ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「監視ソフト・サービス」最新記事一覧

セットアップ済みの状態で提供:
Zabbix、「Zabbix 3.0」を搭載したシステム統合監視アプライアンスを投入
Zabbixが、システム統合監視ソフトウェア「Zabbix 3.0」インストール済みのアプライアンスを投入。Zabbixでの監視環境をスムーズに導入できるよう、周辺ソフトウェアも含めてセットアップ済みの状態で販売する。(2016/6/8)

セキュリティ監視サービスを強化:
脅威の監視、インシデント対応サービスなどを提供──デロイト トーマツ リスクサービスが新たな監視拠点を開設
デロイト トーマツ リスクサービスが、横浜・みなとみらい地区に「サイバー インテリジェンス サービス」の拠点となる「サイバー インテリジェンス センター」を開設した。セキュリティ監視サービスを強化する。(2016/5/25)

ホワイトペーパー:
1秒未満で改ざんを検知、復旧。常時監視ツールでWebサイト改ざんをほぼゼロに
企業のWebサイトの改ざんによる個人情報の流出やフィッシング詐欺の被害が増えている。ますます巧妙化する手口は、検知までにタイムラグが生じる定期監視型の製品では、防げない。(2016/5/19)

製造ITニュース:
自動監視機能を統合・拡張し、クラウドにも対応した新たなIoTサービス
日立情報通信エンジニアリングは、従来の「温度監視サービス」の機能に、モバイル回線によるデータ収集や機器の監視・制御を加えて拡張した「スマートIoTサービス」の提供を開始した。(2016/5/10)

製造ITニュース:
IoTを活用した製造ライン向け統合管理ソリューションで協業
アイビーシーとアットマークテクノは、IoTを活用した製造ラインの統合管理ソリューションで協業する。ネットワークインフラの性能監視ツールとIoTゲートウェイを連携させ、可用性向上、予兆検知、予防保全の実現を図る。(2016/4/27)

実際に検証済み!OSS徹底比較(1)運用監視編:
OSS運用監視ソフト 注目の10製品徹底比較 2016年版
運用監視をはじめ、多くの企業が取り入れているOSS(オープンソースソフトウェア)。目的に応じて最適なものを選択し、うまく使いこなせば強力な武器となるが、それができなければかえって手間や混乱の原因にもなりかねない。本連載では注目のOSSをピックアップして実際に検証し、基本的な優位性、劣位性を明確化した。ぜひOSSを選ぶ際の参考にしてほしい。(2016/4/25)

電力供給サービス:
電力会社と同一料金でFIT電気を供給、NTTグループが5月に開始
全国8000カ所の太陽光発電設備と連携した電力の小売が始まる。太陽光発電の遠隔監視サービス「エコめがね」を提供するNTTスマイルエナジーが太陽光を主体にした電力の販売に乗り出す。「エコめがね」を新規に導入する家庭を対象に、初年度で1万世帯を獲得して太陽光発電を促進する狙いだ。(2016/4/14)

インダストリアルIoTの実現へ:
カスタム計測器で現場監視、コスト削減に貢献へ
日本ナショナルインスツルメンツは、「スマートグリッドEXPO」で、プロセッサとFPGAで構成されたカスタム計測器「CompactRIO」を用いた風力発電を監視するソリューションを展示した。データの記録から処理までを1台で行うため、現場監視の大幅なコスト削減につながるという。(2016/3/25)

Google、競合のAWSもモニタリングできる「Google Stackdriver」公開
Googleが、サービスで複数のクラウドを利用する開発者向けに、マルチクラウド対応のモニタリングツール「Google Stackdriver」を公開した。まずは自社クラウドと競合するAmazon.comのAWSをサポートした。(2016/3/24)

管理UIも刷新:
Zabbix 3.0はクラウド運用監視の安全性を強化
オープンソースのシステム運用監視ソフトウェアの最新版「Zabbix 3.0」がリリースされた。通信を暗号化したことで、インターネット越しの監視を安全に行えるようになった。(2016/2/18)

シスコはKiiにも出資:
ファナックがシスコとIoTで協業、産業用ロボットの「ゼロダウンタイム」サービスを展開へ
ファナックはシスコと協力し、顧客工場における産業用ロボットのダウンタイムゼロを実現する遠隔監視サービスを、日本で今年の夏あるいは秋に提供開始することを明らかにした。シスコは同時に、IoTクラウドプラットフォームを展開するKiiへの出資を発表した。(2016/1/22)

検知だけでなく予防のためのサービスも提供:
未知の脅威にも対応するセキュリティサービス、SCSKが提供開始
SCSKは、標的型攻撃を検知する「標的型攻撃監視サービス」と、標的型攻撃に起因する情報漏えいを防ぐ「標的型攻撃防御サービス」の提供を開始する。(2016/1/13)

