ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カビ」最新記事一覧

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(6):
空気清浄機が蚊を取る? シャープが狙う新市場
シャープが2016年4月に発売した「蚊取空清」は、蚊取り機能を持つ「世界初」の空気清浄機である。なぜ空気清浄機に蚊取り機能を持たせたのか、開発にはどのような苦労があったのか。小寺信良氏が探る。(2016/7/12)

梅雨時のイヤな臭いに効く空気清浄機とは? ブルーエア「ニオイフィルター」の謎に迫る
ジメジメと蒸し暑いこの季節。生ゴミのニオイや部屋干しした洗濯物の生乾き臭、そして浴室のカビ臭など、さまざまなニオイがきになってくるものだ。こうしたニオイにも効く空気清浄機の条件とは“物量”だった。(2016/7/6)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
知っているようで知らないダニの生態――本当に効果的な対策とは?
「ジメジメとした梅雨時は布団にダニが繁殖する」など、ダニ対策についての記事や情報番組などを多く目にするこの時期。しかし、われわれはダニについて意外と知らない。今回は長年ダニを研究している環境アレルゲン info and care代表の白井秀治さんにお話を伺った。(2016/7/1)

気になるアレの販売ランキング:
みんなは何を買っている? ドライヤーの売れ筋を知る
そんなに頻繁に買い替えるものではないドライヤーですが、とにかく安いものが売れているのかというと、そうではありません。(2016/6/30)

PR:東京から電車で約1時間――「ふるさと納税」にオススメしたい小田原市の魅力とは?
使い道を指定したうえで、好きなタイミングで任意の自治体に寄附できる「ふるさと納税」。今回はiPad mini+独自アプリを入手できる小田原市にスポットを当てたい。小田原といえば小田原城やかまぼこがおなじみだが、他にも知られざる魅力があるのだ。(2016/6/30)

ものづくり支援プラットフォーム「+Style」に犬型ロボットや宙に浮くスピーカーなど10製品を追加
ソフトバンクは6月27日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)商品のものづくりを支援するプラットフォーム「+Style」(プラススタイル)に、新たに10製品を追加した。7月末までに順次プロジェクトを掲載する。その内、発表会で登場した9製品を以下で紹介する。(2016/6/27)

ひと晩寝かせたカレーで食中毒!? 加熱しても死なないウェルシュ菌とは
「2日目カレー」は危険という話。(2016/6/22)

大きな食パンかと思ったら座椅子かよ! 目玉焼き付きなど4種類、ヴィレヴァンから登場!
カビ付きパンってどういうことなの?(2016/6/20)

PR:空気のヨゴレがまるわかり! スマホにつながるダイソンの空気清浄機能付きファン「ピュア クール リンク」はここがスゴイ
ニュースでは連日のように大気汚染や地球温暖化に関連する話題が取り上げられているが、自分を取り巻く環境について知る機会は少ない。しかし、それを“見える化”できて、同時に対策にもなる家電があったらどうだろう。「Dyson Pure Cool Link」を使ってみた。(提供:ダイソン株式会社)(2016/6/20)

ハンドルとキャスター付き:
除菌消臭もできる除湿機、カドー「DH-C7000」登場
カドーは、同社初の除湿機「DH-C7000」を6月30日に発売する。ユニークかつ実用的なデザインに加え、嫌なニオイの元を分解する「除菌消臭モード」を搭載している。(2016/6/16)

Webサイトギャラリー:
カビと食中毒の対策はやった? ジョンソンがコツを指南
(2016/6/2)

光触媒使用:
“GLAPS”の新作はアルミで作られた6角柱のエアクリーナー「A1」
REVSONICが家電ブランド“GLAPS”の新製品「A1」を発売した。6角柱のアルミボディーを採用した省スペースな除菌・消臭エアクリーナーだ。(2016/5/31)

キトラ古墳の実物壁画を展示「四神の館」 9月にオープン
キトラ古墳の実物の彩色壁画を保存・展示する「四神の館」が9月にオープンする。(2016/4/21)

いろいろおまかせ:
シャープ、加湿/除湿機能も搭載したオールインワン空気清浄機「KC-GD70」
シャープは同社初となる衣類乾燥もできる除加湿空気清浄機「KC-GD70」(18畳タイプ)を4月21日発売する。市場想定価格は10万円前後。(2016/3/28)

スマホと連携:
空気の状態を知らせ、きれいにしてくれる扇風機――「ダイソン ピュアクールリンク」登場
ダイソンが空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool Link」(ダイソン ピュアクールリンク)を発表した。同社の空調家電としては初めてWi-Fiを搭載し、スマホアプリと連携する。(2016/3/24)

