ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「盛田昭夫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「盛田昭夫」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
「感動」を再定義、ソニーが考える“インターネットの脅威”の乗り越え方
ソニーは2018年5月22日、新たに吉田憲一郎氏が代表取締役社長 兼 CEOになって初となる、2019年3月期(2018年度)〜2021年3月期(2020年度)の中期経営計画を発表。3年間の累計営業キャッシュフローを前3カ年比で5000億円以上増加させ、2兆円を目指すとした。(2018/5/23)

CDって無くなるの? 車載プレーヤー廃止に続き、世界最大の家電店ネット通販を中止の背景
米国のCDは今や“風前の灯火”だ。家電量販のベスト・バイがCDの販売を中止。ディスカウントストアのターゲットも縮小する方向という。なぜなのか。(2018/3/16)

果敢なチャレンジ精神に天晴!――「麻倉怜士のデジタルトップテン」(中編)
中編は6位から4位までカウントダウン。デノンが先陣を切って普及価格帯AVアンプに採用を決めたイマーシブサラウンド規格「Auro-3D」や、復活の足音を高らかに鳴らすシャープの8Kに対する取り組みなどがランクイン。(2017/12/30)

銀座ソニービルが“特別な場所”であり続ける理由
東京・銀座のソニービルで開幕した「It's a SONY展」。日本が高度成長期のまっただ中にあった1966年に建設され、今もソニーとそのファンにとって特別な場所であり続ける銀座ソニービルについて、展示からひもとく。(2016/11/15)

銀座「ソニービル」、17年3月で休業 建て替えへ 五輪までは広場に
東京・銀座の「ソニービル」の営業を来年3月で一時終了。22年秋の営業を目指し新ビルを建設する。(2016/6/13)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
チーム内で話し合う
事前の話し合いが不十分であれば、後になって必ず問題が起こる。仕事が後戻りしたり、時には振り出しに戻ったりする。話し合いの量は、業績の良し悪しに直結する。(2016/6/13)

君は知っているか? 名古屋を愛しすぎる男のうんちくを 『マンガ うんちく名古屋』棚園正一に聞く
どこからともなく現れては、うんちくを語り倒す男を描いたマンガ「うんちくシリーズ」の名古屋編が発売。作画は名古屋在住の漫画家・棚園正一さん。『学校へ行けない僕と9人の先生』の棚園さんじゃないですか。お話を聞いた。(2015/7/17)

インタビュー:
ロボットの社会実装は進むか、フラワー・ロボティクスが「Patin」で目指す未来
AIと移動機能を持った“機能拡張型家庭用ロボット”「Patin」(パタン)を手掛ける、フラワー・ロボティクスの松井龍哉氏。ロボットベンチャーを10年以上経営する松井氏の目に、“ロボットブーム”ともいえる現状はどう写るのか。(2015/2/2)

Google Playも使える――フリービット、子供向けスマホサービス「PandA KIDs」を提供
フリービットは、子供がスマートフォンで利用できるアプリ、URL、電話番号、データなどを親が管理できるサービス「PandA KIDs」を12月24日から提供する。(2014/12/17)

ad:tech tokyo 2014 レポート:
米国企業の平均寿命は61年から18年へ……、生き残る企業の条件とは
存続する企業と倒産する企業に明暗が分かれるのはなぜか? モバイルデバイスにおけるマーケティングの限界に立ち向かうにはどうするべきか? ad:tech tokyo 2014で行われた2名の起業家によるキーノートをレポートする。(2014/9/24)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(3):
現実は「ソーシャル・ネットワーク」ではない
(2013/9/6)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/12)

ビジネス英語の歩き方:
ローマ字が日本のイメージを台なしにしている――ソニーが「SONI」だったら
日本語をアルファベットで表記するローマ字。ところが、このローマ字表記がくせもので、人名や社名、商品名を外国人が正しく読めない原因になり得るのです。(2013/3/27)

