ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド」最新記事一覧

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(7):
SCM構築は、業務の可視化が大前提
SCMシステムは、性能で選ぶのではなく、“自社の業務”に最適かどうかで選べばよい。ただ、そのためには、自社の目標やビジネスモデル、サプライチェーンモデルや業務フロー、関連部門間の関係性など、“自社の業務”を熟知していなければならない。(2009/5/26)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(6):
「全体最適」の本当の意味をご存じですか?
SCMは、現場レベルの「オペレーション」ではなく「マネジメント」である。SCMで目指す「全体最適」も、システムに実装された最適化計算モデルで導き出されるようなものでは、決してない。最終的には経営層の決断が必要だ。(2009/3/3)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(5):
製造現場のERP、「MES」を生かしきる条件
「製造現場のERP」というべきMESと、MRP、スケジューラ、WMSなどを連携させれば、SCM実現の土台を築くことができる。しかし、それらを不用意に導入し、つなげるだけでは、自社の生産管理体系を崩壊させかねない事態に陥ることもある(2009/1/29)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(4):
実行系業務を支える「ERP」を正しく活用しよう
「企業の競争力を向上させる」と、かつて鳴り物入りで登場し、多くの企業が導入したERP。しかし、実際に効果を挙げられたケースはとても少ない。その理由は、実行系業務と、それを支援するERPの本質を、正しく理解していなかったことにある。(2008/10/28)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(3):
SCMは「人間」の仕事です
SCMの成功と失敗の分水嶺となる計画系業務。需要予測システムをはじめ、支援システムは数あれど、最終的にビジネスを判断するのは人間でなければならない。その理由を解説する(2008/9/22)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(2):
もう一度見直したい、「SCMって何?」
前回、SCMとは「無駄をなくして、もうけ続けるためのビジネスの体系」であると紹介した。でもそのためには、具体的に何をすればよいのだろう? SCMとしてなすべき業務を、もう一度、確認しておこう。(2008/8/25)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(1):
「失敗」から学ぶ、SCMの基本
ビジネスのグローバル化に伴い、SCM構築の波が再びやってこようとしている。しかしSCMの第1次ブームのころ、なぜ多くの会社はSCMの効率化に失敗したのだろうか? 同じ轍を踏まないためにも、まずその失敗事例を振り返ってみよう。(2008/7/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。