ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「村上憲郎」最新記事一覧

関連キーワード

プログラミング教育、子どもの学びをテーマとした「Tech Institute プログラミング・デイ 2014」開催
アプリ開発人材育成プログラム「Tech Institute」が、12月7日にシンポジウム「プログラミング・デイ 2014」を開催。(2014/11/11)

EdTechフロントランナー【ベストティーチャー編】
“世界に1つだけのテキスト”で正しい英語が話せる「ベストティーチャー」
これさえやれば英語が話せるようになる。そんなサービスを作りたい――。こうした思いから生まれたのが「ベストティーチャー」だ。提供元の宮地俊充CEOにその特徴と、教育機関での活用の可能性を聞いた。(2014/5/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「マネジャーは“戦略力”で勝負!」こうすれば立案・実践できる
組織の階層で上になるほど競争も激化してくる。優秀な人材だからこそマネジャーとして選抜れているわけで、そんな同僚たちに何をもって差を付け、自らの競争優位を確立するのか。考えてみる価値がある。(2013/4/18)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/3/19)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(20):
早く教科書になりたい! 教育の現場から叫ぼう
教科書は「図書」と定義されていて、紙でないと認められないのだ。現状では、いくらデジタルが頑張っても教科書にはなれない(2012/11/2)

田村耕太郎さん、村上憲郎さんら出演 イベント「君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?」
NPO法人CVS Leadership Instituteによるイベント「君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?」をライブ配信する。元内閣府大臣政務官の田村耕太郎さんによる「今夜限りのぶっちゃけグローバルトーク」、元Google Japan社長の村上憲郎さんらを交えたトークセッションなど。配信は7月20日19時0分〜。(2012/7/18)

原発再稼働問題、最新のスマートグリッド構想を徹底検証 ニコ生アゴラ
原発再稼働問題から最新のスマートグリッド構想まで「節電で夏を乗り切る方法」を徹底検証する。アゴラとニコニコ生放送のコラボ番組で、出演者は池田信夫氏、元Google日本法人社長の村上憲郎氏、国際環境経済研究所長の澤昭裕氏、環境コンサルタントの竹内純子氏。配信は6月5日22時0分〜。(2012/5/30)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(87):
何のために働くのか? その回答はシンプルそのものだ
「自己実現であるとか、会社のレゾンデートルであるとか」「高邁な理想を追ってしまうと、どこか上滑りする」「働かなくては明日食うものがない、と恐れおののく。それが働くことの根底にある」。(2012/4/24)

電話番号認証を御社のサイトでも――通話サービスをAPI提供「boundio」
KDDIウェブは、各種Webサービスに音声発信やテキストの音声変換機能を追加できるAPIサービス「boundio」をリリースした。(2012/4/11)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(4月6日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2012/4/6)

震災復興支援サービス大賞:
ITは震災復興支援に役立ったのか?
「震災復興支援サービス大賞」が決まった。ITによる震災の復興支援、いったい何が問題で何が成功だったのだろうか。(2012/3/9)

キープレーヤーが勢ぞろい――Android Bazaar and Conferenceのセッション概要が公開に
7月17日に開催される「Android Bazaar and Conference 2011 Summer」のセッション概要が公開された。ドコモやKDDI、端末メーカー、国内主要SNS企業などのキープレーヤーが講演する。(2011/7/6)

日本復興、インターネットができること 村上憲郎×池田信夫
インターネットが日本復興に貢献する可能性について、村上憲郎元Google日本法人社長が語る。聞き手は池田信夫さん。配信は4月18日20時0分〜。(2011/4/15)

顧問にグーグル元名誉会長村上憲郎氏:
クラウドデータセンター青森誘致に向けて協議会設立へ
青森県などが共同で、「むつ小川原グリーンITパーク推進協議会」の設立準備を進めている。国際戦略総合特区へ戦略的グリーンITパーク設立構想を提案しているのは青森県のみ。(2011/2/14)

トークライブ“経営者の条件”:
GoogleとDECは似ている――グーグル前名誉会長 村上憲郎氏の経歴から見るIT業界
IT業界の変遷を辿り続けてきたかのような経歴を持つ元経営者がいる。グーグル前名誉会長の村上憲郎氏だ。ミニコンからネットワーク、Web時代へと、米国IT企業の日本法人社長などトップマネジメントを数社に渡って勤め上げた氏は、グーグルに何を思うのか。(2011/2/8)

Googleの「使命」と電力事情:
スマートグリッド――IT企業が注目するもう1つのネットワーク
インテリジェントな電力供給網「スマートグリッド」が北米を中心にヨーロッパなどで拡大している。(2009/8/3)

