ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」連載「セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「経営と基幹業務の現場をつなぐS&OP
・連載「リスク対応で見る企業の“明暗”
・連載「こうすればうまくいく生産計画
・連載「過剰在庫と欠品を撲滅! TOC/S-DBR

セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(6):
グローバル企業の公用語S&OPの普及に向けて
本連載では、第1回でS&OPプロセスの概要をご紹介し、第2回以降4回にわたって、経営者が直面する重要な経営課題を取り上げ、その有効なソリューションとしてのS&OPについて紹介してきました。本稿では、本連載のまとめと、日本企業へのS&OPの普及に向けたヒントを考えてみることにしましょう。(2010/8/18)

セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(5):
意思決定力のある“学習する組織”の構築
本稿では、日本企業の経営者が直面している重要な経営課題として、在庫をめぐるバリューチェーン内の不協和音と、団塊の世代の退職やグローバル化による組織学習の問題を取り上げ、S&OPプロセスを使ってどのように解決するかについてご紹介します。(2010/5/17)

セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(4):
資料から見るERP導入の“大きな忘れもの”
本連載では、日本企業の経営者が直面している重要な経営課題を取り上げていますが、今回は経営を支援するIT(情報技術)面の課題として、巨額のERPシステム投資を経営に生かす方法を取り上げて、S&OPプロセスがどのような役割を果たすのかについて筆者の意見をご紹介します。(2010/3/24)

セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(3):
アジャイルな判断を支える需給情報の読み方
本稿では、日本企業の経営者が直面している重要な経営課題の1つとして、激変する需要変動とグローバル化への対応を取り上げ、S&OPプロセスがこれらの課題をどのように支援するのかについて見ていくことにします。(2010/2/15)

セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(2):
「業績予想」の質を担保する
実態とかい離しがちな業績予想をいかに正確なものにするか。S&OPプロセスを使って、どのようにしてさまざまな経営課題を解決していくかについて見ていく。(2010/1/15)

セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(1):
経営と現場の情報は「超」シンプルにつなぐべし
現場の「情報」と経営の「数字」を結ぶシンプルな体制とは? 組織全体でPDCAサイクルを月次に回し、迅速に判断するために必要なプロセスとは?(2009/11/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。