ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「問題発見能力を高める」最新記事一覧

問題発見能力を高める(9):
「そんなむちゃな!」に対応できる柔軟な発想力とは
今回は、前回に引き続き“柔軟な発想力”を考える。前回は発想力を生かすために重要な“顧客の目的”などを説明した。今回は、さらに柔軟な発想力を身に付けるためのトレーニング方法などを紹介する。(2005/5/27)

問題発見能力を高める(8):
“柔軟な発想力”で顧客満足度120%を達成する
前回は構造化スキルについて解説した。今回は“柔軟な発想力”の強化について解説するが、そのためには顧客満足度を理解しなければならない。レストランやソリューションにおける顧客満足度を初めに解説する。(2005/4/9)

問題発見能力を高める(7):
“構造化スキル”を鍛えて、 問題発見力を高めよう!
前回は「問題発見力」を構成する各スキルの相互関係について考えた。今回はその中でも、理解力や論理展開力を高めるために必要となる“構造化スキル”について説明する。(2005/2/25)

問題発見能力を高める(6):
スキルの相互関係を理解し、 問題発見力を高める!
前回は、問題発見力強化の第一歩は「相手の話をよく聞くことから始まる」であると述べた。今回は問題発見力の強化のために「問題発見力」を構成する各スキルの相互関係について考えてみる。(2004/12/23)

問題発見能力を高める(5):
質問力を鍛えて問題発見能力を強化しよう!
エンドユーザーの現場や顧客が抱えている問題点を明らかにすることが情報エキスパートの役割だ。では、“問題を発見する能力”を高めるにはどうすればいいのだろうか?(2004/11/10)

問題発見能力を高める(4):
「問題発見力」の強化は可能か?
エンドユーザーの現場や顧客が抱えている問題点を明らかにすることが情報エキスパートの役割だ。では、“問題を発見する能力”を高めるにはどうすればいいのだろうか?(2004/8/27)

問題発見能力を高める(3):
「効率」と「効果」の違いが分かりますか?
ITソリューションを説明する際、「効率的、かつ効果的な……」というフレーズがよく用いられる。しかし「効率」と「効果」では、その意味もエンドユーザーにもたらすメリットもまったく異なる。両者の違いを押さえ、どんな業務課題にはどちらが有効なのかを理解しよう(2004/5/29)

問題発見能力を高める(2):
ソリューションの最終目的、「経営戦略」を理解する
情報エキスパートが社内顧客に対して提供する究極のソリューションとは、「経営戦略を実現すること」だ。では、経営戦略を理解するにはどうすればいいのだろうか?(2004/3/30)

問題発見能力を高める(1):
その“ソリューション”は本物か?
問題を抱えている社内の顧客(業務部門)に対し、具体的な解決策=ソリューションを提示するのが「情報エキスパート」だ。本連載では、情報エキスパートが持つべき視点や考え方について解説する。(2004/2/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。