアナリストの評価は全般的に肯定的だが、普及に当たり米Microsoftが注意すべきポイントがあるという。(2015/6/30)

日本でも発売へ:
米Microsoft、55型/84型のWindows 10搭載PC「Surface Hub」を7月1日に受注開始
米Microsoftは、55型/84型の大画面タッチパネル液晶を備えたWindows 10搭載PC「 Surface Hub」を発売する。(2015/6/11)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新Atom x7を搭載した「Surface 3」の気になる性能は?――米Microsoft担当者に聞く
「Surface 3」の国内発表に合わせて、米Microsoftで同製品のセールスとマーケティングを担当するジェネラルマネージャのブライアン・ホール氏が来日。早速、新モデルへの疑問をぶつけた。(2015/5/20)

日本上陸:
「Surface 3 LTEモデル」はY!mobileブランドで販売
10.8型Windowsタブレット「Surface 3」のLTEモデルをソフトバンクモバイルが取り扱うことが明らかになった。(2015/5/19)

米国版を一足先に入手!――10.8型タブレット「Surface 3」ファーストインプレッション
Windows 8.1を搭載したMicrosoftの10.8型タブレット「Surface 3」が日本でも発売されます。米国在住の筆者が一足早くWi-Fiモデルを手に入れたので、開封リポートとファーストインプレッションをお届けします。(2015/5/19)

シリーズ最薄最軽量の新モデルが日本上陸へ:
「Surface 3」は5月19日に国内発表
シリーズ最薄最軽量でフルのWindowsが動作する10.8型タブレット「Surface 3」。その国内発表は5月19日に行われる。(2015/5/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iOS/Androidアプリも巧みに取り込む「Windows 10」でMicrosoft復権なるか?
Microsoftの開発者会議「Build 2015」が始まった。初日の基調講演では、2018年までにWindows 10搭載機が10億台に達するという予測、そしてAndroid/iOSアプリの開発者がWindows 10向けアプリをコード流用で移植できる支援策が強調された。(2015/4/30)

Microsoft、クラウドとSurfaceが好調で6%増収 Lumiaは860万台販売
Microsoftの1〜3月期決算は、AzureやOffice 365などのクラウドが好調で6%の増収だったが、前期同様Nokia統合などのコストが圧迫し、純利益は12%減だった。(2015/4/24)

君のことは忘れたくても忘れられないよ……! Windows XPの一周忌が開催!
きっとイルカも泣いている。(2015/4/9)

日本での投入は検討中:
世界26地域で「Surface 3」発売――新世代Atom、10.8型3:2ディスプレイ、Windows 10に無料アップデート可能で499ドルから
「Surface 3」はAtom x7プロセッサとWindows 8.1を搭載し、シリーズ最薄最軽量に仕上げた10.8型タブレット。価格は499ドルから。世界26地域で販売する(日本での投入は検討中)。(2015/4/1)

Microsoft、Atom搭載「Surface 3」を499ドルで発売へ
Microsoftが、Windows 10にアップデートできる安価なSurfaceタブレット「Surface 3」を発表した(日本での発売は未発表)。プロセッサはARMベースではなく、Intel Atom x7で、価格はSurface Pro 3より300ドル安い499ドルから。(2015/4/1)

将棋電王戦FINAL第1局は人間側が勝利 21歳のイケメン棋士・斎藤慎太郎五段がAperyを真っ向勝負で撃破
プロ棋士も斉藤五段の指し手を「ノーミス」と絶賛。(2015/3/14)

みんなが「Surface」を使う未来
「Windows 10」で加速する“古き良きクライアントPC時代”の終わり
Windows 10の新しいモバイル機能はMicrosoftのデバイスで最もうまく機能する。企業がPCやタブレットを選ぶ際は大きな影響を受けるかもしれない。(2015/3/6)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

スマホカメラとタッチで変わる制作現場(2):
スマホで作った素材を実業務で生かすタッチUIなIllustratorの使い方&ポートフォリオサービスで共有
Adobe Shapeで作った形状アセットをSurface Pro 3上のIllustratorで編集。タッチで簡単なワイヤーフレームの作り方を紹介する。(2015/2/4)

Windows 10 The Latest:
Windows 10最新情報と日本語対応の新ビルド9926のリリース
「Windows 10: The Next Chapter」イベントで明らかになったWindows 10の新機能情報と、日本語にも対応したWindows 10の新ビルド9926のリリース情報を紹介する。(2015/1/29)

Microsoft、Surface好調もリストラコストやWindows不調の影響で増収減益
Microsoftの2014年10〜12月期の決算は売上高は8%増の264億7000万ドル、純利益はリストラやNokia部門の統合などのコストの影響で11%減の58億6300万ドルだった。Surfaceの売上高が11億ドルと好調だった。(2015/1/27)

未来のホワイトボード:
Microsoftが84型4Kパネルを搭載したWindows 10搭載デバイス「Surface Hub」を発表
Windows 10発表イベントで同OSを搭載する新端末が登場。4K解像度の84型ディスプレイを搭載し、ホワイトボードやビデオ会議システムとして利用できる。(2015/1/22)

林信行が見た「Adobe MAX 2014」:
すぐ試したい“アドビマジック”満載――クラウドを生かしたスマホ/タブレットの新しい可能性
米Adobeが開催しているクリエーター向けのイベント「Adobe MAX 2014」を林信行氏が現地リポート。(2014/10/9)

Windows 10の法人戦略とその背景:
なぜ「Windows 10」なのか Microsoftが“先出し公開”した理由
PC向けOS──Windowsはどこに向かうのか。次期Windowsが、なぜか“9”を飛ばして「Windows 10」になるようだが、オフィスPCシーンにどんな影響があるだろうか。Microsoftが示した法人需要の戦略をその背景とともに読み解こう。(2014/10/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。