ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MIPS」最新記事一覧

ソフトバンクによるARM買収が与える影響【後編】
激変するIoT市場、ソフトバンクによる買収はARMにとってプラス?
IoTチップ市場は今、大きな注目を浴びている。ソフトバンクが買収したARM Holdingsや他の半導体ベンダーの動きについて紹介する。(2016/8/12)

医療機器ニュース:
補聴器は“指向性”から“全方位”へ、ハイレゾ音質とIoT化も実現
オーティコン補聴器は、補聴器の新製品「オーティコン オープン」を発表した。最大の特徴は、従来の聞きたい方向の音だけを聞こえるようにする“指向性”を重視した補聴器と異なり、周囲360度“全方位”から聞こえる音の情景を自然に耳に届けるというコンセプトで開発されていることだ。(2016/7/6)

IoT観測所(22):
IoTセンサープラットフォーム「M2.COM」の目指すビジョンと懸念点
IoTサービスの開発速度を妨げる要因の1つに、センサーやセンサーノードモジュールの規格不在、クラウド接続への包括的なサポート不足が挙げられる。この解消を狙うのが、Advantechらが中心となる「M2.COM」だ。その概要と現在の懸念点を確認する。(2016/6/16)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第4回】
「NFV」編──ネットワーク機器の全てをサーバで代替するNFVがなぜ普及しない
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は「SDNとNFVの今後」を考えてみる。(2016/6/3)

頭脳放談:
第192回 Intelの消えてしまったプロセッサを思い出してみる
IntelのAtomがリストラされるというニュースが流れてきた。これまでもさまざまなプロセッサが、リリースされては後継モデルもなく消えてきている。その歴史を振り返ってみた。(2016/5/25)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
人工知能の奇跡的な復権
囲碁王者への勝利を果たすなどAI(人工知能)への注目は依然として高くありますが、研究史を知る身からすれば、AIへの興奮はジェットコースターのようなものであるとも感じられます。多岐にわたる成果を挙げ始めた現代のAIは何が違うのでしょうか。(2016/4/21)

Raspberry PiにAllJoynフレームワーク「Standard Core」を移植する
AllJoynは「家電を中心にさまざまな機器を接続し、情報交換を可能としたフレームワーク」です。さまざまな機器を対象としており、それにはRaspberry Piも含まれます。ルーター機能などを実装可能な「Standard Core」をRaspberry Piに移植します。(2016/4/1)

Google、バイナリ比較ツール「BinDiff」を無償提供
BinDiffでは異なるコードを比較して相違点や類似点を見つけ出せる。(2016/3/22)

IoT機器へのサイバー攻撃、国内で増加が顕著に
IoT機器へのサイバー攻撃、国内で増加が顕著に(2015/12/16)

パーソナルメディア、マルチOS対応の小型開発ボード「T-Kernel 2/MIPS-M150ボード」
Ingenic Semiconductorの「M150」を搭載し、T-Kernelを含むマルチOSに対応した開発ボード「T-Kernel 2/MIPS-M150ボード」をパーソナルメディアが販売開始した。(2015/12/8)

イマジネーション・テクノロジーズ:
32/64bitを追加した高性能MIPS Warrior CPU
イマジネーション・テクノロジーズは、MIPS Warrior CPUのラインアップに、組み込み32ビットMクラスCPU「M6200」「M6250」と64ビットPクラスCPU「P6600」を追加した。(2015/11/30)

1チップ当たり倍精度演算性能は8T FLOPS:
PEZYのHPC用プロセッサ、64ビットMIPSコアを集積
イマジネーション・テクノロジーズとPEZY Computingは、次世代HPC(High Performance Computing)システム開発に向けて提携した。PEZYが開発中の次世代メニーコアプロセッサに、イマジネーションの64ビットMIPSプロセッサコアをオンチップで搭載する。(2015/11/17)

GPUコアだけじゃない!:
買収で進化したイマジネーションの戦略
イマジネーション・テクノロジーズは、単体のIPコア事業に加えて、複数のIPコアを組み合わせたIPプラットフォーム事業を強化する。また、独自のハードウェア仮想化技術に対応することで、複数の異種プロセッサを搭載したコンピュータシステムにおいて、高いセキュリティを担保する。(2015/9/9)

