ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「20代にしておきたい17のこと」最新記事一覧

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/9)

40代にしておきたい17のこと:
40代には3種類の生き方がある――それは
40代になると生き方が3種類に分かれてきます。希望と夢をもって生きるのか、はたまた退屈を感じながら生きるのか、あるいは絶望とともに生きるのか。いずれにしても40代はもう一度、本当に自分が望んで生きるコースを選択するタイミングでもあります。この3つの中から、あなたはどれを選びますか?(2013/1/11)

40代にしておきたい17のこと:
ノーと言う勇気を持つ
人生は何に対してイエスと言うかノーと言うかで決まってきます。自分のやりたいことにイエス、嫌いなことにはノーと言う。生まれたての赤ん坊でもやっていることが、大人になるにつれてそれができなくなります。本当はイヤなのに、ついイエスと言ってしまう――あなたにも心当たりがありませんか? たとえ日々の仕事や役割に追われても好きなことを忘れずに、自分がイヤだと思うことをいいかげんに扱わないことです。(2012/12/28)

40代にしておきたい17のこと:
40代でお金とのつき合いかたを決める
あなたはいままで、お金とどうつき合ってきましたか? あなたにとって、お金とはどのような存在でしょうか? 20代、30代のときはあまりお金について考えていなかった人も、40代になると自分がどれだけ稼げるのかが分かってきていると思います。お金をどれだけ上手に管理できるかで、後半の人生の明暗が決まるのです。(2012/12/25)

40代にしておきたい17のこと:
40代でできること、できないこと
10代や20代のころには「自分は何でもできる!」という幻想を抱いていたとしても、40代ともなるとそれがだんだん崩れてきます。完全に失望しているわけではありませんが、できることやできないこと、得意不得意など自分のことが自然と分かってきます。40代は、理想と現実の狭間にいる微妙な年代といえます。(2012/12/18)

20代にしておきたい17のこと:
運のいい人と悪い人はどこが違うのか
才能や学歴が同じような人たちでも、運のいい悪いで人生はずいぶん変わってしまいます。受験の失敗や勤めていた会社の倒産、失恋といった、どうしても望んでいないことが起きます。そういったときに「ここから、何をやればいいんだろう?」と考えると、運が開けてきます。たとえどんな逆境であっても、あなたの人間性や情熱、努力でそれをひっくり返すことは可能なのです。(2012/12/14)

20代にしておきたい17のこと:
海外に住むという経験を持つ
家とオフィスとの往復だけでは、まったく意識が広がりません。異文化に触れ、いままでに体験したことのない世界を見たりすることで、自分が置かれている状況を再認識できるのです。海外でも、一度住んでみたいと思うところがあればとりあえず行ってみましょう。(2012/12/11)

20代にしておきたい17のこと:
「人を幸せにする質問」とは?
人はピンチに陥ったときほど、無意識にネガティブな質問を自分に投げています。それはまるで呪文のように、自分の人生をどんどん悪い方向へ導いてしまいます。人生でもっとも大切なスキルの1つは、質問力です。いい質問を日常的にすることで、いい未来を築くことができるのです。(2012/12/7)

20代にしておきたい17のこと:
20代で読んでおきたい17冊、それは
忙しいように見えて、実はいちばん自由な時間がある20代。大勢の人と会う、映画を観るなど、人生を変えるきっかけはいくつかあるが、そのうちの1つは本を読むこと。時間がないことを読めない理由にせず、自分の栄養になりそうな本に出合うことをおすすめします。(2012/12/4)

20代にしておきたい17のこと:
死ぬほどの恋ができない、2つの理由
いま、あなたには大好きな人がいますか? その人と一緒にいられたら死んでもいいというぐらい、1人の人を好きになれるかどうか。心をオープンにして情熱的に生きられるかどうか。これこそ、20代にしかできないことだといってもいいかもしれません。(2012/11/30)

20代にしておきたい17のこと:
人生最大の失敗をするなら20代
失敗するならいくらでも挽回できる20代のほうがいい。なぜなら人生の後半に失敗すると、経済的にも社会的にも立ち直るのに時間がかかるからだ。だからリスクを取ることを恐れないで、何でも挑戦してみよう。(2012/11/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。