ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「MTBF」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Mean Time Between Failure:平均故障間隔

Thermaltake、動作状態のモニタリングもできる税別約5万円の1500W電源
アスクは、Thermaltake製の1500W ATX電源ユニット「TOUGHPOWER DPS G RGB 1500W TITANIUM」の取り扱いを発表した。(2018/6/22)

産業用カメラ展|キヤノンITS:
新世代10GigE対応、過酷な環境で使えるBaumer製の産業用エリアセンサーカメラ
光技術総合展示会「OPIE'18」の産業用カメラ展に出展したキヤノンITソリューションズは、Baumer Optronic製の産業用カメラシリーズおよびビジョンセンサーについて訴求していた。(2018/5/9)

今後は、より高耐圧、高出力に:
SiC/GaN向け非対称出力DC-DCコンなどを展示 RECOM
RECOMグループのRECOM ASIAは「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア)」で、IGBTやSiC、GaNゲートドライバ回路向けのDC-DCコンバーターなどを展示した。(2018/4/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
4月3日にIntel新型CPU&チップセットが登場
4月3日16時1分から、Intelの未発表CPUとチップセット搭載マザーが一斉に売り出される。新生活シーズンにヒットしそう?(2018/4/2)

Nimbus Dataが2018年夏に出荷予定
ついに「100TBのSSD」登場 メーカーの自信がうかがえる“5年間の無償保証”
Nimbus Dataは新しい100T(テラ)BのSSD製品「ExaDrive DC100」を発表した。他のエンタープライズSSDと比較して、消費電力が少なく、耐久性が高く、読み書き性能のバランスが良いという。(2018/3/30)

週末アキバ特価リポート:
Micronの2TB SSDが4万円切り 複数店舗で超特価
「MX300の純正バルク版的」といわれるMicronの2TB SSDが複数のショップで税込み4万円前後の超特価販売されている。週末の早い時期に売り切れそうだ。(2018/2/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
Intelの高速SSD「Optane SSD 900P」がアキバで大好評
Intelがコンシューマー向けに送り出した「Optane SSD 900P」シリーズが売り切れ続出のヒットを記録している。「SSD 750」シリーズを彷彿とさせるとの声も。(2017/11/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
NAS向け12TB HDDが税込み6万円弱の価格で登場
HDDの最大容量を更新したエンタープライズ向けの12TBモデルが登場してから1カ月。今度はNAS向けの12TB HDDが登場した。そこそこの値段でそこそこ普及しそう。(2017/10/10)

WD、世界初のエンタープライズ向け14TB HDDを発表
米WesternDigitalは、第4世代のヘリウム充填技術を採用し14TBの大容量を実現したエンタープライズ向けHDDを発表した。(2017/10/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
6年ぶりのATX薄型ケースや7年ぶりのトラックボールが登場
PCパーツは1〜2年ペースで新作が登場するシリーズも多いが、更新が止まっていたり5年以上かかったりするケースもある。先週は後者のパターンが2モデル見つかった。(2017/9/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
法人向けのeMLC SSD「Nytro XF1230」がコンシューマー価格で登場!
SSDは3D NAND搭載モデルが各社から登場しているが、従来からある2D NAND(平面型NAND)の高品質モデルも安く買えるようになっている。法人向けの品質を個人用に買うチャンスだ。(2017/9/19)

ウエスタンデジタル、SATA HDD「WD Gold」シリーズに12TBモデルを追加
ウエスタンデジタルは、同社製内蔵型3.5インチHDD「WD Gold」のラインアップを拡充、新たに12TBモデルを追加した。(2017/9/13)

そのトラブル「サイバー攻撃」が原因かも?:
事例で学ぶ、工場セキュリティ対策の考え方と現実的なソリューション導入の手引き
製造業のIoT活用が進む中、工場内の制御機器をサイバー攻撃などの脅威から守るためには、製造業向けセキュリティソリューションの導入が有効だ。しかし、安定稼働を重視する工場設備に導入するとなるとさまざまな課題や困難が立ちはだかる。うまく工場セキュリティ対策を進めている企業はどのような視点でソリューションを選定し、課題を解決していったのか? 2つの事例から学ぶ。(2017/5/22)

