ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「mirumo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「mirumo」に関する情報が集まったページです。

「944SH」「945SH」発売――実質負担額は3万円台後半、4万円台半ばから
ソフトバンクの夏モデル「mirumo2 944SH」と「AQUOS SHOT 945SH」が店頭に並んだ。都内量販店の実質負担額は、944SHが3万円台後半、945SHが4万円台半ばと案内されていた。(2010/7/9)

タッチメモリ液晶搭載の「mirumo2 944SH」と厚さ10ミリの「842P」、6月18日発売
ソフトバンクの2010年夏モデル「mirumo2 944SH」と「842P」が6月18日に発売される。(2010/6/16)

好評の大型サブディスプレイがタッチ操作に対応――「mirumo2 944SH」
3インチの大型サブディスプレイを常時表示できる「mirumo」に早くも後継機種が登場。「mirumo2」ではメモリ液晶のタッチ操作が可能になった。(2010/5/18)

「mirumo 934SH」の“ここ”が知りたい:
第3回 サブディスプレイをカメラのファインダーに使える?――「mirumo 934SH」
「mirumo 934SH」は約3インチの大型サブディスプレイを搭載するが、同じく大きなサブディスプレイを備える「P-07A」や「931P」のように、サブディスプレイをファインダーにして撮影できるのだろうか。(2009/8/13)

「mirumo 934SH」の“ここ”が知りたい:
第2回 サブディスプレイに画像をぴったり設定できる?――「mirumo 934SH」
「mirumo 934SH」の大型サブディスプレイはさまざまな機能を表示するだけでなく、好みの画像をホームパネルに設定することもできる。画像の設定やサイズ変換などは簡単にできるのだろうか。このほか、着信ランプやエチケットミラーについても調べた。(2009/7/21)

開発陣に聞く「934SH」「935SH」「936SH」:
ただの兄弟機じゃない――シャープが「934SH」「935SH」「936SH」で目指した“距離感”
シャープ製の「mirumo 934SH」「THE PREMIUM WATERPROOF 935SH」「SOLAR HYBRID 936SH」は基本スペックは同等の兄弟モデルだが、“大型サブディスプレイ”“高級防水ケータイ”“ソーラーパネル”など、三者三様の特徴を持つ。これら3機種でこだわったポイントをはじめ、シャープが目指す携帯電話開発の方向性を聞いた。(2009/7/16)

「mirumo 934SH」の“ここ”が知りたい:
第1回 サブディスプレイでメールを読める?――「mirumo 934SH」
常時点灯する約3インチのサブディスプレイが大きな特徴の「mirumo 934SH」。メインディスプレイ並みの大きさを実現しているため、このサブディスプレイに“何を表示できるのか”についての質問が多く寄せられた。(2009/7/9)

モルフォの携帯向け技術、ソフトバンクモバイルの「933SH」「934SH」に搭載
モルフォの携帯電話向け技術が、ソフトバンクモバイルの「AQUOS SHOT SoftBank 933SH」「mirumo SoftBank 934SH」に採用された。(2009/6/12)

シャープ、934SHのスライドショー機能にエイチアイの技術を採用
シャープは6月5日に発売された「mirumo SoftBank 934SH」のスライドショー機能に、エイチアイの「3DViewpackage」を採用した。(2009/6/8)

3インチサブ液晶と8M CCD搭載の防水ケータイ「mirumo 934SH」 6月5日発売――ソフトバンク
ソフトバンクモバイルは、3インチ大型サブディスプレイを搭載したシャープ製の「mirumo 934SH」を6月5日に発売する。サブディスプレイは低消費電力で常時点灯が可能な「メモリ液晶」を採用し、さまざまな情報を表示できる。(2009/6/3)

写真で解説する「mirumo 934SH」
シャープ製の「mirumo 934SH」は、新開発の「メモリ液晶」を採用した3インチのサブディスプレイに、さまざまな情報を常時表示できるのが大きな特徴。防水仕様と合わせて日常利用の利便性にこだわった多機能ケータイだ。(2009/5/22)

常時表示できる3インチ「メモリ液晶」を搭載――「mirumo 934SH」
シャープ製の防水ケータイ「mirumo 934SH」は、3インチの「メモリ液晶」を背面に搭載。時計やカレンダー、キッチンタイマー、歩数計、鏡など、日常で役に立つ機能を閉じたまま利用できる。(2009/5/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。