有料ツールは試用可能かどうかも選定のポイント
うんざりする作業が少しは楽に? 「Windows Server」のイベントログ監視ツール5選
Windows Serverのイベントログファイルは、パフォーマンスと運用に関する情報の宝庫だ。とはいえ、それを何十台も監視するのは大変な作業だ。ログ監視を少しでも効率化するための有料・無料ツールの一例を紹介する。(2015/12/22)

DRBDの仕組みを学ぶ(3):
「災害対策システム」で、DRBDを活用する方法
障害監視ツールなどと一緒に使うことで、サービスの継続提供を助けるDRBD。前回の高可用性システムに続き、今回は「災害対策システム」でどう使うか、実践的な運用方法を解説します。(2015/11/6)

電源トラブル対策&省エネ計画に効果的:
PR:知らないと損する、工事不要で始められるサーバーラックの電力計測
サーバーラックの消費電力や電流量を定期的に計測してトレンドをつかむことは、電源トラブル対策や省エネ計画のために重要な取り組みである。しかし、計測システムの導入には工事が必要で、高額になるケースが多いため、ほとんどの組織・企業では実施できていない。パンドウイットの「SmartZone ラックエナジーキット」は、工事が不要で運用中のシステムでも安価に電力管理を始められる電流・環境監視ソリューションである。(2015/10/27)

DRBDの仕組みを学ぶ(2):
「高可用性システム」で、DRBDをどう活用するか
障害監視ツールなどと一緒に使い、サービスの継続提供を助けるDRBD。今回は「高可用性システム」でどう使うか、実践的な運用方法を解説します。(2015/10/23)

DRBDの仕組みを学ぶ(1):
DRBD(Distributed Replicated Block Device)とは何か
障害監視ツールなどと一緒に使うことで、サービスの継続提供を助けるDRBD。Linuxカーネルに統合されている機能ですが、上手に使いこなしているでしょうか? 本連載では、DRBDの動作や使いどころを順を追って紹介していきます。(2015/9/4)

電力供給:
太陽光発電の遠隔監視、“見える化”と出力制御を一体に
2015年4月から一部電力会社の管轄内では太陽光発電設備を設置する際、パワーコンディショナーに遠隔制御機能の取り付けが義務化された。これを受けNTTスマイルエナジーは、同社の低圧向け太陽光発電設備の遠隔監視サービス「エコめがね」シリーズにおいて、出力制御に対応した新製品を発売する。(2015/7/30)

未知の脅威に特化しMSSを補完:
ファイア・アイが「FireEye as a Service」提供へ、攻撃発見までの期間を短縮
ファイア・アイは、未知の脅威に特化して検知、防御やインシデント対応を支援するセキュリティ監視サービス「FireEye as a Service」を発表した。既存のマネージドセキュリティサービスやSOCを補完するものという位置付けだ。(2015/7/23)

ドコモとGEがIoTで提携 道路や橋の稼働データをリアルタイムに監視、スマホで管理も
ドコモとGEが提携。GEの産業用機器向けワイヤレスルータにドコモの通信モジュールを内蔵し、道路や橋梁などの設備を遠隔で監視するソリューションを提供する。(2015/7/8)

FlashやWindowsに未解決の脆弱性、Hacking Teamの情報流出で発覚
市民監視ツールを手掛けるHacking Teamの製品にAdobe Flash PlayerやWindowsカーネルの未解決の脆弱性を突くコードが含まれていたことが分かった。(2015/7/8)

監視ツール提供企業がハッキング被害、使用国リストが流出
イタリア企業Hacking Teamの捜査機関向けツールを使っていた国家の一覧が流出した。同ツールは国家による反体制派の監視などにも使われていたとされる。(2015/7/7)

エネルギー管理:
電流センサーとパワコンが発電量を監視、メガソーラーの出力制御も遠隔から
太陽光発電の稼働状況を遠隔から監視するサービスが増えてきた。インターネットを使ってエネルギー管理事業を展開するGMOクラウドは電流センサーとパワーコンディショナーを組み合わせた遠隔監視サービスを開始した。通信機能を生かして太陽光発電の出力を制御することもできる。(2015/5/21)

米国では200社が導入するソーシャルメディア運用・監視ツール:
競合他社のソーシャルメディア運用をベンチマークリポート、トランスコスモスが「HubNami」の提供を開始
トランスコスモスは2015年5月15日、ソーシャルメディア運用・監視ツール「HubNami」を提供する米HubNamiとの業務提携に合意し、同製品に関する国内初の代理店となったことを発表した。(2015/5/18)

