ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Mobile IT Asia」最新記事一覧

ATTT/Mobile IT Asia:
M2M普及のカギは「エコシステム」「技術の進化」「標準化の進展」――ドコモの高原氏
「M2Mは、300万、400万台という世界から、何千万、何億台という世界に飛躍的に伸びていく」――。ユビキタスサービス部長を務める高原氏が、M2Mの普及を後押しする要素について解説。3月にリリース予定の最新通信モジュールも紹介した。(2013/3/18)

Mobile IT Asia:
“紙の進化形”を目指した「enchantMOON」――UEI清水氏が開発の背景を語る
スマートフォンでもタブレットでもない、まったく新しいタイプのデバイスとして注目を集めている、UEIの「enchantMOON」。その発想の原点には「紙」があった。代表取締役社長兼 CEOの清水亮氏は「僕らがやりたいのは紙の進化形」と話す。(2013/3/15)

画像認識で危険を警告――後付け衝突防止補助システム「Mobileye C2-270」
ATTT/Mobile IT Asiaに出展したアイモバイルが、高価なレーダーなどを搭載しなくても、画像認識を応用した専用キットで衝突防止の警告を発することができる「Mobileye C2-270」を展示している。(2013/3/15)

Mobile IT Asia:
ATTTアワード発表――タクシー配車アプリ、しゃべってコンシェル、INFOBAR A02などが受賞
自動車に通信技術を融合させた革新的なサービスを選ぶ「ATTTアワード」の受賞者が決定。今回は7つの部門と、最優秀賞、特別賞が設けられ、計14のサービスや製品が選ばれた。選考理由と担当者のコメントを紹介する。(2013/3/13)

ATTT/Mobile IT Asia開幕:
日本を代表する自動車業界と通信業界の接点から生まれる新ビジネスに注目
3月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイト西ホールで、第4回 国際自動車通信技術展(ATTT)/Mobile IT Asiaが開催されている。(2013/3/13)

ドコモのXi、さらなる高速化――2013年度中に下り最大150Mbpsに
NTTドコモの加藤社長が決算会見で、2013年度中にXi(LTE)の下り最大速度を150Mbpsにすると話した。(2013/1/30)

第4回 国際自動車通信技術展/Mobile IT Asia:
「ATTTアワード」のエントリー受け付けを開始
国際自動車通信技術展・モバイルITアジア実行委員会は、「第4回 国際自動車通信技術展・モバイルITアジア」に合わせて実施する「ATTTアワード 〜スマートイノベーション × スマートモビリティ〜」のエントリー商品・サービスの募集を開始した。(2013/1/28)

Mobile IT Asia:
“EI=M2C”が方程式――韓国KTが考える、スマホ時代のマシン間通信
近年注目を集める、携帯電話のネットワークを利用した機械間通信(M2M)。日本でも自動販売機やデジタルサイネージなど、さまざまな場面で普及が進んでいる。韓国の通信大手KTのハン・ウォンシック氏はMobile IT Asiaで、スマートフォン時代におけるM2Mへの取り組み事例を紹介した。(2012/3/26)

PR:データのつながり、アナログとのつながりを重視――無料ビジネスコラボツール「SkyDesk」の強みとは
「アナログなビジネス習慣の中に“ITならではの便利さ”を取り入れたツールを」――。「SkyDesk」は、こんなコンセプトから生まれた無料のビジネスコラボツールだ。このサービスの特徴について、マーケティング担当の小栗氏に聞いた。(2012/3/21)

Mobile IT Asia:
NOTTVで実現する“モバイル・スマートテレビ”の世界――課題は端末とエリア
V-Highマルチメディア放送「モバキャス」の放送局「NOTTV」が4月1日に開局する。mmbiの二木治成社長は、Mobile IT AsiaであらためてモバキャスとNOTTVについて説明。放送と通信の融合がもたらす新しい世界観を紹介した。(2012/3/19)