シャープ、部屋干しのニオイを抑えるプラズマクラスター除湿機
シャープは高濃度の「プラズマクラスター7000」を搭載した除湿機2機種を発表した。3月15日から順次発売する。(2016/3/10)

水洗浄だけで手入れいらず 汚れない、垢がつかないトイレ、LIXILが開発
水洗浄だけで汚れや水垢を防ぐトイレ用の陶器「アクアセラミック」をLIXILが開発した。(2016/2/24)

洗濯機のカビを除去する簡単テク
(2016/2/23)

医療機器ニュース:
36項目のアレルギー検査を同時に実施できる体外診断用医薬品を発売
日立化成は、36項目のアレルギー検査を同時に実施できる、同時多項目アレルゲン特異的IgE抗体測定試薬「マストイムノシステムズIV」を発売すると発表した。新たにトマト、モモ、アスペルギルスの3項目を追加した。(2016/2/15)

コレクターのお宅拝見(後編):
ミクロマンマニアが語る、30年以上“好き”を続けられるワケ
筋金入りのミクロマンコレクターは、玩具の保存方法にも強いこだわりがあった。ネットの登場でコレクター人生がどのように変化したかも合わせて聞いた。(2016/2/7)

エアコンのいや〜な臭いを手っ取り早く除去する小技
(2016/2/7)

加湿器のカビを繁殖させないお手入れ術
(2016/2/6)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
これぞ鉄板! 絶対ラクになる「家電で花粉対策」7ヵ条
今回の本連載はいつものインタビューから趣向を変え、花粉症歴約30年のベテラン(?)である筆者が、家電での効果的な花粉対策を伝授。ここに挙げる7つの対策をしっかりと実行すれば、家の中限定ではあるが花粉症の悩みや症状が半減するはずだ。(2016/1/26)

冷蔵庫のカビ対策に役立つ意外な“アレ”って?
(2016/1/16)

PR:社会貢献活動からICT農業まで 富士通と奥野田ワイナリーの“マリアージュ”
富士通がワイン作りに取り組んでいるのをご存じだろうか。山梨県の奥野田ワイナリーが運営するブドウ農園の一角に「富士通GP2020ワインファーム」を設け、従業員やその家族が年に数回足を運び、作業に勤しんでいるのだ。(2016/1/12)

年末の大掃除に! 押入れの掃除方法
(2015/12/31)

酢を使って洗濯槽のカビを撃退!
(2015/12/24)

星9つ! アサヒコ「豆乳仕立てのおいしいプリン」をレビュー!
今回選んだのは朝日食品工業の「豆乳仕立てのおいしいプリン」(179円/税込、店頭価格)だ。(2015/12/15)

江崎グリコ「ひとくちプッチンプリン」2種を自主回収 一部製品で容器にカビ
通常のプッチンプリンはセーフ。(2015/12/5)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
進化し続けるロボット掃除機、ダイソン「360Eye」のスゴイところ
ダイソンのロボット掃除機「ダイソン 360 Eye」(スリーシックスティアイ)。昨年9月の製品発表から1年あまりの期間を経て、ようやく発売されたことになるが、一体どこが変わったのか。また先行する競合製品に対する強みとは?(2015/11/23)

フィルター自動掃除も進化:
吹き出す風に含まれるカビ菌を99.9%低減、シャープの新型エアコン「F-X」シリーズ
シャープは、エアコンのフラグシップモデル「F-X」シリーズ9機種を発表した。「高濃度プラズマクラスター25000」を搭載し、吹き出す風に含まれるカビ菌を約99%低減する「風クリーンシステム」を採用している。(2015/11/9)

エアコンと除湿機、どっちがお得?
(2015/11/7)

適用畳数は約39畳:
シャープ、大風量と高い集じん性能を両立させたプラズマクラスター空気清浄機
シャープから大空間用の空気清浄機「FP-140EX」が登場。米国家電製品協会(AHAM)の集じん性能基準「CADR」の最高評価を獲得しながら、強運転時55dBという静音性を実現した。(2015/11/5)

買い物カゴ約4個ぶん:
マンションにも置ける「メガフリーザー」登場――シャープの冷蔵庫「SJ-GT41B」
シャープは幅60センチの410リットルタイプながら、クラスナンバー1の容量を誇る「メガフリーザー」を搭載した冷蔵庫「SJ-GT41B」を発売する。強化ガラスドア採用モデルでは珍しい5つのカラーバリエーションも用意した。(2015/10/15)