IoT観測所(12):
Google「Project Brillo」はどこまでApple「HomeKit」と派手に戦う?
Google「Project Brillo」はApple「HomeKit」の対抗馬と目される、家庭向けIoTプラットフォームであり、まだ不明点が多いものの対象の重複はほぼ間違いない。先行するHomeKitに対しどれだけ派手に戦う気か、考察する。(2015/8/11)

ユーシーテクノロジ UCT μT-Kernel 2.0 PIC32開発キット:
統合開発環境MPLAB X IDEに対応した開発キット
ユーシーテクノロジは、統合開発環境MPLAB X IDEに対応した「UCT μT-Kernel 2.0 PIC32開発キット」を発売した。リアルタイムOS「UCT μT-Kernel 2.0」をMicrochipの32bitマイクロコントローラに移植し、統合開発環境MPLAB X IDEに対応させた。(2015/7/15)

組み込み開発ニュース:
GHSのRTOS「INTEGRITY」、CaviumのMIPSコアSoC「OCTEON III」をサポート
アドバンスド・データ・コントロールズは同社が技術パートナーを務める米Green Hills Softwareのマルチコア開発ソリューションが、Cavium製SoC「OCTEON III」ファミリに向けて提供開始されたと発表した。(2015/6/24)

IoT観測所(10):
MIPSのIoT“秘密組織”「prpl Foundation」
2014年5月に設立されたオープンソースベースのIoT団体「prpl Foundation」。Imagination Technologiesを中心とし、MIPSアーキテクチャをIoTへ導入しようと活動する団体だが、その内実はなかなか窺えない。(2015/6/17)

電源設計 デジタル制御:
デジタル電源向けコントローラIC、高性能で消費電力を従来比1/5に低減
Microchip Technology(以下、マイクロチップ)は、デジタル電源向けデジタルシグナルコントローラ(DSC)ICとして、新たにdsPIC33EP「GS」ファミリを発表した。演算性能を高めるとともに、電力変換効率と応答性を向上した。消費電力は現行製品に比べて80%節減することが可能である。(2015/5/13)

組み込み開発ニュース:
メンター「Nucleus RTOS」にウェアラブル向け「Mentor Embedded Nucleus」
メンター・グラフィックスがウェアラブル/IoT端末向けのRTOSとして「Mentor Embedded Nucleus」を発表した。(2015/5/7)

宇宙開発:
ミッション達成の“ミニはやぶさ”「プロキオン」、エンジン停止をどう乗り切るか
東京大学とJAXAが、「はやぶさ2」とともに打ち上げた超小型探査機「PROCYON」(プロキオン)の運用状況を説明した。予定したミッションの大半はクリアしたが、エンジン停止に見舞われている。その打開策は。(2015/4/10)

JavaScriptやPHPで開発できる超小型ボード「Onion Omega」 Web開発者もハード作りを容易に
JavaScriptやPHPなどでプログラミングできるハード開発プラットフォーム「Onion Omega」」がKickstarterに登場した。(2015/4/7)

EE Times Japan Weekly Top10:
期待膨らむ次世代コンピュータ
EE Times Japanで2015年3月21〜27日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/4/2)

プロセッサ/マイコン:
ギガビットイーサネット対応を5ドル以下で実現、16コア搭載マイコン
XMOS(エックスモス)は、ギガビットイーサネットに対応するマルチコアマイクロコントローラ「xCORE-200」ファミリを開発し、サンプル出荷を始めた。第1弾となる製品は16個のプロセッサコアを内蔵しており、最大2000MIPSの処理性能を実現しながら、量産時の価格は5米ドル以下と安価である。(2015/3/24)

組み込み開発ニュース:
あらゆる機器をIoTデバイスにするUIエンジン「paneE」
ACCESSは組み込み機器に、ネットワーク対応機能とタッチパネル操作機能を付加できるUIエンジン「paneE(パネイー)」の提供を開始した。(2015/3/24)

ビジネスニュース M&A:
MicrosemiがVitesse買収――懸念される「MIPS対ARM」の構図
Microsemiが、Vitesse Semiconductorを買収する。Vitesseの産業用イーサネット技術を生かして、競合他社では入っていけないニッチな分野を狙うと見られている。ただし、プロセッサのアーキテクチャは、MicrosemiがARMを、VitesseがMIPSを採用していて、両社では近いうちに“MIPS対ARM”の構図になるのではないかと予想される。(2015/3/23)