Mobile IT Asia:
「Mobile IT Award」発表 「dメニュー」「On Say」「景観アンテナ」などが受賞
モバイル業界のビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」で3月14日、Mobile IT Awardの発表と授賞式が開催された。残念ながらベストイノベーション賞は該当なしとなったが、17の製品やサービス、アプリが受賞した。(2012/3/16)

Mobile IT Asia:
スマートフォンの本格普及 デバイスの進化や関連ビジネスに与える影響は?
さまざまな分野で影響を与えているスマートデバイスの普及。ユーザーのライフスタイルはもちろん、コンテンツなど関連ビジネスのあり方にも影響を与えている。さらには、デバイスを新たな領域へ進化させる可能性も出てきた。(2012/3/16)

Mobile IT Asia:
車載ディスプレイ+スマホの連携アプリを参考展示――ナビタイムジャパン
ナビタイムジャパンは、ドライバー向けの「動態管理ソリューション」、車載ディスプレイと連携させたアプリ、スマートフォンホルダーなどを展示していた。(2012/3/16)

Mobile IT Asia:
“スマートデバイス化”をサポートするQualcommの技術と強み
Snapdragonをはじめとするチップセットや無線技術の開発で知られるQualcomm。スマートフォンやタブレットが急増する中、同社の存在感も高まっている。クアルコムジャパンの山田社長が語った戦略をまとめた。(2012/3/16)

Mobile IT Asia:
“5年で25倍”のデータトラフィック、どうさばく?――KDDIの戦略を嶋谷氏が説明
スマホ移行で爆発的に増えているデータトラフィックをどう収容していくのかは通信キャリア共通の課題だ。KDDIの嶋谷吉治専務は、「Mobile IT Asia」で同社の戦略を紹介。宅内向けWi-Fiスポットの提供効果などを明かし、データオフロード対策に自信を見せた。(2012/3/15)

Mobile IT Asia:
ドコモが“導線”を作る――スマホの利用シーンを広げる「NFCタグ」
NTTドコモがMobile IT Asiaで展示している「NFCタグ」を用いたサービスは、Webサービス、アプリ、機能をより便利に使える可能性を秘めている。専用アプリを使えばFeliCa端末でも利用可能だ。提供中、構想中のサービスを見てきた。(2012/3/15)

Mobile IT Asia:
ドコモ、真の4Gサービス「LTE-Advanced」を2016年度以降に開始
東京ビッグサイトで開幕した「Mobile IT Asia」の基調講演で、ドコモ副社長の辻村氏が「LTE-Advanced」の開始時期に言及。2015年度末までに開発を終え、2016年度以降にサービスを開始したいと述べた。(2012/3/14)

Mobile IT Asia:
ARを日常に広げる「SATCH VIEWER」、聞こえ方を変える「新聴覚スマートフォン」 KDDIが披露
3月14日から16日に東京ビッグサイトで開催されるビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」でKDDIは、ARを日常生活の中に広げる入り口となる「SATCH VIEWER」や、イヤフォンや耳栓をしていても鮮明に音が聞こえる「新聴覚スマートフォン」などを展示する。(2012/3/14)

Mobile IT Awardで「アプリソムリエ特別賞」発表
3月14日から16日まで、東京ビッグサイトで開催する「Mobile IT Asia」コンベンションで行う「Mobile IT Award」表彰式に、アプリソムリエの3人が登場。アプリソムリエ特別賞を発表する。(2012/3/8)

Mobile IT AsiaとATTTの全講演が1万5000円で聴き放題――ITmedia読者限定、特別パスを発売
通信キャリア、自動車メーカー、インフラベンダー、コンテンツプロバイダ、チップセットメーカーのキーパーソンの講演が1万5000円で聞き放題に――。Mobile IT Asiaと国際自動車通信技術展の全講演を聞ける通し券が発売される。(2012/3/8)

