ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「μ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

知財ニュース:
革新企業トップ100で日本が最多に返り咲き、日東電工と富士電機が受賞講演
クラリベイト アナリティクスは、知財/特許動向の分析から世界で最も革新的な企業100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2017」を発表。前回の2016年は100社中の国別企業数で2位だった日本だが、2017年は米国を抜いて再び1位に返り咲いた。会見では、7年連続受賞の日東電工と初受賞の富士電機が技術開発戦略を説明した。(2018/1/26)

FAニュース:
16種類の工業規格に対応するコンタミネーション解析システムを発売
オリンパスは、工業部品の洗浄油や洗浄液内の異物を検出するコンタミネーション解析システム「CIX100」を発売した。簡単な操作で、工業規格に沿った顕微鏡検査や結果のレポート出力が行える。(2016/11/30)

福田昭のデバイス通信 IEDM 2015プレビュー(12):
可視光と赤外光の画像を同時に撮影
カンファレンス3日目に行われるセッション30では、オリンパスが、可視光と赤外光を同時に別々の画像として撮像するマルチバンド・イメージセンサーについて講演する。セッション31では、シリコン基板上にIII-V族化合物デバイスを作成する、次世代の電子デバイスや光デバイスについての発表が相次いで行われる。(2015/12/2)

交換レンズ百景:
魚眼レンズとアートフィルターで見慣れた景色も違って見える――オリンパス「フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980」
オリンパスが、ボディーキャップ代わりに付けておくレンズとして展開しているボディーキャップレンズに、焦点距離9ミリの魚眼レンズが登場。ちょっとした街歩きに便利だし、アートフィルターとの相性もいい。(2015/1/22)

CP+ 2014:
“未来のデジカメ”を構成するデバイスたち
デジカメは日本メーカーの「お家芸」。国内最大級のデジカメ展示会「CP+(シーピープラス)」では、デジカメ技術者に“未来のヒント”を与えるデバイスたちが紹介されていた。(2014/2/17)

山形豪・自然写真撮影紀:
南アフリカ、スリリングなホオジロザメとの出会い
アフリカには数多の野生動物との出会いがある。そのいずれも感動的なものだが、スリリングという意味では、ホオジロザメとの対面の上をゆくものはないだろう。(2012/7/9)

マジックフィルター10種類、カジュアルなタフモデル「OLYMPUS Tough TG-615」
オリンパスイメージングは防水をはじめとしたタフネス性能を備えたデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-615」を発売する。人気のマジックフィルターも10種類備えた。(2011/7/13)

“振りきり系”デザインが楽しいタフネスデジカメ ペンタックス「Optio WG-1 GPS」
ペンタックスのタフネスデジカメ「Optio WG-1」はタフネスという言葉を裏切らない個性的なデザインが魅力の1台。GPS搭載モデルはGPSロガーとしても利用でき、さまざまな場所へ持ち出して遊べるデジカメだ。(2011/3/23)

タッチパネルで多機能を使いやすく キヤノン「IXY 31S」
キヤノンの2011年春コンデジメインモデルが「IXY 31S」。裏面照射型CMOSセンサーと「DiGiC 4」を組み合わせた「HS SYSTEM」と明るいレンズはそのままにタッチパネルを導入、多機能モデルながら使いやすさも兼ね備える。(2011/2/24)

3D撮影もできるタフネスデジカメ「OLYMPUS μTough TG-310」
タフネスデジカメ“μTough”シリーズの最新製品「OLYMPUS μTough TG-310」が登場。カジュアルなデザインのボディにタフネス性能と3D撮影機能も搭載した。(2011/1/12)

動画にもマジックフィルター、高倍率&スリムの「μ-7050」
高倍率ズームレンズ&スリムのμシリーズに新製品「μ-7050」が追加される。マジックフィルターは6種類から選択でき、動画にも適用できる。(2010/8/18)

防水デジカメの選び方を考える――2010年版
今年も暑い夏が間もなくやってくる。このシーズンの行楽に役立つのが防水デジカメで、今シーズンも各社から製品がリリースされている。まずは各社製品の仕様から製品の選び方を考えてみよう。(2010/7/7)

オリンパス、19.9ミリの薄型ハイビジョン対応デジカメ「μ-5010」
オリンパスは厚さ19.9ミリのスリムボディに、ハイビジョン撮影機能などを搭載したコンパクトデジタルカメラ「μ-5010」を2月下旬より販売開始する。(2010/2/3)