キャリアプラン 90歳までの現役計画:
20歳代をどう生きるか
未来は変化する。その中で、自分はどう生きるか。目先の問題に全力を尽くす。その継続が人生だ。(2013/3/18)

キャリアプラン 90歳までの現役計画:
30 代へのアドバイス
30代は人もうらやむ身分。それは将来を自分の意志で変え、成功できる可能性が膨らんでいるから。(2013/2/22)

キャリアプラン 90歳までの現役計画:
40代はどう生きるか
現実を冷静に見つめて、自分の後半生の人生を楽しく始めることが大切。(2013/1/18)

AKB48は日本製造業の正当なる後継者だ
日本製造業の後継者はAKB48にほかならない。カイゼンを徹底し、顧客第一主義を貫く商品作りの2点において、モノ作りとAKB48は奇妙な合致を見せる。AKB48に未来を感じることは、日本に未来を感じることだ。(2012/12/5)

キャリアプラン 90歳までの現役計画:
50歳台をどう生きるか
日本には、テロも戦争も民族紛争も、徴兵も強制収容所もない。生活は、衣食住どの点でも世界最高のレベルにある。悲観論に振り回されてはいけない。(2012/11/30)

キャリアプラン 90歳までの現役計画:
60代で何をすべきか
人生で60歳代は、野球の試合でいえば9回の裏です。(2012/11/16)

キャリアプラン 90歳までの現役計画:
もしあなたが70歳以上なら
一つの終焉を迎え、まったく新しい可能性が開ける。自分流で働いて、世の中の役に立つという幸せが待っている。(2012/9/19)

キャリアプラン 90歳までの現役計画:
もしあなたが80歳以上なら
自分で自分を雇う。高年齢者は雇われることをやめて、自営業になればよい。自営業になると失職もしないので、気持ちが楽になる。(2012/7/27)

僕は、だれの真似もしない:
アップルがつまらなくなったから僕は辞めた
前刀氏は、アップルに加わったときから「日本市場を建て直して3年以内に辞める」と決めていたという。どこまでいってもアップルはジョブズの会社。「こんなことやってる場合じゃない」と。(2012/7/26)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
転職先は“世界”――そうした時代がやって来る
年収1000万円以上の転職サイト、そこでは転職希望者が利用料金を支払う。楽天イーグルス立ち上げにも関わった、とある日本人が目指すものとは?(2012/7/5)

キャリアプラン 90歳までの現役計画:
【新連載】もしあなたが90歳以上なら
若いうちに苦しい目にあっておくと、年をとってから、ああ、あれが幸せということだったのかと分かる。そうすると今がますます幸せになる。(2012/6/22)

ソニー新経営陣が解決しなければならない構造的問題とは
テレビ事業の不振で、2012年3月期の業績見通しを5200億円の赤字と見込んだソニー。4月1日に社長兼CEOに就いた平井一夫氏にはどのような課題があるのか。『さよなら!僕らのソニー』の立石泰則氏と、バークレイズ・キャピタル証券で家電アナリストを務める藤森裕司氏が解説した。(2012/4/25)

グローバルへの道 SONY成長の軌跡:
【最終回】ソニーのグローバリゼーションの行き着くところ
「新しい時代は、そのときの人が考えて、その時代に合ったことをしないといけない。」井深さんの言葉がいまさらながら心に響く。(2012/4/23)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
MBAの時代は終わった!? “事業構想力”で日本のビジネスを元気に
今年4月に開学した事業構想大学院大学。1学年30人という少人数制で行われる教育は、“事業構想”に特化したものだという。従来の社会人大学院などとはどのような点が異なっているのか、東英弥理事長に尋ねた。(2012/4/20)