1台3役で1年中使える――ダイソンから空気清浄機能付きファンヒーター「Dyson Pure Hot+Cool」登場
ダイソンが扇風機、ファンヒーター、空気清浄という3つの機能を持つ新製品「Dyson Pure Hot+Cool」を11月5日に発売する。一年を通じて利用できるため、収納スペースの心配がいらない。(2015/10/6)

日立、業界初のプレフィルターを自動で掃除する加湿空気清浄機
日立は、業界初というプレフィルター自動掃除機能を搭載する加湿空気清浄機を発表した。価格はオープンで、実売想定価格は8万5000円前後(税別)。(2015/10/1)

ペットと「Dyson V6 Animalpro」の相性が良い理由
ダイソンが新しいコードレススティック掃除機「V6 Animalpro」をお披露目。ペットの抜け毛、散歩で持ち込まれるアレルゲンなど、ペットオーナーたちの抱える問題を解決するという。(2015/9/17)

視聴者「切ない気持ちになってくる」「呼べよ!」 夏の終わりの「ソロ流しそうめん」動画に涙する人続出
(´;ω;`)ウッ……。(2015/9/17)

涼しいときがチャンス:
大掃除は大晦日より“秋”が効果的――ダイソン調査
大掃除といえば大晦日。そんな常識を覆す調査結果をダイソンが発表した。(2015/9/9)

日本の「カレーうどん」がまさかの大不評 海外の子どもに世界の給食を食べさせてみた結果
おいしいだろうが!(2015/9/5)

マックのハンバーガーに1カ月「ありがとう」と「バカヤロー」を言い続けるとどんな変化が起こるか実験してみた結果
「言葉の波動」って本当にあるのかな?(2015/9/2)

専門家が推奨する秋掃除とは:
PR:ダニが減らなくなった?――現代住宅に潜むアレルゲンの実態
エフシージー総合研究所とダイソンが共同で行った調査により、断熱性や気密性に優れた現代の住宅は、アレルゲン生物の生態にも影響を与えていることが分かった。調査を主導したエフシージー総合研究所の川上裕司博士にその傾向と対策を聞いた。(2015/8/31)

東芝、エアコン14機種を発表――約30秒で40度の温風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」搭載
東芝ライフスタイルは、プラズマ空気清浄機能付きエアコン「DRシリーズ」計10機種と、同寒冷地向けエアコン「DRNシリーズ」計4機種を発表。9月以降順次発売する。(2015/8/27)

夏に気になる床のベタベタ:
「床拭きロボットによる雑菌除去率は99.9%」 セールス・オンデマンドが発表
iRobotの床拭きロボット「ブラーバ」を販売するセールス・オンデマンドが、第3者機関による調査結果を発表。ブラーバを使うと、床の雑菌を99.9%除去できるという。(2015/7/17)

いまさら聞けない 電装部品入門(20):
カーエアコンの暖房はなぜ暖かくなるのか
カーエアコンが活躍するのは暑い夏の日だけじゃない。寒い冬の日に車室内を暖めてくれる暖房も重要な機能の1つだ。今回は、カーエアコンの暖房の仕組みに加えて、嫌な臭いを防ぐエアコンフィルター、設定温度に合わせて車室内の空調を自動で行ってくれるオートエアコンについても説明する。(2015/7/10)

2015年の「入梅」は6月11日 「梅雨入り」との違いは?
暦の上では今年の「入梅」は6月11日だそう。「梅雨入り」との違いはあるのでしょうか。(2015/6/11)

そろそろ夏服! やっぱりこの時季に「衣替え」したい、その理由は……
(2015/5/23)

いまさら聞けない 電装部品入門(19):
カーエアコンの冷房はなぜ冷えるのか(後編)
夏場のドライブで大活躍するカーエアコンの冷房機能は、一体どういう仕組みで冷やすことができるのか。後編では、カーエアコンの冷房機能に必要な構成部品と、それらの役割について解説する。(2015/5/21)

「体臭」「焼き肉」「加齢臭」――男の気になるニオイを根本から消臭する「ファブリーズメン」登場
汗や体臭、加齢臭や、タバコ、焼き肉などの気になるニオイが付いてしまったスーツやジャケットは、なかなか丸洗いもできないが、「ファブリーズメン」なら、それらのニオイを根本から消臭するという。(2015/5/20)

裸で寝るのはNG:
じめっとした梅雨にぐっすり眠る方法は? レイコップが“正しいふとんケア”を伝授
高温多湿な梅雨の時期、睡眠の質を向上させるにはどうすればいいのか。ふとんクリーナーでおなじみのレイコップ・ジャパンが正しいふとんケアの方法を教えるセミナーを開催した。(2015/5/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。