WD、4世代目ヘリウム充填技術を採用したエンタープライズ向け12TB HDD「Ultrastar He12 HDD」
米Western Digitalは、4世代目となるHGSTブランド製ヘリウム充填HDD「Ultrastar He12 HDD」の出荷開始を発表した。(2017/4/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
コスパに優れた売れ筋モデル! H270ゲーミングにみる最新トレンド
H270ゲーミングマザーを各社で並べると、最新の自作トレンドが見えてくる。たわまない&熱くならないが一番。(2017/1/23)

2016年のアキバを振り返る(後編):
HDDは10テラに到達、M.2 NVMe SSDがブレイク、そしてフラッシュの乱高下が目立った2016年
VRの台頭とグラフィックス&ゲーミング事情を中心にまとめた前編に続き、後編ではストレージ関連の動きを中心に2016年を振り返ってみたい。(2016/12/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
高速M.2 NVMe SSD「SSD 960 PRO/EVO」が年内滑り込みで登場!
秋からウワサのあったSamsungの次世代M.2 NVMe SSD「SSD 960 PRO/EVO」がようやく登場した。上位は連続リード3500MB/秒をうたう高速モデルだが、在庫は薄く争奪戦が予想される。(2016/12/19)

古田雄介のアキバPickUp!:
まだ姿を見せない「GTX 1080」がアキバに与える影響
最近はGeForce GTX 980カードが税込み5万円切りで売られるなど、ハイエンドグラフィックスカードの特価が目立っている。その影には、歴代のGeForceでも指折りの前評判を得ている次世代がいる。(2016/5/23)

古田雄介のアキバPickUp!:
最強レベルの高品質HDD“金キャビ”がデビュー
ウエスタンデジタルのデータセンター向けHDDシリーズ「WD Gold」が登場し、複数の店舗で話題を呼んでいる。そのほかにも、Thunderbolt 3搭載の最強BRIXや高品質SFX電源など注目度の高い新製品が店頭に並んだ。(2016/5/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
虹色LEDファン搭載の水冷キットがアキバをザワつかせる
光モノブームをけん引する「Riing」ファンを標準搭載した水冷キット「Water 3.0」が登場。ブームを加速させるか注目が集まっている。(2016/4/18)

いまさら聞けないTPM(4):
計画保全と品質保全で工程の信頼性と保全性を目指す
本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPM(Total Productive Maintenance)とは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説する。第4回となる今回は、「TPMの8つの活動(8本柱)」のうち計画保全と品質保全について紹介する。(2016/4/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
HDDがついに10テラ突入! HGSTとSeagateからWデビュー
HDDの最大容量を更新する10TBモデルが2社から同時に売り出され、アキバで注目を集めている。価格はともに8万円台前半だ。(2016/4/11)

「つながる工場」へ:
PR:射出成形機にもオープンアーキテクチャ採用の波、工場に柔軟性をもたらすPC制御技術
射出成形機専門メーカーである三菱重工プラスチックテクノロジーは、次世代射出成形機の開発に当たりオープンアーキテクチャ採用へと大きく舵を切った。工場用機械として、柔軟性と品質のバランスが求められる中、同社はどういうことを考え、決断を下したのだろうか。(2016/2/22)

大容量SSD時代へ加速:
TLC採用で最安値クラスの容量単価に!! 「Crucial BX200」シリーズSSDを試す
普及価格帯の大容量SSD「BX 200」シリーズを徹底検証。BX100と比較して何が変わったのか。(2016/1/6)

HGST、ヘリウム充填/垂直磁気記録方式で10Tバイトを実現したエンタープライズ向けHDD
HGSTとWestern Digitalは、ヘリウム充填HDD“HelioSeal”の3世代目モデルとなる「Ultrastar He10」を発表。垂直磁気記録方式で世界初となる容量10Tバイトを実現したモデルだ。(2015/12/3)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第45回 イーサネット
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第45回はLANで中心的に使われている基幹技術であるイーサネットについて解説する。(2015/11/25)