Mobile IT Asia:
NTTドコモが目指す“NFCの未来”とは
NTTドコモは、3月14日から16日に東京ビッグサイトで開催されるビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」で、「スマートフォンとNFCの今後」をテーマに展示を行う。日本市場、そして世界でのNFC普及への道のりが垣間見られる。(2012/3/7)

シリコンバレーの最新事情、クラウドの今後をEvernote CEOが解説――Mobile IT Asia
3月14日に開幕するビジネスイベント「Mobile IT Asia」の基調講演に、米Evernote CEOのフィル・リビン氏と日本法人の会長を務める外村仁氏が登壇。シリコンバレーの最新事情やスマートクラウドの今後について解説する。(2012/3/5)

Mobile IT Asia タブレットセミナーの登壇者決まる
3月14日に開幕するビジネスイベント「Mobile IT Asia」で、タブレット端末のセミナーが開催される。幅広い分野の導入事例を紹介しながら、効果的な活用方法や今後の課題を探る。(2012/2/27)

LTE/LTE-Advancedの研究・開発に必須:
PR:ローデ・シュワルツが提供する、次世代通信規格を見据えた計測ソリューション
3月14日から3日間、東京ビッグサイトで開催される「Mobile IT Asia」に出展するローデ・シュワルツ・ジャパン。同社は、世界トップクラスの計測ソリューションを提供するメーカーで、LTEやLTE-Advanced機器開発などに欠かせないフェージング・シミュレータや計測機器も提供している。(2012/2/27)

Mobile IT Asia 基調講演・専門カンファレンスの2セッションが決定
モバイル業界の未来を見通すビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」の基調講演と専門カンファレンスに、新たに2つのセッションが決定した。華為技術日本(Huawei Japan)とアクロディアの講演内容が明らかになっている。(2012/2/23)

モバイルの未来をキーパーソンが解説――Mobile IT Asia、カンファレンスの講演者決まる
モバイル新時代のビジネスのあり方を探るイベント「Mobile IT Asia」のカンファレンススケジュールが決まった。基調講演には通信キャリアや自動車メーカー、プラットフォーム、サービス大手のキーパーソンが登壇する。(2012/1/31)

優れたアプリ、コンテンツ、ハードウェアなどを表彰する「Mobile IT Award」募集開始
Mobile IT Asia実行委員会が1月19日、16日に東京ビッグサイトで開催するのに合わせ、Mobile IT Asia実行委員会では、優れたインフラ機器、ソフトウエア、サービス、ソリューション、並びにそれらを活用して優れたサービスを実現した技術などを表彰する「Mobile IT Award」の募集を開始した。(2012/1/19)

モバイルITの将来展望を発信する展示会:
「Mobile IT Asia」出展者説明会を12月13日に開催
モバイルIT関連市場の未来を発信するビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」が、来たる2012年3月14日16日まで、東京ビッグサイトで開催される。開催の約3カ月前となる12月13日には、出展者向けの説明会を東京・有明で予定している。(2011/12/8)

モバイル、モビリティ、IT分野の事業構想や企画を7分間でプレゼン――「スマートチャレンジ2011」開催
福岡で11月30日から開催予定の「Smart Mobility Asia」では、新たな事業の構想やサービスの企画を7分間でプレゼンテーションできるライトニングトーク企画「スマートチャレンジ2011」の応募者を募集している。応募締め切りは11月11日。(2011/11/4)

モバイルITのコンベンション「Smart Mobility Asia」 11月30日から福岡で開催
Smart Mobility Asia実行委員会が、Smart Mobility Asiaのカンファレンスと展示会を福岡で開催する。会期は11月30日から12月2日の3日間で、会場はアクロス福岡。(2011/10/18)

モバイルITの未来を発信する展示会:
「Mobile IT Asia」概要説明会 10月12日開催
モバイルIT関連市場の未来を発信するビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」が2012年3月14日から東京ビッグサイトで開催される。これに先立ち開催概要説明会を10月12日、大手町で実施する。(2011/10/6)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。