28ミリからの10倍ズーム、“フルスペックコンパクト”「μ-9010」
カードタイプのボディに28ミリからの10倍ズームレンズ、1400万画素CCD、ハイビジョン動画撮影機能、2G内蔵メモリなど“フルスペック”のコンパクトデジカメ「μ-9010」がオリンパスより。(2010/2/3)

オリンパス、「μTOUGH」シリーズ最上位モデル「μTOUGH-8010」
オリンパスから「μTOUGH」シリーズ最上位に位置する新製品、「μTOUGH-8010」が登場。10メートル防水や耐落下性能、耐低温、耐荷重など高いタフネス性能を備える。(2010/2/3)

ポップな3色展開、防水性能強化のタフネスデジカメ「μTOUGH-6020」
オリンパスよりタフネスデジカメ「μTOUGH-6020」が登場。「6010」より防水性能が強化され、ズーム倍率も向上した。(2010/2/3)

オリンパス、ハイビジョンも撮れるタフネスデジカメ「μTOUGH-3000」
オリンパスが耐水や耐衝撃性能を備えたデジタルカメラ「μTOUGH-3000」を発売する。ハイビジョン動画の撮影が可能なほか、本体に1Gバイトのメモリを内蔵した。(2010/1/14)

コンパクトデジカメ販売ランキング(2009年12月14日〜20日):
デジカメ市場、2万円以下の攻防激しく
冬ボーナスの影響かメインストリームクラスの人気が上昇。ただ、実売2万円の壁は厚いようだ。(2009/12/25)

メカ設計 イベントレポート(12):
機械の健康診断「非破壊検査」の世界
今回は「非破壊評価総合展2009」の展示内容を紹介。日本非破壊検査協会のキャラクター「ノンディ」や古い検査装置も登場する (2009/11/26)

ビックカメラとベスト電器、「JOURNAL STANDARD」コラボのオリンパス製デジカメ
ビックカメラとベスト電器が共同オリジナルのオリンパス製デジカメ「μ-7010」を発売。「JOURNAL STANDARD」とのコラボが行われており、オリジナルケースやストラップが付属する。(2009/8/28)

価格比較:
夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(後編)
今年は防水デジカメの当たり年。今シーズンに登場した防水デジカメの仕様と価格を比較する。(2009/7/27)

夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(中編)
夏の防水デジカメレビュー、水着に続く中編は、水中での撮影と風景写真、それに各機種のまとめ。どの機種も個性があるのでじっくり選んでほしい。(2009/7/24)

夏の水辺はコレで撮る――今夏の防水デジカメ徹底チェック(前編)
今年も各社から防水デジカメが発売された。「防水」といっても意外と機種によって性格が違うもの。さて、どの機種がよいのだろうか。チェックしてみた。(2009/7/23)

「マジックフィルター」搭載のタフネスデジカメ 「μTOUGH-6010」
オリンパスがタフネスデジカメの新製品「μTOUGH-6010」を発売。シリーズ製品のタフさはそのまま、「ポップ」「フィッシュアイ」などの効果を手軽に得られる「マジックフィルター」を新搭載した。(2009/7/22)

3万円台で買える、「イチオシ」デジカメ(9):
手のひらの広角10倍ズーム オリンパス「μ-9000」
オリンパス「μ-9000」は、コンパクトサイズながら28ミリスタートの光学10倍ズーム搭載。肌を明るくなめらかに撮影できる「ビューティーモード」もユニークだ。(2009/6/25)

3万円台で買える、「イチオシ」デジカメ(1):
「デジカメらしさ」を味わえる8機種をチェックする
低価格化の進むコンパクトデジカメだが、ある程度のクラスになると「安価なデジカメ」ではなく、「デジカメらしさ」を楽しめる製品が充実してくる。各社のイチオシデジカメをチェックした。(2009/6/15)

新生活応援バイヤーズガイド:
新しいカメラで始める新生活
始まった新生活。「カメラなんてケータイで十分」なんて言わないで、気軽に撮れるコンパクトデジカメを手にしよう。きっと新しい何かが撮れるはず。(2009/4/7)

PIE 2009:
春のデジカメ祭典、「フォトイメージングエキスポ」開幕
各社最新デジカメが一堂に会する「フォトイメージングエキスポ」が開幕した。この展示会では、この春の各社“イチシ”デジカメを見比べることができる。(2009/3/26)