折りたたみ自転車やAmzonギフト券が総計53名に当たる!:
PR:『車載/産業向け高信頼性マイコン』に関するプレゼントクイズ!!
多くの車載および産業アプリケーションには、ノイズ耐性が高く高精度センサーへの接続が容易な5Vデバイスが求められています。そうした中で、5V駆動で高い信頼性を実現するマイコンとして注目を集めている「dsPIC33EVファミリ」を紹介します。なお、最後に、プレゼントの当たるチャンスのある「おさらいクイズ」を用意していますので、挑戦してみてください!【プレゼント応募期間は終了しました】(2015/4/22)

ビジネスニュース M&A:
インテルが買収を決めたLantiqとは
インテル(Intel)は、宅内通信機器(CPE)で強みを持つドイツのLantiqを買収する。スマートゲートウェイ事業を強化することが目的だ。インテルは、モノのインターネット(IoT)市場に注力するという戦略を、着々と実行しているようである。(2015/2/4)

トランザクション処理もリアルタイム分析も1台で、IBMが新世代メインフレーム発表
IBMのメインフレーム最新世代となる「z13」が発表された。アナリティクスなど新たなデータ活用にも1台で対応するシステムとの特徴を掲げる。(2015/1/15)

Android版「Google 日本語入力」がアップデート――マテリアルデザイン対応ほか
Android版「Google 日本語入力」がアップデート。Android 5.0(Lollipop)への対応を進め、マテリアルデザインのキーボードテーマを追加している。(2014/11/10)

日本TI F2837x:
16ビットA-Dコンバータを4個内蔵、日本TIの32ビットマイコン
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)の「C2000 Delfino F2837xS」は、4個の16ビットA-Dコンバータを内蔵した32ビットマイコンである。産業機器の電力制御用途に向ける。(2014/8/29)

“次の50億人”をつなげるために:
TVや自動車、ウェアラブル機器……裾野広がるAndroid
Googleの開発者向けカンファレンス「Google I/O 2014」では、「Android L」をはじめ、さまざまなアップデートが発表された。そこからは、Androidがスマートフォンだけではなく、TVやウェアラブル機器、自動車といった分野にまで確実に裾野を広げていることがうかがえる。(2014/6/30)

デュアルコアで大幅に性能向上:
PR:最高800MIPSのリアルタイム制御マイコン・ファミリを活用する
(2014/6/27)

頭脳放談:
第168回 AMDが考えるx86とARMの未来はピン互換?
AMDが2014年から2016年にかけてのロードマップを発表した。その中で、x86とARMとのピン互換を実現し、両方を差し替えて使えるようにするという。AMDが「ambidextrous」と呼ぶこの戦略が持つ意味は?(2014/5/27)

ビジネスニュース:
半導体業界は統廃合が進む、マイクロチップのCEOが言及
Microchip TechnologyのCEOであるSteve Sanghi氏は、「半導体業界の成長は鈍化しており、今後は半導体メーカーの統廃合が進む」と主張した。Microchipの戦略については「マイコンにARMコアを採用することはない」とし、8ビットマイコンのサポートにも注力していくという。(2014/4/7)

Q&Aで学ぶマイコン講座(1):
CISCとRISC、何が違う?
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。記念すべき1回目は、マイコン初心者の方からよく質問される「CISCとRISCの違い」についてです。(2014/4/7)

「次世代」とはすなわち「速さ」:
PR:ソニックウォール製品が「セキュリティをオン」にしても遅くならない理由
標的型攻撃やゼロデイ攻撃など、企業を狙うサイバー攻撃はますます高度化し、一方でリッチなWebアプリケーションや動画によって、ネットワークに掛かる負荷は増大し続けている。そんな中、企業の「盾」となる次世代ファイアウォールには、トラフィックの内容を確実にチェックしながら、ネットワークパフォーマンスに影響を与えないことが求められている。そんな矛盾する要件を両立させる、デルソニックウォールの次世代ファイアウォールの特徴を紹介する。(2014/3/17)

産業用機器 基礎解説:
工場にしなやかさをもたらす、産業用PCの真価とは〔前編〕
産業用コンピュータの歴史の中で、産業用PCにスポットを当てて解説していきます。まず〔前編〕で現在に至る歴史とその背景を、〔後編〕で産業用PCの製品特徴と使われる分野、これからの方向性などについて紹介します。(2014/2/28)