「ジョブズ・ウェイ」著者に聞く:
「何よりも大事なことは情熱」――ジョブズ氏の師が語る“スティーブの素顔”
スティーブ.ジョブズ氏の長年の親友であり、指導者でもあったジェイ・エリオット氏が来日した。まだ20代だったころのジョブズ氏は「30歳以上の奴らは信頼するな。ただし、ジェイは除く」というほど、エリオット氏を慕っていたという。エリオット氏に、アップル成功の秘密やジョブズ氏との関わりについて聞いた(聞き手:林信行)(2012/4/18)

グローバルへの道 SONY成長の軌跡:
大賀氏のグローバリゼーション完成、映画事業の買収
現地で、トップクラスの優秀な人を採用するには。一流の米国人が安心して、誇りを持って入社する会社とは。これを実現するためにソニーが取った手段とは。(2012/3/26)

グローバルへの道 SONY成長の軌跡:
国ごとに違う対応をせよ
未知の国に進出するのだから危険に満ちているのは当たり前。海外進出で失敗するのは本社の戦略がぐらつき、一貫していない時。想定外にいかに対応できるかは本社の能力、そして優秀な人材にかかっている。(2012/2/27)

グローバルへの道 SONY成長の軌跡:
現地のことは、現地の人に任せる
絶対的な権力を国をまたいで行使する。政治的にはかなりの困難が伴うが、ビジネスの世界では可能である。困難ではあるが可能だ。(2012/1/24)

グローバルへの道 SONY成長の軌跡:
“世界最小”出生の秘密
日本にはお金も市場も資源もなかった。資金と市場は海外に求めた。少ない資源で同機能の商品開発のために半導体を開発、改良。そこから小さくて消費エネルギーが少ない“世界最小”が次々生まれた。(2011/12/21)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(69):
ブランドは、消耗品である
経営環境は年々シビアになっていく一方だが、一番大切なことを忘れて利益を追い求め続けるばかりでは、会社も従業員もいつかは疲弊してしまう。(2011/11/22)

グローバルへの道 SONY成長の軌跡:
今、その成功から何を学ぶか
1946年に資本金19万円、従業員約20人でスタートしたソニーは、今や資本金約6309億円、従業員数約16万8千人そして、世界中でビジネスを展開している。敗戦でほとんど全てを失ったが、残った頭脳と技術で人がやらないことをやり、日本復興のためにと進むべき道を決めた。(2011/11/22)

Asia Innovation Forum 2011 Report:
崖っぷちの日本、どうする? ソニー元CEO、NEC元副社長らが議論
今年で5回目を迎える「Asia Innovation Forum 2011」が開幕。オープニングセッションでは、日本の将来を憂うビジネスリーダーたちが問題提起とその解決の糸口を探った。(2011/9/21)

麻倉怜士が見た!:
テレビ内蔵の“全録”が新しい世界を拓く REGZA「ZG2シリーズ」
最も身近な全録マシン、東芝“REGZA”の「ZG2」シリーズ。“全録”という言葉を提唱し、自らも実践し続けてきたAV評論家・麻倉怜士氏に、全録がもたらすライフスタイルの変化とその意義を解説してもらおう。(2011/6/24)

わが座右の書:
「経営にバイブルなんてない」 サイバーエージェント・藤田社長
成功者は書物とどのように関わり合い生きているのか。新連載の第1回は、サイバーエージェントの藤田晋社長。本は何度も読み返し、さらに自分の言葉でアウトプットすることで、初めて自身の血肉になると説く。(2011/6/23)

林信行はどう見る?:
過去最高益とジョブズ氏の不在――Appleのこれから
米Appleのスティーブ・ジョブズCEOが病気療養に入る。このニュースにより2011年第1四半期(10〜12月期)で過去最高益を達成した同社の株価は一時下落した。ジョブズ氏不在の影響は?(2011/1/21)

それゆけ! カナモリさん:
ハデハデ靴・メレルの「大ヒットのヒミツ」と「挑戦」
山ガールの出現とともに、若者の間で人気を集めているアウトドアシューズがある。黄色や青などカラフルな色が特徴の「メレル」だ。なぜ、メレルはヒットしたのだろうか。(2010/9/1)