IoT/M2M展:
M2Mをパッケージで安価に提供、サン電子が“菜園”でアピール
サン電子が「第4回 IoT/M2M展」に出展、産業用モバイルルータとM2Mプラットフォームを1社提供することで、安価&小規模からの導入が可能な遠隔制御&監視ソリューションを紹介した。(2015/5/15)

ホワイトペーパー:
NEC IXルータやCisco機器と合わせてネットワーク監視を“使える可視化”にする方法
拠点間WAN・社内LANなど、ネットワークを可視化し、ネットワーク障害・遅延原因を素早く検知・究明するツールといえば「フローコレクタ」というのは今や常識だ。従来のネットワーク監視ツールでは実現できなかった“使える可視化”を紹介する。(2015/5/7)

イーセクター、マイナンバー取扱担当者対策向けの操作ログ監視ソフト
イーセクターが、クライアントインストールベースの操作ログ監視ソフトを投入。これまで取得しにくかったHTTPS通信のサイトやSNSサイトなどの操作記録も残せるよう工夫。企業のマイナンバー対策、内部不正対策の一環になる。(2015/4/10)

内部の情報漏えいをブロック ネットワークスイッチの遠隔監視サービス、大塚商会から
中堅中小企業にとって導入のハードルが高いスイッチ機器、設置から構築、運用管理を代行します――。大塚商会が、中堅中小向けネットワークスイッチの遠隔監視サービスを提供する。(2015/4/2)

「使いやすい」は本当か? 商用、オープンソースと比べてどうか?:
PR:「ManageEngine OpManager」を編集部が徹底検証
仮想化、クラウドでシステムインフラが複雑化する一方で、運用管理の現場ではスキルの属人化やスキルレベルのばらつきに悩んでいるケースが多い。そうした中、ゾーホージャパンの統合監視ツール「ManageEngine OpManager」はグローバルでシェアを伸ばし続けている。支持される理由とは何なのか? 編集部が実際に触って、その使い勝手を体感してみた。(2015/3/31)

サーバ監視ソリューション刷新で運用コストを約80%削減――宮銀コンピューターサービス
宮銀コンピューターサービスが、自社データセンターにZabbixの運用監視ソリューションを導入。運用コストを約80%削減できる見通しだという。(2015/3/19)

Zabbix、Hinemos、Nagiosなど主要ツールをピックアップ
【徹底比較】商用ツールにも引けを取らない6つのOSS監視ツールを機能で比較
OSSベースの運用監視ツールが機能と製品の面で充実してきている。6つのOSS監視ツールを4つの機能で比較した。(2015/1/23)

連載:アプリケーションの運用監視:
第2回 アプリの運用監視サービスを活用する
New RelicとApplication Insightsを利用して、Webアプリの死活監視など、各種の情報を取得する方法を解説する。なお、本記事は2015/1/14時点の情報に基づいている(2015/1/19)

ALSOK、“ネット炎上”監視サービス開始 「ネット上の火災報知器」
ALSOKが、企業の信用定価につながる炎上や風評、情報の流出を監視する「ネット情報監視サービス」を開始。「ネット上の火災報知器」としている。(2014/11/27)

エネルギー管理:
iPhoneで発電所を遠隔オンオフ、太陽光の管理に
岡村産業とエコモットは2014年11月、太陽光発電所の安定運用制御サービス「発電所長」を共同で開発したと発表した。発電所を遠隔で運転・停止できることが特徴。一般的な遠隔監視サービスとして利用することもできる。(2014/11/13)

トポロジーマップ機能を強化 ゾーホー、サーバネットワーク統合監視ソフトの最新版
ゾーホージャパンが、サーバネットワーク統合監視ツール「ManageEngine OpManager」の最新版をリリースした。(2014/10/31)

中古車を世界に向けてダイレクト販売
月間1万台超の中古車輸出・販売サイトを支える運用監視サービスとは
世界100カ国以上に自社ECサイトを通じて中古車を輸出・販売するビィ・フォアードは、急激に拡大するビジネスの成長に対応するため、ITインフラをAWSに移行。運用監視サービスも導入し、システムの安定稼働を実現した。(2014/10/31)

蓄電・発電機器:
13社85種類のパワコン対応、太陽光の遠隔監視サービス
コンテックは低圧接続の太陽光発電システムに向く、遠隔監視システムサービス「SolarView Air」を2014年10月に発売した。野立て式発電所や土地付き分譲型の発電所に向く。3G/FOMA回線の料金が含まれている他、対応するパワーコンディショナーの種類が多いことが特徴。(2014/10/27)

