ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」連載「自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識」の記事一覧です。
 
知財マネジメントの基礎から応用、各国の動向を集約した「知財マネジメント」コーナーも併せてご覧ください。
 

自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識(5):
競合他社の戦略を読み解くパテントマップ〜知的財産権情報の分析とビジュアル化
自社だけでなくライバルの研究開発動向まで分かっちゃうパテントマップってどんなもの? 分析方法の基本を一気に理解しちゃいましょう(2010/6/4)

自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識(4):
自分でできる知的財産権調査! カンタン3段ステップ検索方法をマスターする
知財管理ってお金がかかるんでしょ? というのは大きな勘違い。今すぐ、だれでも調査できるんです。まずは調べ方、使い方を覚えましょう (2010/4/20)

自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識(2):
知財戦略を実践すれば事業はうまくいくの!? 知財戦略と経営戦略・事業戦略
知財戦略ってなに? お金になるの?? 知的財産戦略を実践して事業に貢献するために必要な機能・要素の定義から、本当に使える知識を身に付けよう(2010/2/18)

自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識(1):
自社開発品が特許侵害に?! 身近に潜む知財リスク
技術開発戦略には知財管理が必須。ロボットアーム工業に降りかかる災難を例に、まずは知財リスクの確認を。(2009/12/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。