ビックカメラ、“ヨーロピアンデジカメ”「μ-5000」発売
オリンパスがヨーロッパで販売しているコンパクトデジカメ「μ-5000」がビックカメラにて販売開始。(2009/3/2)

手ブレ補正内蔵デジ一眼では世界最小:
“Eシリーズのいいとこ取り”「E-620」
オリンパスがデジタル一眼レフ「E-620」を発売。E-420からは小型さ、E-520からは手ブレ補正、E-30からはバリアングル液晶にアートフィルターと、“Eシリーズのいいとこ取り”を実現した。(2009/2/24)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(2月2日〜2月8日)
今回は、簡易動画合成のできるカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z400」をご紹介。(2009/2/18)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「SoC」――コンパクトデジカメを変えるチップ
高画素・小型化が一段落した感のあるコンパクトデジタルカメラ。春モデルでは肌を美しく見せるなどの編集機能が前面に打ち出す機種が増えている。今回は、そのような「カメラ内編集機能」が強調された背景を解説しよう。(2009/2/12)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(1月26日〜2月1日)
今週は、スタイリッシュなサイバーショット「DSC-T700」をご紹介。(2009/2/12)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
11ポケットバッグでケータイ、ポメラ、EM・ONEαを“1つ”にする
駅前の文具店で、ズボンのベルトに着用するタイプの携帯用ケースを買った。以来、筆者の持ち物は増えるばかりである。(2009/2/10)

日常でも使いたいタフネスデジカメ――オリンパス「μTOUGH-8000」
防水、耐衝撃の“タフ”デジカメ「μTOUGH-8000」は、見た目も使い勝手も中味もフルオートカジュアル系。顔認識や補正機能も搭載し、アウトドアだけでなく、普段使いもバッチリだ。(2009/2/5)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(1月19〜25日)
今週は、女性を意識したカメラ「EXILIM ZOOM EX-Z85」をご紹介。(2009/2/4)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(1月12〜18日)
今週は、FinePixのZシリーズから「FinePix Z200fd」と、「FinePix Z250fd」をご紹介。(2009/1/28)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(1月5日〜1月11日)
今週は、ランキング登場製品のカラーバリエーションに注目。(2009/1/21)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(12月29日〜1月4日)
初心者向きのシンプル設計なモデル「CAMEDIA FE-370」をご紹介。(2009/1/14)

手ブレ防止を備えたタフネスデジカメ「μTOUGH-8000」「μTOUGH-6000」
オリンパスが防水や防じん、耐衝撃などの性能を備えたコンパクトデジカメ「μTOUGH-8000」「μTOUGH-6000」を発表。待望の手ブレ補正機能も備えた。(2009/1/13)

浅田姉妹も応援:
オリンパス、スリムボディに28ミリからの10倍ズーム「μ-9000」
オリンパスがコンパクトデジカメ“μ”の新製品「μ-9000」「μ-7000」を発表。μ-9000は28ミリからの10倍ズームを搭載した「世界最小」モデルだ。(2009/1/13)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(12月15〜22日)
ボーナス商戦も佳境に入っていた昨年12月15日の週のランキング。女性向けのあのモデルが再浮上してきました。(2009/1/7)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(12月8〜14日)
2008年最後の「コンパクトデジカメ」販売ランキング。今年人気のあった製品を過去のランキングを振り返りつつ紹介しよう。(2008/12/24)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(12月1〜7日)
今週は、息の長い人気モデル「DMC-FX37」に注目しよう。(2008/12/17)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(11月24〜30日)
今週はスタイリッシュ&コンパクトな「IXY DIGITAL 25 IS」をご紹介(2008/12/10)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(11月17〜23日)
今週は、3機種同時にランクインした「EXILIM ZOOM」シリーズをご紹介。(2008/12/3)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(11月10〜11月16日)
今週は、甘酸っぱい恋に効くカメラオリンパス「μ1060」を紹介する。(2008/11/26)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(10月20〜10月26日)
今回は、初心者向け機能の充実したソニーのコンパクト機「DSC-T77」を紹介しよう。(2008/11/5)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(10月13日〜10月19日)
今週は“二人の距離を縮めるカメラ”を紹介します。(2008/10/29)

「コンパクトデジカメ」販売ランキング(10月6〜10月12日)
今週は乙女心を揺さぶる、あの機能のついたデジカメもランクイン!(2008/10/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。