連載:アプリケーションの運用監視:
第1回 アプリの運用監視サービスとは? New Relic vs. Application Insights
正式にリリースしたWebサイトが正常に稼働しているかを常時監視するなら、SaaS型の監視サービスが便利だ。お勧めの2大サービスの機能概要を解説する。(2014/10/6)

ドキュメントやアプリケーションの使用状況を把握
あまり知られていない「Microsoft Office」監視ツールができること
「Microsoft Office」のドキュメントとアプリケーションの使用状況を把握する必要がある場合、「Office 2013」に搭載されている「Officeテレメトリ」を使用すれば、情報を収集することができる。(2014/10/3)

自社の評判を知り炎上を防ぐ
Twitterウオッチャーが手放せないモニタリングツール、一番使えるのは?
主としてTwitterをモニタリングしたいと考える企業にとって、「TweetDeck」は有力候補だろうか? それとも他に選択肢はあるだろうか?(2014/8/12)

企業としての最終判断を下せる人材の育成を支援:
IBMがTokyo SOCを拡充、CSIRT研修なども実施
日本IBMは、セキュリティ運用監視サービス「IBM Managed Security Services」の拠点としてきた「Tokyo SOC」を拡充。新たにセキュリティ人材の育成を支援する「セキュリティ人材開発センター」としての役割も追加する。(2014/5/29)

自然エネルギー:
地震・雷・侵入から守る、千葉県で太陽光発電所と組み合わせた実物展示
地震や雷害、侵入監視ソリューションに特化した昭電は、2014年5月、千葉県に「BCP対策モデルパーク」を開設した。ミドルソーラーとBCP対策機器を組み合わせ、太陽光発電事業者向けに設置状況の実例として公開する。(2014/5/22)

ESEC2014 開催直前情報:
OSSだからって仕方なくない! エニアが組み込みLinuxの高可用化を推進
エニアは、「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」で、組み込み機器向けの商用Linuxディストリビューション「EneaLinux」や、Linux向けのハイアベーラビリティ(高可用化)ミドルウェア「Element」、メモリ常駐型高速データベース、リモート監視ソリューションなどを紹介する。(2014/5/7)

PR:発電量確保に欠かせない「みえるーぷ」、遠隔監視機能が続々増える
メガソーラーはもちろん、ミドルソーラーであっても、日々の発電量確保は欠かせない。金銭的な損失は言うまでもなく、異常を放っておくと状況が悪化する恐れもある。そのためには発電情報を刻一刻と監視し、異常を見つけ出してくれる「助っ人」が必要だ。Looopの発電量遠隔監視サービス「みえるーぷ」を導入すると、遠隔地から発電所の発電状況が分かるようになる。2014年5月から順次、みえるーぷの機能を既存のユーザーにも提供していく。(2014/3/31)

ラックが24時間対応の未知マルウェア監視サービス
FireEyeのサイバー攻撃検知システムを用いて、24時間体制で不正プログラムの解析や機器の運用、緊急時の対応支援などを行うという。(2014/3/6)

真に使いこなせるツールで自治体共通の悩みを解決
少数精鋭の室蘭市が実現した運用管理の効率化とコスト削減とは
高機能なシステム監視ツールを提案されても小規模なIT部門では使いこなせない、またIT予算にも制限がある。地方自治体に共通するこのような悩みを室蘭市役所はどう解決したのか。注目の導入事例をお伝えする。(2014/2/27)

Googleマップ利用の森林破壊監視ツール「Global Forest Watch」
Googleの地図関連技術を採用した世界の森林の状況を視覚的に把握し、分析できるWebサイト「Global Forest Watch」が公開された。(2014/2/21)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【最終回】
AWSのリソース/ユーザー管理で欠かせない2つのサービス
AWSのシステムを運用するためのモニタリングツール「Amazon CloudWatch」と、AWSアカウントをセキュアに管理する「AWS Identity and Access Management」(IAM)について解説する。(2014/2/18)

Hatoholで実現する分散監視(1):
できぬなら作ってしまえ? OSS監視ツール「Hatohol」ができるまで
スケールアウトできる監視能力を備え、かつ拠点などに複数設置されている異なる監視システムの情報を一元的に把握でき、しかもオープンソース……そんなツールが欲しくて、作ってしまいました。(2014/2/14)

ネットワーク監視・セキュリティ対策の在り方を改革
監視ツール導入で複雑化 ネットワーク運用の“大いなる矛盾”を解決する
ネットワーク運用に欠かせない監視ツールの導入を進めていくと、TAPやスイッチのSPANポートの利用で逆にネットワーク構成が複雑化する。多くの企業が抱えるこの矛盾をどう解決するか。注目のソリューションがある。(2014/2/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。