戦後の敏腕経営者列伝:
孫や曾孫の幸せを願い取り組んだ行政改革―――土光敏夫【最終回】
石川島播磨重工業、東芝の再建を経て、土光が最後に取り組んだのが日本の再建であった。そのために土光は鈴木善幸総理から請われ、第二次臨時行政調査会の会長を引き受ける。果たして、その顛末とは――。(2010/1/25)

戦後の敏腕経営者列伝:
“紳士”東芝を変えたアメとムチ―――土光敏夫【第3回】
石川島播磨重工の会長であった土光敏夫は、尊敬する東芝会長、石坂泰三のたっての頼みで東芝の再建に乗り出す。そこでの土光の手法は石川島時代と同じく、アメとムチを交えたものだった。そうした土光流の改革は東芝に確かな変化をもたらす――。(2009/12/8)

SFC ORF 2009 Report:
“ガラパゴス”からどう脱出するか、グローバル化するためのヒント
慶應義塾大学SFC研究所の年次イベント「ORF 2009」では、閉塞(へいそく)感の漂う日本企業がグローバル市場で活躍するためのヒントを探る討論が開かれた。インターネット企業の取り組みから、日本人が何を目指せば良いか。その模様をお伝えする。(2009/11/24)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
大前研一の辛口ニッポン応援談(前編)
大前研一氏に強い日本企業をつくる上でのヒントを聞く。中国など新興発展諸国の登場でグローバル展開が新たな局面を迎える中、日本企業は大いなる覚悟で進む必要がありそうだ。アンビション(野心、大志)の欠落が危険だと大前氏は指摘する。(2009/11/9)

「社員の家族も広報」――徹底した自己PR戦略がSONYブランドを作り上げた
ソニーの創業者の1人である盛田昭夫氏は、企業や自らの価値を高めるために徹底した売り込みを行った。その先には、人材や組織に対する思いがあったという。(2008/5/3)

gooランキング:
「英断」できる人こそ、トップの価値あり
自分の会社のトップに、あなたなら何を求めますか? ビジネスパーソンへのアンケート結果によると、「尊敬できる上司」とはまたちょっと違った結果が出てきました。(2008/2/13)

神尾寿の時事日想・特別編:
米国進出の第1歩――FeliCaハワイプロジェクトとは
電子マネーやIC乗車券として、日本ではすっかりおなじみになったFeliCa。香港、インドなどを除いて、海外展開はまだ始まったばかりだが、ソニーは欧米でのFeliCa普及を目指している。米国上陸の第1歩として、ハワイで行っている取り組みについて聞いた。(2007/12/5)

gooランキング:
仕事に行き詰まりを感じたら、まずは「ソニー」から学べ!
ビジネススキルを高めるための方法の1つが、カリスマ経営者たちが書いたビジネス書に触れること。ビジネスパーソンに聞いた、一度は読んでみたいと思う本とは?(2007/11/28)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
ソニーの久夛良木から、全人類の久夛良木へ
ソニー・コンピュータエンタテインメント 久夛良木健会長の退任が発表された。プレステの生みの親、希代のビジョナリーとして知られた人物について、ホームシアター愛好家としての交友もある麻倉氏が語る。(2007/5/7)

金融・経済コラム:
ホリエモン待望論
先週、堀江前社長に実刑判決が言い渡されました。彼のいなかった14カ月間の日本のインターネット業界を見ると、閉塞感が漂っているように思えます。彼にこの間のIT・ネット業界の発展度合いについて聞いてみたい気がします。(2007/3/19)

ソニーリテール事業「スタイリングライフ」が発足
ソニーは、「ソニープラザ」などのリテール事業を傘下とする持ち株会社「スタイリングライフ・ホールディングス」を設立し、日興プリンシパル・インベストメンツに株式の過半を譲渡した。(2006/6/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。