グーグル辻野新社長が会見 「透明な存在から“日本のGoogle”へ」
グーグルの辻野社長が就任後初めて記者会見し、「これまでは米Googleを意識した“透明な存在”だったが、“日本のGoogle”として顔を見せていく」と意気込みを語った。(2009/1/26)

2009年1月付け、「次の成長のために」:
グーグル日本法人の新社長にソニー出身の辻野氏
(2008/12/9)

村上憲郎氏は名誉会長に:
グーグル、新社長にソニー出身の辻野氏が就任
グーグルで執行役員製品企画本部長を務める辻野晃一郎氏が2009年1月1日付で代表取締役社長に就任する。日本でビジネスの基盤を築いてきた現社長の村上憲郎氏は、健康上の理由などから名誉会長に就任する。(2008/12/9)

Google日本法人社長にソニー出身の辻野氏
Google日本法人の社長に、ソニーで「コクーン」の責任者などを務めた辻野氏が就任する。(2008/12/9)

Weekly Memo:
どうした! 日本のIT企業――転職人気ランキングにみる企業ブランド力
今回は、総合人材サービスのインテリジェンスが6月16日に発表した「転職人気企業ランキング」から、IT企業の人気度に注目したい。これも紛れもない「企業ブランド力」の証しである。(2008/6/23)

Weekly Memo:
Googleのエンタープライズ戦略――続編はめじろ押し?
先週、Googleのエンタープライズ戦略が垣間見えた提携発表があった。富士ソフトと結んだ「Google Apps Premier Edition」に関する販売代理店契約がそれだ。何が見えたかというと――。(2008/6/16)

クラウド時代到来:
「Googleで変えたい」と富士ソフトの堀田副社長
富士ソフトが「Google Apps Premier Edition」の本格販売に踏み切った。SaaS市場の拡大を睨むとともに、大半が技術者という同社を変革するには、クラウドコンピューティングの未来に確固たる信念を持つGoogleの力が必要だという。(2008/6/11)

iGoogleをキャンバスに、六本木にアートカフェ
白い素っ気ないGoogleの画面。その“白いキャンバス”が、アーティストたちによって彩られるようになってきた。ギークの人たちだけでなく、もっと多くの普通の人たちへ。その先兵となるアーティストとコラボした「iGoogleアートカフェ」が六本木にオープンする。(2008/4/11)

YouTubeに初の音楽著作権包括許諾・JRC スピッツやラルクもOK
L'Arc-en-Cielやスピッツ、ミスチルなどの有力アーティスト楽曲を管理するJRCが、YouTubeと著作権の包括利用許諾契約を結んだ。JRC管理楽曲をユーザーが演奏してYouTubeに公開することが合法的にできるようになる。最大手・JASRACより一足先に実現。(2008/3/27)

「iGoogle」がアーティストとコラボ 「アトム」やリリー・フランキーさんも参加
アーティストがデザインした画像やガジェットを使ってiGoogleをカスタマイズできるサービスが始まった。iGoogleになじみのない一般層にアピールする狙いだ。(2008/3/13)

角川とグーグルの共同発表:
角川がYouTubeで新事業、グーグルの動画識別技術を活用
(2008/1/25)

「ユーザー投稿角川アニメ」の公式認定も YouTubeに角川参加
角川がYouTubeビジネスを展開する。ユーザーが投稿した動画に自社権利作品が含まれていた場合も、許諾があれば「認定マーク」入りで公開し、広告収入を権利者に分配する取り組みも行う。(2008/1/25)

ドコモとGoogle、提携の狙い:
ケータイのPC化、Web 2.0化で他キャリアにさきがける――ドコモの辻村氏
「Googleの各種サービスとドコモのモバイルとの連動で、革新的なサービスの提供を目指す」――。NTTドコモの辻村清行プロダクト&サービス本部長は、Googleとの提携の狙いをこう説明する。携帯のPC化、Web 2.0化が進む中、他キャリアにさきがけてPC向けインターネットの人気サービスを携帯に最適化するのが狙いだ。(2008/1/24)

Googleのサービスが次々とiモードにやってくる――ドコモの夏野氏
「検索やマップだけにとどまらず、Googleが持つあらゆるサービスとの連携を図る」――。ドコモでマルチメディアサービス部長を務める夏野氏は、Googleとの提携の趣旨をこう説明する。Googleアプリのiモード対応に積極的に取り組むとし、Androidケータイの開発にも意欲を見せた。(2008/1/24)

GoogleとNTTドコモ、インターネットサービスで提携
GoogleとNTTドコモは、モバイルインターネット向けの検索や広告、アプリケーションサービスなどで広範囲に提携する。(2008/1/24)