1ランク上のNAS専用HDD:
“WD Red”を超える高信頼性HDD――「WD Red Pro」を選ぶ理由
NASに搭載するHDDは「WD Red」で決まり!? ……いえいえ、上には上がいるんです。(2015/5/14)

開発者とユーザーの距離が近い:
HGSTの技術者が明かす「ヘリウム充填HDD」と「NVMe対応SSD」の実力
オリオスペックで金曜の夜に開催したHGSTのユーザーイベントは、語る技術者も聴くユーザーも、とてつもなく熱く、そして、とてつもなく濃かった。(2015/5/7)

HGST、ヘリウムガス充填HDD「Ultrastar He6」「Ultrastar He8」の平均故障間隔を250万時間に拡大
出荷累計は100万台を超え、2017年には約50%のHDDがヘリウムガスを封入するという。(2015/3/24)

HDDメーカーならではの安心感:
外付けHDDに「My Book Duo」を選ぶ8つ理由
大容量化するデジタルコンテンツを保存するために外付けストレージが欲しい、そんな人は外付けHDDながら高速かつ大容量の「My Book Duo」に注目!!(2015/1/21)

電子機器設計ノウハウ:
ウェアラブル機器設計で知っておきたい故障原因
スマートウオッチやスマートグラスなどウェアラブル機器市場が立ち上がりつつある。この新たな機器であるウェアラブル機器の設計、製造には、未知の課題も多く存在するだろう。その1つが、故障原因だ。ウェアラブル機器は往々にして携帯電話機などモバイル機器と同一視されがちだが、モバイル機器にはないウェアラブル端末ならではの故障原因が潜む。本稿では、ウェアラブル機器の設計、製造で留意しておきたい故障原因を紹介する。(2014/11/7)

ビジネスニュース 企業動向:
アルテラ、「AEC-Q100」準拠の車載向け電源ICを拡充
アルテラは、車載用ICの品質規格「AEC-Q100」に準拠した高集積型電源IC「Power SoC」を発表した。同社のFPGA製品と組み合わせて、車載インフォテインメント機器や先進運転支援システム(ADAS)、EVのパワートレインなど、車載電子機器用途に提案していく。(2014/10/20)

「NAS専用」はダテじゃない:
PR:NASキット導入で気をつけたいHDD選びのポイント
家庭内でマルチデバイス化が進み、ますます活躍の場が広がったNASキット。しかし、NASを導入する際には注意しておくべきことがある。それがHDD選びだ。(2014/9/30)

福田昭のストレージ通信(11):
SSDの内部構造と動作をみる
SSDの重要な部品として、NANDフラッシュメモリ以外に、SSDコントローラやバッファメモリが挙げられる。今回は、SSDコントローラの役割を軸に、SSDの動作を説明しよう。(2014/9/16)

HGST、耐久性も重視した最大1.6Tバイトのエンタープライズ向けSAS SSD
HGSTは、エンタープライズ向けモデルとなる12Gbps接続対応のSAS SSD「Ultrastar SSD1600MR」など計3シリーズを発表した。(2014/7/29)

de:code 2014まとめリポート:
マルチデバイス&クラウドの時代、開発者が進む道を「理と情」で語る──そしてアーキテクトは新しい課題に直面する
日本マイクロソフトが開催した開発者向けイベント「de:code」の基調講演とアーキテクト向けの3つのセッションの模様を凝縮してお伝えする(2014/7/8)

福田昭のストレージ通信(5):
「SSDが壊れる」まで(中編)
今回は、エンタープライズ用SSDとクライアント用SSDの信頼性を解説する。これら2つの用途は信頼性に対する要求仕様が異なる。だが、クライアント用SSDは信頼性に関して開示されている情報が少なく、それが大きな問題の1つとなっている。(2014/4/25)

福田昭のストレージ通信(4):
「SSDが壊れる」まで(前編)
ノートPCなどのストレージとして急速に市場が拡大しているSSD(Solid State Drive)。その信頼性に対するイメージはHDDと比較されることが多いが、「平均故障間隔」と「年間故障率」の数値を単純に比較すればいいというわけではない。そこで今回は、SSDの寿命にかかわる要素を解説する。(2014/4/11)

