ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド」最新記事一覧

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(7):
SCM構築は、業務の可視化が大前提
SCMシステムは、性能で選ぶのではなく、“自社の業務”に最適かどうかで選べばよい。ただ、そのためには、自社の目標やビジネスモデル、サプライチェーンモデルや業務フロー、関連部門間の関係性など、“自社の業務”を熟知していなければならない。(2009/5/26)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(6):
「全体最適」の本当の意味をご存じですか?
SCMは、現場レベルの「オペレーション」ではなく「マネジメント」である。SCMで目指す「全体最適」も、システムに実装された最適化計算モデルで導き出されるようなものでは、決してない。最終的には経営層の決断が必要だ。(2009/3/3)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(5):
製造現場のERP、「MES」を生かしきる条件
「製造現場のERP」というべきMESと、MRP、スケジューラ、WMSなどを連携させれば、SCM実現の土台を築くことができる。しかし、それらを不用意に導入し、つなげるだけでは、自社の生産管理体系を崩壊させかねない事態に陥ることもある(2009/1/29)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(4):
実行系業務を支える「ERP」を正しく活用しよう
「企業の競争力を向上させる」と、かつて鳴り物入りで登場し、多くの企業が導入したERP。しかし、実際に効果を挙げられたケースはとても少ない。その理由は、実行系業務と、それを支援するERPの本質を、正しく理解していなかったことにある。(2008/10/28)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(3):
SCMは「人間」の仕事です
SCMの成功と失敗の分水嶺となる計画系業務。需要予測システムをはじめ、支援システムは数あれど、最終的にビジネスを判断するのは人間でなければならない。その理由を解説する(2008/9/22)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(2):
もう一度見直したい、「SCMって何?」
前回、SCMとは「無駄をなくして、もうけ続けるためのビジネスの体系」であると紹介した。でもそのためには、具体的に何をすればよいのだろう? SCMとしてなすべき業務を、もう一度、確認しておこう。(2008/8/25)

「もう二度と失敗しない」SCM完全ガイド(1):
「失敗」から学ぶ、SCMの基本
ビジネスのグローバル化に伴い、SCM構築の波が再びやってこようとしている。しかしSCMの第1次ブームのころ、なぜ多くの会社はSCMの効率化に失敗したのだろうか? 同じ轍を踏まないためにも、まずその失敗事例を振り返ってみよう。(2008/7/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。