ビジネスニュース:
中国No.1のAndroidスマホは「Xperia」、新評価システムの結果から
スマートフォンの総合的な評価を行うため、中国のインターネットサービス企業やQualcommらが、新しい評価システム「Certimo」を立ち上げた。Certimoに基づき、中国で使われているAndroidスマートフォン29機種を評価した結果、ソニーの「Xperia Z1 L39h」が総合評価で最高得点を獲得した。(2014/2/27)

頭脳放談:
第165回 AMDのARMコアプロセッサーが新しいサーバー市場を創造する?
AMDが、ARMコアを採用したサーバープロセッサー「Opteron A1100」を発表。x86ではなく、ARMコアを採用した理由は? AMDは、ARMコアによるサーバープロセッサー市場を創造できるのか。(2014/2/25)

プロセッサ/マイコン:
新時代到来! ヘテロジニアス・コンピューティング最新動向【後編】
AMD Aシリーズプロセッサ“Kaveri”が正式に発表された。ヘテロジニアス・コンピューティングに向けたフレームワーク「HSA」対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待を集めているKaveri。Kaveriの詳細やARMの動向を交えながらHSAの現状と今後を考察する。(2014/2/17)

使用率とライセンスをチューニング
仮想化のコストを大幅に削減する3つの処方せん
仮想化してもコストが下がらない。それどころかコストが増大する可能性もある。仮想化のコストに悩む企業は、以下の3つの手法を検討すべきだ。(2014/2/12)

プロセッサ/マイコン:
新時代到来! ヘテロジニアス・コンピューティング最新動向【前編】
2014年1月14日、ヘテロジニアス・コンピューティングに向けたフレームワーク「HSA」(Heterogeneous System Architecture)をハードウェアレベルで初めてサポートするAMD Aシリーズプロセッサ“Kaveri”が正式に発表された。HSA対応アプリケーションの開発プラットフォームとしても期待を集めているKaveriを中心に、HSAの現状と今後を探る。(2014/2/6)

オピニオン:
中国国産OS「COS」、マイクロソフトとグーグルに打撃か
専門家によると、中国が開発した独自のOS「China Operating System(COS)」は、中国市場においてグーグルとマイクロソフトに多大な影響を及ぼす可能性があるという。一方で、アップルにはそれほど影響しないとみている。(2014/2/5)

業界最高性能のリアルタイム制御マイコンが登場:
PR:演算性能の向上とともに高機能アナログを集積
(2014/1/15)

ビジネスニュース:
ムーアの法則が終えんを迎えればメリットになる――ブロードコムCTOインタビュー
Broadcom(ブロードコム)のCTO兼会長であるHenry Samueli氏は、「微細化の限界は5nmから7nmプロセスになるだろう」と予想する一方で、28nmプロセス以降では、コストがあまりにも高いため、「微細化の魅力は薄れつつある」と述べる。(2013/12/18)

ブロードコム、ARMコアによるNFV推進について国内で説明
ブロードコム・ジャパンは12月5日、米ブロードコムが10月に発表したARMコアを活用する新アーキテクチャについて、国内で説明した。NFVをはじめとするネットワーク製品での事業の広がりを狙う。(2013/12/6)

プロセッサ/マイコン:
「MIPSを捨てた、というわけではない」 Broadcom、ARMベースの64ビットSoCを説明
ブロードコムが、次世代のマルチコアプロセッサ・アーキテクチャに関する記者説明会を開催。先日発表したARMベースの64ビットマルチコアプロセッサについて、米Broadcomの開発担当者が概要を語った。(2013/12/6)

「モノのインターネット」が標的に?:
組み込みデバイスを狙うLinuxワーム、シマンテックが発見
セキュリティ企業のシマンテックは、ルータや防犯カメラなどの組み込みデバイスを狙ったLinuxワームを発見したとブログで伝えた。ARM、PPC、MIPS、MIPSELといったIntel以外のアーキテクチャを標的とする亜種の存在が確認されているという。(2013/12/2)

インターネット接続機器を狙ったLinuxワーム出現
多くのユーザーは自分の端末にLinuxが使われているとは知らず、自分が危険にさらされていることを認識していない可能性がある。(2013/11/28)

ET2013:
イマジネーションとして初のMIPSアーキテクチャ「Warrior」をアピール
イマジネーションテクノロジーズは、MIPSアーキテクチャの5世代となる32/64ビットCPUコア「Warrior」ファミリを開発した。その第1弾として2013年11月に「P5600」を発表した。競合のCPUコア製品に比べて同じ処理性能であればダイサイズ、消費電力ともに小さいという。(2013/11/27)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。