「Googleのあらゆるサービスが提携対象」──ドコモが強調する“他社との違い”
「Googleからはどんどんいいサービスが出てくる。それをiモードユーザーに使ってもらう」──ドコモとGoogleが提携。検索などに限定せず、「Googleのあらゆるサービス」がiモードに載ってくるという。(2008/1/24)

ドコモとGoogleが提携──各種サービスのiモード対応などを推進
NTTドコモとGoogleが1月24日、検索サービスの連携強化を始めとする広範な業務提携を発表した。検索連動広告や各種Googleサービスのiモード対応、iモード上での新サービスの検討、Androidプラットフォームに関する検討などを進める。(2008/1/24)

日本のインターネット企業 変革の旗手たち:
滞留時間の最小化がGoogleの目標
人工知能「HAL9000」に大きな影響を受けた青年は、今や時代を代表する企業の日本法人で代表取締役社長として、青年時代の思いをビジネスに生かしている。(2008/1/2)

Weekly Access Top10:
Googleが“人工知能”ならぬ“人工意識”を組み込む日
あなたは“自分”というものがいったいどういった仕組みで存在しているのかを気にしたことがあるだろうか。多くの哲学者が悩み続けるこの問題だが、近い将来、Googleがこの問題を解き明かすかもしれない理論をサービスに組み込む日が来るかもしれない。(2007/11/11)

ニフティ「@search」にテーマ別検索 Google Custom Search活用
ニフティの検索サービス「@search」に「パソコントラブル検索」「ラーメン検索」などテーマ別が追加された。「Google Custom Search Engine」を採用した。(2007/9/13)

Googleが世の中を席巻する組織であり続けるのはなぜか
企業が抱える永遠の課題ともいえる組織の活性化。Googleの取り組みを見てみると、活性化のヒントが見えてきた。人材、環境、キーになるのは何か……。(2007/9/1)

YouTubeが日本戦略加速 成功のカギは「パートナー」
YouTubeが日本戦略を積極化している。来日したGoogle幹部は、メディア企業にとって最大の懸念となっている著作権侵害対策に理解を求め、YouTubeの“ポジティブな面”を評価してほしいと語った。(2007/8/2)

“YouTubeの対応はもどかしい”――JASRACらが会見
投稿動画の著作権侵害についてYouTubeとJASRACら国内の著作権団体との協議が行われ、YouTubeの対応にいらだちを募らせた。(2007/8/2)

auでGmail採用 PCポータルも「au」に
KDDIは、au携帯向け「EZweb」とPC向けポータルを、新サイト「au one」に統合する。DIONもauブランドに変更。auユーザー向けに、Gmailの機能を活用したWebメールサービスも開始する。携帯で確立したauブランドをPCにも広げる狙いだ。(2007/7/30)

au one メールは「一生つきあえる100年メール」──KDDIの高橋氏
Googleとの提携により、Gmailをauのメールサービス「au one メール」として提供するKDDI。同社コンシューマ事業統括部長の高橋誠氏は、EZメールはリアルタイム用途で、au one メールはアーカイブ型の「一生つきあえる100年メール」として利用できると説明する。(2007/7/30)

KDDI、GmailベースのWebメールサービスを提供
KDDIとGoogleは検索サービスに続き、携帯電話とPCから利用できるGmaiベースのWebメールサービス「au one メール」を開始する。(2007/7/30)

「Google検索アプライアンス」機能拡張:
「社保庁問題」も飛び出したべリングポイントの新サービス発表
25日、べリングポイントはGoogle検索エンジンを活用した企業向けサーチエンジンソリューションプラットフォーム「BEEP」の国内提供開始を発表した。(2007/7/26)

「御伽草子」も全文検索――Googleブック検索に慶大が参加
「Googleブック検索」に、慶応図書館の蔵書約12万冊が追加される。「御伽草子」や福沢諭吉の書籍などが、全文検索・閲覧できるようになる予定だ。(2007/7/6)

ライブドア、持ち株会社化で経営体制を刷新――Web2.0時代のリーディングカンパニーを目指す
ライブドアは4月2日、持ち株会社ライブドアホールディングスを中心とした経営体制に移行し、改めてコーポレートガバナンスとコンプライアンスを強化する姿勢を打ち出した。事業会社として新たにライブドアを設け、CGMの領域でビジネス拡大を図り、Web2.0時代で主役の座を射止めるという……。(2007/4/3)

“新生”ライブドアは技術で勝負 Ajax活用の新ブログサービスも
ライブドアの新体制が発足した。ポータル事業はブログなどCGMに注力し、Ajaxをフル活用した新ブログ「PRAC」も公開予定。RSSリーダーは英語版も開発し、世界のデファクトスタンダードを目指す。(2007/4/2)

グーグルの社内のぞき見 公式ブログに日本版
(2006/3/2)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。