アイティーシー、台湾RAIJINTEK製CPUクーラー「THEMIS」など3製品の取り扱いを開始
アイティーシーは、台湾RAIJINTEK製となるCPUクーラー/ケースファンなど計3製品の販売を開始する。(2014/4/8)

第3世代Intel製コントローラー採用:
最新ゲーマー向けSSD「Intel SSD 730」のスピードを体験
Intelが新たなSSD「Intel Solid-State Drive 730 Series」(以後、Intel SSD 730)をリリース。第3世代のIntel製コントローラーを搭載した最新SSDののパフォーマンスを確認していこう。(2014/3/13)

Computer Weekly製品導入ガイド
激増するビッグデータ用データに苦慮するユーザーたち
ビッグデータ分析では、バックエンドインフラをアプリケーションのニーズに合わせる従来型のアプローチを改める必要がある。(2013/11/8)

ウエスタンデジタル、NAS向け「WD Red」に2.5インチ1TB/3.5インチ4TBモデルを追加
ウエスタンデジタルが、信頼性+消費電力性能に優れるNAS向けHDD「WD Red」シリーズに小型の2.5インチモデルと大容量の3.5インチ4Tバイトモデルを追加。9月11日に発売する。(2013/9/5)

本田雅一流 NAS導入のススメ(後編):
注目すべきはハードよりソフト――自宅兼オフィスのNASを一新した効果は?
2台続けてNASに不具合が発生したことを機に、中小規模事業者向けNASの購入を決定。実際にしばらく使い続けてみて、その選択は正しかったのか……。(2013/9/3)

Thermaltake、PLATINUM認証取得のATX電源「Toughpower Grand Platinum」など2製品
アスクは、Thermaltake製のPLATINUM認証取得電源ユニット「Toughpower Grand Platinum」シリーズとBRONZE認証取得モデル「SMART M」シリーズの2製品を発売する。(2013/8/12)

Intel、省電力設計の新型SSD「Intel SSD 530」を発表
米Intelは、SSDの新製品として「Intel SSD 530」シリーズを発表した。M.2、mSATA、2.5インチ(7ミリ厚)のフォームファクターで展開する。(2013/7/25)

120G〜1Tバイトまで用意:
「Samsung SSD 840 EVO」は8月上旬に国内発売――1Tバイトが実売7万6000円
日本サムスンの販売特約店であるITGマーケティングは、2.5インチSerial ATA SSD「Samsung SSD 840 EVO」シリーズを8月上旬に国内で発売する。(2013/7/25)

ビジネスニュース 企業動向:
記録密度上昇率が鈍るHDD、これからは電力コストを下げる「シールド/ヘリウムHDD」
ストレージ装置は、データセンタなどにおけるデータ量の増大や、携帯情報端末の高機能化と需要拡大などにより、事業機会が拡大する。同時に大容量化や消費電力の低減、コストダウンなどを実現していくための新技術や新製品の開発が求められている。(2013/6/7)

システムだけSSDにするなら:
128Gバイトクラス最強!? “TOSHIBA印”の快速SSD「CSSD-S6T128NHG5Q」を試す
巷でウワサの“東芝印SSD”こと「S6TNHG5Q」シリーズ。128Gバイトモデルを入手したので性能や消費電力をテストしよう。(2013/5/16)

すごく、大きいです:
SSDなのにテラバイト級!! 「Crucial M500」の実力診断
Micron製最新SSD「Crucial M500」シリーズは、960Gバイトの大容量モデルをラインアップしているのが魅力。容量もコスパも文句なし、で、性能は?(2013/4/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「その線、待ってました」――低容量でも速いSSDとゲーミングB75マザーが登場!
東芝製NAND採用がウワサされるサンディスクのSSD「X110」シリーズと、ゲーム向け仕様のMSI製B75マザー「B75A-G43 GAMING」が発売し、新たなニーズを満たすパーツとして話題を集めている。かゆいところに手が届くパーツも続々と登場。(2013/4/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。